カテゴリ:=取材=( 22 )

 

グルメスタジオ「FOOVER」 @2017/11/1オープン★

昨夜のハナシ。
堀江に誕生したグルメスタジオ「FOOVER」(フーバー)の
レセプションにおじゃましました★
b0118001_09304690.jpg
こちらのビルディングは
2017年10月に誕生した“ベルメゾン ライフスタイリング 堀江”。
なんと、ベルメゾン(千趣会)初の、体験型のインテリアショップになっている。
その詳細は後ほど述べるとして。


施設内に昨日11/1、誕生したグルメスタジオ「FOOVER」(フーバー)。
へべれけ日記、見てくださってる料理好き(とくに作ることが好きな方)には
ぜひオススメしたいと思い、昨夜のレセプションの模様をご紹介しよう。
b0118001_09310093.jpg
ずばり「料理教室」なのだが、ひと味もふた味も違う企画が面白いの!
“食”に対して高感度な方たちへ向けての
新しいグルメスタジオ、といったところ。


b0118001_09311516.jpg
コンセプトは「プロに学ぶ、グルメ&料理上級者のためのグルメスタジオ」。
そう、調理のテクニックや知識を、有名シェフや専門家に教わることができる。
たとえば、予約が取れない名店や、★付きレストランのシェフが講師だったり
パンやスイーツの名シェフたち(すでにキャンセル待ち枠も)による教室はもちろん
https://foover.jp/lesson/cat/cooking/


「サタデーナイトFOOVER」(←このタイトル、めっちゃツボ!!!)と題し
チーズとワインのマニアックなペアリングなどを食べ比べしながら学べたり。
「私、料理はせーへん。食べる専門!」という人もご安心をwww
著名なシェフを招いたグルメイベントも頻繁に企画するということで
作って、見て、味わって学ぶことができる魅力、満載なのだ。
ようここまで、有名なシェフたちを招聘できたな、と驚くばかり。

ちょっと宣伝ぽくなるけど(回し者ではない:笑)
入会金不要という気軽さも個人的には嬉しいな。

レッスン一覧にはいつもお世話になっているシェフたちのお姿も。
https://foover.jp/lesson/
11月中に早速、予約をしてみよ(笑)


b0118001_09315019.jpg
昨日の様子。会場には、雑誌やテレビをはじめ食関係の毎度な方々がずらりという
豪華な顔ぶれのレセプションだった。


b0118001_09320432.jpg
会場では
「本格ナチュラルチーズとワインのマリアージュの世界」のデモレッスンもあり
大いに賑わいをみせていたのでした。


b0118001_09321737.jpg
ここ“ベルメゾン ライフスタイリング 堀江”は
体験型インテリアショップ、ということで
ネットやカタログだけでは分からなかったライフスタイルの魅力たっぷり。


b0118001_09323344.jpg
実際に商品に触れてみることができる、だけでなく
インテリア相談(相談無料)を設けていたり、ワークショップを開いてたり。


b0118001_09324633.jpg
b0118001_09325662.jpg
キッチンツールや器、カトラリー、食品の販売もしていて財布の紐緩むこと必至。


b0118001_09330980.jpg
場所は南堀江・立花通り(オレンジストリート)近く
高感度な食と住の空間として早速、注目を集めそうだ。


大阪市西区南堀江1-20-1 日通南堀江ビル2F(堀江公園の南側)

『Gourmet Studio FOOVER(グルメスタジオフーバー)』
open:9:00〜21:30
年中無休
https://foover.jp/





by writer-kaorin | 2017-11-02 09:35 | =取材= | Comments(0)  

メゾン・ド・タカ 芦屋 @あまから手帖特別企画

夏のロンバケで、国内外を行ったり来たりしているため、
ヘベレケ日記、またまた久しぶり。

b0118001_16491091.jpg
この日は、フレンチレストラン「メゾン・ド・タカ 芦屋」にて開かれた
あまから手帖プレゼンツ、
鳥取県産 夏の食材を味わう会に参加。
あまから手帖の読者さん40人近くが集まっての、優雅なデジュネとなりました。


