<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

新明石鮓 @ウニトロ祭り

20数名の貸し切り寿司会が
心斎橋「新明石鮓」さんで開かれ、
おじゃましてきました。
本Pさん、この店の常連・大津さん
ご調整ありがとうございます☆


b0118001_23215359.jpg
ミナミで15年の名寿司店。
著名人がこぞって訪れることでも有名で、
店内に飾られた写真ひとつひとつに深いエピソードも。


カウンターで真っ先に目を引くのは、
産地が異なる5種のトロが鎮座するネタケース!
b0118001_2322711.jpg
この日の集いは、題して「ウニトロ祭り」。
ウニとトロの食べ比べをはじめ、
酒の肴多数、日本酒もお好きなだけ・・という魅惑の夜。



*付き出し
b0118001_2323517.jpg
「ミヤコボラ」という名の貝。
硬いのかと思いきや、程よい弾力で食べやすい。



*長崎 五島列島のブリ
b0118001_2322336.jpg
一匹!斬新な姿造り!
初っぱなから客席、大盛り上がり。


b0118001_2322487.jpg
冬みたいに、口にまとわりつくような脂ではなく、
すっとキレイな脂が印象的。
漁師さんが豪快に捌くような身の分厚さで、
これからどんどんやってくる肴を忘れて、何切れも無心で喰らう。




*和歌山 田辺のヒラメ
b0118001_2323320.jpg
ほぼ食べ終わりの図、なのだが。
こちらも肉厚。エンガワの厚みにも驚いた。
この他、ごっついサイズの徳島産 鯛の姿造りも。


b0118001_23233814.jpg
日本酒のノンストップ。
「八重垣 純米 生酒」は、軽快なタッチ。旨みと酸味のバランスもよく
すいすい飲んでしまう(汗)



*玉子
b0118001_23234628.jpg
こちらも厚み、凄い。
やわらかな甘みが私好み。日本酒と交互に愉しむ。


b0118001_2324191.jpg
「雪下香梅 大吟醸」
全体的に旨みを感じながら、広がる清涼感が心地よい。



*タイラギ貝と肝の醤油焼き
b0118001_23244695.jpg
日本酒飲まずにいられない・・・。



*八重垣 純米 ひやおろし
b0118001_2325121.jpg
はぁ〜。清々しい秋風が通り過ぎる。そんな優しい香りと味わい。



*カツオのたたき
b0118001_2326313.jpg
程よく脂がのったカツオに
柑橘香り、コク深きたれが絡む。
薬味がいい仕事をしていて、これまた杯が進む味わいだ。
この後、活車海老の握りが供され・・・


b0118001_23261874.jpg
旭鳳 純米原酒「秋のいざない」を。
こちらは飲みすぎたからかもしれないが、ずっしりとした飲みごたえ。



そして待ってました!の

*ウニ軍艦3種
b0118001_23254875.jpg
右から、淡路島のムラサキウニ、根室のバフンウニ、
そして徳島の赤ウニ。
淡路島や根室のウニは、濃い〜旨み、甘みを感じる濃厚な味わい。
かたや、徳島の赤ウニは、昆布のような香りを感じつつ、すごく華やか。



*トロの握り5種
b0118001_23255449.jpg
右から、北海道(戸井)、 スペイン(地中海)、
奄美大島(東シナ海)、 カナダ(レース岬)、 和歌山・勝浦(北太平洋)
いずれも、脂の口溶け、旨み、香り、癖、余韻が異なり、
う〜ん、5種×2巡くらいしたかった。
どれがいい、とか甲乙付け難い!ほんまに。


この他にもさまざま料理が供されたが、おそらく撮影していないもの多数。


b0118001_2327595.jpg
ご主人の菅本さん。
大物芸人や大物俳優との交流話、ここでは書きませんが
店へおじゃまするとその深みに目がテンとなります(笑)
ご主人は、毎朝仕入れに出向く、
大阪中央卸売市場でのレポを、FBでアップされていて
いつもめっちゃ楽しみにしているワタシ。

またゆっくり、おじゃましたいです。
ご一緒させて頂いた皆さま、ありがとうございました☆


「新明石鮓」
大阪市中央区東心斎橋2-4-11
☎06-6213-0911
open : 17:00〜翌1:00
close: 日曜、祝日


Al Kooper-Jolie

by writer-kaorin | 2014-09-30 07:49 | 新明石鮓 | Comments(2)  

