<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

【EVENT告知】09 OSAKA FOOD COLLECTION

いよいよ明日、オープンです!
09 OSAKA FOOD COLLECTION

梅田・阪急三番街の特設マルシェに、
なにわの伝統野菜をはじめ、食材、加工品、お酒に至るまで
メイドイン大阪の食が勢揃いいたします!


期間中、とくに休日は
ライターkaorin、イベンターと化してます・・・(笑)


明日10/31(sat)〜11/8(日)
まずはの目玉は、
阪急三番街のイベントスペース(B2・北館)に、マルシェが登場!
b0118001_18325137.jpg
昨年の様子@open前



b0118001_18331166.jpg

b0118001_18332525.jpg

b0118001_18333978.jpg
このマルシェでは、「なにわの伝統野菜」をはじめ、大阪産の季節野菜
河内鴨、犬鳴ポーク、大阪産黒毛和牛から、泉南の魚介、
地酒や地ワイン、地ビール、ヘルメスソースをはじめ大阪の地ソースなどなど、
大阪産の食材が勢揃いするんです!ほんとにメイドイン大阪のものだけ。


期間中は「アレ買わな!これも欲しい!」っと、
我が家のエンゲル係数は、いつも以上に高くなる・・・(汗)



として、ダブルの目玉として、
「なにわの伝統野菜」を使った期間限定メニューが
阪急三番街の店舗さんにお目見えするのです。
ランチやディナーなどお食事はもちろん、
勝間南瓜のソフトクリームなど野菜スイーツに至るまで。




b0118001_18352472.jpg
頑張って、作らせていただきました。今年の冊子も。
詳しくは、三番街内に置かれている、この冊子をご覧ください☆


梅田に立ち寄る機会があるお方は、
ぜひぜひ足を運んでみてください!けっこう長期間、開催しているんで!


〜09 OSAKA FOOD COLLECTION〜なにわ伝統野菜をはじめ、大阪の食が勢揃い〜
【マルシェ三番街OPEN】
10/31(sat)〜11/8(sun) 
11:00〜19:00

【場所】
阪急三番街 北館B2 催し広場

【おもな商品一覧】
*河内蓮根 (門真「中西農園」さん他)
*勝間南瓜 (長居「西野農園」さん他)
*高山牛蒡 (豊能町高山「新谷農園」さん他)
*田辺大根 (河南町「谷川農園」さん他)
*天王寺蕪 (河南町「谷河農園」さん他)
*大阪しろ菜(八尾市「松尾農園」さん他)
*大阪菊菜 (八尾市「結城農園」さん他)
*能勢原木椎茸(豊能町高山「中道農園」さん他)
*止々呂美青柚子(箕面市止々呂美「西林利次」さん)

お野菜は上記「なにわの伝統野菜」ほか、
吹田市「平野農園」さんをはじめ、季節のお野菜多数!


*「伝統野菜」のお惣菜 /(有)貴重
*なにわ伝統飴野菜   /豊下製菓(株)
*「伝統野菜」の天ぷら /大寅蒲鉾(株)
*大阪湾の海幸     /ハヤカワ水産
*杉五兵衛さんの丸ごとさつまいもパン、パウンドケーキなど
*河南町産たまご    /タナカファーム
*河南町産米粉のパン  /キッチンハウスにちにち

*箕面ビール      /A・J・I BEER INC
*大阪産ワイン     /カタシモワインフード(株)
*とんださけ、國乃長ビール/寿酒造(株)
*天野酒        /西條合資会社
*片野桜        /山野酒造(株)
*桜川サイダー     /能勢酒造(株)
*香檳(シャンピン)烏龍茶/(株)清水一芳園

*ヒシウメソース    /(株)池下商店
*大黒ソース      /(株)大黒屋
*三晃ソース      /三晃食産(株)
*ヘルメスソース    /(有)石見食品工業所
*旭ポン酢、旭うどんだしの素/(株)旭食品

*大阪産黒毛和牛    /販売:堂島精肉店
*犬鳴ポーク      /販売:(株)船場池田商店
*河内鴨        /(有)ツムラ本店

*唐がらし、和風香辛料 /(株)やまつ辻田
*生砂糖        /株式会社 鴻商店
*伝統野菜和菓子「田辺大根」/銘菓処 松屋


はぁ〜っ。長いっ!(笑)


というわけで、
本日の設営、スタッフのみんなと共に徹夜コースで
がんばります!!


もう一度・・・(笑)
梅田に立ち寄る機会があるお方は、
ぜひぜひ足を運んでみてください!