あまから手帖主催の企画は、ホームページをチェック!
https://www.amakaratecho.jp/


b0118001_16492657.jpg
6月下旬、高山英紀シェフはじめ計3人の料理人さんと一緒に出向いた
鳥取 産地探訪ロケ。
そこでインスピレーションを大いに受けた高山シェフによる、フェアなのだ。
(詳しくは、あまから手帖8月号をご覧くださいっ)


b0118001_16494673.jpg
鳥取「北条ワイン醸造所」シャルドネで乾杯♪



〜鳥取の夏野菜を使ったご挨拶〜
b0118001_1650024.jpg



*大栄スイカとバジル風味のキュウリのグラニテ
b0118001_16501640.jpg
キュンッと冷たくって、清々しい甘みと、瓜の爽やかさが広がる。


*スイートコーンのクリームコロッケ
b0118001_16503034.jpg
夏の香りと甘みが押し寄せる!


*鳥取和牛オレイン55のタルタル
b0118001_16593220.jpg
融点低く、すーっとキレイな脂、そして口溶け。




*鳥取墨なし白イカと根セロリのカネロニ仕立て
 グレープフルーツと白バルサミコのスープに浮かべて 根三ツ葉の香り
b0118001_16595282.jpg
釣り上げてすぐ、船上で墨袋を取り除く。だから、汚れがつかず
水洗いを極力抑えることができるから、旨味が残る「鳥取墨なし白イカ」。
白バルサミコのやらこい酸味のおかげで、
白イカの甘みが際立っている。ウニの塩味でなおさら。



*“夏輝”とカリフラワームース 青海苔の香るシャンパンジュレを添えて
b0118001_170778.jpg
鳥取の岩牡蠣“夏輝”と、滑らかなカリフラワーのムース。
まさに、クリーミー繋がり。
昆布だしのうま味をプラスした、ジュレの磯の香りが、“夏輝”と好相性だった。



*茹でたてのグリーンアスパラガス 香り高いセップ茸のソースオランデーズ
b0118001_1702440.jpg
もちろんアスパラも鳥取県産。
コリッと歯触り心地よく、じつに甘くて香りよく、かつジューシー!
ソースオランデーズからは、セップ茸の香りと大山バターの香ばしい風味漂う。



*白板昆布でマリネしたキジハタのポワレ
 トマトとアーティチョークのバリグール風
b0118001_170406.jpg
鳥取県産キジハタは、ブリンッと程よい弾力。白板昆布のうま味がじわりと。
クリアで爽やかなソースに夏を感じる。


b0118001_1705692.jpg


*夏鹿のロティ セップ茸のプラリネ ソースポワブラード
 大山ルビーの藁焼き オレンジ風味のウイキョウのコンフィ
b0118001_1711467.jpg
鳥取で獲れた夏鹿は、あっさりとした味わいながらも噛むほどに旨みが広がり
胡椒香るソースポワブラード、いい仕事してます。
大山ルビー(豚)は甘い脂と、藁焼きのスモーキーな香りが抜群の相性をみせる。




*タカミメロンを楽しんでいただくお口直し
b0118001_1713028.jpg
これまた鳥取県産。というか本日は、すべての主食材が鳥取県産なのだ。
メロンは果肉、ソース、シャーベット…と様々な調理法がなされ、
とてつもなく清々しい余韻。



*温かいミルフィーユ カフェ風味
 白バラ牛乳のアイスクリーム
b0118001_1714631.jpg
白バラ牛乳のカフェ味をイメージした、できたてミルフィーユ。
大山バターを用いたフィユタージュは生温かくってサクサク、儚いくらいに繊細だ。


b0118001_172284.jpg
露出オーバー;
白バラ牛乳のアイスは、澄んだミルク味と、蜂蜜&ミルクの濃厚さっぱりな2種。
紅茶で〆となりました。



鳥取県といえば、カニ〜、梨〜、というイメージが強いものの
ものづくりの背景を知れば知るほど、魅力的な旬食材がなんと多いこと。
高山シェフはフレンチのクラシックな技はもちろん、和のテクニックも忍ばせ
それら食材の潜在能力を引き出したコース展開でした。