和さ美 @旬魚三昧

旨い魚を欲し
立売堀「和さ美」さんで晩ご飯。
b0118001_10483058.jpg
付き出しは、穴子の黄身煮、秋刀魚煮たのん、
金時草煮浸し、栗甘煮。
ビールを瞬時に飲み干し、この日は麦焼酎へと続く。



*旬魚盛り合わせ
b0118001_10482276.jpg
北海道からは白トリ貝、
淡路島の釣イサキ、穴子、ハマチ。
いずれも鮮度の良さをしっかり感じ、
穴子やハマチはハリつや良く脂ののりいいわ。
アイスランドからは天然本マグロ。
脂の入り具合が肌理細やかで、すーっと溶ける。




*赤甘鯛塩焼き
b0118001_10484145.jpg
このあたりの部位、めっちゃ好き。
骨と骨の間の身も、余すとこなく頂く。
甘鯛の身の甘みを引き立たせる塩加減。
麦焼酎ロックちょい水、止まらん。



*牛すじ大根煮
b0118001_10485640.jpg
牛すじはホロリ、崩れゆき、
大根は芯の芯まで、おだしが染んで旨いのなんのって。
とろろ昆布が(懐かしい!)えぇ味出してます。



*いちじく胡麻クリームがけ
b0118001_10491091.jpg
いちじくはツヤッツヤ&口中でトロリ蕩ける。
それだけだとデザートのパーツとして成り立ちそうなおいしさだが、
滑らかな胡麻クリームのコクと香ばしさにより、お酒とピタリ。



*銀シャリ
b0118001_10492063.jpg
ややかための炊き加減。
お隣では、焼き魚と牛すじ大根で定食状態☆



私は「自家製 すじこ 醤油漬け」と共に♡
b0118001_10493422.jpg



b0118001_10494741.jpg
毎日でも食べていたい、この組合せ。
ハリと弾力があって、噛むほどに甘さが際立つ。
嗚呼、すじこに溺れたい(笑)


旨い魚食べたい症候群が解消された夜。
入口すぐの手作り生簀には、フグにオコゼ、カレイに活蛸…と、
この日、淡路島ほか近郊から届いたいろんな魚が泳いでいた。
解禁後の越前ガニも旨かったなぁ…と昨年を思い出しつつ、
これから冬にかけて、おじゃまするのが楽しみだ。
ご馳走様でした☆


「旬魚彩菜 和さ美」
大阪市西区立売堀2-4-15
☎080-1527-7882


Cat Stevens "Wild World"

by writer-kaorin | 2014-09-27 10:51 | 和さ美 | Comments(0)  

祇園 大渡  9月

夜風が涼しい、ある日。
「祇園 大渡」さんへ。


*長芋豆腐 キャヴィアと雲丹
b0118001_23103675.jpg
ねっとり、程よい重量感の長芋豆腐。
澄んだダシとともに質朴な味を楽しみつつ、
お次はキャヴィアと雲丹とともに。その塩加減、風味でぐっと華やかに。



*もち鯨 白味噌仕立て
b0118001_23104970.jpg
1日以上炊き、余計な脂を除いた、鯨の皮下脂肪が入る。
食感はもっちり、咀嚼すれば甘みが滲み出、
白味噌の深いコクと、めちゃくちゃいい相性をみせた。
はぁ〜、大渡さんおかわり!って言ってしまいそうなおいしさ。



*新すじこ
b0118001_23105425.jpg
お凌ぎは、新すじこの飯蒸し。
プツッと皮はやわらかく、どこまでもなめらか。そして甘い。



*琵琶湖産 子持ち鮎 から揚げ
b0118001_2311918.jpg
じつに軽やかな揚げ具合、子のプチプチッとした食感が舌に響きつつ
ほっくりと甘い、身の繊細な質感を楽しむ。
しかし、ずーっと眺めてたくなるほど、端正なお姿。



b0118001_23111651.jpg
ビール小瓶の後は、あれこれ言わずとも
好みの日本酒が目の前に。



*松茸  渡り蟹  銀杏しんじょう 
b0118001_23113513.jpg
裂いた松茸がこれでもか!と入り、嗚呼、秋の香。
渡り蟹の身のなかから、銀杏しんじょうが顔を覗かせる。
心に響く味。



