カテゴリ:小ぶとり会( 2 )

 

続・小ぶとり会@ヘルメスの夜

「小ぶとり会」の続き…


2軒目の「神馬」で、すべてに酔いしれた後、
衝撃的な3軒目へ…。その名も
「ヘルメス」
b0118001_16291534.jpg

常連おたんいわく「営業する日は、客が電話予約を入れたとき」らしい。


「神馬」からの流れで、
Kボス、師匠、巨匠、Hさん、Dさん、kaorinアンド
ボスのお知り合いの歌舞伎役者さんも登場し、
昭和歌謡曲nightの幕開けです♪


場所は、千本通の中立売通りと出水通の間にある
上長者町通を西に入りゆき、
「西陣日活」に突き当たる手前の南側。


店の業態は、
バーといえばよいのか、スナックといえばえぇんか、
とにかく40年ほど、時が止まったかのよう。
こちらもアラウンド80くらいのお母さんがいてて、
娘とふたりで営む。



とにかく、凄い店なのである。



その1
戦前~戦後~昭和歌謡曲の、アナログレコードが、
カウンターのなかに、そしてお店の2階にびっしり!!
b0118001_1630253.jpg
ゆうに、何十万枚くらいあるんとちゃうかな、という噂。
「なんでも鑑定団」に出したら、間違いなくめっさエェ値がつくと思う。



その2
お客さんのリクエストに応じ、すぐさまアナログレコードの居場所を突き止め
懐かしのメロディを流してくれる
b0118001_1630595.jpg

レコードの並びは「あいうえお順」でもなければ「ジャンル順」でも「年代順」でもない。
でも、探し出すスピードが、並大抵ではないのだ。
これは一種の名人芸以外の何ものでもない(笑)



その3
まるで、点滴のような管は、マイクのコード。
b0118001_16313786.jpg

流れるレコードの歌声に合わせて、生オケ状態(笑)


よって、スタート一曲目は、
太田裕美「木綿のハンカチーフ」。
太田さんの歌声にかぶしてマイクで歌うから
ちょっと上手になった気分(笑)



梶光夫「青春の城下町」
b0118001_1632569.jpg



「夢淡き東京」、「釜ヶ崎人情」「ミネソタの卵売り」etc…

kaorin幾つやねん!でも、ミョウに心地よい(笑)

そして「小ぶとり会」の皆さん、ボルテージ上がりまくり!!



b0118001_16323440.jpg

この色使い…(笑)
味園ビルにいてる気分にもなったが、
それよりも何よりもリアルな歴史の流れを
ヘベレケになりながらも、じっくりと堪能させていただきました!

「小ぶとり会」の皆さん、ありがとうございました!
また行きたいっ!(笑)




本日のmusicは、kaorinがゴキゲンになると
スナックで必ず歌ってしまう曲。

「ヘルメス」でも歌ってしまった…。酔うて空気読み忘れ;


by writer-kaorin | 2008-12-21 16:50 | 小ぶとり会 | Comments(2)  

小ぶとり会 @ 京都・千本

「小」ぶとり会とは…
そもそも、「ぶとり会」という会の、進化系・飲み喰いの会
だそうです…。

ということで、まず。
「ぶとり会」というのは、
太っちょ系、オヤジさんたちの、
二ヶ月に一度の、飲み喰い会。こちらは基本、女人禁制。

メンバーは、我がボス、大御所カメラマンの
K畠師匠 & 巨匠Hリーさん、放送作家のHさん、
Mのレストランのプロデューサ…etc。

詳しくは、 「あまから手帖」2008年10月号を参照あれ!
1泊15食!食べ三昧の福岡・博多の旅のページにて、    
「ぶとり会」の全貌が明らかになってます(笑) 


前振り長なりましたが「小」がつく「ぶとり会」は、    
酒飲み女人ウェルカムの会らしいのです。
よってこの日は、D田姉さんと、ワタシの2名、
急遽、参加させていただくことにー。


