<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

新事務所@飲みナイツ

この日は、Universal Musicの小林さんに誘われ、
FM802のディレクター奈須さんの、
新事務所で飲みナイツ♪

まぁ、月9に出てきそうなシャレオなマンションッ!
って、詳細画像は撮っておらず:ですが。
ワタシの事務所がココだったら、
仕事めちゃくちゃ集中するか、
毎晩パーティで、仕事なんぞできへん…か
ふたつにひとつやな。いや、後者やなぁ(汗;)

ちなみに奈須さんマダムは、ネイリストで
素敵なサロンスペースも。
mignon」さん


ワタシはロケハン前だったから、
残念ながら小一時間の飲みとなったのですが…;
b0118001_22535744.jpg
早がけのメンバーは、小林さんや、同じくUniversal落合さん、
そしてFM大阪のDJ「Rio」さん
でもって主・奈須さん♪   その後、夜な夜な!?(笑)


ビールにはじまりロゼect…
肴は小林さん手作りものも多々!
b0118001_2256271.jpg
姉さん、見習います・・・その手際の良さと旨さ(笑)
そしてレシピいただきます!


*マグロのヅケ
b0118001_22564288.jpg
オイスターソース:ゴマ油=1:1
ニンニクすりおろしに、煎りゴマ&ネギみじん切り(でしたっけ?^^)
これ、コクがあり、ゴマの香ばしさや、ネギの風味も重なり合い、
まぁ、ビール泥棒な味わい!


この他にも、
あえてプロセスチーズ+キュウリ+ちくわ+マヨネーズ+ワサビ
といった、シンプルやのに、ウマッ!な肴や
b0118001_2257022.jpg




スチームケースを使った、マッシュポテト&サーモンなどなど。
嗚呼、、、素晴らしく酒プリーズなアテたち♡

そして話題は、ダイスキな洋楽ネタやら食いしん坊ネタほか、
もしロケハンがなかったら、ハナシ尽きへんかったことでしょう(笑)

皆さん、つかの間でしたがありがとうございました☆
奈須さん、新事務所設立、おめでとうございます〜!
またの事務所飲み会、めっちゃ楽しみにしてます!!


Cream - White Room

by writer-kaorin | 2011-06-29 23:06 | プライベート | Comments(0)  

焼鳥YAMATO

6月初旬のハナシなのだが、
仕事帰りにご近所「焼鳥YAMATO」さんへ。
月曜から飲みも仕事も絶好調ないちにち。

*鶏ハム、蕨白和え、とうがん梅ジュレがけ
b0118001_7504853.jpg
付き出しは常に3種、のっけからこのクオリティは嬉しくなる。


*泉州水なす
b0118001_7511840.jpg
瑞々しさこの上なく、リンゴ的風味が強い。


*じゅんさいと、ササミの酢の物
b0118001_7514728.jpg
しっとりとしたササミの食感に、トマトの濃い味。
そして、ササミに負けじと、じゅんさいが存在感を放つ。


そして焼きへと続きますー
*ソリレス
b0118001_75295.jpg
弾力のあるソリレスは、噛むほどに旨みがジュワリ、なのだが
澄んだ脂の甘みに驚く。


*ハラミ
b0118001_7522542.jpg
鶏の横隔膜部分。柔らかさはもちろん、旨みもしっかり。


*皮
b0118001_7525557.jpg
表面には、脂のじゅわじゅわっと感。
でも、口に含むと、ひつこさ全くなし。
素材自体の香りも素晴らしいのだ。


*三角
b0118001_7531747.jpg
鶏の尾羽の付根に当る部位。とにかく大きい!
ブリッブリ、品のよい脂の口溶けも心地よかったなぁ。


*ズリえんがわの炙り焼き
b0118001_7533523.jpg
ご主人に、ズリのえんがわ部分を見せてもらったのだが、
うん、うまいこと言うたな!ってほど、平目それとはいかないが、えんがわだ。
ビールを飲み干し、白を何杯か:
ペロンペロンとした薄さだが、噛むほどに味わい深い。
このえんがわ、偉大なアテです♪

b0118001_7541274.jpg



*神戸西区・西戸田のトマト
b0118001_7543119.jpg
しっかり酸を感じるが酸っぱくはない。
自然な甘みもあって、とにかく張りがよく、肉厚!てびっくりしたトマト。


