カテゴリ:御影ジュエンヌ( 1 )

 

御影ジュエンヌ

この日は東灘区・御影にあるフレンチレストラン
「御影ジュエンヌ」へ。
カウンターに8名が陣取り、楽しい会食となりました。
この店に100回は訪れているという、伝説のフレンチ料理人・M氏のお姿も。


*三重の岩ガキと秋田のじゅん菜。
 海ぶどうを添えたガスパッチョ。
b0118001_1249571.jpg
ガスパチョの清々しい甘みに、
岩ガキのやさしい苦み、クリーミーなテイストとがマッチ。
じゅん菜や海ぶどうの異なる食感が舌を喜ばせる。

まずはシャンパーニュとともみ。その後はあれこれペアリングを楽しむ。


*軽く炙った明石のキスとフレッシュキャビア
b0118001_12501133.jpg
昆布〆したキス。皮目は香ばしく、繊細な身は透き通った甘み。
キャビアの塩気、サワークリームの爽やかさとの相性、どんぴしゃ。


*針烏賊とモッツァレラチーズを詰めた ズッキーニの花のフリット
b0118001_12502684.jpg
ズッキーニの花をサクッと齧ると、
プリプリのイカ、とろ〜り蕩け出すモッツァレラの旨み。
ソースは、ブイヤベースが主体のイカスミソース。そしてトマトのピュレ。
好みでソースやピュレを付けて味わうと、旨みの相乗効果が。


*ゴールドラッシュ(とうもろこし)のパンナコッタ
b0118001_12503991.jpg
ファッファの泡と、とろり滑らかなパンナコッタ。
いずれも、とうもろこしの甘み、とてつもなく濃厚だわ。
添えられた焼きとうもろこしの塩加減も手伝い、
より一層、パンナコッタが放つ甘みが強調される。


*静岡産 赤座海老の炭火焼と 小つぶのビーツのロースト
b0118001_1251568.jpg
赤座海老の芯は程よく半生。
ビーツのローストの土っぽい味と、
ベリー系ソースのフルーティーな酸味がピタリ合う。


*蝦夷あわびとオーストラリア産 黒トリュフのリゾット
b0118001_12512020.jpg
あわび&黒トリュフの旨み、香りが
米ひと粒ひと粒に絡む。
マデラ酒とコンソメからなるコク深きソースの旨みに
ワインが止まらん・・・。あー、また食べたい。


b0118001_12513559.jpg
目の前の演出も、おいしさをさらに倍増させてくれる。


*六月の畑
b0118001_1252495.jpg
泡は、パルメザンチーズのカプチーノだった。
写真では見えないが、皿にはパンチェッタのパウダーも。
ホワイトアスパラ、ズッキーニ、野性のルッコラ、ほおずきトマト、
ゴボウ、紫タマネギほか、
フレッシュなものがあれば、火入れの異なる野菜もたっぷりと入り、
それぞれの野菜の苦み、香り、瑞々しさ…などが時間差で押し寄せるのだ。
中にはスモーキーなクラッシュアーモンドが隠れていて、
それがいいアクセントとなっていた。


*フォアグラと宮崎マンゴーのロースト カラマンシーヴィネガー
b0118001_12525043.jpg
マンゴーのとろけるテクスチャーと深い甘みに
フォアグラの油分が絡み合い、新感覚な味わいの広がりが。
そのフォアグラは熱々。温度帯の違いも楽しい。

柑橘系フルーツ「カラマンシー」を用いたヴィネガー、
レモンのコンフィの、スパッと爽やかな酸味と苦味が、全体を引き締める。


*明石の鯛の炭火焼 アーティチョークのピュレ
b0118001_12531130.jpg
鯛の身はふっくら、むっちり。
アーティチョークのピュレのやさしさ、
バジルのソースの香り、
シェリービネガーのソースの爽やかな酸味……と味わいの広がり楽しい。


b0118001_12532841.jpg
新生姜のグラニテで、お口のなかはさっぱり。
そしてメインは4種からのプリフィックス。


*フランス ビュルゴーの鴨ロースト
b0118001_12534578.jpg
その美しさに見とれてしまった。肌理細かな肉質の旨みを
ハイビスカスの塩、野生の生胡椒の酸味と香りで楽しむ。
素晴らしい火入れだわ。
詰め物をしたジャガイモは、サクッフワッと食感軽やか。



*レンズ豆みつまめ 自然放牧の牛ミルクのアイス
b0118001_1254119.jpg
確かに、みつまめ(笑)。ミルクアイスは清々しい風味を放つ。


*コーヒーのジュレとバニラのプリン
b0118001_12541812.jpg
泡泡は、トンカ豆のカプチーノ。ほろり広がる苦味と、
コーヒーのジュレの清々しい風味が重なり合う。
その下に潜むプリンは、バニラ香を漂わせながら蕩けゆく。


*焼きたてマドレーヌ
b0118001_12543664.jpg
熱々マドレーヌは、リッチな風味!そこに
和三盆でキャラメリゼした山形のサクランボと、
自然放牧牛のミルクを使ったヨーグルトのアイス。
果実とヨーグルトの異なる酸味、その余韻を楽しんだ。


オープンキッチンの活気や音、香りなど、
料理ができあがる一部始終を、ほんまに至近距離で見れるカウンター席。
その特等席で、シェフが織り成すコース料理に酔いしれましたとも。
骨太の味、繊細なテクスチャー、さらには
温度帯や味わいの意外な組合せなど、おいしい驚きに満ちた皿の連続だった。
「日本で私が最も愛するフレンチレストラン」とはM氏。納得。
ご一緒させて頂いた皆さま、ありがとうございました♬


「御影ジュエンヌ」
神戸市東灘区御影3-1-4
☎078-854-4393
open : 12:00〜13:30LO、18:00〜20:00LO
close: 月曜(祝日の場合は翌火曜休)、月1回不定休あり


Rush - Closer to the Heart

by writer-kaorin | 2015-06-27 12:56 | 御影ジュエンヌ | Comments(0)