カテゴリ:錢屋カフヱー( 1 )

 

錢屋カフヱー

雨の日の土曜、上本町「錢屋カフヱー」へ。
b0118001_739418.jpg
ヘベレケな私にも、お気に入りの酒場、ではなく
カフェが何軒かある(笑)。

ここ「錢屋カフヱー」は、リノベーションした錢屋本舗本館の1Fに位置。
その並びには、新屋シェフのお店「kyui」や、中国料理「黄龍」も。

「錢屋カフヱー」はじめ、錢屋本舗本館のコンセプトがまた素晴らしいの。
〜ちょっとしたことを、ちゃんとやる〜

こちらへおじゃますると、
「丁寧に暮らす、過ごす」というコトを
ひとつひとつ、再認識させてもらえるのです。
(すべてiPhoneで撮影)

b0118001_7393852.jpg
個人的にツボ!がいっぱい。
コーヒーやお菓子については後ほど述べるとして、
まずは「音」。
「わわ、Janis Joplinのこのアルバム、めっちゃ好きやし。
 Diana Krallも、おー Norah Jonesも♬
 Miles DavisにSinatraも・・・。
カフヱーでこのラインナップ、泣ける(嬉)」といった具合。
LPレコードというのが、たまらなく嬉しい。ツレとしばし洋楽談義。


b0118001_7395371.jpg
しかもJBLは4345。威風堂々とした姿に目が釘付け。
そして心地よく流れるサウンドのおかげで、長居したくなる。


b0118001_740610.jpg
窓の外はどしゃぶりの雨。
ゆっくりとした時間が流れている。


*クラシックチーズケーキ
b0118001_7402036.jpg
なめらかでいて濃厚。
程よくフレッシュ感もあって、後味は清々しい。
丁寧につくられたおいしさがあるの。


b0118001_7403376.jpg
この日はケニアを。
酸がキレイで、フルーツのような爽やかな甘みも。
この日は、サイフォンコーヒーを40年間淹れ続けておられた
グランタス(京町堀)の店主・中塚さんによる
サイフォン珈琲DAY“グランタス”の日でした。

中塚さんに、味わいの好みや、今の気分を伝えたところ
まさにドンピシャの、珈琲に出合うことができ、感謝!
偶然のサプライズ。小さな幸せ。
ちなみに、中塚さんによるサイフォン珈琲DAY“グランタス”、
2月は26(金)と27(土)のみだそうです。
3月以降の週末のサイフォン珈琲DAYはHPを要チェック☆

錢屋本舗主催の「錢屋塾」にも行ってみたいナ。


b0118001_7411257.jpg

丁寧に淹れられたケニアを飲みながら、しばし読書タイム。
松浦弥太郎さんの「日々の100」を久々に読み返す。
心が豊かになる贅沢な時間でした☆


「錢屋カフヱー」
大阪市天王寺区石ヶ辻町14番6号 銭屋本舗本館103
☎06-6770-5770
open : 12:00〜23:00(月〜金曜)、土曜は12:00〜18:00
close: 日曜、祝日
http://zeniyahompo.com/honkan/zeniyacafe
https://www.facebook.com/zeniyacafe/


Diana Krall - The heart of saturday night

by writer-kaorin | 2016-02-24 07:42 | 錢屋カフヱー | Comments(2)