09 OSAKA FOOD COLLECTION



Ben Folds Five / Don't Change Your Plans

by writer-kaorin | 2009-10-30 18:45 | Comments(2)  

朝まで竹中酒飯店

スナックナイト in ミナミの後…

地下鉄が梅田止まりだった。
どっちみちタクシーなら、
人に会いに、飲みに・・・(笑)



マツケン食堂

食べて飲んで歌って満腹だったところ、
まった・・・ナイスなアテを・・・


b0118001_22314592.jpg

鮮度抜群。このジュでも飲める。



b0118001_22315633.jpg
クモ海老from尾鷲。
セコガ二の要領で、貪り喰う。
一見、食べる場所なさそうだが、
しっかりと濃い味わいを堪能です。



で、ぼちぼち帰るか・・・と、ホロ酔い気分のこのタイミングで・・・
やって来る来る、シゴト上がりの毎度な方達(笑)
b0118001_2237631.jpg




おふたりもマッチャンも・・・スゴ杉。何ですかコレ!
b0118001_22375916.jpg

このヴーヴ・クリコ、酔いが一瞬で覚めそうになるほど鮮烈で、
しかしながら深い余韻に、酔いしれる。
たぶんワタシは酔うてて、H山さん分を、一口といいつつ何口もいただいてたハズ;
すんません!


このあたりから記憶があやふやなのですが、
どうやらBOOWYのBGMで、77世代、大盛り上がりし、
「カラオケ行くなら竹中さんのとこがいい!!」とダダをこね(?)


ハイ、念願の!!!
b0118001_22455380.jpg

「竹中酒飯店」さん、
VIPルーム・カラオケの巻。
(撮影/仔鴨)

竹中さん、朝までご迷惑をおかけしました(><)
しかしながら、素晴らしいお酒とともに楽しむカラオケって、
最高に盛り上がります!


今までカラオケがあまり好きやない理由が、よく分かりました。
カラオケボックスは「酒が美味しくなかった」から。

竹中さんとこでは、グラン・ヴァン を開けながらカラオケ・・・なんて
センセもいてはるそうで、
どこにもない、ここにしかない、素晴らしい空間だ。


----------
そういや先日、竹中酒飯店さんへおじゃましたときのハナシ。

PVにおられたイケメンIさんがシェフとして入られたそうで、
手打ちからマニアック系まで、パスタの種類が豊富なこと。

この日は姫から教えてもらったお得すぎるセットをいただいた。
パスタ1品+グラスワイン1品=2000円の
ハッピーセット(18:00〜21:00)


■磯シジミと天然クレソンのオイルソース
b0118001_815696.jpg

能勢の天然クレソン、茎太くて、葉も肉厚!
磯シジミは、ドデカさにビックリ。そのジュも濃く、旨い。
b0118001_815173.jpg




カラオケはVIPルームなので、しょっちゅうはおじゃまできないが、
流石は酒飯店。おいしい料理で飲みが加速してしまう(笑)


そう、
竹中さん、blogも始めはったそうです。
bratakuの勝手気ままな日々

そうそう、
朝までカラオケは5:30頃終了。
6:00前の千里中央行きに乗車したのに、
隣のお兄さんにたたき起され、気がつけば千里中央AM8:00・・・。
完全に1往復してしまいました:なかもず←→千中(汗;


「竹中酒飯店」
大阪市北区曽根崎新地1-3-33 好陽ビル2F
06-6345-0900
OPEN:18:00〜翌3:00
CLOSE:sun,holiday


Magical mystery tour/The Beatles

by writer-kaorin | 2009-10-28 08:34 | 竹中酒飯店 | Comments(4)  

びーちゃん&スナックM

この日は街の先輩Y子さんと不意打ちミナミnight。
てか、本当に久しぶりの心斎橋だ。いつ以来だ!?

このハシゴは満場一致(てか2人)

まずは「とん足びーちゃん」へ。

b0118001_14343742.jpg



■付き出し
b0118001_1435559.jpg
豆腐withしらすと水菜の混ぜ混ぜアテ。
豆腐は密度が濃く、このトッピン具だけで飲める旨さ。
びーちゃんの付き出し、大好物のワタシです。



■タコとセロリのサラダ 柚子胡椒マヨネーズ
b0118001_14353196.jpg
来ないうちに、ボリュームUPしてるし!
セロリの瑞々しさとタコの塩っ気と
相変わらずマリアージュな柚子胡椒マヨ。
家でトライしても絶対に、この味にならない。



■どっさりパクチーのサラダ!
b0118001_1436853.jpg
パクチーLoverにはたまらない!びーちゃんとこのパクチーサラダ。
いつもながら、圧巻のボリュームだ。わしわし食べる食べる。
健康的飲酒。




相変わらず、昭和なにほひ。
BGMは昭和40〜50年代の懐メロ(笑)
北酒場で口ずさみ、越冬つばめで叫ぶワテらふたり。
びーちゃんの選曲は、オッサン心、くすぐります;
お店の隣or向かいに空き店舗が出たら、
絶対にカラオケ部屋を作るべき!!!と、
今回も切に依頼した夜だった。



このカラオケモード、止まらない!!
ってことで、
Y子姉さんをお連れし、

ミナミの伝説的スナック「Mーゼ」へ。
ママはミナミで店を開いて、もう30年以上になる。
一見さんはまず来ない、いろんな意味で素晴らしいスナックなのだ。
この店で、いろんな人生経験をさせてもらった。

b0118001_1436408.jpg
ママのお付き出し、相変わらず美味しい。
この日はなます。



b0118001_14371271.jpg
ハイ、ボトルキープは角で
カラオケ、スタートです(笑)


カラオケ画面、撮り忘れなのだが、
「きょうび、こんな映像あらへんで!」とツッ込みたくなる映像&
昭和な匂いムンムンの演歌からゴダイゴなどPOPSまで。

最高のオッサンnight!


