カテゴリ:L'AS ( 1 )

 

L'AS

東京遠征、週末の夜は
南青山にあるフレンチ「L'AS」でディネでした。
b0118001_19293319.jpg
夜のコースは5000円(税別)。
そのコストパフォーマンスの高さは、いろんな方から常々聞いていたが
本当に素晴らしかった。
皿のなかのクオリティはもちろん、目に飛び込んでくる店づくりの隅々に至るまで。

シャンパーニュで乾杯。
Kさんありがとうございます♬


*スイカと梅干の冷たいスープ
b0118001_19294622.jpg
梅干の風味とキュッとくる酸味に、
スイカのすっきりとした甘み、とてもよく合う。

b0118001_19295876.jpg
お次は、「L'AS」のスペシャリテ

*フォアグラのクリスピーサンド “パイナップル味”
b0118001_193014100.jpg
冷製フォアグラはすーっと口中でとけゆくと同時に
パイナップルの酸味、くっきり!その酸味のおかげか
フォアグラの澄んだ甘みが強調。食感の差異も楽しい。


*透明なトマトのエキスで揚げ浸しにした茄子
 梶谷農園のハーブを散らして
b0118001_1930283.jpg
おー!梶谷さんのハーブに、こちらでも会えるとはテンション上がるわ。
トマトエキスのうま味とやわらかな酸味を纏った茄子は、とろりとしたテクスチャー。
様々なハーブの清々しい香りが、ふわ〜っと広がる。


*雲丹とミモレットチーズのサラダ
 ルッコラ・スナップエンドウ・ブロッコリー
b0118001_19304445.jpg
雲丹は程よく濃厚な味わいで、いい香り。
そこに野菜の苦味や香り、チーズのコクが重なり合う。


*北海道函館産 マグロのポワレ
 千葉県 並木さんのビーツを添えて
b0118001_19305842.jpg
ビーツは質朴な甘みを主張し、
マグロはねっとり妖艶な質感。
ブラックオリーブのパウダーが、全体を引き締める。


*スペイン産イベリコ豚のロースト
 ピペラード添え(赤パプリカ・トマト・バスク産唐辛子)
b0118001_19311312.jpg
美しき火入れ。脂はサラリとしていて甘く、赤身は味しっかり。
ピペラードは赤パプリカの甘さが印象的、
ピマン・デスペレットの爽やかかつ旨みのある辛さが心地よく響く。


*ミニトマトのコンポート、バジルジュレ
 ピアノグリッロ(ビオ、オリーブオイル)を添えて
b0118001_19312671.jpg
夏の清々しさが、身体にすーっと馴染む。
ピアノグリッロが名脇役。ナチュラルで個性ある香りが鼻孔をくすぐる。


*サマートリュフとココナッツのブランマンジェ
b0118001_19314031.jpg
この組合せは新鮮かつ、めちゃ好きなんですけど。
トリュフの初々しくもあり色っぽい香りに、
ココナッツの夏ならではの風味。


あれこれグラスでワインを頂いた後、
ブランマンジェにはこの食後酒を。
b0118001_1931551.jpg
カリンを砂糖に漬けたようなまったりとした甘み。
嗚呼、薫るブランマンジェに合うわ。


*広島県梶谷農園から届いたフレッシュハーブティー
 アップルミント・レモンタイム
 レモンバーム・フルーツセイジ
 メキシカンスィートハーブ
b0118001_1932126.jpg
甘い香り、すっきり爽やか、溌剌・・・というように
様々な風味が行ったり来たり。
そして胃がすっと軽やかに。ずっと飲み続けていたい味。さすが梶谷さん。

コース5000円(税別)で、レストランの料理を供するには
相当な工夫も必要だし、無駄なものを削ぎ落とすパワーも要るだろう。
それらが、高いレベルのもとで共鳴し合っていたレストラン空間でした。

次は、敷地内にある姉妹店「CORK」(コルク)にもおじゃましたいな。



「L'AS」(ラス)
東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル 1F
☎080-3310-4058
open : 12:00〜13:30LO(土・日・祝日のみ)、
    17:30〜22:30LO(日・祝日 17:00〜22:00LO)
close: 火曜日を中心に月8回程
http://www.las-minamiaoyama.com/index.html


Warren Zevon - Keep Me In Your Heart

by writer-kaorin | 2015-08-11 07:34 | L'AS | Comments(2)