*グジ昆布〆
b0118001_2312890.jpg
白甘鯛はねっとり、咀嚼するほどに旨みがじわじわ押し寄せる。
まずは加減酢でさっぱりと頂き、
ふた口目は、大徳寺納豆からなるソースをつけて。



*のどぐろ焼き浸し
b0118001_23122378.jpg
のどぐろ、瞬時に蕩ける。でも脂のひつこさはない。
香ばしく焼いた中骨からとった漬け汁の、旨みの余韻が心地よい。



*天然鰻の白煮  冬瓜  栗のふわふわ
b0118001_23123775.jpg
骨切りした天然鰻は、厚みがあり、風味もいい。
タレとかでごまかしが利かないシンプルな調味、
質高い鰻でしかなし得ない調理法だと思う。
葛だしに、削った栗を浸せば、どことなく甘い香りが漂う。



*スッポン 松茸
b0118001_23125192.jpg
ハモマツではなく、スッポン松茸とは。
グツグツ、音をたてて登場。ハフハフ頬張れば
スッポンの滋味、松茸の芳しさが
折り重なるよう、口中に広がる。
だしを残し、炊きたてご飯と…という思いもあったが
誘惑に負け、残りの一滴まで味わい尽くす。



b0118001_2313536.jpg
ご飯  ちりめん山椒  香の物 with日本酒。


b0118001_23131966.jpg
一膳目は、透き通った甘みをそのまま愉しみ、
お次は、日本酒とともに。
そして、ちりめん山椒や香の物とともに頂きつつ


b0118001_23135835.jpg
二膳目は、ブリのへしことともに。
へしこって漬かりすぎるど、独特の香りを放つが(私はそれ、好きだけど)
このブリへしこは、浅い漬け具合。
割烹のご飯にへしこは、この塩梅がばっちりだと思う。
鯖へしこに慣れ親しんでた私、大渡さんのブリへしこにハマった!



b0118001_23133347.jpg
極みの、わらび餅、
そしてお抹茶を頂き、〆となりました。


はぁ〜、大渡さんのめくるめく世界観に酔いしれた夜。
なおかつ、大渡さんのウィットに富んだトークが、
ほんま、いつも面白くって(笑)
料理は言うまでもなく、話術?トークのセンス?にはいつも脱帽!
ご馳走様でした☆



「祇園 大渡」
京都市東山区祇園町南側570-265
☎075-551-5252
open : 18:00〜21:00
close: 不定休


Stealers Wheel - Benediction

by writer-kaorin | 2014-09-25 23:16 | 祇園 大渡 | Comments(0)  

ピッツァ メルカート @京都・京果会館

今年7月20日、京都は梅小路にオープンした「KYOCA」
http://kyoca.jp/

こちらは食とデザインをテーマにしたリノベーションビル。
サイト、めっちゃ素敵。ちなみに、「KYOCA」には
レストランや専門店、食に関心ある方のためのレジデンスも。

その1Fにあるナポリピッツァのお店へ。
「Pizza Mercato」〜ピッツァ メルカート〜
ヘベレケな私に珍しく、ランチタイムの日記(笑)
b0118001_14235494.jpg
生レモネード。絞り立てレモンのその爽やかな味わいに、
シチリアの夏を想う。ま、あっちでは昼からリモンチェッロだったが;



b0118001_1424113.jpg
おっ!ピッツァ窯は、ナポリ「アクント・マリオ社」!
イーちゃんと、板金職人・宮村浩樹さんによるタッグ、
その匠の技からなる窯が、堂々と存在感を放ってる。



*ネギナーラ
b0118001_1424684.jpg
マリナーラの上に九条ネギがたっぷり!ってことで「ネギナーラ」(笑)。
粉は、カプート・ピッツェリア。
軽やかで歯ぎれ良く、粉の旨みと甘やかな風味が噛むほどに口中を満たす。
そこに、九条ネギの風味と、薪火による香ばしさがプラスされ、
パラリとかけられた原了郭の黒七味のエキゾティックな香りが無性に合うんだ。
生地の塩分も程よい感じだから、1枚ペロリとなるわけで♡

birraといきたいとこだったが、この後、取材が控えていたのでガマン。


近所には京都中央卸売市場もあり、
市場から仕入れられる食材をつかったお惣菜が
ショーケースにはズラリ。季節のジェラートも複数。次の機会に食べたいな。


b0118001_14243411.jpg
チーフシェフの東郷さんは、ハイアットリージェンシー京都のイタリアンや
大阪のピッツェリアでの修業経験も。
先日、行かれたというナポリの話題に、あれやこれやと花が咲いた昼下がり。
ご馳走様でした☆


