カテゴリ:ワインショップ&デリ FUJIMARU( 3 )

 

FUJIMARU 天満橋店 @肉食イタリア好き。

仕事帰りに、ご近所さんで晩ご飯。
@ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店。
b0118001_10465774.jpg


b0118001_10471086.jpg
1杯目は「Robert Moncuit Grand Cru Extra Brut」
清々しい柑橘系の香り。疲れたカラダに染み渡る。
この日のワインはソムリエ、アカネちゃんにお任せしっぱなし。


この日はガッツリ肉気分!と
ほっとしたくなるイタリアン、
そのどちらも求めていたワガママ女。

それなら「FUJIMARU 天満橋店」やなぁ。
何てったって、シェフはシチリアで修業経験のある田中早苗さん。
なにわ黒牛メニューもいろいろあるし!ということでおじゃましたワケ。


*前菜の盛合せ
b0118001_10472717.jpg
「シチリア風 豚の煮こごりのテリーヌ」は
豚足ほか豚の各部位の食感とゼラチン感に、
スキッとキレのある酸味が重なり合う。
「キャロットラペ」はオレンジの柑橘香がふわっと漂い
レモンの酸味の清々しさも。そしてパクチーの茎が少し入る、薫るラペ。
「すなずりコンフィ」はほっくり、旨みしっかり。
「ゴーヤのピクルス」は程よい苦味が泡を進ませ、

お麩のような風貌の正体は「パネッレ」。
ひよこ豆のペーストをぺったんこにして揚げた、
シチリア・パレルモ、郷土の味。
フワッ、ホクッとした質感で、
豆の質朴な甘みがふうわり広がる、クセになる味わいだ。


b0118001_10474672.jpg
チリで造られているヴァンナチュール。
PIPENO COLONEL DEL MAULE 2014
Louis Antoine Luyt
軽やかなジューシー感。だし的うま味も。
薄旨だから、サクサク飲んでしまう。

b0118001_1048410.jpg
「ル・シュクレ・クール」のミニバゲット、シャバタと、ワインと♡
至福時間です、ハイ。


*おまかせ 今日のマンマパスタ
b0118001_1048184.jpg
「オイル系であっさり系。パスタはロングが良くって」とツレ。
アサリとベーコンとケイパー、セロリの葉のスパゲティが登場。
各素材の旨みとトマトの程よい酸味が熱々パスタに絡む。
早苗シェフが作る料理に、ほっと体が喜んでいるのがわかる。


*なにわ黒牛 肩ロースのビステッカ風
b0118001_1048495.jpg
これも食べたかった!
ロゼ色した身は、脂と赤身のバランスすこぶる良い。
肉の味と香りをしっかり感じ、脂はサラリと上品。それゆえ、
300g近くあるのだが、瞬時にペロリ。こりゃ600gいけたか!?
そう思うくらい、ほんまに旨いわ。


肉にはこちらのワインを。
b0118001_1049550.jpg
Bourgogne Rouge 2012
Domaine Bachelet-Monnot
野イチゴのような甘酸っぱさと透明感を感じる、
こちらも飲み続けていたいワイン。


そして、お向かいさんはドルチェとカッフェ。

*とろとろティラミス
b0118001_10492064.jpg
ひと口頂く。
ホントにとろとろ、そしてフワッとエアリー。繊細なティラミス!


以上、肉食べたい欲も満たされ、
アカネちゃんセレクトのワインに癒され、
なおかつ早苗シェフが生み出すお料理は、ホッと心和むおいしさ。
間髪あけずしておじゃましたくなる。

食後は、デリコーナーへ。
北海道エレゾ社の、蝦夷鹿パスタソースを購入。
この他、デリやシュクレのパン、フミさんのコンフィチュールも
テイクアウトできる。家飲みにも大変重宝する一軒だ。


「ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店」
大阪市中央区釣鐘町1-4-3 舟瀬ビル1F
☎06-6910-8708
open : 11:30~22:00
close: 火曜
http://tenmabashi.exblog.jp/