*地鶏もも
b0118001_7545058.jpg
相変わらず美味しいわぁ。
熟成による旨さのふくらみや、甘みをグッと感じる。
他の串もそうだけど、熟成させた鶏の旨み、凄いのだ。


*アスパラガス
b0118001_7553628.jpg
産地はど忘れですが;
炭のなかで焼き芋状態のアスパラ、遠赤効果が素晴らしいわ。
相変わらずの、ふっくら&ジュワリがたまりません。


*ペタ
b0118001_756534.jpg
腰の皮の厚くなった部分。弾力のある歯ごたえ。押し寄せる旨み。


お隣では
*地鶏のだし茶漬け
b0118001_7571496.jpg
ひとくちいただく。地鶏のレア感、素晴らしく、これでまた飲めた♪


相変わらず、安定感のある美味しさと、発見性のある美味しさ、
双方を楽しませて頂けるお店さんです。
ご馳走様でした!



「焼鳥YAMATO」
大阪市北区堂島1-3-16 堂島メリーセンタービル5F
06-6347-1194
open : 11:30~14:00、17:30~23:30(土曜は17:30〜23:30LO)
close: 日曜

by writer-kaorin | 2011-06-28 08:00 | 焼鳥YAMATO | Comments(0)  

一碗水

いつもお世話になっているK戸さんにお誘いいただき、
お久しぶりです、な「一碗水」さんへ☆

メンバーには、溢彩流香のリンさんも!
そして、某有名百貨店のH谷さんたちも集い、宴スタート。


*蓮葉粥(蓮の葉で炊いた、冷たいお粥)
b0118001_131303.jpg
仏教宗派の供物として、寺院などで食べられていると、
以前、何かの資料で読んだことがあるな。
この冷たいお粥により、火照ったカラダが、すーっとクールダウン。
一品目にこれは、嬉しい。そしてやさしい甘みが、心地よい。


*紹興酒で漬けた枝豆
b0118001_13131460.jpg
大好物だ。これだけで、ひたすら飲めると思います。
この日は,ビール+紹興酒各種をいただくことに♪


*砂肝、煮こごり
b0118001_13132686.jpg
酸味と辛みのバランス、秀逸。
砂肝のコリコリ感や、煮こごりの舌触りもいいわぁ。


*小茄子
b0118001_13134079.jpg
山椒の香りがいきてる。


*干した鯉の、紹興酒粕漬け
b0118001_1313536.jpg
噛めば噛むほど、粕のやらこい風味がずんずん押し寄せる。


*緑豆のデンプンの春雨
b0118001_1314742.jpg
ほのかに感じる黒酢のテイスト。
「海南とか広東は、春雨の料理なんかによくピーナッツを使うんですよー」と、
お隣にいてるリンさんの解説付き。
リンさんと隣り合わせだと、話の端々で、大変勉強になる!(笑)


*豚胃袋、スペアリブ、はと麦、中国湯葉、中国慈姑、銀杏
b0118001_13142927.jpg


b0118001_13144480.jpg
そして、命のスープ!
このスープは、上写真の食材を湯で炊いただけのもの、と南さん。
塩すら使っていない、らしいが、絶妙な塩梅。
各素材から滲み出る複雑な旨みには、もう無言で啜るしかない美味しさ。
たぶん、全素材を一緒に炊いても、味が濁るでしょうから、
お煮しめのように、素材ごとに別炊きするなど、時間と工夫をたっぷり
かけているのでしょう。


b0118001_1315194.jpg
香ばしい醤油テイストのタレを、少しかけていただきます。


*仔羊、花ニラ、伏見唐辛子、ターサイ
b0118001_13151959.jpg
びっくりするくらいに、柔らかな仔羊。
辛みのなかに味があり、咀嚼すれば、クミンや山椒の香りがふわぁ〜っと。
刺激的かつ香りの料理、でもって油のひつこさがない!
中国料理におけるクミン使い、家でもチャンレジしてみよっと。


*冬瓜、トマト、ニガウリ、干し海老の煮込み
b0118001_13153422.jpg
トマトと干し海老から、旨み成分、炸裂。
ぐっと強い苦みのニガウリと、蕩ける冬瓜の甘み、このギャップも印象的だった。


