<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

はや志 @ 久々の活イカ!

久しぶりに見る光景
b0118001_1840256.jpg

そう。生きたまんまのイカを、その場でさばいて糸造りに…。
これは、兵庫県の香住や、佐賀県・呼子の名物ですね♪


ここはミナミ、雑居ビルの2F。
昨年12月に移転openした、
夫婦で営む割烹店での光景だ。


付き出し2種
■白子ポン
b0118001_18435483.jpg

白子のなめらかさに、てっぴの、コリコリッがいぃね。



■菜の花、からすみ
b0118001_1846117.jpg

春のほろにがさ♪



そしてそして…
b0118001_18483458.jpg

b0118001_18484564.jpg


■剣先イカ糸造り!
b0118001_18494641.jpg



b0118001_185069.jpg



b0118001_18502268.jpg


最初はサクッ。そして、ねっとり、とろぉ〜り。
わたしは、コリコリなエンペラーのほうが好みかも?
ま、活イカは全く味が違う!ってのはないと思うんだけれど、
パフォーマンスとして楽し。



■造り盛りは、これが1人前!
b0118001_18523376.jpg

中とろ、ウニ、赤貝、フグ、シマアジ

b0118001_18534578.jpg

シマアジ、肉厚っす。脂、上品だわぁ。
大好物ゆえ、連れてきてくだすった人の分もペロリ(笑)



■フグ白子とはまぐり
b0118001_18561787.jpg

若干焼きを入れた白子、たまりませんわ〜。
焼きの香ばしさ立つかな?と思いきや、お出汁はじつに澄んだ味わい。


ビール1瓶、その後は、芋湯割り×4程度。
じつは、何でも飲み放題なんだって!
でもって2人で1万也〜!


ご夫婦の人柄もよく、味に酒に人に、
酔いしれた夜なのでした!


『はや志』
大阪市中央区東心斎橋(場所は追って!)
18:00〜深夜(お客さんが帰るまで)



BOOWY / MEMORY

by writer-kaorin | 2009-01-30 20:35 | はや志 | Comments(4)  

Aso-vin-Bar/あそびば

強烈にオモロい店だ。
ロケーションも人も客も、何もかも。
行きたくてウズウズしていた
北堀江の「あそびば」。

ここは、
昼間はセンセ(医療)で
夜は飲みトモ・mhikoさんの常酒場。


場所は、北堀江のマンションの一室。オサレなデザイナーズ系。
b0118001_1856210.jpg

オートロックです。部屋番押して、ピンポ〜ン。

b0118001_18221791.jpg

看板もない。まじマンション。


店内は載せないが、
扉を開けると、オサレで真っ白なフロアがあり、
前方、半地下の場所に、キッチン&カウンター&テーブル席ひとつ。
真っ白フロアの前方には2階に続く階段もあり、
2階には、ソファdeゴロリ、な空間。

まるで月9のドラマで、キムタクが出てきそうな感じ←古(笑)


ここ「あそびば」は、
オーナーソムリエの大澤さんが、奥さまとはじめた、
「ワインバー + 素朴系和食ほか料理いろいろ」な、お店。
奥さんの実家、小倉やったかな?
北九州から届くお野菜の、何と旨いこと!


■大鉢のお惣菜いろいろ
b0118001_18325228.jpg

コレ系和食、わたし今年初めてかも?
菜っ葉と揚げのたいたん、イカとジャガイモの煮物、
厚揚げたいたん他。
カボチャのさらだは、タマネギの甘みがいぃ。
生っぽいジャーキー、これジューシーで好きな味。
太いレンコンきんぴらも、味の染み込ませ方、ステキだ。
作れそうで、作れない味だわ。

&ビールぐびがぶ。


さっぱり系ワインにチェンジし、
■ボイルしたてのズワイガニ
b0118001_1838476.jpg

ぷっくり肥えてる。
しかもご丁寧に、身をすべて出してくれている♪
無言にならずで、こりゃワインすすむわ。


3杯目あたりで、この日は終電時間(たまには真面目に帰ろう)


