カテゴリ:立ち呑み・天ぷら やまなか( 1 )

 

立ち呑み・天ぷら やまなか @天満

先日の、天満はしご酒。
「立ち呑み・天ぷら やまなか」の
ビニシー扉(ビニールシートの扉)をくぐると、
店内は満席。

残念。またの機会にしますね〜と
スタッフのお姉さんに声かける。と、

カウンター内の厨房から何やら視線を感じる。
ふいに目が合う。
アレ?どっかで見たことあるような顔や・・・。



「えぇ〜!? カズヒデちゃうの〜!!??」
「かおりさん?ですよね?」
「めっちゃくちゃ久しぶりやん!」


じつは、地元(福井の小浜)で
家族ぐるみの付き合いをしていた、
藤原さんちの一秀くんでした(笑)。
おそらく20年ぶりの再会。
まさかのまさか、「やまなか」さんで料理長をしているとは。
この不意打ちには感動した。


別の酒場でウェイティング飲みをし、
30分後、再びおじゃますることに。


ここ「立ち呑み・天ぷら やまなか」さんは
言うまでもないが、母体は老舗酒屋「山中酒の店」。
食中酒として楽しめる日本酒が50種以上はあったか。
お料理は天ぷらはもちろん、酒呑みのツボをつくアテ多すぎて
何にしようか決めきれない。
b0118001_7441767.jpg
「タクシードライバー 純米原酒 生酒」(岩手・喜久盛酒造)
このタイトルとジャケットに惚れたが、
あいにく切れたばかり。


b0118001_7443545.jpg
「悦凱陣 純米吟醸 興 うすにごり生」(香川・丸尾本店)
濁らずクリアな、うすにごり生。
米の甘み、旨みを蓄えながら、すごく酸がキレイ。
この後は浮気することなく、ずっとこの日本酒を
おそらく3杯は頂いたか。


*かぼちゃと豆乳のそぼろあん
b0118001_7444812.jpg
豆乳で練った蒸しかぼちゃは、
両者の風味とかぼちゃの優しい甘みを感じる。
鶏そぼろあんの深いコクと、いぃコントラストをみせる。


b0118001_74539.jpg
酒肴あれこれ。


*八尾若ごぼう炒め煮、名田庄漬け
b0118001_7451820.jpg
春を告げる「八尾若ごぼう」。
葉も軸も根も、えぇ具合におダシが染み渡りつつ
シャキッとした歯触り心地よい。

そして、懐かしい「干し野菜の名田庄漬け」。
「名田庄漬け」とは、小浜市の隣、
名田庄村(現おおい町名田庄)が発祥地。
コリッと食感楽しく、故郷の懐かしく素朴な味わい。



*ヨコワとカンパチの和風ジェノベーゼ 、 鶏肝と味噌のパテ
b0118001_7453337.jpg
青菜のジェノベーゼ、香り高く塩梅よく
ヨコワとカンパチの風味が生きている。
パテは和洋折衷、深い旨みにより、酒、どうにも止まらない・・・。


*シャコ味噌、羊乳酒肴チーズケーキ
b0118001_7455180.jpg
久しぶりに味わうシャコ、味噌のコクとナチュラルな味わいがよう合うてる。
チーズケーキは、羊乳特有の風味を感じさせつつ
びしっと塩が利いていて、嗚呼、明日は二日酔いでもいぃや…と心許すおいしさ(笑)


お次の肴は
「小浜では見向きもされない食材です」とカズヒデ。
なんやろ〜と考えつつ、出てきて「なるほど!それか!」



*鳴門 磯ボラ
b0118001_746660.jpg
聞けば、鳴門の名漁師・村公一さんのボラだそう。
村さんのボラといえば、
この日、某 三ツ星レストランで、
その質の素晴らしさを聞いたとこだったからビックリ!
ボラのイメージ、覆ります。
泥臭さ皆無。しっとりとした繊細な身質は、
脂のりも程よく、気品すら感じさせる存在感。

韃靼そば茶のプリンを頂き(酒も甘味もな、両刀使い;)〆となりました。


気の利きすぎた(笑)肴の数々と、
酔いがさめるほどの劇的な再会に、
そら飲みすぎとなった夜でした♬


「立ち呑み・天ぷら やまなか」
大阪市北区池田町6-12
☎06-6351-1555
open : 17:00〜23:00
close: 月曜


Ronnie Lane. Ooh la la

by writer-kaorin | 2015-02-18 07:49 | 立ち呑み・天ぷら やまなか | Comments(0)