*鶏肉、揚げ豆腐、椎茸、ケール、塩漬け干し魚(淡水魚)
b0118001_13154823.jpg
アッツアツを頬張る。それぞれの素材感はしっかりと際立っていて、
塩漬けにした干し魚(日本にはいない淡水魚)の深みのあるコクが、強烈。

ここでも、南さん&リンさんによる中国語講座(笑)
名前のある、どんな鲮魚(←淡水魚)でも、
塩漬け&干しを施すと、
咸魚(塩漬け干し魚)とい名前で統一されるのだそう。
合ってます?リンさん(^^;)


*五目ちまき
b0118001_13165926.jpg

b0118001_1317939.jpg
餅米ほど重たくない、軽やかさが、別腹の要因に・・・(汗)
見た目は濃いのだが、味わいは意外にもあっさり。
その理由は、色は濃いけど薄味の「たまり醤油」を使っているからだとか。


*ライチ
b0118001_13172792.jpg
瑞々しくって味濃いわぁ〜。


*蓮の実の羊羹
b0118001_13174219.jpg


b0118001_13175618.jpg
まろやかな甘み、何ともいえない清々しい香りも。

以上、南さんワールドを、とくと堪能させて頂きました☆
スープほか、いつもと趣向の異なると思わせるお料理も多々ありで、
かつリンさんの解説付き♪大変勉強になる!
蓮にはじまり蓮に終わり・・・。嗚呼、極楽浄土の気分でした(笑)
K戸さん皆さん、ありがとうございました☆

「一碗水」
大阪府大阪市中央区安土町1-4-5
06-6263-5190


Don McLean: American Pie

by writer-kaorin | 2011-06-25 13:19 | 一碗水 | Comments(6)  

鮨 生粋 @久々のラッキー会

久しぶりのラッキー会だ。
メンバーは、魔法のレストラン・ディレクターの平井さんを筆頭に、
ミーツ寿司本の編集長でもある金馬さん、
ラッキー会という名が誕生したその張本人、アナウンサーの大吉くん。


b0118001_15531719.jpg
摂津本山に店を構える「鮨 生粋」さん、
お噂は予々…お伺いしておりました。

b0118001_15533369.jpg
一軒家の堂々たる店構え。


おまかせにて。スタートです。
まずは、つまみ & ビール秒殺⇒日本酒。

*アコウ
b0118001_15534615.jpg
白身の表面、肉眼だとうっすら黄金色のような輝き。
身はシャクシャクッとしていて噛むほどに旨みがじんわりと。


*ヨコワ
b0118001_1554943.jpg
身はねっとり、ほのかな燻香のような香りも素晴らしいわ。


*利尻 キタムラサキウニ
b0118001_15542473.jpg
鮮烈な香り!甘すぎずな味わいもいい。


b0118001_15544073.jpg
蓬莱(神奈川)純米吟醸


*蒸し鮑、子持ちシャコ
b0118001_1555243.jpg

鮑はとろける柔らかさで、磯の香りが鼻腔をくすぐる。
子持ちシャコ、子を持ちすぎ!ねっちりとした歯ざわり。


*ノドグロ一夜干し
b0118001_1555208.jpg
ノドグロの脂の甘みを際立たせる塩梅が素晴らしい。
そして、ギューッと旨みを蓄えている。


*岩ガキ
b0118001_15553519.jpg
今年お初の岩ガキです。仄かな苦みと、海味が、強烈。


*鮎
b0118001_15555783.jpg
この鮎、〆てから焼き上げているのだそう。
鮎ならではの香りと、身の引き締まりがたまりませんっ。
ここらで、日本酒「生粋」(兵庫)をいただきました。


*穴子 肝煮
b0118001_15561112.jpg
穴子の肝とは思えぬほど、大きい。
日本酒、止まりません(汗;


