カテゴリ:いか里( 4 )

 

いか里 @北新地

あるイベントの実行委員メンバーが集い
北新地で打ち上げの夜@いか里

b0118001_19331262.jpg



*平目 手鞠寿司、蟹オムレツ
b0118001_19332760.jpg
程よく厚みがある平目は、締め具合よい。
そして薫るわぁ〜@蟹オムレツ。


*海老の茶碗蒸し
b0118001_1933385.jpg
だしのうま味に続き、
海老の澄んだ風味が押し寄せる。


*ホタテとマッシュルームのソース
b0118001_19335191.jpg
むっちりとしたホタテ貝柱は、その味わいの濃さを主張し
マッシュルームの凝縮感ある旨みが、優しく寄り添う。


b0118001_1934390.jpg



*鰆きずし、秋刀魚 昆布〆、平目、縞鯵
b0118001_19341619.jpg
鰆は〆加減よろしく、
平目はねっとり、縞鯵も存在感しっかり。
そして、
生姜をほんわり利かせた 秋刀魚の昆布〆、これ素晴らしかった。


*白味噌、ハマグリ
b0118001_19343252.jpg
白味噌の、じんわりひろがる甘みに癒され、
ハマグリのエキスの旨味が、優しく押し寄せる。


b0118001_19345114.jpg
素敵な白ワインが登場。
じんわり、カラダの隅々に、その味わい深さが染み渡る。


*グジ セリの胡麻和え
b0118001_1935729.jpg
「鱗、嫌いやねん」という店主による、鱗なしのグジの焼物。
グジの若狭焼きも好きだけれど、
鱗がないと、身のむっちりとした弾力、質感を
ダイレクトに感じることができる。新たな出合い。


*牡蠣と海老のブイヤベース
b0118001_19352037.jpg
複雑な魚介の旨みを蓄えた、スープの滋味深さといったら…。
皆、無言になるくらい、しみじみ美味。


全身がとろけるくらい美味でした。
b0118001_19353387.jpg
1999 Vosne Romanée 1er Cru Les Beaumonts
Dominique Laurent


*牛ホホ肉の煮込み
b0118001_193621.jpg
程よく厚みがあるのに、ホロリ柔らか。
ソースは、赤ワインと和の調味料を凝縮させたようなコク。
マッシュポテトほか付け合せも存在感しっかり。


*海老と鮭のご飯
b0118001_19361332.jpg
様々な旨味が押し寄せる。
これでまた、飲める、そんな混ぜご飯。


*自家製コーヒーゼリー&ミルクアイス
b0118001_19362642.jpg


b0118001_19363958.jpg
コーヒーゼリーは、ほろ苦い大人味。
ミルクアイスは濃厚でありながら、後味さっぱり。


b0118001_19365226.jpg
お客様がお帰りになられた後、
イベント実行委員のミチオマスカラス(右)と
ミルヤマザキ(左)が乱入(というか、仕込んで来はった)。
「いか里」さんは、旦那衆が集う、新地の名店。
こういう場所ではございませんので、あしからず。

素晴らしいお料理、そしてワインに酔いしれた
気の置けない皆さんとの楽しい時間でした。
ありがとうございました。


「いか里」
大阪市北区曽根崎新地1-6-12 碇ビル1F
☎06-6341-0741
open : 17:30〜20:30LO
close: 土・日曜、祝日


Jigsaw - Sky High -- [original STEREO]

by writer-kaorin | 2015-11-20 08:50 | いか里 | Comments(0)  

北新地「いか里」

b0118001_17173838.jpg
この日は、記念すべき(私じゃない 笑)素晴らしい夜☆


我がボスお誕生日の夜に、
「いか里」さんにて
還暦お祝いディナーとなりました。
おめでとうございます!



*百合根と車海老
b0118001_1718179.jpg
車海老はしっとり、
百合根はなめらかで、ナチュラルな甘みの余韻。



*松茸と菊菜のおひたし
b0118001_17181354.jpg
済んだダシに、松茸の香りと菊菜のほろりとした苦さがいきる。



*炒り銀杏
b0118001_1720256.jpg
これは味わったことのない、炒り銀杏!
炒った後、思いもつかぬ調味を施しているのです。
銀杏もそれも、身近にある素材なのに、
その組み合わせと妙味には、感服。



*牛さっと火入れ、胡瓜、人参、大根、 トマトドレッシング
b0118001_17203937.jpg
各野菜、ドレッシングの馴染み具合が素晴らしく、
まずは、野菜の食感や甘み、
続いて牛肉の、サラリとしたテイストと旨み。時間差の味の膨らみが面白い。


b0118001_17203398.jpg
飲ませていただいております。とめどなく(汗)



*甘鯛の吸い物
b0118001_17204473.jpg
グジはフロム長崎。肉厚でムッチリとした身質は、塩の加減ですこぶる甘い。
どこまでも深みのあるお出汁の味わいに、うっとり。



