<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

蔦屋 @昼酒

MTB(愛車TREK)で、緑地公園→大阪城へ〜。
b0118001_1559790.jpg




ちゅうのも、
このGメンさながら(!?)の人たちとのある会があったから
b0118001_160591.jpg


この日は毎週土曜昼に行われるという、大阪城ウォーキングにやっとこさ参加♪
新地のシェフKさんやソムリエMちゃんや、S枝姉さんが始めた、週1の会に、
参加させて頂いたというワケ。
京橋の姉御たちも集まり、この日の参加者、最高記録の8名。

大阪城の外周&中をグルグルグルグル。
新緑の大阪城、めじゃぐじゃ清々しい。えぇ汗かいて、健康的〜。

緑地からチャリで、ここまで来て、
1時間も歩けば、気持ちよい空腹が押し寄せる。



ってことで、谷町にある蕎麦屋へ駆け込むー♪
b0118001_16104659.jpg

古い民家を改装してるんだけど、いつおじゃましても、センス感じる。ココ。
入店して、まず、しつらえや小物や器などを目で楽しむ。


・大豆、辛味大根
b0118001_16125135.jpg

クゥ〜ッ。いつものっけから、日本酒欲しなる…。


b0118001_1614698.jpg
この後、大阪城ジョギングが待っていたので、ビールで我慢(w


・手挽き蕎麦
b0118001_16145063.jpg
塩、ツユ、この2種、どちらかで頂くのだが、
何もつけず、蕎麦の香りと甘みの余韻に浸る〜。


kaorinは、越前そばが主流の福井県出身。
ゆえ、どこへいっても「おろし」を頼んでしまう。。
・太めの田舎蕎麦にて
b0118001_16172084.jpg

想像以上に太!これは、鴨椀とかのほうが合うかも。
でも、香りよくってコシもしっかり。ツユ、けっこう濃いんで、酒ススム。


・シメに鯖寿司
b0118001_16221245.jpg
鯖の〆加減、あっさり昼向けなお味。


昼酒、いつもより控え目にし、この後、大阪城Running→MTBで帰宅キムタク。


大大大好きな蕎麦をいただき、半日がかりの運動。

で、体に押し寄せる心地よいグッタリ感、なんや部活後のようでした(w



「そば切り 蔦屋」
大阪市中央区内久宝寺町2-7-14
06-6764-7074
11時半〜14時半、17時半〜21時
水、木曜休

by writer-kaorin | 2008-04-27 16:30 | そば切り 蔦屋 | Comments(4)  

えどぼり 和じ庵 @ 飲んべえの会

飲んべえ女子3人で始まった、ヘベレケな夜(w
アーンド、Kちゃん♪
b0118001_23512918.jpg


この日は、会おうといいつつなかなか会えない、飲んべえ同士。
ひとりは、「おは朝」ほか、グルメ番組でもお仕事をされてるBちゃん
で、京都よりはるばる来阪なT屋さんは、
京都CFをはじめとする紙媒体から書籍、おは朝まで、
いろんな才能持つ、でもって飲んべえ(笑

この日おじゃました、ステキなお店を以前、教えてくだすったのが、
超有名ライヴハウスの支配人である、年相応じゃないKちゃんなのであーる。
@えどぼり 和じ庵

ココは、絶対に通り過ぎるような、
雑居ビル1F奥の、超狭い木の扉をくぐる、隠れ和処。

何の変哲もない居酒屋風なのだが、
夜中2時頃までやってるし、アテ、いちいち旨いし。

つきだし、
冷しゃぶな、柔らかな豚肉にはじまり

・のれそれ
b0118001_033729.jpg

春やね〜。ビール終えて、はよ日本酒あたりに切り替えたい気分♪


・子持ち昆布
b0118001_045119.jpg

肉厚。子持ち昆布を浸しているお出汁の旨味だけで、酒ススム。

b0118001_06214.jpg

こんなんも、酒飲みには有り難い。中ホックホク。

その他、モヤシ炒め葱まみれ、や
ちょっと早めの水茄子や
甘み凄い、ミズイカや、
ウニ嫌いkaorinも、普通に旨いと感じるバフンウニほか、
まだまだあったはず。

んでもって常連Kちゃんに、焼酎ゴチになることになったので、
(「明るい農村」のいとこ、的「農村の嫁」ちゅう焼酎)
撮るより飲む飲む!