で、、、終電に乗るやいなや、梅田止まり。
その後、もっと凄いことに(笑)

追って書くことにします・・・(笑)


「とん足びーちゃん」
大阪市中央区東心斎橋2-4-19 玉屋町ギャラクシービル3号館1F
06-6211-6114
open : 18:00〜翌4:00
close: sun

by writer-kaorin | 2009-10-26 08:33 | とん足びーちゃん | Comments(4)  

La Mascherina @京都のNew face!

この日は京都・木屋町へ。

今年8/27にopenしたてのオステリア
「La Mascherina」さんへ。
b0118001_1947407.jpg
入り口の扉が、何ともいえないイイ雰囲気を醸し出している。

オーナーシェフの山元さんは、
京都の名イタリアンでの修業を経て独立された方だ。
店名は、彼が大好きなヴェネツィアのオステリア
「アル マスカロン(大きい顔、仮面の意)」より。
そのお店を目指したい!というお思いから、
「マスケリーナ(小さい顔、仮面)」という店名にしたそうな。
だから店内には、ヴェネツィアの風景や、マスカロンの外観ほか、
センスを感じさせるモノクロ写真を渋い額縁に入れ、
至るところに飾ってはる。これがカッコイイんだわ。



前菜(小皿料理)。3名だったので取り分けていただく
■秋刀魚スモーク、鴨スモーク、するめいかの肝とアンチョビ、
 セミドライトマトとハスクトマト、スペアリブの黒酢煮
b0118001_19532271.jpg
飲める(笑)。どれも丁寧に作られた美味しさに満ちあふれていて
速攻ビール2杯目突入。

カウンターにもイタリア惣菜が何種も並んでいるので、
迷いながら選ぶのも楽しいし、
ちょい呑みも深呑みも、どっちにも対応可という。


自家製パンは
■胡椒のパン、イカスミ練り込みパン、香草パン、チーズのパン
b0118001_1957983.jpg
これ全て、山元さん作。



■オレキエッテ ごぼうのアラビアータ
b0118001_200441.jpg

じつにシンプルなのだが、無農薬牛蒡の香り、素晴らしい!
この牛蒡、やや半生な感じなのだが、それゆえの適度な水分が
すごくフレッシュな感じ。ジューシーなトマトソースとの相性もいい。



■自家製ベーコンのカルボナーラ
b0118001_2023367.jpg

厨房に吊るされていた自家製ベーコン。
豚ロースに塩を施し水気を抜き、1週間かけてドライエイジングをした塩漬け豚だ。
滑らかなソースに、ほどよい塩梅のこのベーコンの旨味が絡む。


b0118001_2045379.jpg
止まりません:



■京北豚ロースのういきょう煮(撮り忘れ;)
脂はさらりとしていて、甘みをも感じさせるほど。
さっぱり、いくらでも食べたくなるお味でした。



b0118001_2063274.jpg

カウンターメインの店内。奥にはテーブル席も。


木屋町で、深夜2時まで営業しているので、
夜な夜な、or終電なくしたときにもおじゃまできる
駆け込み寺になりそうです(笑)



「La Mascherina」
京都市中京区材木町188-3 光ビル1F奥
075-252-1333
open : 18:00〜翌2:00
close:mon


Tom Waits / Lucinda

by writer-kaorin | 2009-10-22 21:17 | La Mascherina | Comments(2)  

すぎまる @with浅井b.r.s

この日も苦楽園へ遠征。(最近、苦楽園づいている〜)

なぜなら、濃い濃いブラザーズ&料理番組Hさんと
飲もう!というXデーだったから(笑)

そのお方とは・・・
私が唯一、飲み過ぎるお相手である
イ・ヴェンティチェッリ浅井卓司さん。

兄貴のラ・フォーリア浅井信之さんの
浅井ブラザーズ!

そしてメンバーはひとり、またひとり、と増え
ご近所「鮨まつ本」の松本さん、
芦屋「ORGANIC VEGETABLE CA」の野菜王子・福原さん
お久しぶりです!な某編集部の女史という、
総勢7名で深夜の宴、スタートです!