いつもとは異なる料理スタイルだそうで。
高山シェフのお料理をいただきに、再び足を運びたいです☆




「メゾン・ド・タカ 芦屋」
兵庫県芦屋市平田町1-3
0797-35-1919
open : 11:30~13:00LO、18:00~20:30LO
close: 月曜(祝日の場合は翌火曜休)
http://maisondetaka.jp/



Jack Johnson - Breakdown

by writer-kaorin | 2016-08-16 17:06 | =取材= | Comments(0)  

ウニール本店 @移転オープン!

本日、1月21日(木)オープン!
京都・長岡天神や阪急うめだで店舗展開し、
全国で130店以上の飲食店への卸しもおこなう
スペシャルティコーヒー専門「ウニール」が、
本拠地である長岡京市にて、本店を移転。


スケールがとにかく凄い、新たな本店で
先日、メディア向けレセプションが行われた。
その模様をレポートしてみよかなーと思い、
このブログでは滅多とない、仕事の一コマ(笑)
b0118001_153958.jpg
車道からもすぐ目につくのが、この焙煎機。
完全熱風式、ローリングスマートロースター35kgが堂々と鎮座する。

オーナーの山本尚さんは、06年、
長岡京市にスペシャルティーコーヒー「ウニール」を開業後、
コロンビア、グアァテマラ、コスタリカほか豆の産地の農園へ出向き、
生産者から直接豆を買い付け、
自家焙煎をおこなうロースターとして、さらには
バリスタの育成、技術指導までを一貫して行っている。


大きなテーブルがゆったり配された店内。
b0118001_1532365.jpg
カフェはもちろんのこと、店内にはスイーツ工房も完備。
よって、今回新たに、パティシエが作るスイーツも続々登場する。
さらにはランチもあるそうで、
そのテーマが「畑の見えるお昼ご飯」。いい響き。
地元素材ふんだんのワンプレートを1日40食限定で提供するんだとか。


b0118001_1533759.jpg
イートインだけでなく、テイクアウトも充実。
そしてこの立て看板、素敵♬

b0118001_1535542.jpg
コーヒー豆テイクアウトの場所には、試飲スペースもあり。
そしてタルトや生菓子のテイクアウトも。


b0118001_15133455.jpg
山本さんが農園へ出向き買い付けた
常時5〜10種のスペシャルティコーヒーなどを購入することができる。


b0118001_154929.jpg
ガトーショコラも、シュークリームも、どしっと存在感あるわ。
かつ、素材の風味がいきた、味わい深さも。


レセプションの際、提供いただいたスイーツの商品説明に横には、
相性の良いコーヒーmenuが書かれていた。
b0118001_154338.jpg
私は、ガトーショコラに合わせて、
フレンチプレス「ホンジュラス エルサウセ」を。
熟したブラックチェリーのような果実味、そして綺麗な酸味が、
カカオの酸味やほろ苦さとピタリとマッチしてたなー。
ワインと料理のペアリングを楽しむのに近い感覚。楽しい。


b0118001_1544841.jpg
店内はいくつものセクションに分かれていて・・・

b0118001_1555595.jpg
なんと。バリスタのトレーニングルームも完備しているの。
「スタッフが学べる場として。マシンもレイアウトも
バリスタチャンピオンシップと同じなんですよ」と山本さん。
さすがはJBC(ジャパン バリスタ チャンピオンシップ)上位を
多く輩出するウニールだけある。
ちなみに、このスペースではコーヒーセミナーやイベントも開く予定だとか。


b0118001_156152.jpg
店の設計は、「graf」によるもの。
所々、和のテイストを昇華させたポイントが目に留まる。
サードウェーブコーヒーによくある“シュッ”とした雰囲気だけではない
リラックスできる空気が漂うの。


