カテゴリ:京料理 藤本( 1 )

 

京料理 藤本

とある平日。たまたま京都へ行く用事があったので、
夜はここにしようと決めていた
@京料理 藤本
4/14OPENの新星。

ご主人・藤本さんは、なんと1978年生まれの29歳。
「まる田」さんや「修伯」さんなどで修業を積んできたという。
同じ生まれ年とは思えない(笑)。

b0118001_1147592.jpg
場所は洛中(衣棚通り三条下ル)
路地に入り、そのまた路地裏。このロケーションだけでもワクワク。

b0118001_11512394.jpg

築100年以上経つ家らしい。


いただいたのは夜のおまかせ。
・鮑、蛸、南瓜、焼きトマト、ウド 、インゲン
 柚子香をきかせた土佐酢ジュレ
b0118001_11561394.jpg

土佐酢の爽やかさ、いいねぇ。火入れ、それぞれ異なり、一口ごとに楽しい。
器カワイイ! 鮑の殻のカタチをした土もの。


・焼きナス、胡麻クリームあえ
b0118001_12046100.jpg
こちらは、こっくり。既に口のなかは「日本酒」モード(笑)


椀物は
・鱧の葛たたきに梅肉、塚原の筍、胡麻豆腐
b0118001_125335.jpg

旬の筍と初物の鱧。ステキな組み合わせだわ。


向付いろいろ。
酒飲みには嬉しい皿続々&ちょこちょこ盛り
・由良のウニ、剣先イカと筍
b0118001_1282836.jpg

木の芽味噌、海苔ペースト、ピンクソルトがちょこんと添えられている。
いろんな味の変化が楽しい。


・鱧焼き霜、水なす 梅肉あえ
b0118001_12225748.jpg
梅肉のほのかな酸味で、口中すっきり。


・目板ガレイ、イサキ炙り、ヨコワ、明石蛸
b0118001_12261654.jpg

のっけからずっと、これでもか!ってほど魚君。たまらん!


焼物は
・賀茂ナス田楽、ノドグロ、カンパチ
b0118001_12285987.jpg
力強い!純米吟醸とまらん!


蒸物は
・鱧、海老芋、ブロッコリー
b0118001_1231810.jpg
ねっとり滑らか。ボリュームすごいワ。


・筍ご飯
b0118001_12342137.jpg


・アブラメのつけ焼き
b0118001_1235766.jpg

アブラメで酒チビリ。筍ご飯でチビリ。まだ酒かよ(笑)。


デザートは全6種。好きに選べる。んもう、かなりの満腹で1種のみオーダー。
・ラムレーズンアイス×最中
b0118001_12362077.jpg



以上。
こんなに魚をいっぱい食べたのは久しぶりかも。
でも、どれもこれも味の変化、そのきかせかたがいぃから、飽きないし楽しい。

お若いからイケイケで疲れてしまうコースとはまったく違い
29歳らしからぬ、落ち着きのなかに遊びがちらり。
カウンター越し&隣客との、たのしいトークも重なり、
今日はヘベレケやなく、ホロ酔い(笑)。
いぃお料理、いぃ人、いぃ時間でした。


「京料理 藤本」
京都市中京区衣棚通り三条下ル 了頓図子町475-10
075-211-9105
12:00〜13:30入店、18:00〜20:00入店   
不定休

by writer-kaorin | 2008-05-10 12:52 | 京料理 藤本 | Comments(0)