場所は。樋之池公園近く「すぎまる」さん

■付出しは筑前煮
b0118001_2022487.jpg
根菜類ほか素材に、ふくよかな味がじっくり染んでいて旨し!
なんとか地鶏(名前ど忘れ;)の弾力にもびっくりさせられた。
ビールが止まらなくなる。。

っと、ガバガバ飲んでた私の目線の先に・・・


「うわっ!!!私、めっさファンなアノ有名人が!!!」
敢えて名前は伏せさせていただきますが、
酔いがさめるほど、ドキがムネムネ。
ガッチリ、肩幅も広くって、えぇ身体してはる〜♡
(b.r.sしかり、今日はえぇ身体な人、多いこと!)
でも、そう、ここは苦楽園。
見て見ぬふりして、再びグビグビ。

これがミナミやったら、酔うたついでに絶対に声かけてた・・・ハズ(笑)




■蕪の酢物
b0118001_20223729.jpg
これも染み具合コックリ素晴らしい。日本酒欲しくなるが・・・
今日はキケンだ(笑)



■アスパラガスの梅ソース&韓国海苔和え
b0118001_2022594.jpg
アスパラのシャクッとした茹で加減、イィ!
梅の酸味と、韓国海苔のくっきりとした塩梅、合うなぁ。



■ポテサラ♡
b0118001_2023199.jpg
オンリストの場合、絶対に頼む。
こちらは、リンゴ入り。



■きずし
b0118001_20234047.jpg
肉厚!程よい脂のりが素晴らCー!
気持ち〆てはるその加減も、タイプでした。たぶん人の分も食べた、鯖子デス。



営業終了後にひとり、またひとり・・・と、メンバー全員集合!
すでに0時。
ビールの後は、今日は久しぶりに中々で通す。



■コロッケ
b0118001_2024973.jpg
何でもある懐の深い和食処だ。
Hさんオススメのコロッケ、旨い!
ソースが染んだ衣と、カリカリ衣、ふたつの愉悦。



■牛スジとたっぷり茸のピリ辛煮込み(あ、名前は全てイメージです)
b0118001_20243768.jpg
ハフハフ頬張る。舞茸ほか、茸だらけが嬉しい。
牛スジもトッロントロン。飲める煮込みです。



■デミカツ
b0118001_2025515.jpg
あ、これ食べ忘れてる!



■イカのラタトゥイユ的煮込み
b0118001_20252580.jpg
あ、これも食べ忘れて、ハナシに夢中だった!



b0118001_2026821.jpg
この湯葉巻き、病み付きになりそうな味わいの広がり。
中には、中落ちチックなマグロ、シャクシャク長芋、トロリなアボガド、
かいわれ大根ほか。


添えられたワサビをテーマに、
ハナシはワサビの「香り」と「辛味」の生かし方、どちらを重要視するか、など
料理人が集まると、コアな話に展開し、すごく楽しいし勉強になる。

ほか、ジビエから鯨、イルカの話に至るまで、
いやぁほんとに白熱してました!!!


ゴキゲンな宴の様子(笑)
b0118001_20263832.jpg
b0118001_20265326.jpg



「すぎまる」のご主人、杉山さんは
おひとりで料理をこなされているという。
アテ的なものから、手の込んだもの、そして洋食系に至るまで、
きっちり作られた料理の数々。

近所に欲しい!上等居酒屋です。



皆さん、翌朝早いのに、
遅くまでお疲れさまでした!て、遅くないですか;
次も楽しみにしていまぁす!(Hさん、会の正式名称宜しくです(笑)
浅井ブラザーズ、ワイン美味しかったです!ご馳走様でした(--)




「すぎまる」
兵庫県西宮市樋之池町12-5 モンマール苦楽園201
0798-72-1141




Swing Out Sister / Breakout

by writer-kaorin | 2009-10-21 20:30 | すぎまる | Comments(4)  

OSAKA KENTO'S レセand more

ナジャレ王さんからお誘いをいただき、
行ってきました「ケントス大阪」レセプションパーティ。
with 近頃ダジャレ繋がりの(!?)姫&kaorin

N王さんからのお誘いメールには
「キタの、懐かしい「ラジオシティ」跡にできるそう」とのこと。


「『ラジオシティ?』あのマンハッタンにある『Radio City』のこと???」
と、若干ジェネレーションギャップはあったが(笑)
流石はナジャレ王!
「年齢詐称してんとちゃうん?」とよく言われる、私の音楽の好みに
ドンズバっな素晴らしい夜だった。
b0118001_20423098.jpg
MCはお約束のマーキーさん!
姫の日記はコチラ


b0118001_2045062.jpg
「ケントス」のレギュラーバンド総勢25人が、
70'sのディスコヒッツ〜SOUL〜R&B etc…
ノンストップでやってくださったのだ!


b0118001_20452243.jpg
25人中、ラッパさんたち15人。これ目の前は、圧巻です!
デジタルもんで聴くいつもの音楽を、ライヴで聴けるなんて。


空きっ腹に飲んで飲んでヒートアップしたワタシ、
Nジャレ王とDancing!
毎度です〜っな、バーA&ヴィネリアのオーナーKさんはじめ、
この世代のカッコイィ大人たちわんさか。
そうそう、シブすぎるカッコよさオーラむんむんの、岩城晃一さんのお姿も。
やっぱりワタシ、世代を間違えて生まれてきたみたいです(笑)


素晴らしいレセでした!また踊りに行きたいです。



さて空腹のワタシタチ、
3人が集まればやっぱりコチラでしょう!

