カテゴリ:酒中花 空心( 1 )

 

酒中花 空心

「チチェルキア」連シェフと、いつものオッサン会。
b0118001_757522.jpg
この日は大阪・新町「酒中花 空心」にて。
Yちゃんも参戦し、オッサントークに花が咲く。



*カシューナッツ、蕗
b0118001_7581667.jpg
青島とともに。カシューナッツは甘さのなかにクミンが薫り、
蕗は老酒漬けだったか、飲ませる付き出しデス。



前菜を3品。


*四川 よだれ鶏
b0118001_7583112.jpg
鶏モモぶつ切りを頬張る。
身はどこまでもしっとり甘く、
辣油や花椒をガツンと利かせたタレの、インパクトはすこぶる強い。



*たこのさわやか花山椒ソース
b0118001_759927.jpg
鳥取の水ダコとキュウリに、
中華版・サルサ・ヴェルデのようなソース。
そのコクと花山椒の爽やかさ、クセになる。



*丸腸パリパリ揚げ 北京ダック仕立て
b0118001_7592569.jpg
厨房内に吊るされてた丸腸。
小麦粉からなる生地にのせ、
香菜やキュウリの甘酢漬け、
クミンとネギのもろみ味噌を重ね、包んでパクッと。
カリッ、脂ジュワッな丸腸とともに、
複雑な味わいの広がりがいい。


b0118001_7593440.jpg
クミンとネギのもろみ味噌だけで、飲める(笑)


b0118001_759498.jpg
青島にスタウトがあったとは!



*空心菜の塩炒め
b0118001_80344.jpg
塩加減も、火入れ具合も素晴らしい。
シンプルのなかに、インパクト。



*やわらか角煮の 特製 黒酢酢豚
b0118001_803155.jpg
コク深き、黒酢ダレが絡んだ豚の外側はカリリと香ばしく、
中はほろり崩れゆく柔らかさ。
金針菜もふんだんに。



*たっぷり葉にんにくの四川麻婆豆腐
b0118001_803556.jpg
花椒たっぷり。この痺れが堪らん。
さらには辛味のなかに深い旨みが。
豆腐は、焼き豆腐か。その味の濃さが負けじと主張し、
豚は細かく挽いたものと、角切りにしたのを混ぜているのか、
その食感の差異が心地よかった。


b0118001_805034.jpg
すぐさま金華ハムの炒飯を。
ハラリ、軽やかな炒飯につき、レンゲを持つ手が止まらず、
麻婆豆腐とともに、皆、無言で喰らう。


カウンター前のネタケースには、カサゴに白ばい貝、大貝にオマール海老…と、
鮮魚がズラリと並び、あれもこれも頂きたかったのだが、満腹至福。

「広東・北京・四川・上海のいいとこどり」と大澤シェフが話すお料理の数々。
酢豚や麻婆豆腐、青椒肉絲など、聞き慣れたメニューも、
大澤シェフの手にかかると、オリジナリティ溢れる発想と味わいに出逢えるのです。
ご馳走様でした☆


「酒中花 空心」
大阪市西区新町 1-21-2
☎06-6532-7729
open : 11:30〜14:00、18:00〜22:00LO(土日祝は夜のみ)
close: 月曜、月1回日曜不定休

Lou Reed - Walk On The Wild Side

by writer-kaorin | 2014-05-19 08:04 | 酒中花 空心 | Comments(2)