b0118001_1563347.jpg
棚の土台は「版築(はんちく)」と呼ばれる、日本固有の工法。

b0118001_1564913.jpg
「版築」とは、土を強く突き固めて、建物の土壁などを作る方法らしい。
渋い赤色や薄茶の層には、粉砕したコーヒー豆を練りこんでいる。


b0118001_157150.jpg
「いい環境で、店を作りたかったんです」と山本さん。
おそらく、何事もとことん突き詰め、それでもさらに突き詰める方なのだろう。
核となる焙煎所、さらにはカフェ、スイーツ工房、
豆や器具の物販、バリスタ育成、コーヒースクール…と、
スペシャルティコーヒーを軸とし、複合的に展開。
長岡京から国内外へ、発信し続けられることでしょう。

ご開店、誠におめでとうございます!


「Unir本店」
京都府長岡京市今里4丁目11-1
☎075-956-0117
open :10:00~19:00(カフェは11:30~18:30LO)
   ※11:30~14:00はランチ利用のみ   無休

駐車場:16台
交通:阪急長岡天神駅より車で5分、徒歩20分
   JR長岡京駅より車で10分、阪急バス10系統「今里」下車すぐ

http://www.unir-coffee.com/
https://www.facebook.com/unir.coffee/?fref=ts


Guns N´ Roses - Sweet Child O´ Mine (Music Video)

by writer-kaorin | 2016-01-21 15:29 | =取材= | Comments(0)  

トップシェフたちの饗宴! 「祇園さゝ木」×「パティシエ エス コヤマ」

すっかり、ヘベレケ日記での告知を忘れてましたぁぁぁぁ!

4月13日(日)に、
「祇園さゝ木」佐々木浩さんと、
「パティシエ エス コヤマ」小山進シェフが、
一日限りのコラボレーションを開催いたします!!
場所は、京都・二条城前にある「ANAクラウンプラザホテル京都」。


その名は
一日限定。ここでしか味わえない
トップシェフたちの饗宴
〜「祇園さゝ木」佐々木浩×
 「パティシエ エス コヤマ」小山進〜

produced by ジオード 門上武司
b0118001_1934288.jpg


「ANAクラウンプラザホテル京都」が、国内外で活躍する食の達人による
コラボレーション企画を実施。
第一弾は、京都で予約が取れない一軒「祇園さゝ木」佐々木浩さんと、
「小山ロール」の生みの親である「パティシエ エス コヤマ」小山進シェフによる、
スペシャル響宴。
プライベートでも親交が深く、まるで兄弟のように息がぴったりの、
佐々木さんと小山シェフによる熱い想い、
さらにはサプライズが散りばめられたこの日限りのコース料理を、
トークセッションとともにお愉しみください。


てことで、このイベント、私もあれこれお手伝いさせて頂いてます!
永ちゃんと、プログレのロック共演ではございませんので(笑)あしからず(^^;)
昼夜ともに60名限定。
3/29(土)現在、残席わずかといった状況デス。
詳細は下記を参照ください。


【日時】2014年4月13日(日)
【第一部】 受付 11:30a.m.  食事 12:00p.m〜
【第二部】 受付 18:00p.m  食事 18:30p.m〜
*いずれも限定60名です
*一部、二部とも料理内容は同じです。

【会場】 ANAクラウンプラザホテル京都
【料金】26,000円(料理、税金・サービス料込)
    ※飲み物は別途オーダー制
【MENU】
「祇園さゝ木」佐々木浩さんと「パティシエ エス コヤマ」小山進シェフによる、ひと皿のなかのコラボレーションをはじめ、それぞれのスペシャリテもコースにてご提供いたします。また、この日限りのサプライズもご用意。

【ご予約に関するお問合せ】
■ANAクラウンプラザホテル京都
■宴会販売部Tel 075-252-8566 Fax 075-231-2160
■HP:www.anacpkyoto.com
※完全ご予約、事前ご入金制となります。
※ご予約以外に関するその他お問い合わせは、
Tel:075-231-1155へお願いいたします。
http://www.anacpkyoto.com/archives/event_2014topchef/


Lay Lady Lay /Bob Dylan

by writer-kaorin | 2014-03-29 18:43 | =取材= | Comments(0)  

エキマルシェ大阪 @10/31open!