「出会いは酒場から」、コレ私の信条のひとつ。えぇ言葉や。



「えどぼり 和じ庵」
大阪市西区江戸堀1-18-23
06-6459-0025
17:30〜2:00
日祝休

by writer-kaorin | 2008-04-25 00:22 | えどぼり 和じ庵 | Comments(4)  

10周年@トォルトゥーガ

「トォルトゥーガ」さんの10周年パ〜リィへ〜。
b0118001_231616.jpg



そういえば、ワタシが21歳だった芸大生時代、
(もう9年や。。歳バレるけど、早すぎる年月)
ナポリ・シチリア&パリの放浪旅から帰ってきて、
大阪で初めて「ビストロ」という存在を知ったのが、
公園からの夜風が心地よい、靭のあのお店だった。
何かミョーに緊張してたんを今もはっきり覚えている。

この日は、萬谷さんの凄みを、
いろんな角度から、しみじみ感じさせていただきました。

たっくさんのお花、たっくさんのお客さん、そして
お料理は、AIDAさん、イルチプレッソさん、BOCCIOさんほか
様々なシェフとのコラボ、いっぱい♪
そして、サービススタッフも、そりゃすごい顔ぶれ!

・このマチュザレム、
10周年にちなんで、AIDAのマダム有巳さん、ラベル作成したそうな♪
b0118001_23245585.jpg



・タケウチさん作、亀パン
b0118001_23313478.jpg

中にはグリーンオリーブ。ふわっと柔らかくって、
やさしい香りとほのかな甘み。
タケウチさんの愛情がつまった、亀パン。


・AIDA小林さん、イルチプレッソ高島さんほか、シェフたちのコラボ
b0118001_23343015.jpg


b0118001_23385726.jpg


・羊、このロゼな肉感、ごっつい、しっとり
b0118001_2333314.jpg


・チーズまで、抜かりなしなのには、まいった…。
b0118001_2337236.jpg


そのほか、この10倍以上の、料理バリエ。

飲み&トークに盛り上がりすぎて、
パーリィ風景はじめ画像ほっとんどnoting(笑

フラメンコとか、アコギ・ソロ、なんかもあり、
素晴らしすぎる、パーリィでした。

18時頃 inして、
2Fルボワさんで、ホワ〜ンと、黄昏れ夕酒にはじまり
(↑このシチュエーション、今年no1のキモチイィ酒やったかも)
混む前に出ようといいつつ、結局23時頃まで(笑
Running後によしときゃいいものを、予想以上に飲みすぎ・・・

でも、
こんな記念すべき日に、この場におじゃまさせて頂けたことに、
感謝感激です(--)

メルシー!

by writer-kaorin | 2008-04-21 23:56 | トォルトゥーガ | Comments(0)  

週末の趣味2

桜も散り、ウチの裏の庭は、緑がまぶしい。
b0118001_1845916.jpg
あっちゅう間に、初夏なんだろうなぁ。



そんな週末は連日、マラソンに向けての練習。
b0118001_186540.jpg

昨日は1時間のRunning@緑地公園
今日はWalking&Running@緑地公園〜シュクレ
昨日、最高にステキな夜があって、飲み過ぎて
今朝は、お酒が残ってたんだが(日記、追って)
走っていぃ汗流したら、お酒もどっかに吹っ飛んだ♪

で、もひとつの
趣味というか、日常が、
・七厘BBQ〜♪
b0118001_1885774.jpg

これ、単にハンバーガーを作る前の図なんだが。。
ハンバーグひとつをとっても、フライパンやなくって、炭おこしから頑張る。
その美味しさを楽しむことは言うまでもないんだけど、
チェアに腰かけて、ビールを飲みつつ、のんびりなひとときを楽しむ。

金かけて、どっかに旅に出て、露付き客室でのんびりの「ゆとり」も
大・大・大好きなんだけど、
こうやってお金も時間もかけずに、パパッと楽しみを作ってのんびり。
贅沢じゃないけれど、心に贅沢。
コレ大好き。

by writer-kaorin | 2008-04-20 18:32 | プライベート | Comments(8)  

