<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

元町に穴場店@鶴のひとこえ

まさか神戸で、
こんなお店に巡り会えるとは・・・。

ここは居酒屋とみせかけて、そやない、
ハイパーな上等居酒屋でした。

この日は岡山出張→新大阪→中津・A編集部で色校チェック
→新大阪→元町飲み、という行ったり来たりな旅気分♪

飲み仲間であり、飲みの大先輩で、
神戸にて、クリエイティブなお仕事をしてはる
神戸人・こうちゃんのコーディネートで、
「鶴のひとこえ」という、お店へ。

神戸南京町・西側からすぐ南側の路地を入ったあたり。
まるで中華街!な、 え??こんなとこに??な場所にポツンと佇む。

小綺麗で、毎日でも来たくなるような、、、
雰囲気はカジュアルな居酒屋風なんだが、
上等居酒屋とでも言うのか、酒亭というべきなのか、、、
雰囲気と料理とのギャップが面白すぎる♪
(残念ながら店内画像nothing)

こうちゃん曰く、
ご主人、鶴さんのおまかせ。
今までおんなじ料理が出てきたことない、らしい。

ということで、付き出しは

・じゅんさい、うるい、由良ウニのジュレ仕立て
b0118001_2341586.jpg

のっけから、見事な味重ねだわ。
じゅるり〜なじゅんさいに続き、うるいのほろ苦さやシャッキと感。
続いて、そして由良のウニの甘い海味がふんわぁ〜り。
ちょっとだけカリッなアラレの食感と、おだしの風味がアクセントに。


・坂越ガキ
b0118001_23101188.jpg

じゃらん編集部にいてた5年くらい前に、カキ取材で坂越に行った。
その時であった、めさ小粒の坂越カキとはまったくちゃう、デカい!!
あま〜くて、ミルキィ〜、それらがぎゅうっと凝縮。久々に旨い生ガキやわ。


並行して、酒はビールから日本酒へシフトチェンジ
・明石・江井ヶ島にある太陽酒造の日本酒/純米吟醸
b0118001_23161375.jpg

辛口で風味もあり、喉にす〜っと入っていく。この酒で最後まで

由良ウニも坂越カキも酒も、
なんだか、神戸に来てんなぁ〜って感じ、舌でしみじみ。


椀物は
・つくね芋をすって漉してお出汁でわったもの。豆腐を揚げたのんと
b0118001_23262223.jpg
五臓六腑とココロに染み入るおいしさ。ふたり、無言・・・。


次は
・白子のサッとたれ煮
b0118001_2328536.jpg
アラやお野菜の旨味ギュッなタレに、白子あう♪
煮てるのに、白子のクリーミーさと風味はそのままに。


・イイダコとその卵と大根
b0118001_23305016.jpg
こう見えて実に繊細。大根に染み入るお出汁の風味も秀逸。


・オコゼの素揚げ
b0118001_23322694.jpg
20分近く揚げてはった。
頭から尾っぽまで、サクッカリッ、しっとり、全て胃の中に。


・明太子の炙り
b0118001_23343067.jpg
b0118001_23344893.jpg

火入れ、パーフェクトやわ。。
ケミカルな味がしない、明太子は初めてかもしれない。
めじゃめじゃエェ明太子。これまたふたりとも感激。。。


・2種のお肉のすきやき
b0118001_2336125.jpg

追分牛ともひとつのブランド牛、食べ比べ。
サシの甘みを感じつつ、
もういっぽうは赤身の旨味。
芸能人格付けランキング気分でいただく。

割下にサッとくぐらせれば、瞬時にとける感じ。。。
b0118001_23385577.jpg



私には双子ちゃん、大当たり♪
ここに半生の肉を入れてじゅるり〜と、いただく。
b0118001_23394155.jpg



んでもって、割下と肉の旨味がとけ込んだ生卵にご飯を入れて、
究極なるたまごがけごはんにーーーー。
b0118001_23402652.jpg

こんなたまごがけ、初めてや。


デザートは、自家製の
・豆乳ブランマンジェ、小豆、苺
b0118001_844724.jpg

デザートまで手抜きなしだ。
別腹、ぺろり☆



どうやら、店主の鶴さんは、
ホテルオークラの和食出身。
b0118001_23452487.jpg


どうりで、ハイパーな、上等な居酒屋なワケや。
いつも家では伊や仏を作ってばっかなんで、和食はまじ久々やった。

雰囲気と味とのギャップがありすぎる、その崩し加減に
翻弄された夜なのでした。



こうちゃん、grazie!!!