Boston - Peace Of Mind - 6/17/1979 - Giants Stadium (Official)

by writer-kaorin | 2015-08-29 10:51 | ワインショップ&デリ FUJIMARU | Comments(0)  

なにわ黒牛 牛丼 @FUJIMARU 天満橋店

b0118001_80236.jpg
「ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店」が
7月8日からスタートさせた、「なにわ黒牛 牛丼」のテイクアウト。

b0118001_80454.jpg
それを知ったとき、「ワインとイタリアンな店が、牛丼!?」と
ふと思ったのだが、藤丸さんのブログを拝読して合点!
http://wineshop.exblog.jp/24222109/

「大阪産(もん)」に認定された黒毛和牛・なにわ黒牛。
1ヶ月に5頭しか出荷されない希少なお肉だ。
そんな、なにわ黒牛の排泄物を、藤丸さんが育てるワイン用ブドウの肥料として
用いているという経緯もあるらしい。
今後はブドウの搾りかすを、なにわ黒牛のエサとして提供するという考えもあるそう。

なにはともあれ、造り手に注目し、自分たちがいいと思ったものを扱う
この店ならではの「食のセレクション」のひとつが、なにわ黒牛。
個人的にもこの肉、ほんまおいしいと思う。
とろける脂はサラリとしていながら、肉自体にしっかりと味があるし。

中小のオフィスも多いこの街で、忙しい人たちがすぐに持ち帰れる、
ちゃんとした材料を使ったメニューを、と考えたその答えが
「牛丼」だったそうな。


ほんでもって、発売日当日、2種の牛丼(各864円)をゲット☆
いずれも1日10食限定。


*なにわ黒牛 牛丼
b0118001_812693.jpg
お皿に移して、温めて。
部位はバラ肉。脂はさらっとしてて、肉はしっかり食べごたえある。
タマネギの甘み、パクチーのアジアンな香りがいぃ感じに広がる。


b0118001_814373.jpg
店のFBから写真を拝借。ボリュームしっかり。
牛丼にパクチーは新鮮!


*なにわ黒牛 ネギ塩ダレ牛丼
b0118001_815737.jpg
ネギ塩ダレはコクある塩味、ネギの香りも高く
キュッとアクセントになってるレモンの酸味が私的にツボ!

b0118001_821197.jpg
次、購入できたときは
たこシャン飲みながら、具をちびちび頂き
締めに、ご飯と食材のハーモニーを楽しも(笑)


いずれの牛丼も、コーヒーか烏龍茶付き。
コーヒーは、廣屋珈琲店の深煎豆を、ひと晩かけて抽出したアイスコーヒー。
これ、清々しくホントに味わい深かった。
(ホットコーヒーにする場合は、サイフォン淹れてくれるみたい)
烏龍茶は、Uf-fuの茶葉使用という、
ドリンクに至るまでいいモノをという信念が窺える。

何てったってなにわ黒牛は牧場から直接購入。
お米も大阪の農家のところへ直接、買いに行っているという徹底ぶりだし。
何しか「なにわ黒牛の焼肉セット」販売開始したらしく、
肉食の家飲みに嬉しいわ。
http://tenmabashi.exblog.jp/21449890/

職場のご近所さんなので、牛丼テイクアウトに、夜飲みに、
近々またおじゃましようと思いまーす☆



「ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店」
大阪市中央区釣鐘町1-4-3 舟瀬ビル1F
☎06-6910-8708
open : 11:00~22:00(牛丼テイクアウトは11:00〜10食限定)
close: 火曜
http://tenmabashi.exblog.jp/


John Mellencamp - Jack & Diane

by writer-kaorin | 2015-07-23 08:03 | ワインショップ&デリ FUJIMARU | Comments(0)  

ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店

大阪・ミナミに都市型ワイナリー「島之内 フジマル醸造所」を構える
「ワインショップ フジマル」さん。

今年は、京阪樟葉駅改札出てすぐの場所に
「ワインショップ&ワイン食堂 フジマル醸造所 京阪くずは店」を、
さらには東京・浅草橋に
「ワインショップ & ダイナー FUJIMARU 浅草橋店」を開店。

そして2014年12月12日、大阪・天満橋に
「ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店」をオープンさせた。
b0118001_14155571.jpg
藤丸さん、おめでとうございます!


b0118001_14161721.jpg
店に入るとすぐ目につくのがショーケース。
サーモンの燻製、なにわ黒牛のローストビーフ、鶏ハム、
テリーヌ ド カンパーニュ、さらには南瓜のアグロドルチェや
有機ビーツのギリシャ風サラダ、などなど
テイクアウト、イートイン、どちらもOKの
日替わり惣菜やシャルキュトリーが並ぶ。


母体は何と言ってもワインショップ。
b0118001_14171530.jpg
壁面にはワインボトルの陳列棚が。
日本、ナチュール系を中心に
1000〜3000円代の、その日に飲みたい味わいのものがズラリ。
これらのボトルは+1500円(税別)で、持込みも可能だそう。



カウンターに陣取り、
まずは島之内フジマル醸造所から直送の生樽ワイン(白)を。
b0118001_14174879.jpg
「島之内フジマル醸造所 山形デラウエア 2014」
デラウエアの甘く優しい香りを感じながら
小気味良く酸が広がり、するする飲めるおいしさ。


グラスワインの向こうに写っているショーケースには
b0118001_1418106.jpg
「メーカーズセレクション」として
吹田・岸辺にあるブーランジュリ「ル・シュクレクール」さんのパンが
日替わりで10種前後。こちらもイートインもテイクアウトもOK。

シュクレのパンにこちらで出会えるとは。
のっけからテンション上がります♪


さて晩ご飯。
*鳴門金時・ほうれん草・トマトのフリッタータ
b0118001_14183326.jpg
ファッファの生地に
鳴門金時の質朴な甘みが広がる。



*茄子のグリエ ドライトマトのソース
b0118001_14181581.jpg
ジューシーな茄子に
ドライトマトの旨み、松の実の香ばしさやビネガーの酸味が絡む。



メーカーズセレクションのなかの一品。
北海道・十勝で活躍する、日本で初めてマタギを社員にしたプロ集団
「ELEZO(エレゾ)」さんの
*十勝産蝦夷鹿チョリソー
b0118001_14185426.jpg
チョリソー、大きい! これが¥500って(驚)。
ガツッとした辛味ではなく、
噛むほどに優しく広がる辛み。そして、塩の利かせ方も優しく
なおかつ肉々しいから

藤丸さんとこのスルスル、しみじみおいしいワインと好相性。
b0118001_14185541.jpg
「島之内フジマル醸造所 キュベパピーユ マスカットベリーA 2014」


ちなみに「エレゾ」の商品は、デリで販売しているらしく
常時テイクアウトができるのは、日本でここ天満橋店だけ。


*2009 VDF Blanc Domaine Sylvain Saux
(2009 VDF ブラン / シルヴァンソー)
b0118001_14194495.jpg
ラングトックの白をグラスで。
品種はモーザック、シュナン・ブラン、シャルドネ。
凝縮感ある果実味。辛口だけど奥にまったりとした甘みを感じる。



*天王寺かぶらの蒸し焼き カラスミがけ
b0118001_14194252.jpg
なにわの伝統野菜・天王寺かぶら。
身質はしっかりしているから
ザクッザクッ、と噛めばジュワッと広がるかぶらの甘み。
カラスミはそこまで塩気がキツくなく、澄んだ風味のみ際立っているから
かぶら本来の味わいがくっきりと浮かび上がる。



*なにわ黒牛のボロネーゼ
b0118001_1420249.jpg
こちらもどこまでも優しい塩使い。
それゆえ、なにわ黒牛の旨みをじんわりと感じ、
ボロネーゼのやわらかな香りが口中を占拠。
あー、ずっと食べ続けたい、そんな優しい味わい深さがある。