最近、ヘビロテ争いをしている、ダジャレメガネM田も合流!
さて、4人で対決といきますか(笑)


マツケン食堂


■天然きのこの炭焼き
b0118001_204549100.jpg
原木なめこほか、聞き慣れるきのこの名も。
先日の一人飲みの際も、この盛り合わせをいただいたが
「むきたけ」「原木なめこ」「原木椎茸」「松茸」
きのこ独特の風味はあるのだが、それぞれ少しずつ異なる香りとほろ苦さ&瑞々しさ。
酒ダイエットには最高の、極みのアテでもある。



レセでそんなに飲んだかな!?けっこうゴキゲンで、撮り忘れ多々。
というか、カウンターで飲んでるTりんと語り飲みしていたら、
すでに皿には何もない状態(笑)
■ピッツァ2種   (姫、画像拝借!(笑)
b0118001_20473588.jpg

b0118001_20474636.jpg
残りの1切れをゲット!
マツケン食堂でピッツァはお初だったのですが、
ナポリ生地の、気泡に瑞々しさを含んだもっちり感、
ちょっとビックリしました。旨い!



■ポムフリ&からあげ
b0118001_20574621.jpg
こちらのポムフリ、本当にクセになる(笑)
チキンもジューCー。
なぜだか、メガネM田のメガネと、Nジャレ王の人差し指。



b0118001_2059219.jpg
Nジャレ王さん、またDancingしましょ〜ね〜!
雰囲気もノリもカッコよかったぁ!
(コラ!メガネ!)


b0118001_20503219.jpg
姫!いつもありがとな!
しかし酒臭いとまた言われた...翌日(笑)
&Tりん、カレー、楽しみっす!


さて「マツケン食堂」さんの日記もろもろは、溜まりに溜まりまくっているので
後日、ダイジェストでお送りします!



「大阪ケントス」
大阪府大阪市北区角田町5-1 梅田楽天地ビルB1
06-6313-3031

「マツケン食堂」
大阪市北区堂島1-3-19 薬師堂ビル1F
06-6344-1099
open : 17:30〜翌2:00
close: sun,holiday




もう少しだけ、70's(笑)わたしまだ生まれてませんやん・・;

by writer-kaorin | 2009-10-18 21:01 | OSAKA KENTO'S | Comments(4)  

ジェットスキー&BBQ

なんだか肉ネタばかりですんません(笑)
この日は「堂島精肉店」のシャッチョー東(あず)さん主催
ジェットスキーとBBQ in 泉南のビーチ。

前夜の「りんりん会」で肉ガッツリだったけれど
またこの日も楽しい人と美味しい肉+αに囲まれた、至福の昼下がり♪


b0118001_14545450.jpg
向こうに関空。離着陸の飛行機を眺めながらのビーチBBQ。
サイコーっすね。


食べてばかりの毎日なので、
飲む前にワタシ、ランニングウエアに着替えて、浜辺を走るー。
潮の香りが何とも心地よく、潮風もキモチイイ!
匂いの記憶・・ぴちぴちビーチの景色に、OBAMAの浜辺の風景が重なる。


浜辺に戻ると、いぃ匂いが〜
b0118001_14552137.jpg
始まってました!はよ食べやな!


b0118001_14562347.jpg
マグナム登場!まった、ステキな泡を☆
ビールと交互にいただくこととなる。


b0118001_1457710.jpg
男性陣は、ウェットスーツがめちゃ似合ってた羽山さん。
(じつはサーファー。そりゃ馴染んでるわ)
この後、すこぶる旨い魚介を披露してくれる、マツケンまっちゃん。
Espoir中西くんに、堂島精肉店のあずさん。
写真には写ってないが、堂島精肉店のシュレック店長も。


b0118001_14573379.jpg
こんなメガ帆立も登場です!from まっちゃん。


b0118001_145815.jpg

b0118001_14581792.jpg
網の上、なんだか島之内の「はつ世」状態・・・(笑)


b0118001_145850100.jpg
まっちゃん、醤油&シャンパーニュをたらり。
これが、たまらん風味を醸し出す!


b0118001_14591870.jpg
「じゃらん」のトビラ撮影を思い出す(笑)
まっちゃん持参、但馬水産さんの魚介。素晴らしかった!


さて、メインのお肉に入る前に・・・
b0118001_14594147.jpg
ジェットやバナナボート。これも主役ですから!
でもワタシはランニング→昼酒モードに突入していたので、見てるだけ(笑)

この日のサプライズは、
ウェイクボード初挑戦のEspoir中西くん
b0118001_150690.jpg

b0118001_1502192.jpg
数回の訓練の後は、ずぅーっと立ったまま!!凄い!!
私もチャレンジしたい!が、飲んでたので、来年の楽しみに残す。



さて。
堂島精肉店の「黒毛和牛」サーロイン
b0118001_1505090.jpg


b0118001_1511247.jpg
メンバーは料理人ゆえ、ワタシは見て飲むだけ;恐縮でした・・・.
羽山さんの手にかかると、BBQがビストロの炭焼き状態に。おおきに!


b0118001_1514787.jpg
b0118001_1515939.jpg
す・すごい肉・・・。1切れ2切れで満足してまいそうになるほど。


b0118001_1522469.jpg
こ・こんな肉まで登場するなんて!流石です、あずさん!


b0118001_1524752.jpg
純さん&あかねちゃん!
ちょっと青春チックに(^^)


走って飲んで、食べて、昼寝して・・・
夏・再来、といった気分にさせてくれる、
ステキな休日でした〜♪

皆さんお疲れさんでした!