この日は京都・千本場所です。
そう日本一、ラーメンの出ないラーメン屋!!
kaorin大好きな「竜鳳」の近所


ここ千本は、昭和初期には20を超える映画館&
戦後もピンク系が多く存在した、元・一大歓楽街。

今やそのネオンも減ったんだけど、そこかしこで名残を感じさせる。。
初めて訪れたその時から、瞬時に「えぇ街や」と好きになった街のひとつ。


1軒目は…
焼鳥居酒屋「千歩楽」
(せんぶら←銀ブラなノリ(笑)これツボ;)
b0118001_054844.jpg




■バクダン
b0118001_0554044.jpg

赤玉ポートワインの焼酎割り。
するする飲めるんやけど、危険な香りと味わい(笑)なんでか旨い。


その後、トマトサラダや、梅クラ(梅クラゲ)やら、
ゲソ天などなど…さくっと20分で飲み終え、2軒目へ移動ー。




千本中立売の文化遺産的、上等居酒屋「神馬」へ。
b0118001_0562655.jpg

めちゃくちゃ行きたかった!!!おたんmerci-!
かれこれ、10年弱ぶりの再訪。
軽くアラウンド80歳であろうこの店のお母さん。
相変わらずお元気で、嬉しなった。



■付きだしは、煮こごり、鱧かまぼこ、ワカサギ
b0118001_0572013.jpg

どれも丁寧な手仕事が伺える、クゥ~っとなる味わい。
ここらあたりで、日本酒追加オーダー。
「神馬」の日本酒は6~7種をその日にブレンドしているという。
けっこう呑んだのに、翌日はめっさスッキリだった。いぃ酒や。




■なまこ酢の物
b0118001_058485.jpg

赤なまこ、存在感ありあり



■おでん各種
b0118001_059377.jpg

お出汁、しみじみ…。
海老芋があるというのが京都ならではですねぇ。
さえずり、唸った(><)



本日のNo1!のひとつ(2つある)
■くじらベーコン
b0118001_0595188.jpg

なんと…ナガスクジラなのである。
大トロのような脂ノリ&そこまでシツこくなく、じつに上品。
ス~ッと、とけゆく。
こんなに旨いクジラ、初めてかも。



これも本日のNo1!
■きずし
b0118001_104627.jpg

b0118001_113579.jpg

シビれました…。肉厚、ねっとりとした舌触りに続き、
甘い脂がじんわりと押し寄せる。
酢〆はしているかしていないか、ギリギリの具合。塩梅、秀逸。
酢ダレをつけていただく。



■サクラエビほか揚げ物
b0118001_132444.jpg




■河豚唐
b0118001_14611.jpg

お茄子、うつくしい。河豚、言わずもがな。



■カキフライは
b0118001_152118.jpg

ソース&タルタルにて。なんぼでもいきたい、濃い~味。
おたん、いちばん喜んでいた、一品(笑)



「ぶとり会」の殿方、酒のピッチ流石です。
ついつい、つられてピッチ早なる(笑)
そして、皆さんゴキゲンになると、ボケ役ばっかりで、
ツッコミ担当がいないというんも「ぶとり会」の特徴だと実感(笑)


店内の一部だが、まるで古い映画のセットのよう。
昭和9年からという建物は、圧倒的なる存在感。
b0118001_183625.jpg


キャッシャーも手動です。シブ杉!
b0118001_192152.jpg



近くにあったら、週3は行っていると思う。
めっさ好きな、上等な居酒屋だ。



そして!!!
衝撃的な3軒目へ。
しいて言えば、
この店を目当てに発足した、今宵の「小ぶとり会」だったらしい…。


その日記は追って!


「神馬」
京都府京都市上京区千本中立売上ル
17:00~22:00
日休



今宵の子守唄
Radiohead Everything in Its Right Place (perfect audio)

by writer-kaorin | 2008-12-21 01:17 | 小ぶとり会 | Comments(4)