カテゴリ:鮨一( 1 )

 

鮨一 @札幌・新川

札幌での一食目は、「鮨一」〜すしかず〜さん。
b0118001_2004032.jpg
ここがお寿司屋さん?と思うくらい、すきっとシンプルな外観。


内容はおまかせで。


*青柳、ホタルイカ、酢味噌
b0118001_201184.jpg
筍も入り、海味&春味満載。
酢味噌のこっくりとした旨みも。



こんな肴を供されたら、昼酒が深酒になってまうヮ…。
b0118001_2013118.jpg
ぬる燗をチビリチビリと。



*ヤリイカ
b0118001_2014619.jpg
表面が微妙に波打ってる。
聞けば、さっきまで厨房で泳いでた活イカだった!
コリッコリ、ねっちり、歯ごたえ楽しく、
叩いた山ワサビの鮮烈な辛味、ネギの香り、広がる。



*数の子 焼海苔
b0118001_202272.jpg
卵は、ニシンのお腹のなかに入ったまま塩漬けにし、
それを塩抜きしたもの。

卵をそのまま塩漬けにしたそれがカリッ、ポリッとするならば
こちらは、クニュッ、コリッと独特の食感。
やらこい塩気と、噛むほどに甘み、そして海苔のいい香り。



*塩漬け雲丹
b0118001_2021732.jpg
海味濃い!しかも甘い。
どんだけ飲ませるんですかーーー。
チビチビ、グビグビ。



*鱒
b0118001_2023796.jpg
ふっくら。脂がキレイだ。



*アスパラガス
b0118001_2025143.jpg
塩茹でしてすぐのアスパラガス。
味、濃いわぁ。



*ズワイガニとそのミソ
b0118001_203528.jpg
ミソのコクにより、身の甘みが主張する。


b0118001_2032221.jpg
シュッとモダンなカウンター。
この日は私達以外にも、関西からのお客様が。


お次は握り。


*キンキとその肝
b0118001_2033552.jpg
皮をさっと炙ったキンキは、深い脂の甘み。
肝のコクが重なり、笑みしかこぼれぬおいしさ。
やや温いシャリが、甘みを一層際立たせる。


b0118001_2034718.jpg
目の前には帆立が!


*帆立
b0118001_2035923.jpg
帆立が、こんなに甘いとは!!(驚)



*浜中のバフンウニ
b0118001_20412100.jpg
瞬時に溶け、清々しい甘みとともに
澄んだ海味が鼻腔を突き抜ける。
まさに、「消える魔球」。



*釧路・昆布森の牡蠣
b0118001_2042650.jpg
ピュア&ミルキー、そして濃い。




b0118001_2043799.jpg
ピシャッ!と踊る、


*活ボタン海老の握り
b0118001_2045056.jpg
弾力感は程よく、まったりとした甘みが広がる。



*イクラ
b0118001_21384114.jpg
小ぶりだが薄皮で、ひと粒ひと粒のハリがよく
旨みが押し寄せる。



*ボタン海老 ver.2
b0118001_21385311.jpg
こちらは少し寝かせたもの。絡みつく旨み。



*鮑
b0118001_2139960.jpg
海味濃い〜です。



*マグロ
b0118001_21392626.jpg
大間の292kg。一本買いしてはるそうで。
肌理の細かさ、
スーッと広がるキレイな脂、
ハァ〜ッ、ため息しか出ぇへん。



*シャコ
b0118001_21394444.jpg
肉厚。清々しい香りが広がる。



*鯖とガリの細巻き
b0118001_214053.jpg
鯖の〆具合は程よく、
ガリの爽やかな辛味がよう合うてる。


b0118001_21403335.jpg
汁物に至るまで北の味、満載。


b0118001_21405957.jpg
これも旨かった。
ツブ貝のひもとキュウリの巻き。



*鯨ベーコンと白ネギ
b0118001_21412984.jpg
鯨ベーコンの旨みと、白ネギの香りが広がる。



b0118001_2141429.jpg
書にある通り、北の幸、北海の旬を
目で舌で、とことん愉しませて頂きました。
ご馳走様でした☆



「鮨一」〜すしかず〜
札幌市北区北二十四条西19-4-14
☎011-728-5350
open : 11:30〜14:30、17:00〜22:00
close: 水曜


Europe - The Final Countdown (Live)

by writer-kaorin | 2014-04-28 21:49 | 鮨一 | Comments(4)