*生青海苔、じゅんさい
b0118001_15562844.jpg
清々しい磯の香りと、ジュルリなじゅんさいの食感が、
見事にコラボ。


b0118001_15564791.jpg
以上、つまみ、だけで満足しきってしまいそうですが、
ここらで握っていただきます。


*ヅケ
b0118001_1557140.jpg
浅めの漬け加減、マグロの香りが口中に漂う。
シャリは、赤酢&塩のみ。程よくシャープな酸味が
ヅケと見事に融合。


*中トロ
b0118001_15571670.jpg
蕩けていく…。
ちなみに、シャリは、崩れそうなほど繊細だから、
ほんとに、口溶けがすばらしい。


*大トロ
b0118001_15573245.jpg
笑みが止まらん…。きめ細かな身質、ひつこさ皆無。


*コハダ
b0118001_15574934.jpg
しっかりな〆具合。その中に、深い旨みを感じさせてくれる。


*煮アサリ
b0118001_15581121.jpg
煮過ぎず、煮なさすぎず、の熱の入れかた、秀逸だ。
ふくよかな甘みが、赤酢のシャリに合うんだ、これが。


*鯵
b0118001_15582930.jpg
ふわり、蕩けゆく…。そして、忍ばせた生姜の清涼感が心地よい。


*根室 雲丹軍艦
b0118001_15584650.jpg
先程のキタムラサキウニとは趣が異なり、
濃厚な甘味が印象的だった。海苔の香りも素晴らしすぎる。


*トリ貝
b0118001_1559465.jpg
この潤いに惚れ惚れ。


*徳島阿波 タコの桜煮
b0118001_15592331.jpg
口中でシャリとともに溶けゆく… こんなに柔らかいタコは初めて…。
塩で揉まず、片栗…だったか、で揉み、
20分程度煮るだけ、というご主人のお話でしたが、
旨みを逃さずの火入れ他、タコの特性を知り尽くしたかのような仕事。
驚愕の握りでした。


*大分 車海老
b0118001_15595316.jpg
じつに肉厚!熱の入れ方も、秀逸すぎる。
そして、じわぁ〜っと押し寄せる甘み。


*鉄火巻き
b0118001_160924.jpg
海苔の香りをとことん楽しむ。
平井さん手タレ、おおきにです!


*穴子(煮ツメ)
b0118001_1602916.jpg
繊細な身質、ツメのコク深き甘みが響く。


*穴子(塩)
b0118001_1604566.jpg
炙り穴子を塩&たっぷりの山葵でいただく。
皮目を炙ることで、香ばしさがグッと引き立つ。


*玉
b0118001_161230.jpg
ふぁっふわ。


*赤出汁
b0118001_1611848.jpg
以上。つまみ1品1品、そして握りひとつひとつに、ぐっと集中。
その何ともいえない、凛とした空気感が心地よく、
ひと口、ひと口いただくごとに、
その感覚とは真逆の、強烈な口福が押し寄せる。
嗚呼、シアワセ…。ご馳走様でした。


「鮨 生粋」
神戸市東灘区本山中町3-3-6
078-411-1904
open : 17:00~21:00入店
close: 月曜、月1日平日不定休
※おまかせ¥12,000前後


Eric Clapton - Layla

by writer-kaorin | 2011-06-21 06:52 | 鮨 生粋 | Comments(6)  

土佐堀オリーブ @野菜生活

肉々しき&ピッツァだらけの生活を送っていた最近。
ムショーに野菜を欲す。
だからジムショ近所の「土佐堀オリーブ」さんへ。


b0118001_1545655.jpg
やっぱ、たこシャン♪


*水ナスとトマトのサラダ
b0118001_15452775.jpg
水ナス、リンゴみたいな甘み。
控えめなドレッシングの加減もいぃわ。


メニューをみると、
6月の注目野菜は「かぼちゃ」となっている。てことで、
*カボチャの冷製ポタージュ
b0118001_15454366.jpg
キンッと冷えてて、そのナチュラルな甘みが、
たこシャンと合うわぁ〜。


ここらでロゼへ。
*ロゼ ア ラ ローズ '09
b0118001_1546879.jpg
程よく渋みを感じ、いぃ感じに爽やか。野菜と合います。


*牛すじとコンニャクの煮物
b0118001_15462411.jpg
結局、肉もいただきます(笑)
こっくりと煮込まれた各素材、こら日本酒の口になるわ;


ツレは・・・
*白ごはん + 東郷湖のしじみ汁
b0118001_15463845.jpg
酒飲み派もそうでない派も、
両派のココロと胃袋を満たしてくれる、土佐堀オリーブさん♪


*しらすとキャベツのソテー
b0118001_15465712.jpg
飲みのペース、ススム。
この日、休肝日だったつもりが…(ワタシの休肝日は、お酒2杯までのことを言う)
ロゼを何杯か、かわりお。


*いんげん豆の胡麻和え
b0118001_15471749.jpg
久々に和食をいただいてるかんじ。いつ以来だ?