驚愕なる、ラーメン屋

京都・千本にある「西陣京極」。
その昔は、20以上もの映画館が連なる色街だったらしい。
b0118001_15525957.jpg

今は、十数軒の飲食店がポツリポツリ。
初めて足を踏み入れたんだけど、灯籠がともるその路地裏感、
レトロな感じやねんけど、寂れた古くささはなく、
めちゃくちゃカッコエェ。近所に欲しい、こんな街(w

その路地のなかにある
ラーメン・ギョウザ「竜鳳」。

近所に住む、カメラマンと奥さんピヨさんの行きつけと、
いろんな人から聞いてはいたものの、kaorinお初

一軒、何の変哲もないラーメン屋。メニューも内装も何もかも。
b0118001_1559551.jpg

でも主人曰く
「ウチはな、ラーメンの出ないラーメン屋、日本一やで」
「ラーメンはマズいと思うけど、他は、まぁ…」

と、開口一番(笑

しっかし、主人が繰り広げる
裏技がスゴいのだ!!!

『普段着中華で、ときどき洋食』


・焼き豚
b0118001_16142887.jpg
豚モモのなかでも、「一番、豚本来の味がする」という1kgにも満たない部分。
めっちゃロゼ感あって、しっとり柔らかく、脂あまぁ〜い!


・ギョウザ
b0118001_1616576.jpg

お母さん手作りの、モチッカリッなギョウザ。ビール、止まらん。
茹で焼き技法、初めて見たかも。


・鳥モモ唐揚げ
b0118001_16174162.jpg
骨付き丸ごと!!!
カリッな皮を噛めば、ドビュッと肉汁すごい!塩コショウのみの塩梅、いい!




で、、ここから、主人と相談のもと、洋食の世界へと突入

なんしか主人、
洋食見習いで、料理の世界に入り、それから洋食一本だったそう。が、
体を壊してしまい、仕込みの大変な洋食から、ラーメン屋でシフト、だそう。
で、その日の気分で、洋食もんも出してはるというワケ。


・海老クリームコロッケ
b0118001_1620336.jpg

トロトロなベシャメルソース、あーちゃんと作ってはるなぁーちゅう味。いぃ♪
なんとこのデミグラスソース、22年間、継ぎ足ししているらしい。これまた秀逸。


・ハンバーグ
b0118001_16214412.jpg

ぱっと見、何てことないハンバーグなんだけれど、
これも肉汁あまいし、ふっくらジューシーだし、ぜんぜんひつこくない。


・チキンカツサンド
b0118001_1623228.jpg
チキン、やわらか!!&パンの焼き具合、ソースの絡み、パーフェクトですね。
これは、1切れでジョッキ1杯の旨さ。


・イカ(種類忘れた)の子の煮付け
b0118001_16243449.jpg

こんな希少なモノまで、、
ほんまにココ、ラーメン屋さんっすか??

で、、、、
ラーメン屋の肴と、洋食を堪能したら(ビール何杯飲んでんやろ)
もうね、お腹いっぱい〜。ラーメンまで辿り着かん!!

中華&洋食やのに、
ぜんぜんもたれがないのは
揚げ脂はラード、とか、豚のいい部位を感覚で見分けるとか、
基本に忠実にいて、出すぎず、飾らず、
そのシンプルゆえの凄みがあるからだと思う。

b0118001_16253279.jpg

竜鳳、ワタシが近所なら週1は行きたい、
人も何もかも味のある、夫婦店。


b0118001_16301719.jpg

西陣京極、ほんまに気に入りました!


