カテゴリ:鮨 原正( 1 )

 

鮨 原正

この日はお誘いいただき「鮨 原正」へ。
b0118001_10224066.jpg
常連・石川さん、ありがとうございます。
お会いしたかった皆さんと、まずはシャン杯☆
「Claude Cazals Carte Or Blanc de Blancs Grand Cru N.V.」



*煮アワビ
b0118001_10225577.jpg
しっとり柔らかい。磯の香広がりつつ、
しみじみとした旨みが舌を喜ばせる。



*タコ
b0118001_1023918.jpg
咀嚼するほど味わい深さが増してゆくのだ。



*タイとその白子
b0118001_10232355.jpg
身はねっとりとした舌触り。
白子はどこまでもクリーミー。柑橘系の香りを感じ、後味軽やか。



*平子イワシ 梅と山椒
b0118001_10233997.jpg
塩味は梅干しだけ、という潔さだ。
繊細な身質のイワシが蓄えた、
じんわりと静かに広がるうま味と山椒の香りに、うっとり目を細める。



*キンメダイ 焼き
b0118001_10235571.jpg
むちっと張りよく、軽く咀嚼すればホロリ崩れゆく。
その身の味わい深さは言うまでもなく、
皮と身の間のゼラチンもこれまた旨し。



*桜エビ 針生姜 胡瓜 辛味大根
b0118001_102485.jpg
しっかり混ぜて味わえば、
桜エビの清々しいや風味、ショウガの爽やかな香りに続き、
大根はピリリと辛く、胡瓜の小気味良い食感。
香りや食感の起伏が楽しい肴だ。



*青柳 串焼き
b0118001_10242542.jpg
青柳とはバカガイのこと。
驚くくらいに深い甘み。さらに醤油でコク深く。



*ウナギ 醤油焼き 黒七味
b0118001_10243910.jpg
このウナギの焼きには唸った。。。
皮目のパリッと弾けるような香ばしさに続き
身は、まるで雲海のようなふぁっふぁ感。
ゼラチン質の旨みも凄い。
握りが始まる前に、ノックアウトだ……(笑)


b0118001_10245333.jpg

b0118001_1025416.jpg
生姜と、肉厚で甘い春キャベツの漬物が供され。
めくるめく、握りの世界のはじまりはじまり。

b0118001_10252018.jpg




*イカ
b0118001_10253516.jpg
ギリギリまで包丁を入れているのだろう。
甘みが凄い。イカと言われなければ何なのか分からないくらいに。
しかも、驚きのふんわり感。
もうね、ニンマリ笑うしかない。



*サヨリ
b0118001_10255174.jpg
張りよく、シャクッと食感楽しい。
何とも透き通った味。



*カツオ
b0118001_1026798.jpg
ふぁっふぁっと舌の上でリズムを刻み
身はねっとり。美しい酸を蓄えている。



*マグロ トロ
b0118001_10262194.jpg
なんて艶めかしいんだろう。
肌理が細かく、上品な脂がすーっと広がり
どことなく旨みを感じさせる寿司飯との相性に
唸った。。。



*コハダ
b0118001_1026375.jpg
酢の当たりが絶妙。寿司飯との馴染み具合、何とも心地がよい。



*アナゴ
b0118001_10265181.jpg
ふんわり軽やか。ツメのコクを感じたかと思いきや
瞬時に、溶けた・・・。



*トリ貝
b0118001_1027748.jpg
清々しい香りを放ち、ぬくめの寿司飯で、トリ貝の甘みが持ち上がる。



*吸い物
b0118001_1027211.jpg
タイとキンメダイのアラからとっただしは、
じつに品のある旨み。



*ウニ
b0118001_10275023.jpg
北海道 津軽海峡のムラサキウニ。
濃厚な味わい。しかも海藻の香りを放ち、スーッと口中で溶けた。
ご主人の石川さん曰く、ミョウバンなしだからゆるゆる、だそうで。
まさに消える魔球。板一枚分、軍艦で食べたいくらいに美味だった。



*煮ハマグリ
b0118001_10281197.jpg
ツメを塗るのではなく、ふり柚子を施している。
柚子は爽やかな香りを放ちつつ
ハマグリの旨みがぐぐっと持ち上がる感じ。




*ネギトロ
b0118001_1030193.jpg
手巻きのそれを、手から手へ。
えぇ海苔の香り、炙りたてならではのバリッと感心地よく
ネギとトロ、寿司飯との相性は言わずもがな。


b0118001_10303838.jpg
巻き寿司に続き・・・

b0118001_10305247.jpg
玉子へと。
上質なスフレチーズケーキのようなテクスチャー。


b0118001_1031791.jpg
そしてネギトロ・リターン。
嗚呼。食べるほどに、なおも食べたくなる感覚、久しぶりでした。


お酒は、「POMMERY CUVEE LOUISE 2004」や
福島「会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸」も。
橋本さん、正司さんありがとうございます☆


石川さんが握る寿司は、端正かつ何とも色気があるから
食べ手はそれに酔いしれてしまうのだ。
あーそんなこんなを書いていたら、今夜にでも伺いたくなる。予約取れないけれど(笑)

この日は韓国からの男性ひとり客の姿も。
旅する人たちの口コミで、入店されたっぽい観光客だったが
スマホで辞書を開きながらの、
店主・石川さんとのやりとりも微笑ましく
そして居合わせた常連さんは、彼と国境をこえた飲ミュニケーション。
ここ「原正」は、人が人を呼ぶ雰囲気を作っていて
お客さんとの縁を本当に大切にされているんだなぁと、心温まったのでした。
W石川さん(笑)ありがとうございました!また伺いたいです☆


「鮨 原正」
大阪市天王寺区上汐3-8-9
06-6773-5518
open : 17:30~20:20、20:30~22:30
close: 日曜、祝日の月曜


Cowboy Junkies - Sweet Jane

by writer-kaorin | 2017-05-15 09:06 | 鮨 原正 | Comments(0)