「Pizza Mercato」〜ピッツァ メルカート〜
京都市下京区朱雀正会町1-1 京果会館
☎075-353-4777
open : 11:00~14:00、17:00~21:00(土日祝11:00〜21:00)
close: 水曜


Paul Simon - You Can Call Me Al (En Vivo!)

by writer-kaorin | 2014-09-23 14:26 | Pizza Mercato | Comments(0)  

英雄の晩餐 @ホテルニューオータニ大阪

MBS「魔法のレストランR」presents
「英雄の晩餐」
〜ヒーローズ シェフズ スペシャルディナーショウ〜
b0118001_13132164.jpg
「魔法のレストランR」チーフプロデューサーの本Pさんを激写!


9月14日(日)、ホテルニューオータニ大阪に
「リアル」魔法のレストランが出現し、
私もおじゃましました☆

昨日、特番が放映され、自分のなかでは解禁ってことでその日の模様をUP。


ちなみに「ヒーローズ」とは、番組レギュラー4人のシェフたち、
全員の名前に「浩」が付いているから、
「ひろたち」=「ヒーローズ」(笑)

「祇園 さゝ木」佐々木 浩(和食)
「ラ・ルッチョラ」鈴木 浩治(イタリア料理)
「神戸北野ホテル」山口 浩(フランス料理)
「Chi-Fu」東 浩司(中国料理)
b0118001_13134021.jpg
司会進行は、大吉くん☆(MBSの大吉洋平アナウンサー)


そして。
サプライズ ゲスト シェフとして
「パティシエ エス コヤマ」小山進シェフが登場!
b0118001_13135453.jpg
まじ、驚きましたよ小山シェフ・・・(笑)


ということで、テレビの中から飛び出した
ヒーローズ・シェフたちによる晩餐は・・
サプライズ出演の水野真紀さん、杉浦太陽さんによる乾杯にて幕開けです。



《英雄達の前菜》
b0118001_13156100.jpg
*鱧と松茸の手鞠寿司(祇園 さゝ木・佐々木浩)
*渡り蟹のクリームコロッケ
 弓削牧場のフロマージュフレのソース(ラ・ルッチョラ・鈴木浩治)
*フォアグラムースとリエットのシュー(神戸北野ホテル・山口浩)
*車海老とクラゲのゼリー寄せ(Chi-Fu・東浩司)

まずは4人による一皿。
アルザスのスパークリングワインとともに頂きます。


次からは、シェフたちがある「色」をテーマに創造した
お料理が続きます。

《第一の皿》
「祇園 さゝ木」の佐々木さんのテーマは「橙」


*鮑の冷製 パッションフルーツと肝ソース
b0118001_13142337.jpg
鮑は千葉・房州産。京都の中央市場で450個、買い占めたとか。
柔らかく炊かれた鮑の奥には、肝のソース。
手前にはなんと、パッションフルーツのソースが。
肝のソースは、経験あるおいしさだったが、
パッションフルーツのトロピカルな酸との組合せは、新しい味わいだった。



《第二の皿》
「ラ・ルッチョラ」鈴木浩治シェフのテーマは「緑」
b0118001_13143827.jpg
シェフが登場し、デモを行う。その演出、
動きがあってトークも面白くて飽きさせない。


*炙ったウニとトマトのスープ バジリコのニョッキ
b0118001_13145039.jpg
タピオカ粉を用いたニョッキ。ブルルンッと食感楽しく
バジルの香りがふうわりと。
トマトのエキスのジュレは、さわやかな風味を放ち、そこに炙りウニの海味。
「引きの料理です」とは、鈴木シェフ。



《第三の皿》
「神戸 北野ホテル」山口浩シェフのテーマは「赤」
b0118001_13153299.jpg



*神戸高見牛とオマール海老の取合せ “ルージュのアシェット”
b0118001_13154650.jpg
佐々木さんの皿と同様、原価かかってそう(笑)
57℃で1時間、火入れをした高見牛(ロース、モモ肉)は
シャンピニオンの粉末をまぶしている。
すーっとナイフを入れると、ロゼ色の身があらわれ、
肉の旨みとシャンピニオンの旨みが押し寄せる。
敷かれたアメリケーヌソースとの、相性の良さも楽しませて頂いた。
紅心大根の酢漬けほか、ガルニに至るまで「赤」!
そんな山口シェフのお料理に、こちらまで萌え(笑)



