カテゴリ:パルゴロ( 2 )

 

パルゴロ @自然派ピッツェリア

大阪・此花区。
千鳥橋の駅すぐにあるピッツァ&イタリア料理のお店
「パルゴロ (pargolo)」へ。

b0118001_17375072.jpg
取材で何度もおじゃましてるんだけど
プライベートでは久々の訪問だ。


ビールで喉を潤し、
いっとかなあかんやろ、な名物メニュー
「おまかせ前菜の盛り合わせ」を。
b0118001_17380928.jpg
手前より。
●「ブリオッシュ 鶏レバーのペーストと、さくらんぼのモスタルダ」。
 レバーのコクと、モスタルダのナチュラルな甘みとの相性いいね。
 ちなみにブリオッシュは、ソムリエールであるマダム・祐香理ちゃん作。
 彼女、パンやベイク系スイーツだってお手の物というワケで。
 「歌って、踊って、捏ねれるソムリエールでありたい」って芸達者や!
●その隣の「ゴルゴンゾーラのペースト」もワインを欲する味だし、
●「原田さん(熊本・菊地)の手作りモッツァレラとトマトのカプレーゼ」は
 酸くっきりなトマトと、透き通った味わいのモッツァレラとの素敵な出合い。
●自然栽培の季節野菜を漬け込んだ「自家製ピクルス」は
 すきっとした甘酸っぱさに続き、野菜の味をしっかり感じる。
●「鯖のマリネ」はピンッと張りがあって、脂じわりなおいしさだ。

b0118001_17382742.jpg
これも味わい深かったー。
●「トウモロコシのパンケーキと生ハムと、リコッタチーズ」。
パンケーキのピュアな甘みに、生ハムの塩味とチーズの爽やかさ。
いくらでも食べられそう。



b0118001_17384310.jpg
温前菜も登場。
●「足赤エビのカダイフ巻きフリット」はザクッと食感宜しく、エビの旨み濃厚。
●やめられない止まらないのが「ゼッポリーネ(海藻入り揚げピッツァ)」。


b0118001_17390085.jpg
もちろんワインとともに。
ソムリエールの祐香理ちゃんが
客の好みを聞きつつ、ピタリと合わせてくれる。


●Sauro Maule Granselva 2014
b0118001_17391423.jpg
イタリア・ヴェネト州の自然派。
清涼感と厚みのあるミネラル感とがスーッと広がる。
飲み心地いいなぁ。



●ビアンカネーベ
(生ハム、ルッコラ、モッツァレラ、グラナパダーノ、EVオリーブオイル)
b0118001_17394801.jpg
生地はサクッモチッでありながら、重たさとは無縁。
しかも、粉そのものの香りがすごく良いから
すいすい食べ進む軽やかさがあるの。
ワインぐびぐびしつつ、まるでピッツァが飲み物であるかのように(笑)
チーズ各種のコクと、ルッコラのパンチがあるほろ苦さ、
そして生ハムのバランスも申し分ない。
で、若干、ほんま若干小ぶりのサイズも、ワイン飲みには嬉しい限り。



今、むっちゃ気になってる南アフリカの自然派の登場だ。
b0118001_17401158.jpg
オーストラリアで生まれ育ったミックさんが
2014年に立ち上げたドメーヌ「Craven Wine」の
「Craven Syrah The Firs Vineyards 2016」とともに
秋色パスタを楽しむことに。




●栗粉を練り込んだパッパルデッレ 茨城産 小鳩のラグーソース
b0118001_17403583.jpg
パッパルデッレに栗粉を練り込み、しかもラグーが小鳩って!テンションmax。
その麺は、じんわりと質朴な甘みを放ち
小鳩ラグーの重層的な味わいが絡めば、
嗚呼、トスカーナの秋が脳裏に浮かぶ。
ソテーした栗のホクッとした食感が、いぃアクセント。

b0118001_17404810.jpg
クラヴァンのシラー特有の、上品ななかに見え隠れする
ほのかなスパイス感が、ピタリ合ってた。


ワイン談義はもちろん、
野菜は自然派の八百屋・ポムドテールさんから届く季節ものを使うなど、
扱っておられる素材ひとつひとつにエピソードがあり
それを話題に飲むのもまた楽しいなー。


