カテゴリ:イル・チェント平野町( 1 )

 

イル・チェント平野町

この日は事務所の近所で晩ごはん。
「イル・チェント平野町」
b0118001_8123951.jpg
この日の午前中、これまたご近所の
「パンデュース」で、イル・チェントの北條シェフとばったり遭遇。
何年振りやろ。
「今夜おじゃましますわ!」ってことで初訪問。
b0118001_8125453.jpg
泡をかけつけ二杯。
こちらのお店は、生産者から仕入れる新鮮な野菜と、石窯料理が看板メニュー。



*前菜盛り合わせ
b0118001_813744.jpg
万願寺とうがらしのオムレツ、
和歌山トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ、
白インゲン煮込み カラスミがけ、
サワラの石窯焼き、
アルミホイルに包み石窯で2時間熱を入れたビーツ、
サラミや生ハム、イチジクもありながら
瑞々しく甘い隼人瓜や、食感楽しい四角豆、といった野菜もあれこれ。
そら、泡が進みます。



b0118001_8133427.jpg
ここからは、北條シェフおすすめ、季節野菜の石窯焼きを
たっぷ〜り、頂くことに。その一部をご紹介。


*千葉 生落花生
b0118001_8133842.jpg
ごっつい大粒!
ホクホク、若干シャキッ。
じわっと甘みが広がり、香ばしさも広がる。
これは食べ続けていたい(笑)



*高知 米ナス
b0118001_813524.jpg
トロットロ。この食感にはびっくりした。
直火やないから、焦げ臭さは皆無。



*安納芋、インカのめざめ
b0118001_8134875.jpg
前者はキレイな甘み。インカのめざめはホクホク、香りがいいわ。



*千葉 ブラウンマッシュルーム
b0118001_8142233.jpg
溢れんばかりのマッシュルームのジュ。
ジュルッといけば、カラダがよみがえる気分になる。



*洋ニンジン、黄ニンジン、日野菜
b0118001_8143391.jpg
黄ニンジンは、淡泊だけど甘みとわずかな苦味が広がり、
どことなくパースニップのような味わいだ。
洋ニンジンは、透き通った甘みで、
日野菜は、これ発酵させたら漬物やな、といった風味。



*マコモダケ
b0118001_8144819.jpg
シャクッとした食感で、こちらも汁が溢れ出る。



*千葉 赤カブ、白カブ、赤ダイコン
b0118001_8152172.jpg
こちらも香りや甘み、質感が異なるため、なんぼでも食べてしまいそう。

他にも、茨城のレンコン、千葉のミニパプリカ、シメジ、
バターナッツカボチャ…と、窯焼き野菜を頂いたのだが、
いずれの素材も、個性があって味が濃いわ。
調味は塩とわずかなオリーブオイルのみ。野菜本来の味がよくわかるため
なんちゅうか、野菜がメイン料理に匹敵する存在感を放っているのだ。
石窯の遠赤外線パワー、恐るべし。


b0118001_8154995.jpg
野菜の濃い味わいに、ミネラル感しっかりの白を。



*マルゲリータ、 大阪釜揚げシラスとトマトのマリナーラ
b0118001_8161063.jpg
ハーフ&ハーフにしてもらった。
ふっくらとした生地は、粉の甘みが広がり、
マリラーナは、シラスの新鮮な風味、塩梅もいい感じ。
マルゲリータはジューシー。
ソースのコクと、プチトマトのフレッシュさがいい感じに同居してました。


野菜のおいしさに魅了された、
カラダに嬉しい健康的飲酒(笑)
ご馳走様でした☆



「イル・チェント平野町」
大阪市中央区平野町4-7-5
☎06-4708-7310
open : 11:30〜13:30LO、17:00〜22:30LO
close: 日曜、祝日
http://il-cento.com/index.html



Sting - Every Little Thing She Does Is Magic (Classic)

by writer-kaorin | 2014-10-29 08:18 | イル・チェント平野町 | Comments(0)