《第四の皿》
「Chi-Fu」東 浩司シェフのテーマは「黒」
b0118001_1316756.jpg



*ブラック麻婆豆腐
b0118001_13162353.jpg


b0118001_13163433.jpg
豆腐も黒!
「刺激的&健康的」が裏テーマにあるそうで、
整腸作用があるといわれる、食べられる竹炭と
イカスミからなる豆腐を用いた麻婆だ。
豆豉の深いコクを感じさせつつ、ヒリヒリとした痺れ、堪りません。



そして、サプライズ出演の、小山シェフが登場〜♬
b0118001_13165352.jpg
「進ちゃんはいっつも、えぇトコ持っていきよるからなぁ〜」といった
佐々木さんとの漫才のようなトークに始まり・・(笑)
ヒーローズシェフたち、壇上に集結。

b0118001_1317724.jpg


b0118001_13171967.jpg




*「パティシエ エス コヤマ」 新作スイーツ5種盛り合わせ
b0118001_13174650.jpg
・フランス産 栗のテリーヌショコラ
・オレンジと鳴門金時のスイートポテト
・宇治茶とパッションフルーツのお菓子
・スマトラ島のコーヒー豆とライチ&フランボワーズのマカロン
・マダガスカル産カカオのソルベ

小山シェフ曰く、「秋色」とのことで。
いずれも素材感が際立っていて、組合せの妙味含め、じっくり堪能!
おかわりしたかった(酒飲みだが甘いものも大好きなワタシ;)


b0118001_13175858.jpg
最後は、ヒーローズの総監督、菊乃井 村田吉弘さんによる締めのお言葉。
そう、村田さんも「弘」=ヒーローズなのだ。


b0118001_13181252.jpg
大吉くん、司会進行お疲れさまでした!
お隣は「魔法のレストランR」チーフディレクターの平井さん☆
この日まで、あれこれ本当にお疲れさまでした。ありがとうございました!


b0118001_13182539.jpg
本日の主役5人!
本当にお疲れさまでした。
人気番組から飛び出し、晩餐会という形での立体的な仕掛け、
すごく面白い。次なるイベントも楽しみにいたしております。
楽しいひとときを、ありがとうございました☆



「水野真紀の魔法のレストランR」
MBS 毎日放送 毎週月曜19:00〜20:00 OA
http://www.mbs.jp/mahou/


ベタやけど、今日はこれでしょ♬
David Bowie - Heroes

by writer-kaorin | 2014-09-22 13:22 | プライベート | Comments(2)  

スタンドシャン食 @ギョウザと、シャンパーニュと

やっとおじゃますることができました
北新地・シャンパン食堂の新展開
「スタンドシャン食」  @2014年8月24日open
b0118001_2144890.jpg
シャンパーニュ、ワイン、生シードル、ビールと
タパス、オードブル、そして「ギョウザ」を楽しめる、カウンター店だ。

そのギョウザ。
想像していた中華の餃子とは異なる
ビックリな発見、多々。



*コッパ
b0118001_214378.jpg
旨みと程よい熟成感とが口中に広がる。
泡がどうにも止まらない♪
で、2杯目におすすめシャンパーニュを頂き
3杯目は


*Alsace Riesling Cuvee Reserve 2013
b0118001_2154537.jpg
うん、ミネラル感とキレの良さ、好き。



b0118001_2151616.jpg
目の前には、ギョウザのタレが。
左から、フォン・ド・ヴォー&グリーンペッパー
酢醤油、 ピリ辛胡麻味噌、 自家製グループフルーツポン酢
奥には辣油、 黒トリュフオイル、 フルール・ド・セル

タレの種類と、そのアイディアに、テンション上がるわ。



*シャン食ギョウザ
b0118001_2153329.jpg
見た目はギョウザ。なのだが・・・
やや薄めの皮、そして旨みあるジュが溢れ出る餡、
そこに、各種タレを好みでつける、となると
中華なイメージ、どこへやら。

例えば、フォン・ド・ヴォー&グリーンペッパーなら
コク&ペッパーのピリリとしたアクセントが泡を欲し、

餃子に黒トリュフオイル&フルール・ド・セルをパラパラ…、
これも泡が進む進む。

ピリ辛胡麻味噌は、チェイサーにビールを頼みたくなる味わいだし、
タレの種類がこんなに豊富だと、ひと口ごとに違う味わいの広がりがあり
やめられない止まらない。



b0118001_2155716.jpg
KRUGとギョウザ♡
こないだ大阪の某所で開かれていた、
「Krug En Capitale in Osaka」のPleasureを、思い出すわ〜。
不意打ち遭遇&滞在時間10分だったMセンセ、おおきにです!