■奈良で採ってきたイチゴ
b0118001_18405789.jpg

練乳、なつかC−!練乳なしでも充分甘いが、
ついついつけたくなる懐かしい味わい。



この日はひっきりなしに、常連さんやってきてて、
満員御礼状態。

紹介なしでは入れないであろう(まず場所が分かりにくい)
ヘビロテしたくなりそうな、
おウチのような、お店です。

また近々、おじゃましまぁす!
mhikoさん、またぜひ☆


『Aso-vin-Bar/あそびば』
大阪市西区北堀江


復活ライヴ、絶対行ってやるっっ!
UNICORN / 開店休業 (UNICORNの曲で、一番好き)

by writer-kaorin | 2009-01-29 20:15 | あそびば | Comments(10)  

ヴィネリアの夜

この日は、西天満のイタリア酒場で
飲んで飲んで…

2軒目、
ヴィネリア・リンコントロさんにおじゃま。

志摩シェフ、イメチェンしてはってびっくり!
77会、次こそは!(Tさん何卒♪)


付き出しは
>オリーブ、自家漬けニンニク&ドライトマト、ケイパーなど
これでワイン1杯空く(笑)



そのワインたち
■ONIX PRIORAT(spain)
■Winki sauvignon 2007
b0118001_23475013.jpg




その後は、アンティパスト各種
■ブロッコリーのアンチョビなんとか
b0118001_22315712.jpg

すでにゴキゲン。名前忘れ。



■芽キャベツの“キャベキャベ”
b0118001_22331151.jpg

シュークルートの味わいをベースとして
芽キャベツさっと煮込んだ感じ。
これもワイン、止まらん!



■ホルモン ポタへ
b0118001_2236582.jpg

トリッパほかホルモン、それぞれ主張し合う。
ソースもコク深し。



シェリーに口づけ♪
b0118001_23565918.jpg




■富山産ソイのソテー 
b0118001_84268.jpg

春を告げる魚ですねぇ〜、ソイ。
ぷっくり、ムッチムチのソイ、火入れ秀逸です…。
ミンチにしたイカがベースのソースは、
こりっと食感やイカの旨味のほかに、ドライフルーツ?の甘みに、
ちょっり酸味…と、複雑な構成がおもしろい。お皿舐めたい(笑)

他にもいろいろと…。


この日は、いつもお世話になってる
ワインショップのスタッフがカウンターに。
飲食関係者の深夜のたまり場ですね(笑)



『ヴィネリア・リンコントロ』
大阪市北区西天満4丁目12-10-101  
06-6311-7007
open : 17:00~27:00(sat&sun~24:00)
close : sun


ピアノが素晴らしい。ライヴも凄かった。
Ben Folds Five Philosophy performance

by writer-kaorin | 2009-01-27 07:11 | ヴィネリア・リンコントロ | Comments(2)  

たまには家飯ダイジェスト

え〜先週は
2回程、家飯。

たまには、の
家飯ダイジェストを。

■ビスケット
b0118001_1885956.jpg

週末の朝のお決まり。
材料は小麦粉、ベーキングパウダー、バター、牛乳のみ。
焼きっぱなしの簡単ビスケット。スコーンを軽くした感じ。
ハチミツかストロベリージャムで。



■豚肩ロースのパロワーズ風
b0118001_18201926.jpg



b0118001_18201863.jpg

通常は、ソテーした鶏肉を
炒めたタマネギ&白ワイン&ブイヨンなどで煮込むのだが、
この日は、豚を欲していた。

・タマネギをバター&ニンニクで飴色になるまで炒め、ローリエを入れ、
 白ワインを数回に分けて入れながら水分をとばす(鍋で)
・同時進行で、塩コショウをして一晩置いておいた肩ロースに
 小麦粉をまぶして表面をサッとかりっと焼く(フライパンで)
・鍋にブイヨンを入れて、豆類&ニンジンを投入し、
 中火でややとろみがつくまで煮込み、
 そこに豚投入。20分ほど煮込んで完成ー。


■野菜の蒸し焼き
b0118001_18284648.jpg

この日はカブラ、ニンジン、ズッキーニ。
堅い野菜からオリーブ油をひいたフライパンにのせ、蓋をして蒸し焼きに。
水分出てきたなぁ〜くらいで軽く塩を施し、火の通ったものから裏返しに。
皿に盛りつけ、パルミジャーノをふり、
刻んだコリアンダー、砕いた粒黒コショウを散らし、
オリーブ油をかけて出来上がりー。


この日はガメイだったかな?