ラーメン ギョウザ「竜鳳」
京都市上京区土屋町通中立売上る東西俵屋町656-14
075-441-4747
水曜休

by writer-kaorin | 2008-04-20 02:11 | 竜鳳 | Comments(7)  

豊中 彩菜

先日、とある会があり、
豊中にある中国料理「彩菜」さんへ。

この会というのが、また不思議な縁というか、必然というのか・・・。
実は私が
この業界の駆け出し(23歳)の頃、
取材させてもらったカフェの、店長だったSさん。
フランス帰りの彼女、今ではすごく大切な先輩でもあり友だちで、
彼女はいま、豊中の名ビストロのあるセクションで働いてはる。

で、このSさんの地元の昔ながらの親友Fさんがいてはって、
なんと彼女は、
私、今の仕事でめっちゃお世話になっているお方。

という、偶然ではなく必然的な、この女子3人会+
Sさんのキュートな愛娘(3歳)とともに、
ステキな会のはじまりはじまり〜。

まず、ご主人にサービスしていただいたのが(謝謝)
b0118001_130733.jpg

・四川式 水餃子
トゥルンッてな食感の後に、辛いのに旨味あるソース&
それをまあるくうけとめる、すり胡麻のやさしさ。


のっけから、
b0118001_131080.jpg

・10年熟成だったかな、紹興酒。
これも、Sさんのボスである豊中の名ビストロの
オーナーシェフからの差し入れ。メルシー!
ツンとイヤな尖りがまったくなく、むしろコク深いお酒、ってくらい。


・蒸し鶏の香り葱ソース
b0118001_1314250.jpg
身は実にしっとりしていて、
香ばしくもありスッとした品のよさを感じる。

この日は3歳のレディがいてたから、旨辛ものは控えめに。
だからこそ、品のある風味や油使い、
瑞々しい素材感などをダイレクトに感じることができた始終。


・ピータン
b0118001_1322142.jpg
ピータン、食わず嫌いだった
(というか、マズいピータンしか食べたことなかった)。
んもう、コレ、紹興酒ススム。


・海老蒸し餃子
b0118001_133130.jpg

海老の風味、濃い〜♪


紹興酒、ススムくん。。
b0118001_1334845.jpg




・いろどり野菜の強火炒め
b0118001_1343094.jpg

どの子も素材感しっかり。食感も、それぞれ違うから、
一口ごとに、嬉しい味わい☆


・金目鯛と春キャベツの蒸しもの フライドガーリック風味
b0118001_1351469.jpg

金目鯛、肉厚&ジュースィー。んでもって、優しいキャベツの甘み。
ガーリックきいたこのソースが、両者をキリッとまとめあげる。


・スペアリブと大根の ブラックビーンズソース
b0118001_1355311.jpg

ハラリと崩れるスペアリブ。
ソースも骨も、すすり&しゃぶりたくなるおいしさ


・ホタルイカのレモン山椒ソース&自家製スモークチーズ
b0118001_1364425.jpg

あまぁ〜いホタルイカ。このチーズも、酒を呼ぶ・・・


まだまだいきます♪
で、食いしん坊な3歳のKレンちゃん、
この時点でも、ウチら女子3人に負けじと、パクパク食べる♪


追加で、、
唐揚げの葱まみれ

b0118001_1371884.jpg

塩でいただくコレ、カリッ&ジューシー感に葱の風味と、塩気が重なって、
これまた、紹興酒、グビガグ。。


で・で・で・で、、
これを食べるために、腹8分目をキープしてた!
b0118001_1375574.jpg
b0118001_138989.jpg

・四川麻婆豆腐&黄金炒飯ーーー!!!

b0118001_13856100.jpg

まず麻婆豆腐だけを一口。
四川山椒のヒリヒリ旨辛が、、酒プリーズ!
で、、ふた口目
卵のみ、シンプル&ハラリな黄金炒飯とともに・・。

目を見合わせてニンマリ、
皆、無言。。。





b0118001_1394040.jpg
b0118001_1395585.jpg

杏仁豆腐のアイス&キャラメルソースに、
紹興酒のアイス。
酒飲むと甘いの食べないんで、
皆食べてたのんを一口ずついただく。。でもこれ、紹興酒にも合う(w


とまぁ、いつものたらふく(w

しかし、3歳のKレンちゃん、
麻婆豆腐(は流石に辛いんで)以外は
マイペースにぱくぱくと完食〜♪

私のボスを彷彿とさせる喰いっぷり。。。

私ったらマダマダだわ・・・っと、ちょっと敗者な気分(笑)

