カテゴリ:まんとく( 1 )

 

北新地 まんとく @鶏鶏鶏

前日から、メンバーは皆、鶏気分。。

かれこれ5年以上お世話になってる、
大好きな鶏店、K闘鶏@福島にしようか、

飲みの先輩Kちゃんに洗脳されてる、
新地の、イタリアン出身の主人が営む鶏屋にしようか

イロイロイロイロ迷いつつ、、


あの、燃ゆる炎と、あのコリッコリ、噛むほどに旨みじわじわ、な
もも焼きが無性に食べたなり、
北新地@まんとくへ


早い時間から閉店まで、お客さんひっきりなし!!!
相変わらずの、回転率にビックリだわ・・。

オーナー 砂原さんには先日、
A手帖の取材で、めちゃくちゃお世話になりました。
公私共々お世話になっている、アツいお方です。

砂原さんのもとで働く、若いスタッフ達、
キビキビ動きが早くって、そしてトークもおもろい!そして飲ませ上手(w
オーナーの人柄あってこその、スタッフ、客、
店の空気感やなぁ、、としみじみ。


・付き出しはキャベツ&味噌
b0118001_22252472.jpg

この味噌だけで、メインが来る前に、生中おかわり!
味噌の味わい、金山寺味噌と鶏肉味噌とを足して÷2な感じ。


・むね刺身
b0118001_22273085.jpg

生姜醤油で。ねっとり、甘くって、箸ススム君。
微妙に甘めな醤油、香りよし、優しくって、刺身との相性よし。


・もも たたき
b0118001_22333493.jpg

サッと火を通した皮目は、香ばしく、中は半生状態。
ポン酢でいただくから、さっぱり、いくらでも入ってまう…。
そして、なんでこんなに、肉が甘いのか!!??


・もも焼き
b0118001_22362726.jpg

んもう、無性に食べたなる、禁断の味。
ブワ〜ッと、炎立ち上がるこのももの焼き具合、
噛むほどにジュワジュワ、旨みほとばしる。
ビールとコレとで「んー、んもう何もいらん!」そんな気分(w


・明太子
b0118001_18271271.jpg

チビリチビリと、明太子&焼酎。。

この他に、ボイルなブロッコリーやアスパラ。
明太子+マヨをつけながら。
シンプルかつしみじみ馬。


・おいしいトマト
b0118001_18292076.jpg
甘さ程よく、酸味も丁度いい。
昔、実家近くの農家さんのんをもぎとって食べた、懐かしい感じがする。
山中さんちのトマトかなぁ。 ほんまに懐かしい。

この他、アテいろいろ、
酒グビガブ。

ラスト、
kaorin、米あんまし食べないので、
ツレのんを撮影
b0118001_18325921.jpg

明太子、ドヤサッ!な、おにぎり。
この明太子のみを頂戴し、焼酎焼酎。。

その後に、番茶と抹茶のプリンだったか、
これも、酒のアテとして十分楽しませていただきましたー。

以上。
鶏のさしみも、たたきも、もも焼きも、何もかもいたってシンプル。
だけど、シンプルだけにとどまらない、
噛むほどにじわじわ、な力強さ、ほんまに強烈。

ずいぶん飲んだ・・・。で、その後、
終電逃し、新地でひとり飲みとなったのでした(続く…)


「まんとく」
大阪市北区堂島1丁目5-40 森田ビル1F
06-6344-0086

17:30〜23:30(L.O. 23:00)
close :日・祝・第3土曜

by writer-kaorin | 2008-05-18 18:45 | まんとく | Comments(8)