カテゴリ:鰻 にしはら( 2 )

 

鰻 にしはら @関東風の技、味に酔いしれる

大阪では数少ない、関東風の鰻専門店へ。
b0118001_21424239.jpg
Iさんありがとうございます☆
ボスに連れてって頂いて以来、二度目の「鰻 にしはら」。
昼夜ともに、予約必至の人気店だ。


料理はおまかせで、シャンパーニュとともに愉しむ夜。
b0118001_21431565.jpg
付き出しの「骨せんべい」は
塩梅よろしく、パリポリやめられない止まらない。



*鰻山椒煮、うまき、うなぎみそ
b0118001_21433069.jpg
「うまき」は、だしのうま味と鰻の風味がいぃ感じに融合し
「うなぎみそ」は、キュウリとともに。うん濃厚。
そして「鰻山椒煮」は、甘辛テイストに続く痺れ具合が堪らん。



*うざく
b0118001_21434869.jpg
すきっとした甘酸っぱさに続き
鰻はふぁっと口中でとろける。


b0118001_2144378.jpg
左から。「きも焼き」はコリッぷりっと感楽しく、コク深い味わい。
中央の「かぶと焼」は超柔らかい。かぶととは思えぬ、この質感には驚きだった。
「むこう骨焼」は齧る旨さと繊細な質感が印象的。
「ヒレ巻」はジュワッととろけ、心地よいほろ苦さ。



*白焼
b0118001_21441926.jpg
ファッファ。何というか、雲の上にいてるような感覚やね。
舌の上でとろけ、サラリとした脂は清々しい風味を放つ。

驚いたことに、「にしはら」の鰻料理は
シャンパーニュとの相性、バツグンなのだ。
(この日は常連さんの持込みゆえ、通常メニューに泡はないです)
鰻の、たとえば生臭いといったような風味を全く感じず
互いを引き立て合っている感じがする。
これは、素材よし、さらには
蒸しや色付けといった技と味が大いに関係するのだと思う。


b0118001_21443926.jpg
「鰻山椒煮」おかわり(笑)
泡のアテに、続くうな丼にも大活躍となる。



*うな丼(中)
b0118001_21445652.jpg
私はご飯をハーフにしてもらう。
肉厚の身はふぁっと舌の上で踊り、
あっさりめの濃すぎないタレとの相性は言うまでもない。
米はピンッと立っていて、ハラリ軽やかなタッチ。
だから、いくらでも入る。これは普通の中でもいけたな(笑)
ご主人曰く、中は約1合のご飯を盛るそうな。


b0118001_21451694.jpg
きも吸とお漬物とともに、美味しく頂きました。


満腹至福。
この店を知るまでは、関西風が好きでそれ一辺倒だったが
「鰻 にしはら」の存在により、関東風も旨いな、となり
今ではどっちもお気に入りとなっている。
ぜひ予約をして行かれることをオススメしまーす☆


「鰻 にしはら」
大阪市中央区北新町4-12
☎06-6926-4478
open : 11:00〜13:45LO、17:00〜20:30LO
close: 月曜、第2火曜


今週来週は私的Policeウィーク♪
なぜならSting来日公演が控えているからっ♪楽しみだ♪
The Police - Message In A Bottle

by writer-kaorin | 2017-05-23 21:51 | 鰻 にしはら | Comments(0)  

鰻 にしはら @関東風、鰻専門店

関東風の鰻専門店「鰻 にしはら」での夕餉。
最近、近場で地方で、鰻を食べる機会が多くて嬉しいな。
じつは昨日も鰻でした(笑)
Kさんありがとうございます☆


b0118001_22263936.jpg
付き出しは骨せんべい。甘みを感じる塩気につき
パリポリ、止まんない。


そして鰻を待つ間に、酒肴の愉悦。


*うざく
b0118001_2226573.jpg
鰻はふぁっと口中で解け、まろみがある酸味が広がる。
まぁるいお麩さんにも三杯酢が染み、えぇ塩梅。
えのき入りの煮こごりだけでも飲める(笑)



*きも焼
b0118001_22271280.jpg
大きな肝!その風味は上品で、
タレのメイラードと、ほろりとした苦味。これは日本酒泥棒でしょう(笑)



*うまき
b0118001_22285275.jpg


b0118001_22292362.jpg
フルフル揺れる繊細な生地に包まれた鰻はファッフア。
だしのうま味、優しい甘みが押し寄せホッとなる。



*白焼
b0118001_22294183.jpg
ふぁっと繊細な質感。
口に含むと同時に、消えてなくなりそうなくらいに。
咀嚼するほどに上質な甘みが広がりゆく。
二口目は、山葵醤油とともに。



*蒲焼
b0118001_22295668.jpg
私は炭水化物抜き、蒲焼で。
余分な脂が落ちた鰻は、じつにふっくら。
タレは濃すぎず、意外とあっさりだから
鰻そのものの香りと上品な風味が際立つ。


b0118001_22304043.jpg
「うな丼」も旨そう〜!ってことで、Yちゃんのを一口。
米のツヤと甘みを損なわない、タレの絡み具合が良く、じつにコク深い味わいでした。


鰻食べたぁ〜!の満腹至福のなか、食後も鰻談義。
寿司や鰻は、語れば語るほどアツくなる。
関東風の鰻の醍醐味を楽しんだ夜でした☆



「鰻 にしはら」
大阪市中央区北新町4-12
☎06-6926-4478
open : 11:00〜13:45LO、17:00〜20:30LO
close: 月曜、第2火曜


The Who - Who Are You?

by writer-kaorin | 2016-12-16 22:34 | 鰻 にしはら | Comments(0)