XO醤や豆板醤、豆鼓醤をはじめ
調味料を作るところから始めるそう。
いつもは、旨辛を楽しみにおじゃまするのだが、
今回は優しい美味しさ、繊細な旨み。そしてインパクトのある四川の味・・・
いろんな表情を楽しませていただきました♪

「彩菜」
豊中市本町6-1-13
195ストリートビル1F
06-6852-2338

by writer-kaorin | 2008-04-15 01:20 | 中国料理 彩菜 | Comments(8)  

燃える闘魂。走る、喰らう

小さい頃から
何事も「カタチ」、から入る私…。
b0118001_15282472.jpg

早速、ハーフマラソンに向けて、のイロイロ購入!
シューズでしょ、ランナー用スパッツでしょ(これ、シューズより高い!)、
マラソン用のウエアにインナー、サングラスにポシェットetc…

カタチから入り、スタイルだけで終わった事も多々ありなんで、
この日は早起きして、近所の緑地公園で汗を流す
b0118001_15313222.jpg
b0118001_1602672.jpg


ぐるぐるグルグル公園内をジョギングし、
競技場にも潜入し、
久々に1時間程度のランニング。
えぇシューズを履くと、がんばり度違います!軽いッ!

3日坊主にならないよう、、これだけを自分自身に言い聞かせた、
春うららかな一日。

でもやっぱり、アフター・ランニング。
この為に走ったようなもん(w

あたたかくなってきたから、久しぶりの
お庭de七厘BBQ〜♪
b0118001_15353886.jpg


「うずら屋」さんみたいな、美味しい鶏が食べたぁ〜い〜!っと、
相方に注文。
将来、カナダで鶏屋のオーナーになりたいらしく、
この日も火入れに、ものすごくこだわっていた。
b0118001_15372056.jpg

焼いたお肉にストレスを与えた分、ホイルに包んで寝かせるなど、
こだわり随所に(笑

ジューシーすぎるほどジューシーで、
プリッとしつつも柔らかく、皮のパリパリ具合もよし♪

私はというと、
先日、「トラットリア パッパ」の松本さんに教わった
鯛のカルパッチョをベースに、お家にある材料で。

・鯛のカルパッチョ トマトとバジリコのソース
b0118001_15403478.jpg

我ながら、ではなく、松本さんのレシピに忠実に作ったら、
めさめさ美味しく出来上がった♪ 
やっぱり、シェフならではの細やかなポイントをきちんと守れば
おいしく仕上がるんだなぁと実感。旨かったです松本さん!(w

とりあえずのビールを飲み(スポーツの後は、たまらん!)

ワインは、FUJIMARUさんとこより
b0118001_15425385.jpg

・クローズ エルミタージュ セ・ル・プランタン@ダール・エ・リボ
最初、ちょっとシュワッとした酸味が、おもしろかった。
上品だけど、スパイシー?な感じが好きかも。
ダール・エ・リボのこのシリーズは初めて!
「C'est le printemps」=春
なかなか心憎ネーミングを、福井さん、セレクトしてくれたものだ☆


今日夜は、京都・千本へ。
ワインではなく、ビール三昧の夜になりそー。
走りを頑張った分、飲むぞ(w

by writer-kaorin | 2008-04-13 15:59 | プライベート | Comments(8)  

ノガラッツァ @イタリアンの新星

また西天満に、ステキなイタリアンが誕生した
@ノガラッツァ(3/29open)

この近所には、kaorin大好きな
「トレ ルマーケ」もあり。
芸大時代からお世話になってる、めっさ旨いナポリピッツァをいただける
トラットリアも、そういや西天満。えぇ感じな街だわ。


オーナーシェフの山田義輝さんは
MODE DI PONTE VECCHIOの元シェフ。
その前には、ドイツ・フランス・イタリーの星付きレストランで、
働いておられたんだと。

日本橋のワインショップの店主&スタッフ&飲食関係者から
こちらのお噂はかねがね。

元フレンチ→イタリアンの道へ、というお方なので、
メニューには、イタリアンじゃないニュアンスのものも、ちらほら。
ちょいと唐辛子を利かせた、バスク風のソースとか。
でも、マニアックなイタリアンの郷土料理をシェフ流に昇華させた
オリジナリティも、そこかしこに。