*すだち牛のステーキ
b0118001_15473255.jpg
ラムシン。噛み締める旨み。そして、やわらかぁい。
あけがらし、合うわぁ!


まだ食べる…。少しずつ、いろんなお料理を楽しめるのが嬉しいわ。
*もち大豆豆腐@しらすと大根おろしの冷奴
b0118001_15475019.jpg
土佐堀オリーブさんで知って以来、このお豆腐の、大ファンです!
かためな絹ごしで、大豆の濃厚なうまみが素晴らしい。そして甘い。
羽山さんの地元・兵庫県佐用町産。


*かぼちゃの揚げ出し
b0118001_1548429.jpg


思わず、ハートランドに逆戻り(汗;)
b0118001_15482043.jpg



*チンゲン菜の煮びたし
b0118001_15485123.jpg



*坊ちゃんかぼちゃのロースト 焦がしバターソース
b0118001_1549222.jpg
坊ちゃんかぼちゃの濃い甘みと、バターの深いコク。
テッパンやわ。

6月の注目野菜は「かぼちゃ」ですと書かれた品書きに、
かぼちゃメニューは8品ほど。
1品1品で、かぼちゃの様々な魅力を楽しませてくれるし、
しかも、似通ったテイストがなくって、味わいの発見多々。
7月の注目野菜は「瓜」だそう。これまた楽しみです☆


土佐堀オリーブ
大阪市西区土佐堀2-1-12 B1
06-6450-8182
open : 18:00〜翌2:00
close: 火曜


なんやこれ!!!!!凄すぎるメンツ。
Eric Clapton,Bob Dylan,George Harrison,Neil Young,Tom Petty,Roger McGuinn-
Knocking On Heaven's Door

by writer-kaorin | 2011-06-19 15:57 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

政ちゃん @ハッピーチューズデー

この日は、ハッピーチューズデーに便乗(笑)
ダイスキな焼肉屋「政ちゃん」へ。

メンバーは、Tセンセに、YセンセにHセンセといった、
今ここでワタシがブッ倒れても安心な(笑)グルマン医師たちと、
ワインショップW夫妻に、S枝姉さん、
ハッピーチューズデーのY沢さんに、音楽業界のKちゃんなど、
豪華なヘベレケメンバー♪

半年というか、1年以上予約が取れないため、
いつも他力本願すみません;お誘いくださる皆さんに本当に感謝です(--)


あ、6初旬からデジカメを変えたんだけど、どやろ?

*タン刺し
b0118001_1431189.jpg
相変わらず、澄んだ味わいだこと。


b0118001_1432733.jpg
ハツやレバも、臭み無で驚くほど甘い。


*センマイ
b0118001_1434345.jpg
お酒のピッチ、早まる…(汗)


ではでは焼きダイジェスト☆

*上以上に上なミノ
b0118001_1435743.jpg




b0118001_1443734.jpg
政ちゃんによる、肉セツ。
焼きの頃合いは、政ちゃんと常連さんに委ねる。
ツラミは、噛み締めるほどに旨さ、炸裂だ。


*ハツ
b0118001_1445361.jpg



*タンツラ
b0118001_1451520.jpg

b0118001_1452620.jpg



*キムチ
b0118001_1454226.jpg
おかわり続出。鶴見橋商店街に店を構えるキムチ屋さんの、秀逸な一品。


*マメ
b0118001_146074.jpg
腎臓です。レバのような食感、脂肪すくなくマメ特有のクセが好き。


b0118001_1461629.jpg
ひっくり返すタイミングも、政ちゃんとTセンセの顔色を見て(笑)


b0118001_1464025.jpg

b0118001_1465215.jpg
お隣では、with白ご飯。kaorinは、見事なワインたちに溺れ中(中)


まだまだ続くワケなのですが、
もちろんワインも飲んでマス♪ (Yセンセ、手持ちおおきにです!)