その後は、ロングタイムで(おそらく滞在時間4時間)
b0118001_2163320.jpg
ギョウザ & 至福のシャンパーニュ時間となりました。
ギョウザとこの子たち。ギャップが面白すぎる。

あ〜、メガネ元田くんが作るギョウザ、
間髪あけずに食べに行きたなるわ。
近々また、おじゃますると思います。ご馳走様でした☆


「スタンドシャン食」
大阪市北区曽根崎新地1-5-9 谷安プレジールビル 1F
☎06-6147-2498
open : 17:00〜翌2:00(土曜〜翌1:00)
close: 日曜、祝日
https://www.facebook.com/shanshoku


Oasis - Don't Look Back In Anger (2006 Japan)

by writer-kaorin | 2014-09-20 21:10 | スタンドシャン食 | Comments(4)  

BUN da BUN!!

脳内が・・・
路地に横丁、
そしてディープイタリアン化してマス。
今週はオモロすぎる怒濤。詳しくは来月と再来月!


さて、この夜は
出水シェフのタヤリンが無性に食べたくなり
土佐堀「BUN da BUN!!」さんへ。
ラストオーダーが、0:30ということもあり
遅い時間に気兼ねなく、おいしいお料理にありつけるのが嬉しい。
b0118001_22112837.jpg
泡をかけつけ2杯。



*イタリア産チェリートマトのオイル漬け
b0118001_22113935.jpg
小粒で旨み凝縮。



*スモークした鴨とビーツのサラダ
b0118001_22115319.jpg
鴨の程よい燻香と、土の味がするビーツ。
めっちゃ好きなもの同士の組合せに顔が綻びる。



*タヤリン あんず茸とパンチェッタのソース
b0118001_2212766.jpg
ファッファとでも言うのか、舌の上で軽やかに踊るような質感。
パンチェッタの旨みとキノコの香りが口中を占拠し
タヤリンにはソースの旨みがいい具合に馴染みつつ、食後感は軽やか。


「骨付き仔牛ロース、何でもできますよ」
「う〜ん、ほなカツレツで」
ってことで


*骨付き仔牛ロースのカツレツ
b0118001_22122018.jpg
デ・デ・デカイ!


b0118001_22123419.jpg
隣にiPhoneでも置いて撮影すればよかった(笑)
ゆうに小顔サイズ。
香ばしく焼き上げられ、仕上げに焦がしバターをジュッとかけたカツレツは
美しき黄金色。
ナイフをすっと入れると、ピンクの肌が顔を覗かせ、
肌理が細かい身の、初々しい肉の甘みが。
ひつこさ皆無だから、おそらく私は2/3と骨まわりをガッツリ頂いた。



カウンターの隣には、偶然にもパセミヤの店主・よっちゃんや、
これまた不意打ち遭遇、ル・シュクレ・クールの岩永シェフのお姿も(笑)
満月の夜だからなのか、めっちゃ濃い〜カウンター(笑)

嗚呼、空腹のままこの日記を書いていたら
今すぐにでもあのカツレツを味わいにおじゃましたくなる。
b0118001_22125893.jpg
出水シェフ、村上くん、ガーコ。
ご馳走様でした!