[鶴のひとこえ]
神戸市中央区栄町通2-9-4 川泰ビル1F南
078-392-4377

by writer-kaorin | 2008-02-28 23:51 | 鶴のひとこえ | Comments(10)  

こんな札幌、初めてや。

久しぶりだわ、札幌の旅。

がー、しかしー、
大切な人たちのWedding Partyに駆けつけようとも、
のっけから珍道中に・・・。

ちゃんと早起きして関空行ったのに、
・関空、停電につき、check in一時中断

で、
・札幌行きの飛行機がまだ来ていなくって1時間の遅れ〜

おまけに、
・悪天候の為、羽田に引き返す可能性もございます  って!!!!

そして無事に飛んだものの
・新千歳に降りれなくって、青森上空で、2時間以上旋回。

関空を出て4時間ちかくかかって、
やっと新千歳空港に到着。

しか〜し、高速道路ストップ、JRも遅れ遅れで徐行運転。

ま、旅にトラブルはつきもの。だから楽しいのさ。

「北海道の車窓から」
を楽しみつつ、札幌駅まで缶ビール×2 & 鮭トバ
b0118001_22534830.jpg


とまぁ、エラいオモロい旅となったのでした。

b0118001_2257551.jpg
b0118001_2258775.jpg

すすきの?やったかな、まぁすごい雪。コレ、まだ序の口。

そしてステキなWedding Partyが始まるのでしたー。(あいにく、画像悪く、これのみ)
b0118001_22585759.jpg


しかも、こちらのイタリアン、
大阪の、
魚旨し、な名トラットリアのオーナーシェフと繋がりがあり、
シェフとそっち話で大盛り上がり!!! 世間せま。

目の前で、炭焼きせせり、ぼんぼり他、鶏もん焼いてくだすったり、
生ハムもいろんな種類、イケてたし、
手打ちパスタも、唸る味。パテも馬。

シアワセなふたりの顔も見れたし、おいしかったし、
長時間を費やして、札幌へ来たかいがあった!

で、翌日、案の定二日酔い。

吹雪で何もやる気が出ず、
新郎新婦宅で、の〜んびり。

こういう時にもウチの相方 & 新郎は、
水を得た鳥? 雪やこんこんの犬? みたく、
朝から、クロスカントリースキー (寒;

恐るべし、な国民性@カナダ。

そして待ちに待った最後の夜は、
けっこうどこも閉まっていて、みんなの馴染みの炙り屋へ。
b0118001_239145.jpg
b0118001_2392519.jpg
ラムうんま!!おかわりしまくり。
b0118001_2310591.jpg
b0118001_23101792.jpg



朝5時に起き、お酒臭いまま、帰阪となったのでした。

先週土曜、朝イチのフライトにて、関空→新千歳だったんだが、
どうやら、それが、欠航前の最終便。

でもって週明けの、
私たちが乗った新千歳→関空フライトが、
欠航が解除された一便目、やったらしい・・・。

晴れ女の底力、かな?

でもって、りかさん&Pat、おめでとう♪ 

by writer-kaorin | 2008-02-26 23:24 | | Comments(0)  

meetsパーリー&織田作之助賞

meets 20周年パーリー@堂島H
b0118001_11442100.jpg


このパーリーについてのコメントは
もうちょい先・・・。


で、、、
その前の日は、
親友が、とある会で大賞を受賞し、
遅い時間に、その記念式典へ
@第24回 織田作之助賞
西 加奈子
「通天閣」(筑摩書房)

舞台はミナミ。
大阪弁で書ききった物語のなかでは
温度の高いまち・ミナミの
暗さやあたたかみを、
じんわり、ぐっと、ときにはびしばしと
感じさせてくれる、大大大好きな一冊。

おめでとー!にしかなー。
ほなまた、近々♪



話は戻り、今宵のパーリ@堂島ホテル

23時前に入ったのに、もうスカパラも終わっているのに
まだまだ人わんさか。
今宵、meetsの20周年パーリーなのでしたー☆

そういや大学に入りたての19の頃、meetsに出会い、
毎月の愛読者でありつつ、
「絶対、この雑誌に関わりたい!」なんて思っていた20歳の頃。
芸大時代が懐かしい。。。


それから南船場で、酒場で、いろんな出会いがあり、
皆に支えられながら、こうして生きているということ、
そして今に至っていることを感慨深く。。



でもって、meets創刊当時、10歳て!!!