b0118001_1471351.jpg


b0118001_1472665.jpg


b0118001_1473873.jpg
コルボー、旨!恋に落ちた…♡♡♡

b0118001_1475395.jpg
ボケボケですみません:こちらのワインも唸った…。

b0118001_1481468.jpg



b0118001_1484238.jpg



b0118001_149596.jpg



〆は、懐かしのアイスクリームに、なんと鳥取産の熟成醤油!
b0118001_1492728.jpg
政ちゃん恐るべし…。そしてこの組合わせ、妙に合うのだ。


b0118001_1412508.jpg
皆さんありがとうございました!また誘うてくださぁい☆


Steely Dan Live 1996 at Manassas 21/23: I.G.Y

by writer-kaorin | 2011-06-17 08:01 | 政ちゃん | Comments(2)  

たこシャン&つめたこ♪♪♪

毎週、どこかのお店さんでいただいてマス♪大阪のスパークリングワイン
「たこシャン tako-cham」カタシモワイナリー


「たこシャン」についての詳細は、
「パピーユ・ジャポネーズ」さんのブログや、
本店「Wine Shop Fujimaru」さんのブログでも紹介されてますので、check!

このスパークリング、小売りはなさっておらず
上記ブログに、取り扱い店舗が掲載されてます。が・・・
もう残り僅かor売り切れのお店さんもあるかも。
この日記で紹介するお店さんでも、売り切れだったらゴメンナサイ;


たこシャンには、そら「たこ焼き」でしょ!
ということで、ヘビロテ「たこりき」さんにて。


*つめたこ & たこシャン!
b0118001_13562281.jpg
たこりきさんの新メニュ−「つめたこ」。
冷たいたこ焼き!!??
口に入れると、ひんやぁ〜り、その加減がすっごく気持ちよくって、
驚きなのが、冷たいのに、しっかりダシの風味や素材の旨み、健在なのだ。
聞けば、焼きたてのたこ焼きを瞬時に冷やすらしい。
この「つめたこ」、ここでしか味わえない、驚愕のたこ焼きだわ!


もちろん、
*焼きたてのたこ焼きとも一緒に
b0118001_13564571.jpg
たこりきさんのたこ焼きは、素朴さと一緒に、
ダシの風味をいかした品の良さを持ち併せている。

泡質がよく、香りはフルーティだけど、
けっこうドライな「たこシャン」と、合うわぁ〜。
この店のたこ焼きは、お酒にすこぶる合うから、
たこ焼きのおいしさを、より一層、引き立ててくれる、たこシャンです。


別日も
b0118001_13565949.jpg
たこりきヘビロテ昼酒・・・(笑)


*いわしとジャガイモのテリーヌ
b0118001_13571288.jpg
昼からどんだけ飲ます気ですかっ!てほど、旨い。
上にのかったタプナードソースが…さらに酒を呼ぶ。


*とりハム
b0118001_13572821.jpg
これも大好物。しっとり感、熟成感のある旨み、肉の甘みを引き立てる塩加減の三重奏

「たこりき」さん、今週末もお世話になりますっ!(笑)



さて、「たこシャン」続き・・・。
ピッツァ取材後、お腹がはちきれそうだったが、酒モードに突入。
ということで、ご近所「ランジュヴァン」さんへ。


*たこシャン
b0118001_13581684.jpg
250mlというサイズが、いろいろ飲みたい酒飲みには嬉しいのだ。


*淡路・由良の軽い〆鯖
b0118001_13583168.jpg
徳ちゃん、これめちゃくちゃ旨かったっ!
レモン&ヴィネガー?そっち系のニュアンスがほのかに漂う〆加減。
由良の鯖、脂のノリ素晴らしく、
ピッツァ後だったのに、これは別腹となりました。


*La Caleche Domaine Des Baumard
b0118001_1359077.jpg
シュナンブランとシャルドネだったかな?(ど忘れ)
青リンゴのような香り。豊かな酸が心地よい。


昨夜は「土佐堀オリーブ」さんにて、「たこシャン」楽しませていただきました。
こちらの模様は追って!