この週末パスタも、めっさ簡単なヘビロテ。
■海老とアスパラ、フルーツトマト
b0118001_18355772.jpg

海老は、油に香りをつける程度、さっとソテー。
そこに刻んだフルーツトマトを入れ、
キッチンドリンカー用の(笑)白ワインも加え、乳化させる。
ボイルしてたアスパラ&海老、数十秒後に茹でたパスタを入れて完成ー。

魚三昧
■イワシの香草焼き
b0118001_1840395.jpg

ちょっと油の温度、低かったかなぁ。
でも、ハーブ各種が、イワシの臭みをちゃんと消し去ってくれてる。
カリッ、ふっくら、好みの食感と味わい。



たまにはこんな家飯も(七厘会。近所のツレ宅にて)
■豚スペアリブ
b0118001_1844318.jpg

アメリカ人Brent作。一度ボイルしたスペアリブを、
特製のタレとやらに漬け込み、焼き上げる。
吉田のソースが決め手!


■ダッチオーブン de ポテト、オニオン、チキン他
b0118001_18451772.jpg

ホコホコ旨!


そして、我が故郷、福井県オバマ市より
>ハタハタの醤油漬け(一夜干し)
b0118001_1850710.jpg


>巨大ハモ!の醤油漬け(一夜干し)
b0118001_18504027.jpg

ホントにデカかった…このハモ。1kg弱あるんとちゃうかな…。

ほか、オカンの実家「朽木屋」の浜焼き鯖、ヘシコなど。

よって、
b0118001_18524681.jpg


b0118001_18525927.jpg

ハァ〜。やっぱり田舎の味、たまにはえぇねぇ。


お酒はぬるめの 燗がいい
肴はあぶった イカでいい(ハタハタとハモやけど;)
女は無口な ひとがいい
灯りはぼんやり 灯りゃいい
しみじみ飲めば しみじみと〜ぉ〜ぉ〜

と、日本酒片手に、舟唄な気分になりましたさ(笑)


せやけど洋楽(w
Knocking on heavens door

by writer-kaorin | 2009-01-26 20:40 | =プライベート= | Comments(6)  

なかなか本店@オンナ飲ん兵衛会

この日は、西新地にある、なかなかさんへ(本店)
飲ん兵衛オンナ、ふたりでおじゃま。

彼女とは、同じ業種かつ
飲み食いプライベート仲間ってわけだ♪
とはいっても、この日は微妙に、まだ二日酔いのkaorinだったので、
残念ながら、ほどほどに(笑)


まずはビエール

付き出しは
■鶏ミンチのちぢれキャベツ巻き&紫キャベツのピューレ他
b0118001_095274.jpg

ロマネスコほか、野菜の主張びしばし。
焼きを入れているちりめんキャベツ、
包まれた鶏ミンチとともに存在感大。



生野菜、どれもこれもイキイキしてるわぁ。
b0118001_0102773.jpg




■車海老は、塩にて
b0118001_0111591.jpg




その後、百合根に続き…


■今年、初そら豆っす。私。
b0118001_0124165.jpg

こぶりながら、焼きの加減よろしく、
かわいいホックホク♪



■白子、ズワイガニ
b0118001_01329.jpg

白子のまったりとした旨味が
品のあるお出汁とすばらしく融合している。
白子あまり好きやないkaorin、
これはイケた♪ 澄んだ美味しさがあった。



本日、No1(ふたつあるんやけど、No1)
■ベーコン巻きカキフライ
b0118001_0132463.jpg

ベーコンのスモーキーさ&旨味が、
ぷっくり肥えた、ミルキーな牡蠣に、
まとわりつく…。しかも、牡蠣、デカ!