*鱧の焼き霜、松茸、鯛
b0118001_17205763.jpg
鱧の甘み、凄かった。焼き霜でこれは初めての経験。
松茸は、軽く火入れをした後に、地に漬けているそうで、
b0118001_17211184.jpg
鯛はねっとり。口中に旨みがまとわりつく。



*フカヒレの煮込み
b0118001_17212615.jpg
スープのベースは、鶏の手羽中と豚足。
そこにフカヒレって!
ほんとうに濃厚。でもひつこさはない。その余韻に酔いしれました。



*海老と帆立、アスパラのアメリケーヌソース
b0118001_17213936.jpg
アメリケーヌソースの香り素晴らしく、
海老も帆立も澄んだ甘み。アスパラはけっこうジューシー。
もうワインが止まりません(シャンパーニュの後、凄いワインばかり空いてた)。



お凌ぎと供された
b0118001_17215460.jpg


b0118001_172243.jpg
ひと口「イクラ丼」かと思いきや、
出るわ出るわ、新銀杏ほかアワビまで!
その組合せ、大粒イクラの甘み、笑いが止まらないおいしさです。


続いて・・・
焼いた後に昆布で巻いて蒸し上げたという、
大きな鯛が目の前に!(画像なーし)


b0118001_17225085.jpg
奥行きのあるダシの風味と、鯛の旨みが重なり合う。



*蟹のオムレツ
b0118001_17224681.jpg
ふわっ、蟹の甘みがつよい。



*茸の炊き込みご飯
b0118001_172466.jpg
いい香り! 艶やかで甘い。



*みつ豆、ミルクのアイスクリーム、宇治氷
b0118001_1724546.jpg
〆のデザートまで素晴らしき完成度。
黒蜜もあんこも自家製、そんなみつ豆とアイスの相性素晴らしく、
宇治茶のほろ苦さと香り、これはおかわりしたかった(笑)


b0118001_1725925.jpg
最後には、なんと・・・
こんなに稀少なシングルカスクも登場した、
素晴らしい夜でした。ご馳走様でした。


b0118001_173020100.jpg

写真は、店主の木村篤司さん、ボス、波多野センセ。
写真には写ってませんが、永井半の永井さんもいらっしゃったのです。
皆さん、幼少時代からの同級生ということでチーム還暦。
いろんな意味で若すぎます(笑)
ホントにおめでとうございます!



「いか里」
大阪市北区曽根崎新地1-6-12
06-6341-0741



Arcade Fire - Intervention

by writer-kaorin | 2012-10-13 17:33 | いか里 | Comments(0)  

いか里 @北新地

北新地本通にある「いか里」さん。
2010年11月、これまでの料亭から、
割烹に近いスタイルにリニューアルされた。

楽しみにさせて頂いていた「いか里」さんナイト、
スタートです。


付き出しは
*合鴨ロース、セリの胡麻和え、
 ホウレン草、アスパラ、海老、鮑の百合根和え
 平目昆布〆、酢ばす
b0118001_21231521.jpg
ロース肉は甘みがじわりじわりと。
百合根和えは、優しさのなかに、鮑や海老の上質な風味。
昆布〆は旨味炸裂。レンコンのシャリッと小気味よい食感がいい。



ビール、すぐになくなり、
*日榮 アラン・デュカス セレクション
b0118001_2123329.jpg
蔵元は、金沢の「中村酒造」。
しっかりとした酸味。清々しい後味だわ。



*ハマグリのクラムチャウダー
b0118001_21235288.jpg


b0118001_21241075.jpg
え!!??と驚くダシをベースにしたクラムチャウダー。
そして、デカッ!!!と、カウンターの皆が声をあげる、
ハマグリの旨味、炸裂だ。これは、オドロキの旨さ。



*サワラ、平目、シマ鯵
b0118001_21243682.jpg
サワラは脂ののりが、素晴らしい。シマ鯵のそれも凄いわ。
平目の、寝かせ具合、圧倒的な旨味がじわじわと押し寄せる。



椀物は
*甘鯛、湯葉、百合根
b0118001_21261159.jpg
百合根、デカいわ!ほくほく、口中で崩れゆくシアワセ。
甘鯛もハラリと崩れゆき、湯葉のトゥルリとした舌触りが心地よい。
そして染み入るだし。



*鰆の味噌漬け
b0118001_21262515.jpg
かなり厚みがあり、脂のノリもしっかりな鰆なのに、
芯の芯までしっかりと味が染みている。



ここらで、酔いがさめるほどの赤ワイン、
2アイテムをopen♪



*筍、フォアグラ、ホタテ貝柱&炒めた葱、マカロニサラダ
b0118001_21274458.jpg
フォアグラとフィレ肉、ソースには玉ねぎのじっくり炒め続けたような甘みが。
それらの味わいの広がりがたまらんです。
マカロニサラダっていうホッとさせる変化球も好きだ。