ROCK MY PLIMSOUL (1968) by the Jeff Beck Group

by writer-kaorin | 2011-06-14 07:54 | たこシャン | Comments(8)  

Stay in CONRAD

これでラストにします。
トーキョーDays。

この日は久々に、「CONRAD TOKYO」stay。
b0118001_22432936.jpg
数年ぶりに、おじゃまです。
てか、トーキョー泊も、そん時以来だ。


b0118001_22435036.jpg
昼酒&昼寝で、ライヴまで体力温存。


b0118001_22441211.jpg
アヒルちゃん、お持ち帰りしたくなった(笑)



b0118001_22442854.jpg

b0118001_22444458.jpg
ポーションよろしく、軽めな味わいも◎だったので、購入してお土産に。


b0118001_22451541.jpg
雨には降られず、ずーっとCloudy days。
(なんや、BOØWYの曲みたい)


その後…、濃い濃いトーキョーnightsになったワケなのですが;


*breakfast
b0118001_22455780.jpg

前夜の素晴らしいお肉の余韻がまだ続いており…(汗;


b0118001_22462119.jpg


b0118001_22464254.jpg
カフェオレ&パン。
毎朝シリアルのkaorinにとっては、かなりheavy…;


b0118001_2247448.jpg
トーキョーStayは、やっぱりココがダイスキなのです。


CONRAD TOKYO


これも行かねば!!!!!
Eric Clapton, Steve Winwood - Crossroads

by writer-kaorin | 2011-06-13 22:49 | CONRAD TOKYO | Comments(4)  

祥瑞 @ライヴ後は肉っ!!

アドレナリン炸裂のライヴ後は、
肉とワインしかないっしょ!っと、
今回の東京「音楽と食」旅の、「食」に関する私的メインイベント。
b0118001_23523710.jpg
六本木の裏路地の雑居ビル2Fにある「祥瑞」(ションズイ)さんへ。
言わずと知れたワインバーの名店。
関西の飲食業界のメンバーも、上京時はよう来てはりますよね〜。


b0118001_23525722.jpg
私たちが座ったテーブル席、すぐ横の大きな鏡にはドリンクメニュー。
で、その横にはキース・リチャーズのPhotoが!!
この日のBGMも手伝い、一気にテンション↑↑↑


初訪問の祥瑞さん。
茂野シェフにどうしてもお会いしたかったし、
何が食べたいって、そら、この表紙のステーキ!(笑)
b0118001_23544272.jpg
なんや、めっちゃイチビリですやん・・・(汗)
でも、自分が携わらせて頂いている媒体さんのなかで、
ここまで素早くアクションを起こしたのは初めてかも;


*Gazouillis
b0118001_23551073.jpg
シュナン・ブランの微発泡。複雑味が、秀逸だった。
2杯、瞬時に飲み干す。そういやこの日は、昼から飲み続けていたな:


*タブレ(クスクスサラダ)
b0118001_23552535.jpg
大好物!のクスクス。ガツンッと驚き&嬉しいボリュームだわ。
キュウリやトマトを主にしたサラダは、ドレッシングの馴染み具合素晴らしく、
クスクスは、ハーブやスパイス、そして野菜の旨みがぎゅっと恐縮してた。


b0118001_23554946.jpg
いつも以上に、飲みのペースが早くなる・・・(汗)
ライヴで汗びっしょり、だったから、水分補給しないとね。
この後、「熊本あかうしのステーキ!」と思っていたら!


*ブレス鶏のグラタン
b0118001_23561533.jpg
手書きで「フジマル」て!(爆)
いろんな出来事やサプライズに、感謝感激(--)


b0118001_23563896.jpg
しっかりとした肉の旨みに、チーズ(マニアックな名前でど忘れ;)の
深みのあるコクが重なり合う。ワイン泥棒すぎます。


*豚足のクルスティヤン
b0118001_23565547.jpg



b0118001_2357795.jpg
食感様々&ジュルジュルなゼラチン質と、
表面のクリスピーな食感。この対極ともいえる食感の差異が面白い。
コクと深い旨みが、ずーっと続くのだけれど、豚臭さ皆無。これにも驚いた。



b0118001_23572668.jpg

ここらで、十二分…以上に満腹なのだが…(しかもどのお料理も驚愕の旨さ)
これを食べずして帰るワケにはいかないっ!!!


