カテゴリ:串揚げ&ワイン Shun( 1 )

 

串揚げ&ワイン「Shun」@swissotel

「串揚げ&ワイン Shun」@swissotel 南海大阪

オープン当初から、こちらのお噂はがかねがね。
ワインのラインナップがオモロいとか
ホテルっぽくない崩し加減がえぇとか…。で、
公私共々仲良しライターさんにお誘いいただき、
やっとこさ、おじゃまできたのです〜。

b0118001_13481074.jpg
店内入るとすぐ、大きなワインセラー。
ワインのラインナップは、
オレゴンやワシントンなど、あまり聞き慣れない産地もん多々。
詳しくは追って…
そうそうミネラルウォーターも豊富に揃っていて、
イタリアの奇跡の水をはじめ、聞いたこともないお水たちわんさか!

b0118001_13485058.jpg
水menu、ほんまにwaterが入ってて、めっさ涼しげ〜。


暗すぎな画像、多々ありで(><)
まだマシな画像のみをチョイス ↓

まずは駆けつけシャンパーニュ
・Philipponnat ROYAL RESERVE BRUT
b0118001_13494180.jpg
いきいきとした果実味〜。五臓六腑に染み入る(笑)


揚げてくださる素材のお披露目から、スタートです。
b0118001_13502070.jpg
串揚げは全15種。+α一品いろいろ。


スティック野菜は
・姫大根、姫人参、ヤングコーンほか(画像nothing)


・活車海老 (with 桜塩 or モンゴル塩)
b0118001_13511899.jpg
このヴィジュアル、A手帖の表4で見覚えあるわ〜。
実に軽やか。そして甘かった。


・蓬豆腐
b0118001_1352849.jpg
b0118001_13522151.jpg
これは新食感だわ。
カリッの後に、ヨモギの香りがじんわ〜り。でもって、とろけてゆく〜。


・カマンベールチーズには…
b0118001_1353147.jpg
・「バルサミコ」スプレーをシュッとひと振り
b0118001_13534158.jpg
このスプレー、家にも欲しいッ!オーストラリア産。


・サーモン葱巻き
b0118001_13542464.jpg
イクラの塩梅が、全体をキュッと引き締めてくれる。

串はまだまだ続くのだが、串以外はというと…、

・SHUNさん特製のパン、めっさ旨い!
b0118001_13574525.jpg
香りや風味はクロワッサンのようで、
ザクザクと噛むと、いや?フランスパン生地のようにも。
このねじりパン、かなり好きかも。


・すっぽんスープ
b0118001_13581411.jpg
コラーゲンコラーゲン(笑)


・ICI/LA-BAS “Victoria” Anderson Valley Elke Vineyard Chardonnay
b0118001_1359470.jpg
from カリフォーニア。
あまり聞き慣れない…ワインが、ココにはどっさりなのだ。
オレゴン(ピノワール)、ワシントンだけでも70種以上だったかな?
何しかフランスで有名なドメーヌが、それらの地域で新しく展開している、
そんなワイン、わんさかなのだ。
ソムリエ中野さんのトークに、グイグイ引き込まれてしまう。

・子持若布
b0118001_1423054.jpg
このプチプチッ&海味いぃ!おかわりしたい(笑)


・ELK COVE VINEYARDS 2005 Pinot Noir
b0118001_1431832.jpg
初めていただくオレゴンワイン。
「オカナガンとかナイアガラの赤がno goodみたいに、
ものによってはまだ不安定なんじゃない?」とイメージしてたのは
誤解でした…。
最初、オークの風味を感じたんだけど、チェリーのような果実味&
酸味がいい。そしてミネラリー。好きな味だわ。

・白玉(with 味噌あんかけ)
b0118001_1442345.jpg
b0118001_1444653.jpg
白玉は、大根おろしで練ってはるらしい。
このねっとり〜、トロリ、な瞬間もたまらん!


お口直しに「アニスシャーベット」をいただいたり、
あっ、琵琶湖の稚鮎の串もあったけ。
イベリコ使用の創作串もあったり、
〆の梅味ひとくちそうめんも、すぅーっと染み入る。


で、まだ飲みます。ELK COVE VINEYARDS Ultima 2006
b0118001_1453357.jpg
見事な貴腐ワインだこと!!
カナダのベタ甘なそれとは全く違い、
アプリコットとかハチミツのようなアロマ。
気品のある甘さで、余韻も長く、ホワァ〜ンと夢見心地(笑)
貴腐ワイン、好きやなかったけど、これは好きかも。


いきいきと素材感みなぎる串の数々は、
まるで一切醤油をつけずに食べる寿司のごとく、
それぞれソースや調味料も違うから、
味わいの膨らみが愉しかった。

で、ソムリエ・中野さんとのトークにはやられたっ!(笑)
マニアックなワインがいっぱいだけれど、
めっさ分かり易く、まるでワイン講座のように丁寧で愉しい解説。


エネルギッシュで、臨場感あって、ある意味マニアックで、
ホテルのなかのレストラン…というのを忘れるくらい(笑)
ステキなお店でしたー。


『串揚げ&ワイン Shun』
スイスホテル南海大阪 6F
tel : 06-6646-5122(直通)
open : 17:00〜21:30
close : mon

by writer-kaorin | 2008-06-08 14:13 | 串揚げ&ワイン Shun | Comments(4)