明日10月31日(水)open!
「エキマルシェ大阪」
http://www.ekimaru.com/
b0118001_13471578.jpg
JR大阪駅直結(改札の外)の、エキナカ商業施設です。西日本最大らしい。
場所は元・ギャレ大阪のところ。
ひと足お先に、内覧会へおじゃましてきました。


b0118001_13472321.jpg
館内には業態別・5つのゾーンがあるみたい。
今日もおいしいゾーンだけの紹介となりますが・・・(笑)

b0118001_13473713.jpg
「Marche's Kitchen 〜マルシェズ・キッチン〜」は、
総菜屋さんから(和洋中、タイ料理まで!)
オーガニックフードのグロッサリー、和洋菓子まで
ホントに多彩な顔ぶれ。


「de tout Painduce」〜デ トゥット パンデュース〜
b0118001_1349516.jpg

b0118001_13491541.jpg
なんと、あの「パンデュース」さんの新展開なのです☆
坪数、エキマルシェのなかで一番広いんじゃない?というゆったり感。
奥にみえる窓からは、桜橋口の改札が丸見え!となるワケ。


b0118001_13493390.jpg

b0118001_13494520.jpg
エキナカでおいしいパンを購入できるって、すごく有り難い。


b0118001_13495589.jpg
なんと、販売するパンはすべて、店内の厨房で作り、焼き上げるのだとか。
だから厨房、すごく広いです。
フロアと厨房とが大きな窓で仕切られていて、
パン作りの様子を見ることもできる。


b0118001_13501814.jpg
店内の柱や壁、至るところに、メッセージが隠れてます。
それを見つける楽しみも(^-^)


b0118001_13503262.jpg
ほんまに広い。パンの陳列、タイヘンやろなぁ〜(^^;)
商品は、新たに考案なさったパンたちの多いこと!
メツゲライクスダさんの香り高いベーコンを使用した
「クスダさんのベーコンエピ」¥300 や
北海道産はるゆたか 全粒粉100%のクロワッサン¥200をはじめとする新作、
ハッと!させられるおいしい発見、多々でした。

b0118001_13504681.jpg
米山シェフをパチリッ!
ご開店、おめでとうございます(^0^)/



そして「Marche's Cafe & Dining」には・・・
b0118001_1351859.jpg

b0118001_13512035.jpg
北新地「川と山」さんの新展開。
その名も、「シャレカツ 星と月」。

b0118001_13513988.jpg

b0118001_13515273.jpg
12種類のコースが¥2000。
アラカルトメニュ−は1串¥100〜¥300が主流…とまぁ
グッとカジュアルライン。
素材直球系串はもちろん、
しいたけキーマカリーや、ポルチーニとパンチェッタのリゾット串
といった創意工夫がなされた串からエスプーマをつかったものまで
目移りする串ラインナップ!

主・佐々木くんは、撮影でめっちゃお忙しそうだったので
またゆっくり、時間をみつけておじゃましたいと思います☆

いかりスーパーの新業態が入っていたり、
だし茶漬け専門店、プレッツェル専門店 ほか
面白そうなお店、多々です。


オープンは明日!
阪急うめだ本店も楽しいですけど、こちらも立ち寄る価値アリ!(笑)
って、大阪駅周辺だけで1日過ごせそうですね〜(^^)


「エキマルシェ大阪」
http://www.ekimaru.com/

by writer-kaorin | 2012-10-30 12:32 | =取材= | Comments(2)  

阪急うめだ本店 @プレオープン

10月25日(木)ついに二期棟先行オープンですね!
「阪急うめだ本店」


プレオープンにおじゃましてきました。
時間がなかったので、B1とB2のみとなったのですが;


B1にあるフードブティックには、
パリの最旬パティスリーや、関西初となるショップが続々と登場してます。


b0118001_2350579.jpg
先月、京都にオープンした「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」さんも
百貨店に初出店。ディスプレイ、相変わらずステキ〜。