*2013 VDF Raisins Gaulois Marcel Lapierre
(2013 VDF レザン・ゴーロワ / マルセル・ラピエール)
b0118001_1420381.jpg
ガメイ100。フレッシュな果実味が広がる。
じつに軽快で、飲み心地いいわ。




ここらで「ル・シュクレクール」のパンを頂きます。
*パン・クール
b0118001_14204142.jpg
柚子、ホワイトチョコ、ピスタチオを練り込んだパン。
ホワイトチョコのまったり優しい甘み、ピスタチオのほのかな香ばしさに続き
冬を彷彿とさせる柚子の香りが広がる。
ワインとちびちび、いきたかったが、おいしくって瞬時になくなる(笑)


b0118001_14215553.jpg
ちなみに、「パンノエル」はクリスマス限定☆


b0118001_14214390.jpg
パンのお隣には、奈良・吉野「コンフィチュール フミ」さんの
コンフィチュールも販売しているではないか!
フレッシュな素材感がじんわりと広がる、フミさんのコンフィチュール
好きです☆


b0118001_14222076.jpg
この日は、お店に藤丸さんがいてた!
あちこち飛び回ってはる方やから、まさかここでお会いできるとは。
あれこれいろ〜んなお話を伺うことができ、楽しかったな。

お料理は「オーソドックスなメニューだけど、いちいち気にしたい」と藤丸さん。
だからプッタネスカには新漬けのオリーブを使っていたり、
かぶらにふわりとかけるカラスミはkgウン万円のものだったり。
料理を想像しやすいメニュー名の、見えないところに、
あえて謳わないけれど、これでなければ、という信念が隠れている。

そしてナチュール系のワインにピタリと寄り添うワケは
優しい、というかギリギリの塩使いにより
それぞれの素材の個性や、素材が放つ旨みが際立っているからだろう。
食後感もホントに心地よい。



この店にはデリやワイン、パン、お食事、という楽しみだけでなく
サイフォンで淹れるコーヒーもある。
b0118001_14233559.jpg
店長の北川さんは、カフェを営んでいた経験を生かし
オーダーを受けてからコーヒーを丁寧に淹れる。
豆は西宮「廣屋珈琲店」より。
軽やかな味わいのなかに、しっかりとしたコク、キレの良さを感じた。


なんと、カフェタイム(14:00〜17:30)には
1人1品飲み物を注文すれば
ご近所「アシッドラシーヌ」さんのケーキを持ち込んで食べることもできる。



ランチはもちろん、
昼酒にデリとパンとワインを、
カフェタイムにサイフォンコーヒーとアシッドラシーヌのケーキを、
パンとデリとワインを買って帰ろ、も可能だし
グラスであれこれワインを楽しみながら、しっかり晩ご飯もOK。
とにかくいろんな楽しみがギュッと詰まった
「ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店」。
オフィスが近所なので足しげく通ってしまいそうです。


b0118001_14244549.jpg
シェフ、手良向(てらむかい)さんに厨房から出てきて頂いて
皆さんを激写!ありがとうございました☆
お店の詳細は、藤丸さんがブログに詳しく書かれています!
http://wineshop.exblog.jp/i35/


「ワインショップ&デリ FUJIMARU 天満橋店」
大阪市中央区釣鐘町1-4-3 舟瀬ビル1F
☎06-6910-8708
open : 11:30〜21:30LO
 *ワインショップ/11:30〜22:00
 *デリ/11:30〜22:00(売り切れ次第終了)
 *ランチ/11:30〜14:00
 *カフェ/14:00〜17:30
 *ディナー/17:30〜21:30LO
 *シュクレクール天満橋出張所/14:00〜売り切れ次第終了
 *コーヒー/11:30〜22:00

close: 火曜
http://www.papilles.net/


U2 - Beautiful Day

by writer-kaorin | 2014-12-23 14:31 | ワインショップ&デリ FUJIMARU | Comments(2)