今宵、meetsに関わる様々な大御所さんたちがいらっしゃって、
この20年という歴史の深さ、重さに、
感動の夜、しみじみな夜&ヘベレケ、な夜。

金馬さん、溝さん、ありがとうございましたー♪

でもって、我が心の師匠@Yキム、DJの姿
b0118001_1213073.jpg
b0118001_1215143.jpg



ラストは、
いつも、いろいろとありがとうございます(--)
withデュークさん☆
b0118001_1224575.jpg



あしたは、朝一フライト@札幌なんで、
寝坊せんように、酒も久々にそこそこに、
でもお腹が空いたんで、即興で作ったアテ&焼酎飲み干したら
眠るとしまぁす(--)

by writer-kaorin | 2008-02-23 01:51 | 酒場 | Comments(1)  

徒然ヘベレケ1週間。

怒濤の数週間、いやまじで。
とはいえ、食うもん飲むもんは、しっかり(w

ここ一週間をダイジェストで♪

2月◯日
ダッシュで家帰り、スピード料理。
この日はえぇバジルと、甘み凝縮のプチトマトをいただいたので、
スタンダードなパスタ。
b0118001_2142139.jpg


ワインは、大好きなティエリー ピュズラもん
・Vin de Table "Vin Coeur" Rouge
フローラルでスイカのような瑞々しい香り。
美味しいぶどうのエキスが喉を抜ける爽快感♪
by Wine Shop FUJIMARU




netx day:「パーネ ヴィーノ」@西天満
学生時代から通っている、夫婦で営む、大好きなカウンター・イタリアン。
超狭い店内、ここまで狭い店、あるのか?てくらい。

・まずはいつもの前盛り&おかませボトル。
b0118001_21502944.jpg
大好きなトリッパ煮込み、ナポリのサラミ他、
これ一皿で、ボトルワイン半分減。

・カンパーニュは、奥さんのご実家のベーカリーより。
これ、いつもおかわり。
b0118001_21534147.jpg



・自家製ソーセージとブロッコリーのペンネ
b0118001_21542264.jpg
めさシンプルゆえに、ハッ!な旨さしみじみ。


で、で、で、ここの何が旨いって・・・
・ナポリ ピッツァ(生ハム&ルッコラ)
b0118001_21555067.jpg
ナポリにいてた時、現地のピッツァに翻弄される。
もっちり、ふっかふか、
噛むほどに生地の旨みがじんわり。でもって素材、響き合う。
ここのナポリピッツァ、まじに旨いのん。

はーシアワセ〜な、夜。



next day:「日本料理 太庵(取材)」@島之内
味吉兆出身のご主人・高畑さん。
おまかせ一本の、カウンター割烹なのだが、なんと、
カウンター内に、炭の焼き場が。
メインの焼き物はプリフィックス。
旬魚、鯛カマほか、イベリコ豚や、スペアリブ、シャラン産鴨など、
和とはかけ離れた食材、多々。
・スペアリブの焼き物
b0118001_2159855.jpg

こちらは、ラ ベカス・渋谷さんオススメの一品。
蒸し1時間→寝かせて→蒸し1時間→その後、炭火でジュワッと。
赤ワインやフレッシュなブドウをソースに加え、
んもうコレ、ワインがススム味。
でも、フキノトウの佃煮やら、ほか山菜の和えもんなどが添えられ、
ちゃんと着地点は和。

大好きな日本料理店のなかの一軒。


その夜は:お家dinner
・宮崎地鶏のオーブン焼き & ワイルドライス
b0118001_2245323.jpg

大好物なワイルドライス&チキンたち。うんま♪


これまた大好物の赤
・BARBERA D'ASTI 2003 LA BARLA
 @Wine Shop FUJIMARU
b0118001_226356.jpg
樽香が漂い、ほのかな酸と 力強いタンニン、バランス良し。



net day:「とん足 びーちゃん」@ミナミ
むっしょ〜に、びーちゃんとこの、とん足が食べたくなり、
フラリとおじゃま。

・つきだし
b0118001_22133239.jpg
いつもの豆腐の上に、釜揚げシラス&食感楽しい葉もの。
これで、ビール、ぷっは〜っ。今日もいちにちお疲れさん。