こちらも関西初☆
b0118001_23511054.jpg
「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」

今朝、ワイドショーでもじゃんじゃん紹介されてたので
くわしい紹介は割愛させていただきますが、
個人的に好きなショップが、わんさかです。1日いても飽きなさそう(笑)


「きになる木 リッチフィールド」
b0118001_23514299.jpg

b0118001_23515321.jpg
「パティスリー リッチフィールド」の福原光男シェフが展開する、
バウムクーヘンとシフォンケーキの専門店。
こちらは東北の植樹活動を応援すべく作った新ブランド。
バウムクーヘンを購入すると、その売上額の一部が寄付されるのだとか。
森のなかにディスプレイされた、
幾層にも年輪を刻むバウムクーヘン。素敵です。しかもホントに旨い。
そのおいしい日記は追って!


b0118001_23521775.jpg
「クラブハリエ」さんはパイ専門店を初出店。
リーフパイを販売するその隣には、「パイバーガー」なんてスイーツも!


b0118001_2353812.jpg
B1には、スタンディングのイートインスペースも。
これは嬉しい。



そしてB2のワールドフードマーケットも、瞬きを失う楽しさ!
b0118001_23532139.jpg
嬉しいなぁ〜。トリノ発イタリア食材専門店「イータリー」が関西初出店です/
我が家のエンゲル係数高なりそう(笑)


b0118001_2353379.jpg
エシレもやってきましたねぇ〜!ケーク系商品がすごく旨そうでした。


パリからは、あのモンジュも!
b0118001_23535011.jpg
「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」
パリのモンジュ通りにあるブーランジュリー。
バゲットを買った懐かしい記憶がよみがえる。
仏産Bio小麦粉と自家製ルヴァン発酵種を使ったバゲット、勿論ゲット。


こちらも、めちゃくちゃ懐かしいぃぃぃ〜!
b0118001_2354660.jpg

b0118001_23541838.jpg
「エッサベーグル」
マンハッタンへ行くとよく、おじゃましてたなぁ。3番街の本店へ。
通いすぎて、お店のお兄さん「いつものベーグル&スプレッド」を
覚えてくれたほど(笑)

この他、ブルックリンの老舗ダイナー「ジュニアーズ ニューヨーク」も!
こちらのチーズケーキは必食。パストラミのサンドも食べたい!
ワイン売り場もなかなかの見応えでした。
シャンパーニュの品揃えは西日本一だとか?


っと、個人的嗜好に偏った(笑)足早な紹介でした。



「阪急うめだ本店」
http://www.hankyu-dept.co.jp/



Olivia Newton-John - Physical

by writer-kaorin | 2012-10-24 23:58 | =取材= | Comments(2)  

あまから手帖 最新号@ワイン食堂&北新地ランチ

あっ、Blogで告知し忘れてました!(~~;)
(Facebookでは紹介済のため、blogで掲載した気分になってた;)


先日(8/23)発売☆「あまから手帖9月号」最新号のご紹介!
b0118001_10103494.jpg
第一特集は、「今どきワイン食堂」。
ワイン党にはたまらん内容、かつ
個人的にも、素敵な手札になりそうな、
濃い濃い特集ですよー(^-^)/
おじゃましたい店、たっくさん出てきた!

なんと、表紙になった「ル・ボン・マルシェ」さんでは、
この写真のお惣菜をテイクアウト用としてセット販売されているみたい!
〜「あまから惣菜セット」 1980円〜

これはFacebookで知った情報ゆえ、お問い合わせはお店まで(^^)


そして第二特集は「北新地ランチ」。
私は、こちらの企画でお手伝いさせてもろてます(^^)
いやはや、新地の昼がアツいことになってます!
オフィスがご近所の皆さんはもちろん、
週末の新地ランチを楽しみたい方も必見☆

皆さん、ぜひ一家に一冊!!(^0^)



「あまから手帖」http://www.amakaratecho.jp/index.html

by writer-kaorin | 2012-08-25 10:12 | =取材= | Comments(8)  

京都マラソン2012 おこしやす広場 おもてなし屋台

ご無沙汰してます(汗)Kaorinです(~~;)
いま、京都「みやこめっせ」に来ており、イベント準備中(9:00現在)。
今日から3日間、ここ「みやこめっせ」で開催する
おいしいイベント告知です!


