カテゴリ:ぷ〜れ( 2 )

 

焼鳥 ぷ〜れ @福島区

店主・大ちゃんの顔が見たくなり
福島区、焼鳥「ぷ〜れ」へ。
b0118001_10591789.jpg
まずはビールで喉を潤し


*付き出し
b0118001_10593046.jpg
つくねを鶏だしでさっと炊いた上に、シャキシャキの水菜。
鶏だしはクリアなうま味を感じるなぁ。しみじみ旨い。
ハフハフ頬張る、その温度もよくって、カラダぽっかぽか。



*フルーツトマト
b0118001_10594490.jpg
張りよく、酸味と甘味のバランスがいい。
トマト好きに、ほとんど食べられてしまったが(笑)



*鶏モツ煮
b0118001_110048.jpg
さまざまな部位の食感楽しく、
思いの外あっさりとしたおいしさ。



*鶏のガランティーヌ ポルチーニソース
b0118001_1101833.jpg
鳥もも肉は、どこまでもしっとり。柔らか。
ソースがこれまた旨いんだ。即、ワインの口に。


b0118001_1103764.jpg
「La Fleur Solitaire Cotes du Rhone Blanc 2012 Boutinot」
華やかさのなかに、深みある樽香を感じる、
塩にもタレにも合いそうな白だ。


ここから、焼鳥へと。ぷ〜れで扱う鳥は、丹波地鶏。


*わさび焼き
b0118001_1105127.jpg
この日は、むね肉のわさび焼きでした。
むっちりしっとり、質感よろしく、心地よくわさびが香る。



*せせり
b0118001_11122100.jpg
食べごたえしっかり!噛むほどに力強い旨みが迸るのだ。



*かわ
b0118001_1113822.jpg
程よくカリカリ、その中からじゅわり広がる脂は澄んでる。



*まるなんこつ(スパイス)
b0118001_1115087.jpg
コリコリ楽しい食感。
和洋のスパイスが程よく利いてて、酒を呼ぶ味わい。



*おつけもの
b0118001_112577.jpg
ナチュラルでやさしい味わい。
これと白ワインでちびりちびりと。妙に合うんだ。


b0118001_1122396.jpg
ツレは「焼きおにぎり茶漬け」を。
遠火の炭火でじっくり焼き上げられたおにぎり、でかい!
鶏だしのうま味と、香ばしい焼きおにぎり、この相性の良さは言わずもがな。



*秋田県 高橋家のいぶりがっこ
b0118001_1123766.jpg
クゥ〜ッ、これまた酒を呼ぶ肴が登場。
薄くスライスしたいぶりがっこは、燻香心地よく、
単体なら日本酒となりそうだが、
タスマニア産・粒マスタードの香りと酸味、食感のおかげで
ぐぐっとワイン寄りの味わいとなる。



*つくね
b0118001_1125264.jpg
たれで。ファッファの繊細な食感。
ハフハフ齧れば、じわじわと豊かな味わいが広がる。


b0118001_1151980.jpg
店主の大ちゃんこと、窪田大輝さん。
大ちゃんが修業していた福島「あやむ屋」時代からのお付き合い。

丹波地鶏をつかった焼き鳥のおいしさはもちろん、
日替わりの黒板メニューには、鶏を主体にしたササミやらテリーヌやら、
酒飲みのツボをつく品も多数。
おかげでいつおじゃましても飲みすぎてしまう(笑)

大ちゃん、ありがとうございました〜!


「ぷ〜れ」
大阪市福島区福島7-7-22
☎06-6450-1522
open : 18:00〜23:00
close: 日曜
https://www.facebook.com/yakitoripoulet/


Eagles - New Kid in Town (Live)

by writer-kaorin | 2016-03-05 11:06 | ぷ〜れ | Comments(0)  

ぷ〜れ @福島・焼鳥店new open!