はよ食べたかったから、店入るやいなや注文。
・愛しの、とん足
b0118001_22145931.jpg
言うまでもない旨さ。翌日、肌つるっつる。


・焼酎、ちょい水
b0118001_22164115.jpg

てか、ロックちょい水、多っ!! しかもえぇ濃さ。
ってことで、

・しらすと香菜のナンプラー和え
b0118001_22181866.jpg

酒、止まらん。

とん足・症候群になる日々。
クセになりすぎる、びーちゃんのとん足です。


next day:「エコノマ」@新町
こちら、我が食卓。
緑地公園に引っ越ししてから、頻度は減ったんだけど(涙
相変わらず、心地よい。

・生ハム & 辛ワイン
b0118001_22213335.jpg

ここの生ハムも大好物♪
甘くて旨みもしっかり。噛むほどにじわじわ系。


・トリッパソテー
b0118001_22221583.jpg
ワイン加速。。。

その後、赤いバー@南船場へ行き、
おとなしく緑地公園行きの終電に乗ったのに、
目が覚めたら、梅田。しかも「なかもず行き」最終・・・。

「誰か、起こしてくれよ〜・・」(涙

またまた、寝過ごし、MKタクシ−。(涙

なんやかんやでヘベレケな一週間なのでした(++)


-------
パーネ ヴィーノ
大阪市北区曽根崎1丁目1-16
06-6365-8456

日本料理 太庵
大阪府大阪市中央区島之内1丁目21-2
06-6120-0790

とん足 びーちゃん
大阪市中央区東心斎橋2丁目4−19
玉屋町ギャラクシービル3号館102号
06−6211−6114

ビストロ エコノマ
大阪市西区新町1-29-16 b1-A
06-6536-1651

by writer-kaorin | 2008-02-17 22:33 | 酒場 | Comments(8)  

強烈オカン店 vol.2 (韓国)

今年に入ってから、強烈オカンに出会うこと多々。

今回は、
「韓国のぉ〜、強烈オモニにぃ〜、出会った・・・・」

@韓国家庭料理 龍園/鶴橋のはずれ

場所は、JR鶴橋駅から、徒歩10分ほど。
暮らしの匂いムンムン、の路地奥。
長屋が連なる、その並び。
b0118001_224346100.jpg
この写真やと、別に普通の店先、なんだが…

b0118001_22443779.jpg
店におじゃますると、
「家やん!」
例えば、法事とか何かの行事で親戚がお家に集まる時、
部屋に散らかしっぱなしのモノを片付け、
こぎれいにして、テーブル並べてくっつけたような感じ。


でもって、何が凄いて、

【1】オカン、調理もサービスもひとりで切り盛り

【2】ありえへん厨房
↑これから出てくる画像の料理を、
たったひとりで、しかも家庭用のガスコンロ・2口を駆使して作り上げる。

【3】ありえへん品数

【4】ありえへん味わい

なのである。


・付き出し各種(じゃこと、青唐辛子の炒め)
b0118001_22524693.jpg

カリカリ、ねっとり、後からじわじわ辛味


・白菜キムチ
b0118001_22545332.jpg

最初、自然な甘みが押し寄せ、後から、辛味がじんわり来るんだけど、
何というか、辛くて咳き込む感じではなく、喉の途中でグッと、止まる旨辛さ。
時間差の甘み→コクのある辛味。でもって上品。
鶴見橋商店街にある、カオリン大好き・オモニのキムチと、えぇ勝負。
か、超えたかも…;


・ワカメ
b0118001_22571754.jpg

酢がきいてて、歯ごたえアリ。


ナムルたちも登場
・もやし
b0118001_2303824.jpg

いちいち、旨いんです。もやし、ひとつをとっても。

・ぜんまい
b0118001_2334431.jpg

これも同じく。 オモニの味


・そば粉を使った豆腐仕立て
b0118001_2362290.jpg
プルンとしていて、ふわりと舌に広がる甘さ。


・韓国のり巻き
b0118001_2373458.jpg
チャンジャなど辛い具材は、全く入っておらず、
しかもタクワンが入っていたりするんだが、ちゃんと着地点は韓国。
胡麻の風味を若干きかせた、韓国海苔、いい。


・味噌×豆腐
b0118001_23175966.jpg

このお味噌に、やられた。辛いと思ったら、ふんわりと甘い。複雑なおいしさ。
この味噌と、お酒だけあれば、もういい!て気分になるほど。




・チャプチェ
b0118001_2320774.jpg

今まで食べてきたチャプチェは、味の素たっぷりだったんやと、
龍園のチャプチェを食べることによって、気づかされた。
ちゃんと挽いている黒胡椒がきいててnice♪
アクセントのあるペッパーと、チャプチェの出会い、初めての味わい。


・ここで、キムチおかわり
b0118001_23235617.jpg
あかん、、、箸がススムくん・・・。


さて、メイン第一弾がやってきた。
・参鶏湯
b0118001_23243325.jpg

ひな鶏の肉、ほろりと骨から崩れ、
朝鮮人参、まるでホクホクのアピオスのよう
けっこう煮込んでいそうなのに、濁りまったくnothigのスープ、
あっさりしているのに、トロリとなめらか味しっかり。

b0118001_2328840.jpg

この大きさ、2人分・・・。




もうそろそろ、ギブな感じだったんだが、
・豆腐チゲ
b0118001_23291370.jpg

辛ぁ〜っという、イメージはまったくなく、
むしろ、味噌の甘みと優しさが、じんわりと響く。
細かく丁寧に切られた、大根、人参、ジャガイモなど野菜も甘!


