カテゴリ:ガスビル食堂( 1 )

 

ガスビル食堂 @正統派洋食と絶景と

御堂筋のランドマーク「ガスビル」@大阪・平野町。
この日のディナーはビル8階にある、昭和8年創業の老舗洋食レストラン
「ガスビル食堂」にて。
b0118001_21321156.jpg
クリスマスが近づいてくると、やっぱりワクワクするなぁ(笑)
毎日、御堂筋を歩きながらついクリスマスソングを口ずさんでしまう♬


b0118001_21323029.jpg
エレベーターが8階へと到着し、エントランスを通りすぎ


b0118001_21324530.jpg
案内された窓際の席に腰を下ろすと……


b0118001_213309.jpg
眼下には御堂筋のイルミネーションが〜!
これにはテンション上がります。ますますクリスマスムードに拍車がかかり
オッサン女子が、乙女になれる。


そして、アペリティフにキールをいただきます。


b0118001_21345682.jpg
食器には、すずらんの模様が。
すずらんの姿は、ガス灯の灯火を覆う筒に似ていることから、
創業当時より、大阪ガスのシンボルフラワーとなっているらしい。
へぇ〜な、トリビアだ。



*アミューズ
b0118001_21372964.jpg
「かぶらムース、グレープフルーツのゼリー」
甘やかな冬の香りがふうわりと漂い、ゼリーの優しい酸味がキュッと引き締める。



*本日のオードブル(盛り合わせ)
b0118001_21374252.jpg
名物の「生セロリ」をはじめ(その昔はお店で栽培していたという)
「スズキのカルパッチョ 梅肉ソース」はねっとりと旨みが広がり、後味爽やか。
「小エビのカクテル」は懐かしいカクテルソースとともに。
「鶏ささみのハム」はしっとり。ローズマリーを用いたソースが薫る。

b0118001_2137581.jpg
さらには「生ハムとメロン」「スモークサーモンとアスパラガス」も。



*野菜のクリームスープ
b0118001_21382522.jpg
ナチュラルな甘みと、深みのある旨みが
じんわりと心に響く。


b0118001_21384368.jpg
全粒粉のパンとくるみのパン。
ワタシはカロリー気にせずバターをたっぷり付ける派。



肉料理はこちらにしました☆


*ハンバーグステーキ ガスビル風
b0118001_2139530.jpg
付け合せに、大好物のオニオンリングが♡
このお皿とともに、デミグラスソースがたっぷり入ったソースポットが供され


b0118001_21394369.jpg
サービスの方が、
デミグラスソースをたっぷりとかけてくれる。


b0118001_2140560.jpg
凛とした風貌に、しばし見とれる。
ナイフをすっと入れると、よくある肉汁ジュワ〜と流れ出る、ではない。
口に含み、咀嚼した瞬間に肉汁が溢れ出て
噛むほどに肉そのものの旨みが押し寄せるのだ。

しかも、パティの脂の甘みに
デミグラスソースの複雑なコクと程よい苦味が、すこぶる合う。


b0118001_21402224.jpg
向かいには「ビーフシチュー」の塊肉を頬張るお姿。
ひと口いただく。柔らかすぎず、程よい食感を残した肉と
デミグラスソースの力強いタッグ。インパクトありながら、ヘヴィじゃない後味でした。



正統派の洋食、さらにはイルミネーションを堪能した
記憶に残るであろう、味わい深いディナーでした。


b0118001_21445011.jpg
クリスマスコースもスタートしていたから
ロマンティックなディナーを愉しみたい方は、ぜひ行ってみてください☆


「ガスビル食堂」
大阪市中央区平野町4-1-2 ガスビル南館8F
☎06-6231-0901
open : 11:30~21:30(L.O.20:30)
close: 土曜・日曜・祝日
http://www.osakagas.co.jp/gasbuil/


Bob Dylan - Lay Lady Lay

by writer-kaorin | 2016-12-07 21:52 | ガスビル食堂 | Comments(0)