カテゴリ:大番( 1 )

 

大番 @昭和ムード漂う焼肉屋

北新地本通り、雑居ビル1Fの中ほどにある
焼肉「大番」さん。
b0118001_10375079.jpg
北新地に店を構えて40年。
カウンター10席のみの焼肉店だ。

スタンドシャン食」の元田くんに、教えてもらってから
ちょいちょいおじゃましてる。
なぜなら、北新地のど真ん中で
昭和の香り漂う店の空気感が大好きだから。


b0118001_1038296.jpg
写真はすべてiPhone6で撮影。
2軒目におじゃま。
泡続きだったが、まずはビール。
その奥にはガスコンロ、というのが好き。
煙モクモクだから、壁にかけるジャケットにはビニール袋を用意、
など細やかな心配りも。


壁にひっかけられた古い木札には、
塩タン、ロース、バラ、ハラミ、テッチャンにハツ、焼野菜
チシャにクッパぞうすい、ナムル、キムチ、ライス…と、
至ってシンプルなメニュー。シブい。

あ、でも別でメニュー表や
黒板に書かれた日替わの品もある。
店を切り盛りするのは、おそらく30代であろう店主と若いおにいちゃん。



*キムチ盛り合わせ
b0118001_10381835.jpg
いつもの大根、白菜、キュウリに、
長芋も。その粘りが、キムチの辛味とよく合う。



*バラ、テッチャン
b0118001_1038324.jpg


b0118001_10384337.jpg


b0118001_10385425.jpg
飽きない味。
テッチャンは、脂がぷっくり膨れすぎていないものが私好み。
バラもすいすいいける。けっこう食べてきたのに別腹作動。
一子相伝のタレは、程よい甘さと深いコク。
このタレに肉&肉汁が組合わさると、白ご飯にめっちゃ合いそう。



*ロース
b0118001_1039153.jpg


b0118001_10392661.jpg
キレイな脂が広がり、肉そのものの味わいもしっかり。
白ご飯とわかめスープは、ツレに任せて、
私は肉とビール、肉と角水割り、の繰り返し。


この日は食べなかったが、大番さんのウルテも必ずオーダーする品。
色白のウルテは、包丁での切り込みがすごく美しく、
「このウルテちっちゃ!」てのがまず、ない、
1切れの大きさも好きだ。


b0118001_10393972.jpg
お客さん避けて撮影したので、中途半端な構図だけど。
そういえば、「炉端恂さい」さんに続き
昭和の香り漂う、北新地ネタ第2弾か(笑)


ちなみに新地上通り、堂島アバンザの向かいには
「大番」さんの2号店「焼処 大番 yuttari」も。
こちらは、煙モクモクではなく
テーブル席でゆったり、肉を味わうことができるそうな。


さて「大番」で食事を終え、外に出るやいなや
スタッフのお兄ちゃんが、
ファブリーズやったかな、リセッシュやったかな
消臭除菌スプレーをシュッシュとかけてくれます。
b0118001_10402398.jpg
昭和な焼肉を楽しみに、またおじゃまします。
ご馳走様でした。


「大番」(おおばん)
大阪市北区曽根崎新地1-5-4 スプレッドビル1F
06-6346-5107
open : 17:30〜翌3:00
close: 日曜、祝日


Yes Roundabout Acoustic

by writer-kaorin | 2014-10-25 10:42 | 大番 | Comments(2)