この日は、その後も予定多々ありやったんで、
軽めのディナー。

・バッカラグラタン
b0118001_1121843.jpg
これは、干ダラを使った、ヴェネト州の田舎町の郷土料理を
アレンジされたんだとか。
イタリアでも干ダラ、食べたんやー!
すっかりポルトガルあたりのもんやと思い込んでた。。
底に敷いたポレンタの食感、楽しい♪
パルミジャーノや、スペインのマニアックなチーズもたっぷりで
風味よし、でもって意外に軽やか。


・自家製パンほか
b0118001_1174820.jpg
グリッシーニ、長っ!
噛むほどにじわりと粉の風味、なパン、おかわりしたい。


・ワインリストには、いつも日本橋で購入させて頂いているor
教わっている生産者ものがズラリ♪
なんだかホッとしてしまう(笑
b0118001_1185191.jpg


「おまかせグラスワインコース」ていうて、
料理に合わせて、好みのグラスワインをセレクトしてくださる、
ちょっとステキなメニューも(3000円〜)。これ、オモロい!やってみたい!


パスタは…
・シラサ海老とチェリートマトのブルーティー
b0118001_122020.jpg

シラサ海老のキュイ、サイコ!
チェリートマトは、島根のお知り合いが水耕栽培、それも
音楽を聞かせながら育てている、賜物らしい。
で、このパスタがね、、ヤバいですわ。初めて食べた、
ニョッキのようでニョッキやない。チーズがメインで、粉は繋ぎ程度という。
シラサ海老の頭からとったダシで、旨味倍増。


・ヴァンデ産ひな鶏のディアボロ プンタレッレのエチュベ添え
b0118001_1265686.jpg

しっとり、きめ細かな身質。甘い。


素材感生かしたお料理に合うワイン充実で、
マニアックなラインナップやし、これに惚れた!(笑
(ヨーロッパで活躍されてる、日本人の醸造家もんもあり。
 オーストリアほかニューワールドもちらほら)

「素材を崩すことはしない」というシェフだけれど、
シンプルだけに終わらせない、
発想多々。


今後が楽しみな一軒
b0118001_1295054.jpg

「ノガラッツァ」
大阪市北区西天満5-6-26
06-6363-5553
火曜休

by writer-kaorin | 2008-04-12 01:43 | ノガラッツァ | Comments(2)  

Sportsのハナシ。珍しく(w

朝までボーリングの、始まりはじまり〜♪
b0118001_23593380.jpg


ココ最近、sportsネタ、実は目白押し♪
ボーリングの前に、余談ではありますがー、

08年初夏、
ハーフマラソンに出場することになりましたぁ@北海道・千歳

この人たちと出会わなければ、今の私がない、っていう
人たちと共に、北の大地へ〜。

元、駅伝選手。頑張りたい気マンマンですが、
こんなに飲み食いの毎日ですからぁ、自信全くnothig…。
過去の栄光を捨てないと多分、
アキレス腱切ることになると思うので、
新緑の大地を、五感で感じながら、
ぼちぼち走ることにします(--)



で、先日の、健全なる夜遊び@朝までボーリング
b0118001_044614.jpg

2:00AM、スタート♪
メンバーは、
京橋の焼鳥店の姉御と軍団、新地の串揚げ店のソムリエや、
新地フレンチ店のシェフ&スタッフ、
本町のワインバー主人、日本橋のワインショップのキャラ立ちスタッフ、
ソムリエさん多々、ほか、皆、飲食業界の方々が
仕事帰りに集合、というワケ。


・始球式は、なかなかのまっちゃん♪
噂かねがね、の、前回とは違い、
この後、えぇ感じに、ストライクーしていた☆やりよるなぁ〜。
b0118001_0103814.jpg