The Hustle / Van Mccoy

by writer-kaorin | 2009-10-17 15:05 | プライベート | Comments(2)  

いかりんnight @李休

この日は、待ちに待った肉肉night☆
関西・焼肉の帝王(女王)いかりんさんとの肉な夜。

料理番組のチーフディレクターHさんにお誘いいただき、
wirhジャーマネY田くんと、4人で極みの焼肉に挑みます。

b0118001_11303679.jpg
いかりんさん一押しっていうのは、日記で拝見してました。
念願の「李休」さん in千日前 です!
半年弱前にopenしたばかり。


この日はおまかせモード。
焼肉店にみる、オススメとおまかせの極意を、学ぶ(笑)
詳細は割愛ですが、これは次に生かせねば。



まずは・・・
■松の実粥
b0118001_11305824.jpg
この温かみと栄養で、胃をコーティング。
塩はお好みで。
のっけに、この展開は、素敵なお店の予感♪



■白菜キムチ、カクテキ、オイキムチ、モヤシナムル
b0118001_11325225.jpg

b0118001_113336.jpg
オモニが作る、キムチ盛りやもやしナムル、
ストライクゾーンどんぴしゃな味わい。
アカン・・・後先考えずに食べてしまう・・・。



■生レバー(厚切り、薄切り)2種
b0118001_11344627.jpg
エッジの美しさに、うっとり。
じつに新鮮で、濃厚。甘いし、歯触りも素晴らしい!
完璧な生レバーでした。
この鋭角な断面で、その店の保存状態(温度管理)を察知しつつ、
えぇ店か否かのジャッジをしはるという、いかりんさん。


b0118001_11351086.jpg
どっさり白ネギみじん切り。
いずれも、んもう、驚く程甘い。臭み皆無で、フレッシュ。


b0118001_11354872.jpg
李さんチャレンジメニュー。
澄んだ脂の風味、こりゃクセになりそ。



■備前牛トロユッケ
b0118001_1136998.jpg
ユッケも、甘っま!!!
黄身ぐじゃぐじゃにして、貪り喰う(笑)



■生の外バラ
b0118001_11364464.jpg
これも生で。融点温度の兼ね合いで、スゥーと溶け行く感覚、麻薬的。



■タン4種
b0118001_11371557.jpg
特上タン、中落ちタン、タン下、厚切りタン。
やはり焼肉奉行はいかりんさん(焼いてもらってばっかり、恐縮でした…)
焼肉は、鮮度や独自性ももちろん大切だが、
緻密な焼きテクニックもじつに重要。



■チョレギサラダ
b0118001_11374927.jpg
これはやっぱり好き。わしわし食べる。



先の厚切りタン、の図。
b0118001_1138938.jpg
サクサクッっとした食感に続き、じゅわりサラリな脂の感覚。
微笑むしかできません(笑)
タンでもその位置により、脂つきも違えば、弾力も異なる。
それぞれの味わいの違いが素敵だった。



そんなときに、
■牡蛎の薬念醤!!!!!
b0118001_113841100.jpg



b0118001_1139288.jpg
Y田くんの白ご飯をひと口いただきまぁす(笑)
牡蛎の薬念醤、合いすぎる!!!この組み合わせ、禁断の味わい。


まだまだ。
■ロース、ハラミ、裏三角、ゲタカルビ、スジハラミ+ジャンボエリンギ
b0118001_11393027.jpg
b0118001_11401332.jpg
鮮度はもちろん、何というても、隠し庖丁の驚きが、そこかしこに。
そして、李さんの揉みダレ、肉の旨味を引き立てつつ主張しはる味わい
いやはや凄いです。



「まだいけますか?」という李さんのトークに全員、
「ハイもちろん!」(笑)


■アブシン、上ミノ、コリコリ、ウルテ
b0118001_1141447.jpg


b0118001_1142943.jpg
わたし、ホルモンのなかで最も好きかもしれない@ウルテ
コリコリ歯ごたえの前に、シャクシャク、じわじわな美味しさが響く。。。
表情豊かなこんなウルテは、初めてだ。



■李休特製コラーゲン冷麺
b0118001_11425218.jpg
旨味が凝縮したシャーベット状のスープ、これは新感覚です。


■盛岡極太冷麺
b0118001_1143466.jpg
太麺×コク深き甘辛ダレの絡み具合が、んもうたまらん!