「京都マラソン2012
 おこしやす広場 おもてなし屋台」
b0118001_11154120.jpg

3月11日(日)の「京都マラソン2012」開催に伴い、
京都市勧業館「みやこめっせ」で3月9日〜11日の3日間、
さまざまなイベントが行われます。


詳細はコチラ☆
b0118001_11165074.jpg

画像が小さいと思うので、「コチラ」をクリック!!



このイベントの目玉が
「京都の名店の屋台」
1日10店舗(3日間で計20店舗)、京都の名店が屋台を出します。
3月11日はランナーのみの入場となりますが、
名店の味を気軽に食べられる機会です。
是非のぞいてみてください!!!

出店リストと各店のメニューはこちらで〜す♬
●3月9日(金)10:00〜19:00(最終入場)

「本家 尾張屋」
*京の椀そば【¥500】

「中国彩膳 にじょう」
*特製叉焼とグリーンザーサイのクレープバーガー【¥500】

「カーサビアンカ」
*自家製手打ちパスタ 牛肉ラグーソース 【¥500】
*ティラミスのフルーツ添え【¥500】

「ビストロスポンタネ」
*京野菜たっぷりと牛テールのスープ仕立て【¥600】
*自家製猪のソーセージ マスタードと青トマトのジャム添え【¥400】

「京料理 修伯」
*はまぐり真丈 えんどう豆のすり流し【¥500】
*たけのこご飯 からすみのせ【¥500】


●3月10日(土)10:00〜19:00(最終入場)

「イル・ギオットーネ」
*ありが豚と九条ねぎのラグーソース タリオリーニ【¥500】

「リストランテ・タントタント」
*マカロニグラタンのコロッケ 
*アスパラガスのソテー
*フライリゾット【各¥500】

「京料理 木乃婦」
*鴨南蛮うどん 【¥500】

「貴船 右源太」
*すっぽん豚まん【¥400】

「たん熊 北店」
*湯葉とろ丼【¥500】


●3月11日(日)10:30〜16:00※ランナーのみの入場可

「菊乃井」
*すっぽんうどん【¥600】

「美山荘」
*焼きおにぎり
*串の盛り合わせ【各¥500】

「創作中華 一之船入」
*チャーシュー丼【¥500】

「祇園さゝ木」
*揚げそばの和風カレー餡【¥500】

「鉄板 匠 まんまるの月」
*京お好み焼き
*豚もち玉 【各¥500】


●全日程出店
「侘家古暦堂」
*かしわ汁ソバ【¥500】
*ふわふわ卵の鶏カツ弁当【¥1000】

「いづう」
*鯖寿司【¥2205】

「峯嵐堂」
*わらびもち【¥500】

「焼肉 徳」
*近江牛・蔵尾ポークのすき焼き弁当【¥600】

「名代とんかつ かつくら」
*かつサンド【¥500】


皆さん、おこしやす〜(^0^)/




今年50周年なんですね〜♬来日してほしぃ〜っ!!
rolling stones start me up live

by writer-kaorin | 2012-03-09 11:25 | =取材= | Comments(0)  

あまから手帖「自称◎◎評論家」!

ここ数日、深読みしてます(笑)「あまから手帖」の最新号。
年に一度のお祭り企画。
その名も “自称◎◎評論家” 
b0118001_95143.jpg


以下、あまからのサイトより抜粋
===「自称○○評論家」とは、専門分野でその名を馳せているプロにも関わらず、
それ以外の何かについて、“個人的に確固たる自論を持つ”ほど何かを極め
てしまった偏愛家の方々のこと===


b0118001_953782.jpg
麻婆豆腐、卵がけごはん、ニョッキ、トースト、鶏皮などピンポイントものから、
「ポテサラ同好会」や「鰻会」など、かなりマニア(笑)な集いまで。
「うんうん、分かる分かる」って共感するものもあるんだけど
「それマニアックすぎるやろ!」とひとりツッコミしたくなる記事、多々。