まずは、個人プレイで、競い合い(京橋の姉御、強すぎ〜)
勝ち組5人が、2ゲーム目はじゃんけんで、ドラフト。
3ゲーム目も同じような感じで。。。

数年ぶりのボーリング
kaorinの1ゲーム目、ズタズタ@ブービー賞系

んでもって、2ゲーム目も歯をくいしばり…


やっとこさ、3ゲーム目で、144!
b0118001_0132833.jpg


めじゃぐじゃ楽しい、朝までボーリング。
外に出たら、朝7時前。
でもね、ずぅーっと飲みの朝とは違うね!
健全な夜遊び後の朝は、
あんなミナミやのに、空気が清々しくって、気持ちよかったぁ〜。

今週末は、
次のボーリング&マラソンに向けて、
緑地公園ランニング or MTBでトレーニング(目標! 口だけかも…)

by writer-kaorin | 2008-04-10 00:24 | プライベート | Comments(4)  

DAIGAKUミーティング

いつもブログで、仕事で、飲みでお世話になっている方たちとの
夜のミーティング。
別に議題がどうとかこうとか、ではなく(w)

毎度の「Bistro a Vin DAIGAKU」さんで、
遅がけ集合、ぼちぼちスタート〜。

で、やっぱりビール大好き人間のオーナーソムリエ・ダイガクさんに習い、
とりあえず、ビール。

そうそう、とあるビール企画で、
ダイガクさんにめっこり語って頂いております。
あまから手帖5月発売号、お楽しみに♪

まずは
・アスパラガスの滑らかなスープ(冷製)
b0118001_0125476.jpg

ふわっと、アスパラの甘み。冷えてて、清々し〜い、お味。


この時季、待ってました!!!
・朝掘り、王子さん家の「木積筍」
b0118001_0211524.jpg

えぐみ、全くもってnothing。シャキッと歯ごたえの後、甘っっっ!
昨年、王子さん家の筍の掘りたてを、生でいただいたのだが、
(@地野菜とビオワイン/タケノコツアー)
んもう、梨のような瑞々しい甘さだった。それ、思い出す。


なんや、エラい珍しいワインを、いただけるということで…。ドキドキ。
b0118001_0241584.jpg

b0118001_0242845.jpg

このスプマンテ@89年のブラン・ド・ブラン、
な・なんと…、日本にはたった6本しか入荷していないんだと!
もっと、おじいさんのような味なんかと思ったら、
意外に若くって、香りもよかった。このような歳の取り方をしたいもんだ(w


・初鰹のタルタルと、こごみ(やったかな)、茄子のムース
b0118001_031426.jpg

タルタルだけでも旨いし、山菜のほろ苦さと一緒だと春満開。
ムースとともにいただくと、そのあまぁい風味とふわっとした食感が包み込む。


b0118001_0332386.jpg



・北海道産帆立貝とボルドー産ホワイトアスパラ、サヴァイヨンソース
b0118001_0341410.jpg

ホタテもアスパラも、おっきくて甘い。
ボルドー産のホワイトアスパラは珍しいとか。
ソースのほどよい酸味が、シンプルでいぃ味重ねに。


カルトは好きなんを一人ひとりオーダーしたんだが、
ダイガクさん曰く
「パスタだけは他谷がご用意してますから」

・ガラムマサラ使用、のタリアテッレ  生桜エビ、ホウレンソウ
b0118001_0374818.jpg

カレーて!!!
これがまた、秀逸(>v<)
多すぎてもカレー臭やし、少なすぎても何やらよー分からんし。
そのギリギリのさじ加減、さすがだわ他谷さん。


・ブイヤベース
b0118001_0423998.jpg

DAIGAKUさんとこで初めて食べるかもしれない。
赤座海老、ムール貝、ホウボウ、ジャガイモ
この澄みきったスープ、かなりうんま。。。ホウボウのムチッとした身質しかり
いろいろな旨味を吸い取ったジャガイモしかり、
はぁ〜おかわりしたい(w


最後のほう、どれが何でとか、旨さにおされてすっかり忘れていたけれど・・・
b0118001_0413210.jpg

これも好きな味だったわぁ〜。


とまぁ、ステキな夜ミーティング。
次回は、火曜開催とでもいきましょう♪


その後、「キュイジーヌ ラ シュエット」さんの1周年パーリィへ。
こちらについてはまた後日!
清ちゃん、おめでとう!

by writer-kaorin | 2008-04-09 00:53 | Bistro a Vin DAIGAKU | Comments(0)