いやぁ〜っ。久しぶりに感銘を受けた焼肉屋さんでした。
「COW HOUSE」さん以来です!(て、焼肉屋さん自体、ご無沙汰でしたが)

ご主人の李さんは、鶴橋の「吉田」をはじめ、名店を4〜5軒渡り歩き
独立されたという。
李さんといかりんさんは、その当時から交流があったそうで、
いかりんさん曰く「李さんの店だけ、全然味が違った」のだとか。

それ納得!
李さんの、焼肉職人としての誇りを、感じっぱなしの2時間。
肉の目利きはもちろん、隠し庖丁ほか、細部の細部に至るまで
彼の、肉に対する愛情びしばしですから。


ご馳走様でした!

さて、この4人の飲み食いな夜にも名前が付きました。
名付け親はやはりHさん!その名も「りんりん会」。
Hさん曰く「いかりんと、かおりん」だから(笑)

「りんりん会」第二弾の行方も、お楽しみに!


焼肉とオモニ料理 千日前「李休」
大阪市中央区千日前2-6-3 2F
06-6649-2929
open : 17:00〜03:00(L.O.02:00)/mon〜sat
17:00〜24:00(L.O.23:00)/sun,holiday
close: 2nd and 4th Monday



Massive Attack / Teardrop

by writer-kaorin | 2009-10-17 11:47 | 李休 | Comments(6)  

肉喰いの家飲み

取材先でも、打ち合わせtelも、酒場でも、
必ず、ミシュラン話が出るわ出るわな昨日今日。

ハジメさん、本当におめでとうございます!(^^)
ほかお店さんも、おめでとうございます!


そんな今週(先週も)、楽しい出来事が多々あった。
焼き肉女王「いかりん」さんたちとの、びっくりするほど旨い焼肉店nightや
翌日は、某精肉店主催のジェットスキー&肉肉魚BBQだったり、
昨日のパーティーではフィーバー!(古;)ほかいろいろ。
あいにく、デジカメのケーブルを某所に置き忘れてきたので、
家飲みネタをサクッと。



この日は、GGファーム・ギャリさんのお野菜&ハンガリーワイン
そして、唄さんとこのワサビマスタード(タスマニア産)に合うお料理を。

■Hill Farm mustard「WASABI Mustard」
b0118001_21454490.jpg
ワサビ本来の何ともいえない風味がふわり。
鼻をつく刺激はないが、マスタードの辛味がじわっ。
こりゃ肉やな(笑)


七厘BBQいろいろ
■ケイジャン的チキン、ギャリさんの紫オクラ&ポテト、オニオン
b0118001_21484621.jpg

これはワサビマスタードなしでいただく。
ケイジャンの味付けは、カイエンペッパー、オレガノ、タイム、パプリカ、
ガーリック、チリペッパー、塩、黒コショウに、オリーブ油ほか、
いろいろ入れてたな。チキンはふっくら瑞々しく、ジューC!
あ、この画像の2皿目がケイジャンだった!そういや。
これはハーブマリネもの。
野菜はシンプルな味付けゆえの、素材感びしばし。



■牛ロース炭焼き
b0118001_21584027.jpg

ワサビマスタードをちょんっとつけて。
いつも、ホースラディッシュのペーストを付けるんだが、
それ以上に舌に響く、複雑な香りと辛味。
肉に合う合う!


■Weninger 2006
b0118001_223145.jpg
ラウフレンキッシュという、ハンガリーあたりの伝統品種。ビオディナミ。
じつにフルーティで、軽やか。開いてくると、ダシのような旨味が顔を覗かす。
これは野菜料理、追加やな!ということで、もう数品作ったのだが撮影し忘れデス;


--------------------------

その翌々日、ツムラさんの「河内鴨」を仕入れさせてもらったので、
お久しぶりです!鴨night!

■河内鴨ロース
b0118001_2222247.jpg
一枚一枚スライスして、ちょっと滋賀の温泉旅館チックに並べるのが楽しみでもある。
今回は急いでたので、やや美しさに欠けるが・・・。


■ズリ
b0118001_22243951.jpg
澄んだ味わいは新鮮な証拠!


まずはロース肉を生で!(ワサビ×塩)
噛むほどに、脂の甘みじわりじわり。コレ大好物!

次ぎは南部鉄器の鍋に、脂身を溶かして
■さっと焼き
b0118001_2227327.jpg

ジュワリ。これも最高です、ハイ。
この日はビールと純米吟醸でしっぽり。


焼きを数回行い、鴨油がたまったところに、
昆布と白醤油ほかで味を調えた、おダシ投入ー。

■鴨鍋
b0118001_22295865.jpg

サッとダシにくぐらせて喰らいつく。
白菜やネギに染む、鴨ダシも最高だが、
薄揚げに染む、その塩梅もたまらん・・・。



■鴨うどん
b0118001_22324987.jpg

残りの豚バラも投入。肉ごとの食感と風味の違い、イィ。おかわり連続。
この後、ごはんを入れて、おじや風にいただく。


ハイ、肉喰い女子です(野菜もね!)