でもって、まだまだまだまだ…続く。
b0118001_2334947.jpg
・プルコギ(w

・ますはドーム型の上で、肉、やきやき
b0118001_23353427.jpg

b0118001_23472261.jpg

溝にスープを流し入れ、野菜を入れて、溝鍋??風
でもってドームの屋根では焼肉風。
肉を溝に沈めれば、すきやき風。
実によくできた鍋。


で、、まだ続きます。
オモニが、
「隣のお客さんにアワビ粥作ってるから、一口だけ味見する?」と。

ほんまに満腹。。
でも一口だけなら食べたい!と
お願いをしたら…
b0118001_9304254.jpg
一口ちゃうやん!たっぷりやん!(w

味つけはアワビの肝と、塩のみ。
ブツ切りアワビの食感ややわらかく、
なめらかクリーミーで、濃厚。こんなアワビ粥、初めていただいた。。。

料理は以上になり、この後、フルーツとなるんだが、、

これらの料理を、たった1人で、しかも家庭用の2口のガス火で
作っているオモニ。

せやけど、出来上がった料理は、
キムチ、参鶏湯しかり、豆腐チゲしかり、アワビ粥もそう、
今まで食べた経験はあるものの、
食べたことのない味わいに、衝撃の連続。

知る人ぞ知る、立地。
そして、店という感覚を忘れるほど、おウチ気分の落ち着きと、
オモニのぬくもり、そして料理の素晴らしさ。
ほんとに驚愕なオモニ店です。ココ。




韓国家庭料理 龍園
大阪市東成区玉津2-11-23

by writer-kaorin | 2008-02-09 10:37 | 龍園 | Comments(11)  

吉田牧場のチーズ会

b0118001_12405867.jpg
貴重な貴重な、カチョカバロ@吉田牧場



この日は、吉田牧場さんから届いた
チーズいろいろを、
ワインとともに楽しむ会なのでした。
(BOSS、誠にありがとうございます)


岡山の吉備高原にある小さな牧場で
ひとつひとつ手作りされる、こちらのチーズ。
今や、北浜の巨匠んとこ他、名レストランで、その名前は聞くこともあるが、
チーズをお取り寄せしようとも、半年以上待ち、とかそれ以上らしく、
んもうこの日は、ひと口ひと口、しみじみと味わう夜。


まずは、フレッシュ攻め
b0118001_22495560.jpg


b0118001_22513918.jpg

・フレッシュチーズ
ス〜ッと舌に溶けていく。
「チーズは牛乳からできている」という、なんだか当たり前のことを
改めて気づかせてくれる味わい。

b0118001_22554624.jpg

・リコッタ
ラザニアを作るときは、リコッタ高いし小さいし、遠慮しがちになるんだが、
なんだ、この大きさは!!!???
で、ラビオリやラザニアにするには勿体ない。
バゲットに塗って味わう。濃厚やのに、しつこくなく、これもカラダに染み入る味わい。
スペインの赤(ガメイと)、すこぶる合う。


b0118001_22561027.jpg

・フレッシュモツァレラ
なんだ??このモツァレラ!!!
ぽってり、もっちり、クリーミー。そして、ほのかに甘いし。
ナポリで味わった、出来立てモツァレラに匹敵するぞ、コレは。


b0118001_2365927.jpg

・パンデュースのバケットほか
久しぶりのパンデュース♪ここのん、大好き


・生ハム
b0118001_2374216.jpg

これもステキな脇役者。スモーキー感が高くて、えぇアテに。


さてここら辺で、主役登場〜♪
・カチョカバロ
b0118001_2383596.jpg


好みの大きさに切って、フォークに指して火で炙ると・・・

b0118001_23101358.jpg

コレ、反則技。。。
とろ〜りなんて、言葉をはるかに超越してる。ワイン加速。


b0118001_23123740.jpg

前夜も、ビオワインのバーで、ワインがぶ飲みしてたのに、
またこの日も、やってしまいました。チーズのおかげで(笑

by writer-kaorin | 2008-02-02 23:18 | 吉田牧場 | Comments(6)