山の燻しな感じと、ミルキーな海味。
素晴らし。



続いての串は、
■トマト&チーズ  ウィズ ガス

やなくて、 ウィズ ジェノベーゼ
b0118001_0134793.jpg

火入れ、秀逸。
ジューCなトマトの甘みに、チーズのトロリとした脂分、
そこに、ジェノベーゼって…合わないワケがない。



■とりから
b0118001_0153610.jpg

めっさ旨い、ワインいただいていたのに、
ビールに戻りたい気分(笑)



■チビホタテ
b0118001_015466.jpg

小さいのに、ちゃんと旨味あり。



串は続く…
☆犬鳴きポークの串 with タスマニアペッパー
☆うずら


大好物の犬鳴ポーク、やわらか!
うずらの黄身の濃さ、ワイン進む君。


そして、こっれが、二つ目のNo1!
■小海老と金針菜のパスタ
b0118001_0161433.jpg

シニアソムリエ・まっちゃんmadeの一品のひとつ。
小海老&伊勢海老のガラをも使用したソース、
旨味、ハンパやない!
皿、舐めたい感じでした(笑)



まだまだ、出していただきました♪
■茶美豚の生ハム
b0118001_0163895.jpg

塩気もしっかりやねんけど、
その中に、豚の旨味というか、甘みがあるのよねー。
ウオッシュチーズのような風味、クセになりそ。




b0118001_017169.jpg

鯛焼き箸置き。特別仕様。
はみ出したアンコが、めっさリアルだ(笑)
これね、質感が、めちゃくちゃエェねん。
かんなりツボでした!
欲しい!!!




これまた、好きな味わいのワインたち。

b0118001_0175031.jpg



b0118001_0181231.jpg

いやはや、酔いがさめる旨さ&ネタ


b0118001_0185043.jpg

物忘れ激しく、また知識不足ながら、
たぶんお初のワインだったけれど、
まっちゃんセレクション、いつもドンピシャなのです。

ノムリエ、卒業せねば(笑)



『なかなか本店』
大阪市北区曽根崎新地2-2-5 第三シンコービル2F
06-6342-1194    
open : 17:30 - 23:00 (LO)  
(sat,sun17:30 - 22:00 (LO) 
close : mon&holiday


恋焦がれていた頃に聴いてた名曲
Tom Petty & the Heartbreakers / Room At The Top

by writer-kaorin | 2009-01-26 02:08 | なかなか本店 | Comments(2)  

睦月 @ 一碗水

1月の一碗水、
とある新年会にて。
b0118001_23403936.jpg





■聖護院蕪と七草の粥仕立て
b0118001_23372072.jpg

七草粥の風習、じつは中国伝来のものらしい。
蕪、トロリ。一碗水、命のダシ、しょっぱなから染み入ります。



■クワイ、紅心大根、大根餅
b0118001_23422256.jpg

クワイ、ホックホクだ。
アリッサのような辛味のペーストを、
もっちりジューシーな大根餅につけていただく。ドンピシャ!


■アンキモ with ピータン
b0118001_2343522.jpg

こっれは、泡がススム君。コク深いもの同士のマリアージュ。



■チャーシューのタレをつけて焼いた後 
 スモークさせた牡蠣
b0118001_23461393.jpg

頬張ると、チャーシューの味わいふんわぁり。
噛み締めるほどに、ミルキーな牡蠣の風味。病み付き味。


■鶏と葉ニンニク
b0118001_23471972.jpg

酒のピッチ、早まる(笑)



命のスープ 第二弾は、
■上海蟹のミソを豚ひき肉で包んだ、
 白玉団子の清湯(チンタン)スープ
b0118001_23504241.jpg

団子1個を頬張ると、
まるで小籠包のように、肉汁やミソがじゅわり…。
気品に満ちあふれたスープの優しさ、絶妙。



■ヤリイカ、黄ニラ、花ニラ
 乳酸発酵させた、野菜各種のみじん切り
b0118001_2353266.jpg

南さんがこの料理を炒めている間、始終、
唐辛子の辛味が客席に押し寄せ、みんな目をしばしば(笑)
野菜を漬けた乳酸発酵の液体は、8年もの、だそうで、
キュウリやニンジンなど各種野菜は、ピクルスのようでそうやない風味。
この味わいは、お宝級。



■花蓮根、ホタテ、ゲソ
 それらが融合した、湯葉巻き
b0118001_23572135.jpg

プリッ、ホクッツ…。
花蓮根の食感よろしく、
ホタテとゲソのほのかな海味、ニクい。



土鍋の料理は…
■広島産・猪、海老芋煮込み、ちぢれほうれん草
b0118001_9165995.jpg

イノシシ、クセまったくnothig。トロリ、赤身&脂の旨味、深い。
ダシが染み込んだ海老芋の、なめらかさもクセになる。


■仔羊とウイキョウの水餃子
b0118001_8414833.jpg

b0118001_842862.jpg

水餃子、私はお初かも?一碗水さんで。
ふわっと仔羊らしい香り&肉汁が、ジュワリ。なんぼでもいける(笑)