大阪・福島区。焼鳥激戦区であるこの地にて、
2015年7月、開店。
焼鳥「ぷ〜れ」
b0118001_11313030.jpg


b0118001_11314669.jpg
「ぷ〜れ」の由来はフランス語の「poulet@にわとり」から。
ロゴ、かわいい♬
店主は「あやむ屋」で修業を積んだ窪田大輝さんこと、大ちゃん。
オープンおめでとうございます!

b0118001_1132647.jpg
大好きだった、まゆみさんの店の跡地。
装いはガラリと変わり、手づくり感ある店内は
こちらの椅子を作っている作家さんが手がけたんだとか。
b0118001_1132309.jpg
ナチュラルかつ、センスあるわ。
しかも、カウンターに座り、天井を見上げると
田舎に昔あったような、懐かしい戸棚のガラスも。
b0118001_11325184.jpg



この日は「食車(ショッカー)」という
機密団体(!?)の集いによる貸し切りナイツ。
メニューは大ちゃんにお任せで。
b0118001_12141983.jpg

二日酔いのカラダに迎え酒。
すーっとカラダが軽くなる(笑)


*つくり盛り合せ
b0118001_1133146.jpg
丹波地鶏のササミ、ズリ、ハツ、肝。
いずれも澄みきった味わいかつ、凛としたおいしさがある。


*ムネのきずし
b0118001_11333448.jpg
まったりとした旨みが口中に広がりつつ、
酢締めのまぁるい酸味がずっと続く。
開けた、泡あれこれとナイスな相性。


*蒸し鶏ネギソース
b0118001_11335491.jpg
しっとりとした身質は、味濃い。
ネギが香り、太白胡麻油だろうか、その澄んだ風味により
グラスを持つ手が止まらん。

この他、「生ハムとアボカドのポテトサラダ」とか(これめっちゃヒットです!)
「コーンのひとくちおにぎり」とか、そそられるアテ多数。


*軽く燻製したハツのサラダ
b0118001_11341350.jpg
サラダ菜に絡むドレッシングの具合よろしく、
ハツはほんのりとした燻香を放つ。
張りあるトマトのおいしさにもハッとなる。


*パテ
b0118001_11343818.jpg
鶏のさまざまな部位が入ったパテ。
肌理が細かく、肉の味しっかり。
澄んだ風味がすーっと広がる感じ。


そして焼きへと続く。

*ササミ
b0118001_11345716.jpg
ワサビで。
身はプルッとしつつ、しっとり。
振り塩の加減よろしく、ワサビの薫りが響く。


*ハツ
b0118001_11351581.jpg
噛めばぷるんっと弾力心地よく、
潤々とした質感、好き。


*ねぎま
b0118001_11353410.jpg
塩の加減により、もも肉の甘みが際立っている。
ネギは香り高く、澄んだ甘み。

b0118001_11355639.jpg
大ちゃんを激写!と思ったら、「食車」メンバーの
廣瀬さんにピント当たったや〜ん!
同郷(福井県出身!)やからしゃーないわ(爆)


*皮
b0118001_11361599.jpg
アブラーとしては欠かせない串のひとつ(笑)


*せせり
b0118001_11363471.jpg
プリッと程よい弾力。
脂がじゅわり広がりつつ、肉の旨みもしっかり。


*ぼんじり
b0118001_11365368.jpg
じゅわりとキレイな脂が溢れ出る。


*つくね
b0118001_11371355.jpg
ふぁっとエアリーながら、
しっかりと肉を食べている感じがいい。


b0118001_1137316.jpg
30歳!これからが楽しみな大ちゃんです。
何かとお世話になっていて、
でも久しぶりにお会いした大ちゃんは、店主としての責任感を背負った
今までとは全く違う、凛々しい顔でした。


宴はこの後も、数時間(!?)続いたそうなのだが
私は仕事へリターン。
最後に頂いた、背肝タレも旨かった。


大ちゃん、「食車」の皆さん
ありがとうございました(-_^)/


「ぷ〜れ」
大阪市福島区福島7-7-22
☎06-6450-1522
open : 18:00〜23:00
close: 日曜

Arcade Fire - Intervention

by writer-kaorin | 2015-08-14 12:15 | ぷ〜れ | Comments(0)