「BUN da BUN!!」〜ブンダブン〜
大阪市西区土佐堀1-1-32
☎06-6447-9750
open : 17:00〜翌0:30LO
close: 不定休
https://www.facebook.com/pages/BUN-da-BUN/501735073280701


Huey Lewis And The News - Do You Believe In Love

by writer-kaorin | 2014-09-18 22:14 | BUN da BUN!! | Comments(0)  

番屋 燁

「番屋 燁」さんで晩ご飯。
おそらく2回転目、という時間。カウンターだけの店内は満席。
いつも活気に満ちている。


*枝豆醤油バター
b0118001_945755.jpg
まずはのビールとともに。醤油バターのコク、飲ませる味わいだ。



*生うにローストビーフ
b0118001_951047.jpg
数量限定の名物メニュー。
切りたてのローストビーフはロゼ色が美しく
噛めば肉の旨みとともに、雲丹の澄んだ海味がぶわ〜っと。
ビールの次は日本酒。奈良「風の森」の秋津穂のキレイな酸、
じわり広がる旨みが寄り添ってくれる。



*お造り盛り合わせ
b0118001_952411.jpg
宮城のカツオ、福岡の鯖はさっと酢〆、愛媛のカンパチに鯛。
いずれも存在感あるおいしさ。秋津穂、飲み干し次のお酒へ。



*出し巻玉子
b0118001_953831.jpg
目の前、至近距離で調理を見れるのも、この店ならではの楽しみ。
出し巻きに箸を入れると、ふるふるっと揺れる質感とともに湯気がぶわっと。
丁寧にとったダシの、澄んだ香りとうま味が、じんわりと響く。


b0118001_955170.jpg
獺祭 純米大吟醸50。
滑らかな舌触り、まったりとした甘みを感じるが味の切れはいい。
何とも安定感のあるおいしさ。



*金目鯛 炭焼き
b0118001_9624.jpg
身が厚く、脂の甘みを引き立たせる程よい塩加減に、
日本酒がどうにも止まらない。



*慎ちゃん特製カレー(小)
b0118001_961467.jpg
スパイス感と程よい辛味。
サラリとしていて〆にはちょうどいい。


満腹至福。
こちら「番屋 燁」さんは、豊中の割烹「一汁二菜うえの」さんの姉妹店。
ゆえに仕入れは本店と同じといった、鮮魚や野菜を用いたお料理を
手頃な価格で楽しめるのも嬉しい限り。
ご馳走様でした☆


「番屋 燁」
大阪市中央区瓦町2-3-4
☎06-6232-3768
open : 16:00〜24:00LO
close: 日曜


PRETTY MAIDS - Please don't leave me

by writer-kaorin | 2014-09-15 08:10 | 番屋 燁、よどやばし燁 | Comments(2)  

YOTTERIA DI KAPPA(ヨッテリア ディ カッパ)

残業アフター。大阪・淡路町にある
「YOTTERIA DI KAPPA(ヨッテリア ディ カッパ)」さんへ。
b0118001_934556.jpg
場所はコゴミさんの跡地。
オーナーシェフの藤田さんは、ヨッテリア ガクさん出身。2014年4月open。
事務所から徒歩数分なので、ちょいちょいおじゃましてます。



*大羽イワシのマリネ 大葉のソース
b0118001_94768.jpg
大ぶりイワシ。身の厚みと、脂のノリ凄い。
青背大好き人間には堪りません。
オオバ繋がりのソースは爽やかな香り。



*ポテトサラダ
b0118001_941260.jpg
ジャガイモの甘み広がる、なめらか系。
ピンクペッパーがいいアクセントだ。

b0118001_943156.jpg




*豚串
b0118001_94438.jpg
イベリコ豚セクレタ、豚バラ、豚トロベーコン、
サルシッチャ、チチカブの炭火焼き。
肉質や脂ののり、香りも歯ごたえも異なり、グラスを持つ手が止まらない。



*季節野菜のフリット
b0118001_951950.jpg
万願寺、コーン、島らっきょ。
カリッサクッと軽やか。チェイサーのビールとともに。



*スパゲティ あさりとプチトマト
b0118001_952390.jpg
「あっさり味のスパゲティが食べたい」とツレ。
ってことでボンゴレビアンコ的(ちょっとトマト)パスタをシェフが作ってくれた。
ちなみに「ディ カッパ」さんはタリアテッレほか自家製麺も多数。
そちらも頂きたかったが次の機会に。


遅い時間にサクッと寄れて、おいしい皿にありつけるのが嬉しい。
オフィス街に囲まれた場所ゆえ、
本町〜淀屋橋で働いているであろう人たちでこの日も賑わってました。
ご馳走様でした☆


「YOTTERIA DI KAPPA(ヨッテリア ディ カッパ)」
大阪市中央区淡路町3-4-12 サンプラザ淡路町ビル1F
☎06-6233-7070
open : 11:30~14:30、18:00〜22:30LO
close: 土曜


たまには最近のmusicを(笑)
Fun.: We Are Young ft. Janelle Monáe [OFFICIAL VIDEO]

by writer-kaorin | 2014-09-13 09:06 | DI KAPPA | Comments(0)  

姫おかえり!被害者の会 @ばかや

ボルドーの「」が、大阪に舞い戻ってきた!