デザートは
b0118001_850578.jpg


b0118001_8502091.jpg

あんこ、あんまり好きやないけど、これは好きだわぁ/
カリッ、ネッチリ&モッチリの食感の変化もいい。



本日いただいたお酒の、一部

b0118001_943994.jpg



b0118001_951354.jpg



b0118001_953444.jpg



b0118001_961324.jpg



b0118001_963478.jpg


これより和歌山ロケなので、時間切れ〜!
たのし旨し、新年ワイン会なのでした♪merci(--)


『中国菜 一碗水 』
大阪市中央区安土町1−4−5 
tel 06−6263−5190
日祝休


U2 / Stuck in a moment

by writer-kaorin | 2009-01-23 09:21 | 一碗水 | Comments(0)  

オバマ箸

演説、涙が溢れました。
はじめて、アメリカ国民を羨ましいと思った。

今朝、録画していたCNNをチェック。
翻訳nothigの英語ヴァージョンだったが、
OBAMAさんの英語は聞き取りやすい。
朝からそこそこ、勉強のお時間なのでした。

相方曰く
「あの演説は10点中、7点くらいやなぁ」
って…、−3の理由は何やねん(笑)


そうそう、わが故郷の小浜市も、
相変わらず盛り上がってます〜。


実家の箸屋で作っている
「OBAMA箸」
b0118001_0301453.jpg

いる方は、連絡ください(笑)30膳ほどあり



b0118001_030344.jpg

このロゴを…



b0118001_0305662.jpg
箸に印刷してる感じ。

もちろん茶系の下地は、
本漆っす。

オトンは、アメリカCNN、ABC、ロイター、
そして、アルジャジーラやったかな、
んもう、国際メディアの取材殺到らしい。

これもそれも、
「OBAMAを勝手に応援する会」主宰
藤原さんのおかげです。毎度お世話になっとります。



ちりとてちんから始まり、このOBAMA効果で、
世間の不況、どこへやら。


故郷のOBAMA、フィ〜バ〜
くらだんこの悪のり、ダイスキ(笑)



by writer-kaorin | 2009-01-22 00:47 | =OBAMA= | Comments(10)  

Running Trippers 京都会

「走るために旅をし続け、旅するために走り続ける」
そんな意味も込められた(たぶん)
「Team Running Trippers」

古巣の職場繋がりのRunningチームだ。
みんな、旅雑誌のお仕事経験者ということもあって、
千歳マラソン、久米島マラソン、ホノルル、そして次は与論島…と、
旅が目的のマラソン? マラソンが目的の旅?(ま、どっちも)が多々。


この日は、走り始めというか、そんなチームの新年会がありました。
寒いので、参加者少なかったのだが…。
三条あたり〜下鴨神社(で初詣)の、往復6kmの短いコースをのんびりと。
b0118001_12429.jpg


東山や北部の山は、うっすらと雪化粧…
そんな早朝の京都。
大文字も雪色です。これがキレイ!
b0118001_123233.jpg

寒さに負けそうになったけれど、走れば身体ぽかぽか。


世界遺産に登録されている(なんて知らなかった!)
下鴨神社へ到着後、おまいり。


私がひいた、下鴨神社の「おみくじ」は…
b0118001_1252783.jpg


b0118001_1254212.jpg

「生きる技術とは ひとつの攻撃目的を選び そこに力を集中することである」

フランスの小説家の名言らしい…。が、
こんなに攻撃的なおみくじは初めて!かなりオモロい!

