カテゴリ:和洋酒菜 ひで( 2 )

 

和洋酒菜 ひで

心斎橋「和洋酒菜 ひで」。

ひでさんのお店で、「月の港」オーナーと、
休日の2人飲み。
b0118001_1025135.jpg
泡立ち、肌理の細かいビールとともに
白エビを。ねっとり甘い。


*セコガニ 〈香住〉
b0118001_103573.jpg
好物のセコガニを前に
のっけからテンション上がる!!!
香りよし旨み濃い。


b0118001_1032069.jpg
「瀧自慢 純米 PROUD」(三重・瀧自慢酒造)をぬる燗で。
旨みのハーモニー。


*あん肝 〈島根〉
b0118001_1033781.jpg
スーっと、とろける。
汁がまた美味で、魚のだしに通ずるうま味。


*カマス 〈長崎〉 醤油焼き
b0118001_1034946.jpg
透き通った身質。醤油の発酵の風味がふわりと。


*ホタテ貝柱 〈サロマ湖〉
b0118001_104778.jpg
軽く炭火で炙った貝柱の上には、鯛の酒盗が!!!
酒盗の旨み・香りが、ミキュイの貝柱の甘みを
ぐぐっと引き立たせているではないか。


*煮 牡蠣 〈仙鳳趾〉
b0118001_104243.jpg
味を含ませた後、炭火で炙っている。
これがね、絹のようになめらかな舌触りで
鼻腔に突き抜ける香りの何ていいこと。
「仙鳳趾の牡蠣は、熱を入れても縮まない」とヒデさん。


*ホンマグロ 〈静岡〉 カマトロ炙り
b0118001_104395.jpg
ねっとり妖艶な姿を露わにし、
瞬時に溶けた。消えた。
美しい脂の余韻と、山葵の香りを残して・・・。
これは夢か幻か。(笑)


*鱈 白子 〈宮城〉
b0118001_1045559.jpg
濃厚クリーミー。どこまでも続く深いコク。



そしてそして!
ひでさんが手に持つ厳選素材は・・・

b0118001_1029244.jpg
なんと2kgの琵琶湖産天然大うなぎ!!!
ウナギ偏愛の姫にとって、この上ないサプライズやね。


*天然大うなぎ 〈琵琶湖〉
b0118001_10294280.jpg
今季最大級と、ひでさんが話す大うなぎは
ムチッとごっつい肉厚。脂のりもすこぶる良く
皮と身の間のゼラチン質も・・・堪んない。
肝も大きいのなんの。フォアグラのような滑らか質感。


b0118001_1030278.jpg
「山和 燗純米 ひとめぼれ60」(宮城・山和酒造店)

b0118001_10301629.jpg
優しさに満ちた味わいだこと。すきっと感も好き。


*ポテトサラダ
b0118001_10302933.jpg
嗚呼、ひでさんのポテサラ、好っきゃわー!
玉子たっぷり。そして、大阪西成のヒシウメソースとの
見事なハーモニー。そば茶の食感と香ばしさもいい。



*韓国ズッキーニ
b0118001_10304455.jpg
どこまでもジューシーで、そのエキスが甘い。


b0118001_10305830.jpg
姫がオーダーした〆の卵がけごはんを一口。
誰しもが黙る旨さ。次は絶対いただく(笑)。


姫と語り飲みして
ひでさんならではの、酒飲みのツボを突きまくる
美味なるお料理、そして佳酒に酔いしれたのでした。
年内中にも一回はおじゃましたい!!


「和洋酒菜 ひで」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
06-6211-3391(要予約)


Queen - Somebody To Love (Official Video)

by writer-kaorin | 2015-12-05 10:38 | 和洋酒菜 ひで | Comments(2)  

和洋酒菜 ひで @心斎橋

この店で、美味佳酒に酔いしれたい。
そんな念願かなった夜。

「和洋酒菜 ひで」@心斎橋
b0118001_1345411.jpg
ワインバー「Kiff」のRicoさんとのふたり飲み。
Ricoさん、ありがとうございました!



