カテゴリ:中国菜SHIN-PEI( 2 )

 

中国菜SHIN-PEI

今日の気分は中国料理!ってことで、
靱本町「中国菜SHIN-PEI」で晩ご飯。
b0118001_22491687.jpg
Michelle Brut N.V.
これを飲みながら、前菜に照準を合わせていたところ…


b0118001_22493074.jpg
和歌山の落花生 紹興酒漬けが登場するではないか!
栗のようにホクホクで、ほのかに甘い。
八角や山椒の風味がふわり漂う。



*お勧め前菜五種盛り合せ
b0118001_22494840.jpg
「蒸し鶏ネギソース」や「ボタンエビ紹興酒漬け」「バイ貝」をはじめ、
「特級クラゲの甘酢和え」には梨とトマトのピクルスが。両者の酸味が泡を呼ぶ。
「炙り秋刀魚の山椒ソース」は、秋刀魚の肝のソースがめっちゃいい仕事してる。



*鮭と海老とキノコの春巻き
b0118001_2250482.jpg
海老のぷりっと食感に続き、鮭が香り、キノコの旨みがじゅわりと。
スダチの酸味が、ぴたりと合ってる。



*ラム肉と春雨と酸菜の辛み煮込み
b0118001_22502284.jpg
複雑味のあるピリ辛テイストのなかに、
白菜塩漬けや大根の葉の漬物の旨み。さらには。
セリ科で生薬としても使われている「当帰(トウキ)」。
b0118001_22503986.jpg


b0118001_22505160.jpg
奈良で作られているという大和当帰の
苦味とスパイシーな風味は、ラム肉と素晴らしき相性を見せていた。
それらのエキスを吸った春雨の旨さといったら…。無言でひたすら食べたわ(笑)。



*麻辣牛肉豆腐
b0118001_2251666.jpg
3年熟成の豆板醤と、麻辣醤のコク深い辛みに続き、
豆腐はふぁっふぁの柔らかさ。
半日煮込んだ和牛スジ肉の、トロトロ感、これクセになる味わいなの。
毎回頼んでしまう一品だ。


オーナーシェフでありソムリエの資格も持つ、中田真平さんと
食後は食材&ワイン談義の、楽しいひととき。
いつもありがとうございます☆


「中国菜SHIN-PEI」
大阪市西区靱本町1-1-18 日宝CUBE靭本町3号
☎06-6447-7726
open : 11:30~14:00LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休
https://www.facebook.com/chugokusai.shinpei/



朝から、移動途中も今日はずっと Leonard Cohen
ご冥福をお祈りします。
Leonard Cohen - Hallelujah

by writer-kaorin | 2016-11-13 22:53 | 中国菜SHIN-PEI | Comments(2)  

中国菜SHIN-PEI @靭本町

2015年11月、靭本町に登場した「中国菜SHIN-PEI」。
ランチに伺ったことがあったんだけど、夜は初訪問。
b0118001_7523161.jpg



b0118001_752455.jpg
スターターは、「Cremant d'Alsace Brut Kumpf et Meyer」

b0118001_753017.jpg
アミューズ、ということで
紫白菜と金柑のコンポート、杏露酒とソーダのジュレ。
柑橘系の香り、酸味、甘みが泡とよく合うなぁ。



*前菜五種盛り合せ
b0118001_7531589.jpg
「蒸し鶏の冷菜」はしっとり、葱ソースはコク深く、
「クラゲの甘酢漬け」はトップに八朔。その柑橘香が泡を呼ぶ。

b0118001_7532982.jpg
「甘海老の紹興酒漬け」は濃厚な甘みを放ち、

b0118001_7534312.jpg
「炙り鯖の山椒ソース」澄んだ鯖の風味に、山椒が心地よく薫る。

b0118001_75357100.jpg
「鶏肝のコンフィ」はどこまでもしっとり。
五香粉がほのかに香り、自家製柚子胡椒の優しいアクセント。


b0118001_7541014.jpg
泡に続き、ロゼを。中国料理店で、ロゼのグラスがあるとは、嬉しい!
「Libalis Rose 2013 CASTILLO DE MAETIERRA」
from スペイン・リオハ
ドライなタッチでありながら、厚みのあるふくよかな味わい。
優しい酸味に続き、紅茶に通ずるニュアンスも。
このロゼ、好きやなー。



*鰻の香菜入り強火炒め
b0118001_7542519.jpg
サクッふぁっと優しく語りかける鰻は、すーっとキレイな脂の余韻。
香菜の風味と、酸と旨みのバランス、見事。



*麻辣牛肉豆腐
b0118001_7544220.jpg
半日煮込んだ和牛スジ肉、豆腐、有機ほうれん草の組合せ。
豆腐はふわりと柔らかく、
牛スジはトロットロン。でも肉らしさは健在。
3年熟成の豆板醤と、麻辣醤の複雑味のある辛みに続き
甜麺醤のコク深い甘みが響く。
これはリピートしそう〜!


*ホタルイカと干し貝柱の炒飯
b0118001_7545875.jpg
春の海味と干し貝柱で、芳醇かつ旨みの嵐!
ハラリ軽やかな炒飯だから、〆のつもりが…ついグラスに手が伸びる。


*杏仁豆腐
b0118001_7551138.jpg
プルンと弾力あり、濃厚。
苺シャーベットの甘酸っぱさでスキッとした後味に。



オーナーシェフでありソムリエの資格も持つ、中田真平さん。
ワインリストのエピソードをあれこれ聞きつつ(笑)、
お料理とともに、グラスで4杯ほどいただく。
ワインと中国料理、がテーマだけあり、
なるほど納得な調味料使い、素材使いがそこかしこに。
たとえばそれが、柑橘の酸味の使い方だったり、発酵調味料の利かせ方だったり。
楽しく美味しい勉強タイム。ありがとうございました☆


「中国菜SHIN-PEI」
大阪市西区靱本町1-1-18 日宝CUBE靭本町3号
☎06-6447-7726
open : 11:30~14:00LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休
https://www.facebook.com/chugokusai.shinpei/


Mudcrutch - Scare Easy (video)

by writer-kaorin | 2016-03-09 07:58 | 中国菜SHIN-PEI | Comments(0)