恋愛、金…なども、かなり刺激的なコメントでした。世界遺産の神社、恐るべし。
では今年「も」、攻撃目標に突進(笑)



前夜は、チームのボスの事務所で新年会。

私とY子ちゃんで、料理プロデュース

まず私は、from オバマの郷土料理「じり」。
b0118001_1265537.jpg

「じり」とは、サバのすき焼きのこと。
やっぱり海の町ということもあって、
小さい頃から、このすき焼きに慣れ親しんでた。
具は、三枚卸しにして食べやすく切った生サバ、
大量のネギ、焼豆腐、きのこ類、しらたき。
味付けは通常のすき焼き同様、砂糖、醤油、日本酒。
肥えたサバの脂が、たれに絡む。
酒止まらん、小浜の郷土味。


〆のうどんも最高ー
b0118001_1283786.jpg


Y子ちゃん特製
「キムチ鍋」
b0118001_129321.jpg

もちろんキムチ鍋の素を使わないキムチ鍋。
どっさりのキムチと豚肉を炒めたあとに、スープを流し込んでいたな。
香ばしく、コク深く、これも箸が止まらん!


この他にも、
オバマ市の産物、徳島鳴門の産物どっさり、の
旨し宴となったのでしたー。



Red Hot Chili Peppers / Scar Tissue

by writer-kaorin | 2009-01-19 01:36 | =プライベート= | Comments(6)  

どぅれ村 @ NYへ旅立つ前に

心斎橋の路地奥にある韓国料理屋「どぅれ村」
b0118001_19163595.jpg

ここを知ったのは、
10数年前のスナックバイト時代(大阪芸大の学生でもあった)。

「今日オープンした、えぇ感じの韓国料理屋があんねん。行こかー」と、
スナックの常連客である、
不動産会社&施工会社のシャッチョーさんたちに連れられ、
真夜中2時頃、焼肉にかぶりつき、韓国家庭の味に酔いしれてた、のがはじまり。

それ以来、社会人一年生のお祝い会をしたり、
友達同士で楽しんだり、
はたまた小浜在住の家族とともに、
時には彼氏と行ったり、彼氏じゃない人と行ったり、
業界の人たちと、いろんな飲み会を作っておじゃましたり…

その時その時、美味しい幸せと、
屈託のない愛嬌あるママほかスタッフたちのおもてなしに癒されてるなぁ。


この日は、NYへ旅立つ前に…
って9歳下の弟が、です(留学中で帰国中)

その弟と、相方と、
家族同然の、カメラマンの夫婦とでおじゃま。

弟君は、NYから帰国するたびに、社交的になっていく(笑)
えぇこっちゃ、その調子で!

カメラマンTさんとは、これもまた10年近く前に、
一緒にNYマンハッタンで遊んだことがある。
そう、2000年のカウントダウンを、タイムズスクエア前で〜。
なつかC−わぁ。



■付き出し5種
b0118001_19253999.jpg

もちろんノーチャージ!
この日は、大好物である、どぅれ村特製キムチに、
韓国テイストの卵焼き、どんぐり豆腐、レンコンきんぴら、
わかめとイカのコチュジャンあえ。

皿が空になると、まるでわんこ蕎麦のように、おかわり…となる。


b0118001_1928013.jpg

2杯空きました…(笑)



■チャプチェ
b0118001_19284136.jpg

具沢山。ここへ来ると、いつも野菜がたっぷり摂れる♪
以前よりやや、甘みの利かせ方が、日本人向きになったかな…。やや甘い。


■チヂミは海鮮で
b0118001_1930088.jpg

カリッもあるんやけど、「もっちり」感もナイスなのです。ここのん。


■豚ポサム
b0118001_19304439.jpg

これが大好物なのです、ワタシ♪
b0118001_19353839.jpg

豚の三枚肉を、八角や香味野菜などを入れて
湯でこぼし湯でこぼし、蒸しあげ…っと下処理大変らしく、臭み皆無。

b0118001_19364777.jpg

見たこともない韓国の野菜がどっさり。それに肉を包み、白菜漬けものせ、
大根細切りキムチや味噌をのっけて食す。海老の魚醤をつけても美味。



■鶏鍋
b0118001_19374069.jpg

コチュジャンベース。甘〜くて、あとから辛みが押し寄せる(らしい)
私は、辛党だから、そこまで押し寄せへんかった(笑)
鶏はホロリと骨からはがれて崩れゆき、
ジャガイモはホックホク♪濃ゆくなってきた出汁を染み込ます、たまらん!