*おいしい豆腐と酒盗
b0118001_1353141.jpg
大豆の甘みと香りが濃い豆腐に、酒盗。
ビールを飲み干し即、店主・ひでさんオススメの日本酒へシフト。


b0118001_135554.jpg



b0118001_1362495.jpg
超辛の上喜元 純米吟醸を。
このネーミング、好きやわ。
超辛テイストのなかに、米のふくよかな香り、程よい酸、健在。



*アマテガレイ〈明石〉とその肝の裏ごし
b0118001_137571.jpg
厚みあるアマテガレイは程よい弾力。
そこに肝のコク。いぃ肝だから、後味は驚くほどキレイ。



*アマテガレイ〈明石〉
b0118001_137309.jpg
ぶりっと程よい弾力を感じさせつつ、
清々しい甘みが押し寄せる。


b0118001_137521.jpg
こちらは同じ、アマテガレイを昆布〆にしたもの。
噛むほどに旨みがじわりじわりと。


食べ終えると、ひでさんが次のネタをそっと供してくれる。
こうやって、いい肴をちょっとずつ頂けるのは
酒飲みにとって堪らん時間だ。



*小アジ〈大阪湾〉
b0118001_1382166.jpg
小アジとは思えないくらいに、肉厚で脂のりもいい。
極みの魚をアテに、チビリチビリと飲る、この口福感。堪らんわ。



*シマアジ〈鹿児島〉
b0118001_1384748.jpg
2kg超えの希少なシマアジは、堂々とした存在感に満ちてる。



*白海老〈富山〉
b0118001_1392743.jpg
ねっとりと絡みつく甘み。錦胡麻、素晴らしきアクセント。



*ウニ〈大間〉
b0118001_1310035.jpg
どこまでも透き通った甘み。



*炙り牡蠣〈仙鳳趾〉
b0118001_1310309.jpg
炙りの香りに続き、濃いぃ牡蠣のエキス。
フィンガーライムのプチッと弾ける酸味、ハッと楽しい。



*カマトロ
b0118001_13105969.jpg
かりとろふわっ。
絶妙な炭火の焼きテクにより、重層的な食感、香り、味が広がる。


b0118001_13112636.jpg
お次の冷酒は


*獺祭
b0118001_13121222.jpg
獺祭スパークリング。
思いの外、甘みが控えめ。このスパーリング日本酒は、食中にいけるな。



*馬刺〈熊本〉
b0118001_13123894.jpg
どこまでも上等な味わい。


b0118001_13131085.jpg
コウネ(たてがみ)も。
サラリとしていて、キレイすぎる脂の甘みを愉しむ。



*タイラギ〈三河湾〉
b0118001_13133741.jpg
シャクッと食感楽しく、炙りの香ばしさもいい。ほんで甘い。
醤油ベースのタレと一味の辛味がいい仕事してます。



*ポテトサラダ
b0118001_13141515.jpg
これも念願!ひでさんのポテサラ。
玉子たっぷりのポテサラの上に、大阪西成・ヒシウメのタマリソース。
隠し味(香り)にトリュフオイル、
その上にはそば茶が。この食感と香りが、めっちゃいぃ。



*大人のコールスロー
b0118001_13144036.jpg
咀嚼すると、貝柱や蟹の旨みがじゅわりと。
まさに大人のコールスローだわ。


焼き物は、備長炭でじっくり火を入れた

*短角牛ソーセージ
b0118001_1315792.jpg
上品な旨みが溢れ出る。



*天然 大うなぎ〈大阪湾〉
b0118001_13152739.jpg
肉厚の身は、弾けんとばかりにブリッブリ。
脂ののりは凄いのだが、ひつこさはなく、
皮はバリリと香ばしい。


ひでさんが織りなすメニューは、どれも端正で凛とした美しさがある。
しかもそれらは、酒飲みのツボを突く肴やお料理ばかり(笑)。

大うなぎの後に、肉の炭火焼きや、〆のたまごがけごはんを頂きたかったのだが
こちらの都合で時間切れに。
次おじゃまする楽しみに残しておく。
ひでさん、Ricoさん、ありがとうございました!


「和洋酒菜 ひで」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
06-6211-3391(要予約)


Foo Fighters - Learn To Fly

by writer-kaorin | 2015-07-12 13:17 | 和洋酒菜 ひで | Comments(0)