*牛タン、蕪、シメジ
b0118001_21281699.jpg
攻めるお料理の数々!次なる一皿は牛タン。
赤ワインを欲する、止まらなくなる深みをもたせていながら、
着地点はしっかりと和、なのだ。
蕪は、ハチミツと日本酒で炊いてはるそうで、
そのナチュラルな甘みにつき、すっと胃袋におさまる。



b0118001_21283994.jpg
至福。



*蟹飯
b0118001_2129783.jpg
肉厚の身がゴロリゴロリと。



*あまおう、白玉小豆、ミルクアイス
b0118001_21292840.jpg
しみ滋味を旨い小豆やミルクアイスを食した後でも、
しっかりと甘みを感じさせるあまおう。


料亭の頃とは打って変わって、
主・木村篤司さんがカウンターの中に立ち、
カウンターからその仕事姿をのぞむ。
新鮮でもあり、ぐっと吸い寄せられるかんじ。
攻めの料理の数々とはいえ、味わいの強弱心地よく、
次、別件の一次会があったのに、
すばらしき、暴飲暴食の夜でありました(汗)


毎度、ほんとうに、ご馳走様でした。



北新地 いか里
大阪市北区曽根崎新地1-6-12
06-6341-0741


The Police / Walking On The Moon

by writer-kaorin | 2010-12-26 21:38 | いか里 | Comments(0)  

料亭 いか里 @ 北新地の夜

この日は、普段行くことできへんやろぉなぁ〜、な、
新地の名料亭へ。
『料亭 いか里』@新地本通
b0118001_27531.jpg



個室では旦那衆の笑い声。
こちらに、私たちのような女子は、ほとんど来ないそう。
あぁ…女子には無縁の知らない世界。
素晴らしき夜。


付き出しは
■蟹身、蟹味噌豆腐の蟹味噌和え
b0118001_28259.jpg

ズワイガニ特有の味わい、ガッツン!
そこにスダチ香。


■タイラギ貝の貝柱、銀杏、烏賊、とこぶし
b0118001_294542.jpg

とこぶし、しぐれ煮っぽく、酒ススム君。
素材が素材らしい味わい。


■ズワイガニのスープ
b0118001_2101583.jpg
これ、すんばらしい!
深いコクなのに、澄んでいる。
じつは和の技法以外のテクニックが、隠されている。


■柿と大根のなます
b0118001_2104553.jpg

この切り方、素人には絶対無理。
味の染み込ませ方はもちろん、この切り方があってこその名品。


■造りは、鰤、シマアジ、平目
b0118001_2111219.jpg



■椀物は河豚。
b0118001_2114314.jpg

しみじみ…なおだし。
白子も皮までも入った椀物。白子が舌の上で、ねとりととろける。
皮と身の隙間のゼラチン質も、たまらん。


■焼き物は鰤
b0118001_2123925.jpg

肉厚&密度が濃く、ジューC。


■牡蠣、蕪のすりおろし
b0118001_2125988.jpg

蕪のすりおろし&牡蠣の旨味が、互いに主張し合う。


■鯛の湯葉巻き 百合根、生麩
b0118001_2131862.jpg

鯛と湯葉、そして餡の絡み具合、た・たまらん…。
生麩を噛めば、ねっとりと甘く、そしておだしの旨味しみじみ。


メインは
■ローストビーフ フォアグラ アボガド リンゴ
 そして、愛媛西条の赤キウイ
b0118001_2134937.jpg

フォアグラ & ローストビーフの脂分と味わいに
トロリとしたキウイの甘みと、酸味。
これは素晴らしすぎる。


そんな、大胆な一皿がありつつ、

■お野菜炊き合わせ(蓮根、小芋、蕪)
b0118001_214967.jpg

柚香ほんのり。潔い和の旨味じわり。


御飯は
■おじゃこチャーハン
b0118001_2142830.jpg

ジャコを炊いたんが
ひりりとした山椒の風味、米の甘みと、何と合うこと!

飲んだ泡ほか
b0118001_2144629.jpg

b0118001_215362.jpg



その後、香物、デザートへとつづく…。



いか里の店主は、勉強熱心。
和はもちろん、他ジャンルの料理も、常に探求し続けているから、
その発想たちの素晴らしい融合が、料理ひとつひとつに醸し出されている。
和の真髄をきちっと表現しつつね。


ステキな夜でした。Bス、merci(--)


『いか里』
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目6-12 碇ビル1階 
06-6341-0741


これ、めちゃくちゃ好きだった。
Foo Fighters - Learn To Fly

機内が舞台のPVがめちゃくちゃ大好きなんだけど、
exciteに埋め込み不可(**)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=BieVgyrfglQ

このライヴヴァージョンも好きです

by writer-kaorin | 2009-01-12 02:22 | いか里 | Comments(6)