■冷麺
b0118001_19454051.jpg

ほんまに「冷麺」!
ちゅうのも、スープ氷(氷になったスープ)がドカンと。
火照った身体、急速にクールダウン(笑)

酒は、ビールと焼酎が行ったり来たりで。


呑んで呑んで呑んで食べて食べて
ひとり3800円也〜! コスパ高いねん、いっつも。

つもる話もありまくりの、おいしい夜でした〜。
弟君よ、アンタのウチの近所で飛行機が不時着したけれど、
恐れず、無事に帰ってくれ♪


『どぅれ村』
大阪市中央区東心斎橋2-3-20
06-6211-6701
17:00くらい〜翌2:00
日曜休


やっぱこの時代の曲、好きやわぁ。
a-ha / Take On Me

by writer-kaorin | 2009-01-16 21:13 | どぅれ村 | Comments(3)  

料亭 いか里 @ 北新地の夜

この日は、普段行くことできへんやろぉなぁ〜、な、
新地の名料亭へ。
『料亭 いか里』@新地本通
b0118001_27531.jpg



個室では旦那衆の笑い声。
こちらに、私たちのような女子は、ほとんど来ないそう。
あぁ…女子には無縁の知らない世界。
素晴らしき夜。


付き出しは
■蟹身、蟹味噌豆腐の蟹味噌和え
b0118001_28259.jpg

ズワイガニ特有の味わい、ガッツン!
そこにスダチ香。


■タイラギ貝の貝柱、銀杏、烏賊、とこぶし
b0118001_294542.jpg

とこぶし、しぐれ煮っぽく、酒ススム君。
素材が素材らしい味わい。


■ズワイガニのスープ
b0118001_2101583.jpg
これ、すんばらしい!
深いコクなのに、澄んでいる。
じつは和の技法以外のテクニックが、隠されている。


■柿と大根のなます
b0118001_2104553.jpg

この切り方、素人には絶対無理。
味の染み込ませ方はもちろん、この切り方があってこその名品。


■造りは、鰤、シマアジ、平目
b0118001_2111219.jpg



■椀物は河豚。
b0118001_2114314.jpg

しみじみ…なおだし。
白子も皮までも入った椀物。白子が舌の上で、ねとりととろける。
皮と身の隙間のゼラチン質も、たまらん。


■焼き物は鰤
b0118001_2123925.jpg

肉厚&密度が濃く、ジューC。


■牡蠣、蕪のすりおろし
b0118001_2125988.jpg

蕪のすりおろし&牡蠣の旨味が、互いに主張し合う。


■鯛の湯葉巻き 百合根、生麩
b0118001_2131862.jpg

鯛と湯葉、そして餡の絡み具合、た・たまらん…。
生麩を噛めば、ねっとりと甘く、そしておだしの旨味しみじみ。


メインは
■ローストビーフ フォアグラ アボガド リンゴ
 そして、愛媛西条の赤キウイ
b0118001_2134937.jpg

フォアグラ & ローストビーフの脂分と味わいに
トロリとしたキウイの甘みと、酸味。
これは素晴らしすぎる。


そんな、大胆な一皿がありつつ、

■お野菜炊き合わせ(蓮根、小芋、蕪)
b0118001_214967.jpg

柚香ほんのり。潔い和の旨味じわり。


御飯は
■おじゃこチャーハン
b0118001_2142830.jpg

ジャコを炊いたんが
ひりりとした山椒の風味、米の甘みと、何と合うこと!

飲んだ泡ほか
b0118001_2144629.jpg

b0118001_215362.jpg



その後、香物、デザートへとつづく…。



いか里の店主は、勉強熱心。
和はもちろん、他ジャンルの料理も、常に探求し続けているから、
その発想たちの素晴らしい融合が、料理ひとつひとつに醸し出されている。
和の真髄をきちっと表現しつつね。


ステキな夜でした。Bス、merci(--)


『いか里』
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目6-12 碇ビル1階 
06-6341-0741


これ、めちゃくちゃ好きだった。
Foo Fighters - Learn To Fly

機内が舞台のPVがめちゃくちゃ大好きなんだけど、
exciteに埋め込み不可(**)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=BieVgyrfglQ

このライヴヴァージョンも好きです

by writer-kaorin | 2009-01-12 02:22 | いか里 | Comments(6)