Nジャレ王さん、大盛り上がり最高でした!またぜひ☆
Boogie Wonderland / Earth, Wind & Fire



そして〆にお決まりの一曲。 ベタで失礼!
ABBA / Dancing Queen

by writer-kaorin | 2009-10-14 22:53 | プライベート | Comments(8)  

ラッキー会 @鮨 まつ本

ラッキー会10月は、
苦楽園にある「鮨 まつ本」さんへ。
前回の模様


っとその前に…(お店に前のお客さんがいらっしゃったんで)
ラッキー会メンバーが集い
cafe ROOTSさんで、かけつけ一杯&前菜!?(笑)
b0118001_0373210.jpg


b0118001_0374870.jpg
塩味ハンバーガー、喰らう。
ソースにじゃまされない、塩テイストのバーガー。噛むほどに旨味じわじわ。
自家製パンとの相性も素晴らしい。
お寿司の前なので、ひとくちバーガー。
アボガドポテトも旨し。ビール二杯目は、ガマン!(笑)


次回はゆっくりおじゃましたいなぁ〜。
いちいちセンスのある、素敵な空間と味わいでした。


さて。
b0118001_0382132.jpg
待ってました!やっとこさおじゃまです。


白木のカウンターを、貸切にさせていただき、
ラッキー会のスタートです。
主の松本純さんは、まんでぃほりでぃ会@徳山鮓さん以来、お久しぶりです。


b0118001_038515.jpg



■平目
b0118001_03993.jpg
ねっとり、甘し。


■気仙沼 戻り鰹
b0118001_0394490.jpg
脂のってる。赤身のニュアンス以上にサラリとした脂、舌に響く。


■蒸し鮑、肝塩辛
b0118001_040798.jpg
2時間じわじわと蒸された鮑は、塩をちょっぴりつけて。
鮑の貝柱入り、肝塩辛は、噛むほどに磯のようなワカメのような風味、ブァ〜っと。
この塩辛だけで飲み続けることができそ(笑)


■タラの白子の茶碗蒸し
b0118001_0403435.jpg
白子は裏ごししてはるそうで、滑らかさ未知の世界。



■カマスと雲丹、生姜甘酢付けの巻き
b0118001_040598.jpg
米不使用。
素材ごとの味わいの組み合わせ、やられました…。



■中トロ
b0118001_0413297.jpg
こちらも、すぅーっと澄んだ脂、キレイだ。
すでに日本酒、いただいてます(笑)


さて、握っていただきましょう。
■鯛
b0118001_042255.jpg



■剣先イカ
b0118001_0422680.jpg
桂むきのような薄切り×細切り。
素晴らしい庖丁入れゆえの、とろける口当たりと甘み。
ほのかに煎り胡麻の香りただよう。


■鮭児
b0118001_0435396.jpg
5日間、寝かせているそうで、旨味も香り秀逸。


■厚岸 秋刀魚
b0118001_044162.jpg
脂質ジャストな具合。ハラリとほどけるシャリとともに溶けゆく。


■赤身
b0118001_0443686.jpg
10日間、寝かしてはるマグロの赤身。
何ともいえない芳しい香りとコク、広がる。


■トロ
b0118001_0445624.jpg
脂とシャリの絡み、抜群。


■コハダ
b0118001_0452054.jpg
塩も酢もやや強めのシャープさ。


まだまだ、いきます〜。
が、ここで、ラッキー会の図
b0118001_0471549.jpg
姫や鮨女王Kさん、フードコーディネーターHさん、Mさんの女性陣&
いつもあの位置、放送作家のSさん。


その2
b0118001_0474662.jpg
ラッキー君、ひとり旅ネタ、最高でした!(笑)



さて続・握り
■車海老
b0118001_0482082.jpg
艶めかしい。


■サワラ
b0118001_0484778.jpg
藁で焼いたサワラの握り。
ほのかぁに、じわじわ押し寄せる、スモーキーさ、これ新感覚でした。



■炙り金目鯛もお見事でした。


■チビ丼(壱岐赤雲丹、由良紫雲丹、イクラ)
b0118001_0491243.jpg
雲丹の甘みや風味の違いが楽しく、
イクラの弾力の凄さにハッとさせられた。


■泉州穴子
b0118001_0493838.jpg
ふっくら、ジューシー&渾然一体!
抱き合うシャリとの絡み合い、いい。


■かんぴょ巻き他
b0118001_050592.jpg


つまみには余計なお料理がなく、魚主体というその心意気、
酒飲みにはこのうえない、幸せだ。

そして、松本さんの、
ネタの寝かし方や燻し方ほか、
握りそれぞれで繰り広げられる創意工夫が素晴らしい。

この日のラッキー会も、ほのぼの、
美味しい幸せに包まれていたのでした。

ご馳走様でした。

次は浪速の聖地・新地に乗り込みか!?(笑)



「鮨 まつ本」
兵庫県西宮市樋之池町2-33 セルシェール苦楽園1F
0798-74-5499
open : 11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
close: mon



Tahiti 80 / Heartbeat

by writer-kaorin | 2009-10-12 00:51 | 鮨 まつ本 | Comments(6)