待ちに待ってた人も多い、姫の帰還を盛大にお祝いしようと
濃い〜メンバーが集結@中之島「やきとり ばかや」

題して「姫おかえり!ナイツ(被害者の会)」
b0118001_20584249.jpg
皆が写っている写真はすべて
撮影/Naoto Hirai & Miyuki Nakata


メンバーは、モエヘネシーデアジオの若木さん、
魔法のレストランのチーフディレクター平井さん、
「やきとり ばかや」の店主・石倉さんに、
ハードロックな産婦人科院長・小川センセ、
洋楽ロックな音楽事務所の山崎社長に、
堂島浜「火場焼 はまじま」の家元(姫の舎弟)、
不動産の村上さん、リシェ編集長 金馬さん、
今日がお誕生日、北新地「Salon de S」の眞理ママ(姫の姐さん)、
私はお会いできへんかってんけど、北新地「バー オマツ」のオマツさんや
お店開店予定の圭一郎さんなどなど。入れ替わり立ち替わりの濃い夜。


b0118001_2103978.jpg
乾杯の音頭は、姫の舎弟である「はまじま」の家元より。
「姉さん、よくぞまぁご出所されました!おかえりなさいませ!」って、
そっちかい〜!この後、家元は2回、3回と
メンバーがやってくるたびに乾杯のご発声(笑)



*造り盛合せ
b0118001_21123.jpg
ささみ、ずり、ハート、白肝、淡海地鶏のムネ肉タタキに
ツムラ本店の河内鴨ロース。
いずれも鮮度いい、澄んだ風味。泡のおともに頂きます。



*だだちゃ豆
b0118001_2125675.jpg
ホクホク、濃い味わい。



*ささみ(梅)
b0118001_2131164.jpg
中はレア。その質感堪りません。
梅肉と大葉でさっぱりしつつも、味わい深い。



*ゴールドラッシュ
b0118001_2133696.jpg
ジューシーで、透き通った甘みが印象的。



*ささみ(山葵)
b0118001_2135178.jpg
この串も好物だ。しっとりレアなところに山葵の香りがふうわりと。



*天然舞茸
b0118001_2135323.jpg
肉厚だ。クニュッ、シャクッとした食感が強い。



*イチジク
b0118001_2143644.jpg
イチジク大好物のY社長が平らげる・・・(笑)



b0118001_214499.jpg



b0118001_215441.jpg
つくねに赤ウインナー…ほか、
姫がボルドー在住時に食べれなかったであろうメニューがズラリ。
なので撮影しきれてない。


b0118001_2152582.jpg
チーフディレクター平井さんと、
お誕生日おめでとうございます!の眞理ママ。


b0118001_2153755.jpg
白装束に身を包んだ家元に、金馬さん、村上さんに小川センセ♪


b0118001_2155758.jpg
北新地軍団!



b0118001_2162054.jpg
最後の最後に、10/19(日)に開かれる、
ばかやの祭典「ばか祭」のフライヤーを持ち、残ったメンバー全員集合。
そういえば姫がFBで、いい言葉を書いてたから勝手に引用します。

「仕事もバラバラ、年齢も様々、見た目も服装も統一感無し。
普通なら繋がりどころの無さそうな面々。
バラエティ豊か過ぎるこの個性的な方々を繋ぐものは、

人が好き、酒が好き、飯がすき、そして、何よりオモロイ!
そんな単純明快なことでした。

あとは、”はぁと”です。一緒にいたら温かくなります」

じ〜んときます。本当に人間力って素晴らしい。
ちなみに被害者の会とはなんぞや?
それは北新地に生息する人のみぞ知る、姫のレジェンド(笑)

皆さん、お疲れさまでした!
姫、近々また飲もうね☆



「やきとり ばかや」
大阪府大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
☎06-6445-5000
open : 11:30〜14:00LO、17:30〜22:30LO
close: 日曜


Traveling Wilburys - Handle With Care

by writer-kaorin | 2014-09-11 05:09 | ばかや | Comments(2)