カテゴリ:日本酒 福( 2 )

 

日本酒 福 @美酒佳肴、自家製デザートまで。

8月のある日。大阪天満宮にある酒処「日本酒 福」へ。
b0118001_18524959.jpg
福井・小浜繋がり、鯖繋がり、おいしいもん繋がりの会合だ。
「福」の店主も小浜出身ということで、盛り上がらないわけがない。


b0118001_18532659.jpg
まずは「SAPPORO★赤星」をクゥィ〜ッと。



*付き出し
b0118001_18534758.jpg
「イタヤガイとカニ身の冷製茶碗蒸し」はオクラのあんとともに。
暑くて火照っていたカラダにすーっと馴染む。
忍ばせたトマトの甘酸っぱさで、後味も爽やかだ。



*お造り盛り合わせ
b0118001_18540585.jpg
徳島の「鱧」は焼霜で。程よく脂がのっていて、香ばしさのなかに甘みを感じ、
滋賀の「琵琶マス」はキレイな脂がすーっと広がる。
ほかにも高知産「カンパチ」や岡山の「タコ」など、どれも存在感ある味わいだし

b0118001_18542349.jpg
北海道の「大羽イワシ」の酢〆。この張りツヤ、エッジにはメロメロになった。
〆加減も程よいし、大羽イワシのノリにノッた脂のクリアな味わいを堪能。



b0118001_18544468.jpg
即、日本酒へと。

b0118001_18550409.jpg
福井の酒「常山 夏純吟」を。(福井市・常山酒造合資会社)
爽やか〜な香りが広がる。超辛なキレも好きやな。



b0118001_18552512.jpg
ここで「おまかせ酒肴8種盛り合わせ」が登場。
「干し野菜の名田庄漬け」、「タコのにんにく醤油オイル煮」
「鱧の南蛮漬け」、「自家製シーチキンの酢味噌ポテトサラダ」
「鱧皮と縞瓜の酢の物」、「沖縄モズク酢」、さらには


b0118001_18554518.jpg
「干し鰯トマト煮」、「子持ちシャコ味噌」と続くから
酒なんぼあっても足りん…という嬉しさが込み上げるし


b0118001_18560254.jpg
ふぁっとエアリーで肝のコク広がる「鶏肝と味噌のパテ」や
チーズの濃厚な味わいがクセになりそな「4種のチーズの酒肴チーズケーキ」など。
これらはワイン誘う雰囲気かと思うけれど
すこぶる日本酒を欲する、風味と塩味なのだ。



*徳島鰻と夏野菜の生春巻き
b0118001_18562799.jpg
徳島産の活鰻は蒸して白焼きにしたもの、
さらには鴨油と鰯のエキスでラタトゥイユ風にした夏野菜を合わせている。
ぷるんっと質感の生春巻きを頬張れば、鰻はふっくら風味もよく
夏野菜の清々しい旨みがえぇ具合に重なり合っていた。
今だと秋刀魚や名残の鱧で、ひとひねり利かせた肴を供しているんだろうな。



*鰻と野菜の葛煮
b0118001_18570249.jpg
こちらも活鰻を蒸して白焼きに。厚みしっかり、ふくよかな味わいの鰻に
上品なうま味のあんが絡む。



このあたりで「店主のソウル酒」と品書きにある酒を。
*「若狭 普通酒」(福井 小浜・わかさ冨士)
b0118001_18572564.jpg
残念ながら廃業し、酒蔵商標は別会社に譲渡となった「わかさ冨士」の、最後の酒だ。
良い意味で田舎酒な、ほっとできる味。



b0118001_18581542.jpg
「若狭」とともに「鴨の肉豆腐」を。
コク深い鴨だしと豆腐が合うのなんの。
鴨肉は噛むほどに旨みがじわじわと広がり、「若狭」の素朴な味あいがマッチする。



そして〆のご飯・麺ものへと。
3人飲みだったから、少しずつ3種の味わいを楽しめた。
b0118001_18585865.jpg
まずは「大羽鰯の棒寿司」を。
酢〆ですっきり脂じわりな鰯に、ゴマ入り寿司飯の風味がよく合う。


b0118001_18591903.jpg
続いて「鴨佃煮の出汁ビーフン」。
この出汁で飲めるワケで(笑)
ビーフンはつるんっ、コシもあってついつい食べ進む味わいだ。


b0118001_18594357.jpg
「鮮魚の出汁茶漬け」は、大羽鰯に琵琶マス、カンパチ入り。
するする〜っと瞬時に。しかし鮮魚の半生加減がたまらん。


「ほぉ〜〆たぁ〜美味しかった〜」っと満足げな私たちの顔を見るなり
店主のかずひで(藤原一秀さん)、自家製のデザートを食べてもらいたいと!
なになに?酒処で自家製アイスとな!??