オーナーシェフ・小野洋さんが創り出す料理のおいしさに癒され、
元・和食料理人である若手スタッフが焼き上げるピッツァ、これもじつに旨し。
そこにマダム・祐香理ちゃんがナチュール系ワインをビシッと合わせてくる。
3人のタッグにより生み出される、ここにしかない味と空気感。
もうね、クセになります。間髪開けずしておじゃましたいわ(笑)




「パルゴロ」
大阪市此花区四貫島1-1-39
☎06-6464-0651
open : 12:00〜14:00LO、18:00〜22:00LO
close: 水曜を中心に月6日
https://www.facebook.com/pargolo.chidoribashi/



Robert Plant - The May Queen



by writer-kaorin | 2017-10-16 17:46 | パルゴロ | Comments(0)  

パルゴロ @千鳥橋・ピッツァとイタリア料理

この日は此花区・千鳥橋へ遠征。
ピッツァとイタリア料理のお店「パルゴロ」へ。
b0118001_19232583.jpg
公私共々お世話になってます☆


ワインの学校の講師と生徒さんと、不意打ちな夜。
b0118001_19233931.jpg
1杯目は、マルク・テンペの
Cremant D'Alsace Brut Nature "Premiere"
レモンのような爽やかな香り。


*前菜盛り合わせ
b0118001_19235218.jpg
ゼッポリーネ(海藻入り揚げピッツァ)をはじめ、
ホタテのカダイフ巻きフリット、
ポムドテールさんの自然派サラダ、
サンダニエーレ産 生ハム、
まーさん豚の自家製ハム、
カプレーゼ、ハマグリ香草バター焼き…と盛りだくさん。
オーナーシェフの小野洋さんによるお料理の数々は、
素材感漲るナチュラルな味わいかつ、
どんだけ飲ませるんですか!なおいしさ。


ピッツァにはランブルスコ!とは
ソムリエであるマダムの祐香理ちゃん。

Lambrusco il Quaresimo NV La collina
b0118001_1924514.jpg


b0118001_19241959.jpg
ランブルスコをマルゲリータとともに。
確かに。ピッツァ生地の芳ばしさとジューシーな具に
しっかりとブドウの味があるのにしんどさを感じない
ランブルスコの味わい、いきいきとした泡立ちが、ごっつ合うやないの。
ランブルスコ=「大人のコーラ」とはよく言うたもんだ(笑)


*スパゲティーニ 牡蠣と空心菜のペペロンチーノ
b0118001_19243453.jpg
ペペロンチーノのシンプルな味わいが
空心菜のしゃきっと感、ミルキーな牡蠣の旨みを
ぐっと際立たせている。


*ペンネリガーテ 熊本産 赤茄子入りアッラビアータ
b0118001_19245148.jpg
肉厚の茄子は噛みごたえも味も良く、
トマトの旨み、トウガラシの辛味が見事にマッチ。

焼き菓子やドルチェも充実していて、
食後に頂きたかったのだが、また次の機会に☆

その後は祐香理ちゃんセレクトの
ヴァンナチュールをあれこれ頂き、
終電逃す勢いの楽しい夜となりました。
そして千鳥橋、案外近かった!(笑)
また近々フラリおじゃますると思います♬


「パルゴロ」
大阪市此花区四貫島1-1-39
☎06-6464-0651
open : 12:00〜14:00LO、18:00〜22:00LO
close: 水曜を中心に月6日
https://www.facebook.com/Pargolo-561873907166485/timeline/


Jackson Browne - The Load Out and Stay - Live BBC 1978

by writer-kaorin | 2015-09-11 20:06 | パルゴロ | Comments(2)