カテゴリ:小花( 1 )

 

小花 @ 新地deワイン

巷(といっても飲み仲間のソムリエの皆さんだが;)で話をよく聞く
女性オーナーソムリエールにお会いしたくなり、
新地@小花さんへ。

高級系な和の空間。間接照明もやや暗めで心地よい。
そして艶やかな着物姿がサマになっている、
オーナーソムリエールの中町さん。
BGMが50〜60代の洋楽ちゅうのがオッサンkaorinには嬉しい(笑)


「え?和空間で着物って、いわゆる今ドキ?」
ではないんです。


話を聞けば、
最近、カジュアル&手頃路線に走りすぎている新地、
ミナミ化とでもいうのか?
せやけど昔はそんなんじゃなかった。
(中町さんは、新地の料飲組合にも入ってはる。
 そこには昔の新地を知っている大御所も多い)
よって、新地が忘れかけている
昔ながらの凛とした和の空気感、
そして質を大切にしたいと思いはったらしいのです。
何せ、今日日の新地は、祇園に負けてる、と。。

<あいにく、中町さんPhはNothing>


1杯目は、日本のワイン
■勝沼 2006 /鳥居平今村
b0118001_23402034.jpg
無駄な雑味Nothing。
透明感があるというか、鮨に合いそうだ(笑)

そういや鳥居平の今村さんの、オリジナル写真集を
以前、いただいたことがある。
b0118001_23412623.jpg
自費出版のソレ、かなり強烈でした。
ある意味、カリスマ性を感じた。

この本をしみじみと想いながらゴクリ。


■赤鶏のリエット
b0118001_23415972.jpg
リエットでぐびぐび。
油分染み込んだバケットスライスでチビリチビリ。


■キッシュ
b0118001_23424480.jpg
玉ねぎの自然な甘みよろしく、
ズッキーニ、パンチェッタとの味の重なり合いもいい。
丁寧に作られたキッシュの味がした。


■RIEFLE 2007 ゲヴェルツトラミネール
b0118001_23431552.jpg
この品種、あんまり好きやない。
でもこのワインはイケた!
香りは、毎度の花のようなハチミツのような感じだけど、
甘ったるくなく、けっこうドライな感じが好き。


■稚鮎のエスカベッシュ
b0118001_23434779.jpg
ワタのほろ苦さまで、しみじみ旨い


■トリッパの白煮込み
b0118001_23445195.jpg
トリッパの臭み無。
見た目よりさっぱりしていながら、白ワインを乳化させたような
コクもあるわぁ。


b0118001_23454834.jpg



b0118001_234662.jpg



店内、ウチら以外はみーんな男性。
でも、客も店も互いに選び合っている、
そんなクオリティを感じる。
早い時間はジェントルマンが多かったわ♪


それもそのハズ、
中町さんは、
「このタイミングで、それドンピシャだわ」
てな心配りが多く、
女性らしさを醸しながら、でも女女一辺倒ではなく、
崩し加減が素晴らしく、
オッサンkaorin、虜になってしまった…
てか、いろんな意味で、勉強になりました(--)



『小花』
大阪市北区曽根崎新地1-5-6 甲南アセットVIPビル3F
06-6341-0587
open : 19:00〜2:00LO
close : sun , holiday

by writer-kaorin | 2008-09-01 23:49 | 小花 | Comments(0)