*くまもとあか牛のリブロースステーキ(500g)
b0118001_23574834.jpg


b0118001_2358387.jpg
表面は真っ黒に近い!家でトライするものなら大惨事!になりそうなほど(笑)
もう、メイラードの極みですね!
そして中はロゼというよりかは、赤に近いレア加減。
だから、一口目はかなりクリスピーで強烈に香ばしく、
ざくっと噛めば、ふわっと驚きのやわらかさ。
咀嚼するほどに、熟成ならではの風味、そして旨みがずんずん押し寄せるのだ。



茂野シェフ、坪田さん、ほんとにいろいろと、ありがとうございました!
このステーキといい、料理のセンスやワインの面白みはもちろん、
この店が醸し出す日本やないような何ともいえない空気感、
そして音楽のセンスetc…。
もうね、唯一無二の存在ですね。
次の上京時も、かならず、おじゃまする!と心に決めた、最高の夜でした。


祥瑞〜ションズイ〜
港区六本木7-10-2 三河屋伊藤ビル2F
03-3405-7478
open :18:30〜翌1:00頃
close:日曜、祝日

by writer-kaorin | 2011-06-13 00:00 | 祥瑞 | Comments(8)  

氷室京介 全曲BOØWYライヴ in東京ドーム

行ってきましたーーーっ!
氷室京介 東日本大震災復興支援チャリティライブ
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
"We Are Down But Never Give Up!!"


b0118001_21581132.jpg

b0118001_21582544.jpg
LAST GIGS以来の、東京ドーム。
当時は小学6年生だったっけ;


b0118001_21584376.jpg
全曲BOØWYライヴの話題は、YahooのTop Newsなどでも報じられ、
かなり話題になってましたね。


b0118001_21585819.jpg
いやぁ〜っ!!!!88年にタイムスリップした気分でした。
もうね、要所要所で涙が止まらない・・・(涙)


b0118001_10485758.jpg
驚いたことに、アンコールまで、ヒムロックはMCほぼなし!
ほんまにタフです。しかも、当時と声も変わってない。これには驚いた。
BOØWY再結成ではなかったので、いろんな思いも駆け巡ったが、
「僕らだって、BOØWYのコピーやってる感じで」とヒムロック(ファンたち大爆笑)。

しかも、バックバンドのクオリティ、素晴らしく、
BOØWYメンバーに敬意を払っているヒムロックのMCが印象的だった。
そら再結成を願ってしまう自分もいてるが、
今回のヒムロックの決意、凄いことだと思うし、その場にいれて本当に嬉しかったな。

ヒムロックは
「来月、オレのトモダチがここ(東京ドーム)でライヴをやるから(etc…)」って、
布袋さんたちのこともチラリと喋ってはりましたよ!
(大人の事情はさておき…(笑)


それでは。6/11(土)のセットリストを。
iPhoneでメモしていたが、たぶん、間違いないハズ!

[1]Dreamin' ←1曲目、ツレと賭けてて、kaorin大当たりっ!!!
[2]RUNAWAY TRAIN
[3]Blue Vacation
[4]Rouge Of Gray
[5]TO THE HIGHWAY
[6]Baby Action
[7]Justy
[8]Welcome To The Twilight
[9]BAD FEELING
[10]"16"
[11]LONGER THAN FOREVER
[12]MEMORY  
[13]B・E・L・I・E・V・E
[14]季節が君だけを変える
[15]B・BLUE
[16]Marionette
[17]PLASTIC BOMB
[18]DOWN TOWN SHUFFLE
[19]BEAT SWEET 
[20]RENDEZ-VOUS
[21]ONLY YOU
[22]IMAGE DOWN

<アンコール> ←スタンド席は巨大ウェーブの嵐!ライヴで久々に見た!

[23]ON MY BEAT ←これも完璧やったなぁ〜!歌える自分にもビックリ(笑)
[24]ホンキー・トンキー・クレイジー

<ヒムロック、ここでやっとMC!>
[25]No New York


以上!明日からまた洋楽モードに戻りますが、
今夜は、BOØWYに浸りたいとおもいまぁ〜す。
そして、トーキョーnightsにつづく・・・。



ON MY BEAT

by writer-kaorin | 2011-06-12 22:03 | プライベート | Comments(0)