カテゴリ:中国菜 エスサワダ( 2 )

 

中国菜 エスサワダ

事務所の忘年会は西天満「中国菜 エスサワダ」にて。
@2016.11.10open
b0118001_736487.jpg


b0118001_7361723.jpg
アミューズはフォアグラ紹興酒漬け。
軽やかなパイ生地で挟んだフォアグラはコクも香りも深く、
プラムのソースの甘酸っぱさが全体を引き締める。



*前菜五種
b0118001_7363440.jpg
クリスピーポーク
干し豆腐と豆苗の和え物
ブリ 花山椒のソース
淡路島 えびすもち豚のチャーシュー
クラゲ甘酢漬けとトマトの杏露酒漬け

飲ませる前菜揃いだ。



*北海道産セコガニのジャンボ餃子
b0118001_7365196.jpg
齧れば肉汁とともに、セコガニの濃厚な旨みが口中に広がる。

b0118001_7376100.jpg
内子も外子も入って、こりゃ嬉しくなるわ。
二口目は、黒酢&針生姜とともに。



*フカヒレの白湯煮込み
b0118001_7371975.jpg
とことん煮詰めた鶏ガラや、ネギ&白菜の甘み、干し貝柱の旨みがグッと凝縮。
ヨシキリザメは繊維が適度に太く、極みのスープが見事に染み込んでる。



*北京ダック
b0118001_7373334.jpg


b0118001_7374498.jpg
台湾産のダックは皮の香ばしさこの上ない。
そこに、シャクッと食感のリンゴの甘酸っぱさと甜麺醤、相性バツグン。



*ホッキ貝のネギショウガ炒め
b0118001_7375994.jpg
ホッキ貝はすこぶる甘い!
広東白菜やヤナギマツタケ、マコモダケとともに。



*クリスピーチキン
b0118001_7382122.jpg


b0118001_7383447.jpg
栃木県産の “香鶏”。
皮は適度に厚みがあり、カリリッ、ジュワリな脂は旨い!
そして身はしっとり繊細。なんぼでも食べてしまいそうになる(汗



*宮崎牛 中華風しゃぶしゃぶ
b0118001_7385070.jpg
香りよく蕩けるロース肉。香菜がいい仕事してます。



*酸辣湯麺
b0118001_739611.jpg
酸っぱ辛いスープが麺に絡み、クセになる味わい。


b0118001_739232.jpg
杏仁豆腐で〆となりました☆


Kさん、澤田シェフ、ありがとうございました!
この日は、2016年に食べたお料理のBest5を発表する日だった。
私の5位は:某焼肉店、第4位:尾道の串揚げ、第3位:地方の鰻屋、
第2位:某料理旅館、第1位:某天ぷら店、でした♪



「中国菜 エスサワダ」
大阪市北区西天満4-6-28
☎06-6809-1442
open : 11:30〜13:30LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休


Jeff Beck、2/2大阪公演!!もちろん行きますともー!
追加公演もあるみたい 2/7@あましんアルカイックホール 
http://udo.jp/Artists/JeffBeck/osaka.html

Jeff Beck - Led Boots

by writer-kaorin | 2017-01-13 07:40 | 中国菜 エスサワダ | Comments(0)  

中国菜 エスサワダ @西天満、中国料理の新星

本日、2016年11月19日open!
「中国菜 エスサワダ」@大阪・西天満
b0118001_9324028.jpg
数日前、披露パーティーに招待いただき、伺いました。
澤田シェフ、ご馳走様でした!


改めて、となるがオーナーシェフの澤田州平さんは、
「福臨門酒家」やグランドハイアット東京、
「JOE'S SHANGHAI NEWYORK 大阪店」などでキャリアを積み
心斎橋、「中華旬彩 サワダ」にて料理長を務めたお方だ。 
ディープパープルの会で伺ったときの様子(http://kaorin15.exblog.jp/26019968


*クラゲ甘酢漬け
b0118001_9335388.jpg
厚みあるクラゲは、食感も塩梅もいい。
トマトは杏露酒シロップに漬けていて、甘やかな香りが広がる。



*ピータンと甘海老のタルタル
b0118001_934863.jpg
クリーミーな中に、甘海老の甘みとピータンのコク。
ゴマのカラメルの甘みが優しく寄り添う。



*徳島産 鰆 花山椒ソース
b0118001_9342464.jpg
鰆はとろんとしたミキュイな質感。
ソースの複雑味ある旨みに続き、花山椒が香る。
ミョウガほか薬味がいい仕事してるなぁ。



*白子とレタスの蒸篭蒸し
b0118001_9343723.jpg
白子はふっくら、濃厚クリーミー!
レタスのシャキシャキ感心地よく、
鶏だしやナンプラーの風味を感じるスープで締りのある味わい。


b0118001_9345397.jpg
いつも素敵な笑顔の澤田シェフが、
「名古屋コーチンのクリスピーチキン」を手に持ち、堂々登場〜!



*クリスピーチキン
b0118001_935897.jpg
パリパリ、しっとり、食感のコントラスト楽しく
肉汁が溢れ出る。


b0118001_9352289.jpg
お次は台湾産のあひるで北京ダック。

b0118001_9353863.jpg
シェフが人数分、盛り付けてくれた。

b0118001_936113.jpg
薄餅の中には、柿も入る。
その質朴な甘みと、皮の香ばしさ、甜麺醤のコク。


b0118001_936199.jpg
残った肉もいただきました。
旨みを噛みしめる。



*スープ入り焼餃子
b0118001_9363861.jpg


b0118001_9365138.jpg
そこそこ大きな焼餃子だ。
皮はガシっと香ばしく、肉肉しく、
クリアなスープがじわりと出てくる。



*えびすもち豚の叉焼
b0118001_93783.jpg
艶やかだ。豚肉自体に、しっかりと味があり、この照りが堪らん。



*四川麻婆豆腐
b0118001_9372820.jpg
グツグツ、パチパチと音を立てながら土鍋で登場!
深いコクと複雑な辛味に続き、木綿豆腐のぷるるんとした弾力。
別添えの花椒オイルを適宜かけて味わえば、強烈な痺れが襲ってくる!
で、病み付きとなるわけ。白ご飯はガマン(笑)



*杏仁豆腐
b0118001_9374337.jpg
濃密、濃厚。
清々しい香りが広がった。



以上、澤田シェフ渾身のお料理に、満腹至福。
通常営業では、アラカルトはもちろん、
コース料理(6000円〜 税別)も用意するとのこと。

個性豊かな中国料理店が集まる西天満に、素敵な一軒!
すでに街では話題となっているため、
行かれる際はお電話でご予約をオススメします☆

澤田シェフ、ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました!


「中国菜 エスサワダ」
大阪市北区西天満4-6-28
☎06-6809-1442
open : 11:30〜13:30LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休


The Waterboys: "Fisherman's Blues"

by writer-kaorin | 2016-11-19 09:42 | 中国菜 エスサワダ | Comments(0)