皆さんの偏愛っぷり、ほんまに凄い! 取材も、ほんとうに楽しかった!
ぜひ一家に一冊(笑)


そんな、あまから最新号に、こちらの記事も載せていただきました。
「祝い箸」@今宮戎神社
b0118001_96125.jpg
えべっさんで知られる「今宮戎神社」で、
この大晦日から来年の十日戎までの期間、初めて販売をおこなう「祝い箸」。

このお箸の制作を、我が実家の若狭塗箸製造工房(福井県小浜市)で
携わらせて頂きました。
http://f-ichimaru.jp/

商売繁盛と食の安全を祈願した、祝い箸。
皆さん、笹とともにぜひ神棚に(^0^)


PS:姫、鰻が食べたぁてしゃ〜ないよ!!!


Bruce Springsteen & E.-Street Band
** Merry Christmas Baby ** Live

by writer-kaorin | 2011-12-25 09:07 | =取材= | Comments(0)  

師走のアレコレ

慌ただしくもウキウキな12月に突入ですね。
銀杏並木がキレイな御堂筋を歩くとついつい、
John Lennonの曲アレコレを口ずさんでしまう。あ、明日はJohnの命日ですね。
邦楽だとB'zの「いつかのメリークリスマス」やな♬

さて今日は時間差ネタもありますが、告知諸々です♬

まずは11/23発売「あまから手帖」12月号
b0118001_23512043.jpg
「飛躍するイタリアン」特集、ぜひご覧ください☆
モダン・イタリアン、ピッツェリア、郷土料理、この3柱で展開。
自分が携わらせていただきつつも、
ページをめくる毎に「うわ、このお店さんおじゃましたい」と直近予約、しばしば(^^;)

そして、2特「美味しいを繋ぐ 東北のひと」は
中本編集長、カメラマン北畠ケンゾーさんのおふたりによる、東北ロケの模様が。
東北に暮らす、食のプロにグッと迫った記事は、ほんとうに胸が熱くなる。
彼らの表情をみごとに捉えた、ケンゾーさんのお写真も必見です。


同日、発売の「SAVVY」
b0118001_23514143.jpg
「大阪・神戸・京都 ベストランチ」では、
とっておきのランチ店を紹介させて頂いてます
@たびたび、おじゃまさせていただく西天満の中国料理店☆


そして、12/5発売の「料理通信」は、
b0118001_23521610.jpg
満席の「ビアバル」と、クラフトビール。


大好きな「箕面ビール」さん他、取材でお世話になりました!
これまた大好きな「ベアードブルーイング」さんも紹介されてます。
ふたつのクラフトビールは、我が家でのヘビロテです☆



最後は…「祝い箸」の告知です!@今宮戎神社

2011年の大晦日から、2012年の十日戎にかけて
「今宮戎神社」さんが「祝い箸」の販売をスタートされます。
「福娘」と商売繁盛で有名な、言わずと知れた「今宮戎神社」の新しい試み。
元来「えべっさん」は食の神様だそうで・・

じつはこの「祝い箸」を、
我が実家の箸屋(OBAMA)で制作させて頂いてるのです☆

クラプトンに続き、またまた箸ネタでスンマセン(笑);

*産經新聞
b0118001_2352396.jpg


先日は日経新聞に掲載されました♬
*日経新聞
b0118001_23531450.jpg


後厄もおわりつつあるこの師走。
来年は「喰いっぱぐれ」がないよう、というか「暴飲暴食」を続けられるよう(汗)
来年の十日戎に、私も購入させていただこうと思ってます。
ご興味おありの方は、ぜひ宜しゅうお願いいたします☆

てな感じの師走のアレコレでした♬
明日からは美味しい日記、再び!!


U2 Where The Streets Have No Name Live At Slane Castle

by writer-kaorin | 2011-12-07 07:50 | =取材= | Comments(4)