ってことで一瞬にして別腹作動。
(酒も好きだけれど甘いものにも目がない私www)


b0118001_19001009.jpg
「マスカルポーネとコーヒー」は、一瞬にしてその濃厚な味わいに魅了され
奥のアイスクリームは「白味噌」。ぐっと塩を利かせた甘じょっぱさがクセになる。


b0118001_19003221.jpg
続いて「ごぼう」は、クリームにごぼうの香りがしっかりと移っている。
「韃靼そば茶」のほうは、すこぶる香ばしく
「おや?これらのアイス、日本酒に合うものばかりやん」となり
デザートのはずが、日本酒にリターン…(笑)


b0118001_19005063.jpg
ラストは「杏子」と「三諸杉の酒粕」のアイスクリームの2酒。
どれも素材感強いし、テイクアウトしたいくらいクオリティが高いのだ。
しかも、添えられた飴細工まで作ったんだとか。


b0118001_19011456.jpg
「飴細工30枚作って、成功したのはほんのわずか」とかずひで(笑)。
その心意気に乾杯だ。
そんな主が生み出す美酒佳肴のおかげで
小浜談義、鯖談義に盛り上がったことは言うまでもない。
平井さん、右田さん、ありがとうございました★



「日本酒 福」
大阪市北区天満4-16-5 あんじんビル1F
06-6809-3145
open : 17:00〜24:00(料理22:30LO、酒23:30LO)
close: 月曜
https://www.facebook.com/nihonsyufuku/



Massive Attack - Teardrop with Liz Fraser




by writer-kaorin | 2017-09-07 19:20 | 日本酒 福 | Comments(0)  

日本酒 福 @大阪天満宮・左党の楽園。

ロックな日(6/9)。
いつものロックなメンツで、天満天神繁昌亭にて開かれた
「第1回 繁昌亭ロックフェスティバル」に参戦!
b0118001_12432361.jpg
Facebookで紹介させていただいたが、
月亭遊方さんのロック講談
「ジャニスジョップリン ~ロックのシンデレラ、ブルースに眠る~」から
スペシャルゲスト・ROLLYさんの
弾きまくり、喋りまくりのオンステージに至るまで、
とにかくロックな空気ムンムンの、いまだかつてない寄席でした!

「ロックとはそこに無いことをやる!!」とは、ROLLYさんの名言。
 うん、ワタシもロック道を突き進もう(笑)



さてアフターは、繁昌亭からほど近い「日本酒 福」へ。
b0118001_12440523.jpg
2017年2月に開店。日本酒に特化した酒処。
主人のかずひで(藤原一秀さん)は、同郷で古い付き合いだ。
彼は「山中酒の店」が営む天満の日本酒処「やまなか」で長年、
料理長を経験したキャリアを持つ。


ようやく伺えた夜。まずはハートランドで喉を潤しつつ
料理はお任せで。
b0118001_12450121.jpg
付き出しは「夏野菜のポテトサラダ」。
マヨネーズ不使用。辛子酢味噌で仕上げたというポテサラは
ゴールドラッシュの甘みが生きた、清々しい味。
ちなみに塗箸は、我が実家で製造している
若狭塗箸であることがこの日、判明!www



b0118001_12452446.jpg
美酒一献。ということでまずは
「七本鎗 純米 渡船 27BY」(滋賀・冨田酒造)
米の力強い旨味が広がり、酸味をしっかり感じる。
酒器は、越前焼や越前漆塗など、故郷・福井県の工芸もの多数。

日本酒の店ゆえに、それ以外の酒は瓶ビール(赤星、ハートランド)と
ボトルワインのみという潔さ。ソフトドリンクは香檳烏龍茶と天然炭酸水、以上。
その日本酒は、純米酒、完全発酵酒はもちろん、
季節ものを中心に50種前後(90ml300円〜)。



*お造り
b0118001_12460847.jpg
「コチ」は和歌山・加太より。コリッと感心地よく
淡路の「マナガツオ」は焼霜で。独特の食感と上品な脂の甘み、好きやわぁ。
千葉産の「鰹」はたたきで。鉄っぽさを感じない、まったりとした旨みがいい。



*焼鱧、アスパラガスと新玉葱の冷製スープ
b0118001_12463222.jpg
冷製スープが美味しい季節、到来だ。
新玉の甘み、アスパラの香りが漂うクリアな味わいで
焼鱧のほのかな香ばしさと好相性。とにかく飲ませるスープだこと。


b0118001_12465517.jpg
この酒をみると、夏が来たなぁ〜と嬉しくなる。そんな想い出酒。
「石鎚 特別純米酒 夏純米 28BY」(愛媛・石鎚酒造)
青っぽい甘みと爽やかな香りが共存。そして石鎚らしいやわらかな旨み。
冷製スープとバッチリなペアリング。



*いわし醤油干し
b0118001_12471555.jpg
塩加減、風味、香ばしさ ドンピシャ。
噛むほどに味わい深い、骨まで愛してな美味しさ。



*鰻と野菜のソテー バルサミコ醤油で
b0118001_12474010.jpg
徳島の活鰻は蒸した後、皮目をパリッと焼いているそうな。
ふわムチッな質感に続き、脂じゅわり。そこにバルサミコの深いコク。
姫人参ほか季節野菜のピュアな甘みも生きている。


b0118001_12480257.jpg
「遊穂 ゆうほのゆうき 生もと純米 28BY」(石川・御祖酒造)
鰻に合わせて。旨みと酸味のバランスがよい爽やかなニュアンス。
うん、この酒は暑い日に氷を浮かべて飲むのもよさげやな。


*酒肴いろいろ
b0118001_12482186.jpg
どんだけ飲ませるのん!っと突っ込みたくなる魅惑の肴。
左から「子持ちシャコ味噌」「鶏肝と味噌のパテ」、さらには
「4種のチーズの酒肴チーズケーキ」。うん、これは左党が唸る、
風味豊かで甘さ皆無のチーズケーキだ。

b0118001_12484570.jpg
「赤貝 生姜煮」の横には、「干し野菜の名田庄漬け」が。
名田庄漬け、懐かしい!
福井・小浜にほど近い村・名田庄(なたしょう)村、郷土の味。
干し野菜のパリポリ感、噛むほどに滲み出る、素朴な味わいにホッとなる。
そして杯が進むのであーる。


b0118001_12490885.jpg
〆には「鴨佃煮の出汁ビーフン」が登場。
鴨出汁のうま味に、酢橘の爽やかさ。そのバランス、秀逸。
細いながらもコシがあるビーフンゆえに、ツルッと瞬時に完食。


デザートまでもが、酒飲みのツボをつくラインナップ。
b0118001_12492996.jpg
手前より。
「韃靼そば茶のアイスクリーム」は、そば茶の力強い香ばしさが広がるし、
「本山葵のアイスクリーム」は、山葵ラヴァーKちゃんのために2個(笑)
 ガツンと本山葵を感じるな。程よい辛味と清涼感ある香りが堪らん。
そして一番奥が「三諸杉の酒粕」の3種。こちらも酒粕のぐっと深い風味。
いずれも主となる素材の力強さが出た、酒飲みのためのスイーツだった。



飲兵衛のツボをつく、日本酒セレクトと気の利いた肴に皆、ご満悦。
仕込みの丁寧さを伺えるメニュー揃いだった。
品書きに目をやれば「スルメイカのへしこ」「うるか」など、自家発酵料理も多数。
店内は高い天井で開放感あって、ついつい時間を忘れてしまう空気が流れていた。
b0118001_12502997.jpg
店主の藤原一秀さん。かずひで、遅い時間までありがとう!
ちなみに手に持っているお盆も若狭塗だ。地元の伝統工芸品、至るところに。
ロックな皆さん、お疲れさまでした☆近々また宜しくです☆


「日本酒 福」
大阪市北区天満4-16-5 あんじんビル1F
06-6809-3145
open : 17:00〜24:00(料理22:30LO、酒23:30LO)
close: 月曜
https://www.facebook.com/nihonsyufuku/




Janis Joplin - Summertime (Live -1969)

by writer-kaorin | 2017-06-19 07:42 | 日本酒 福 | Comments(0)