<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

うなぎ 淡水 @三方五湖・口細青鰻の専門店

どうしても鰻が食べたくって、
福井は三方五湖(三方湖)の湖畔にある「うなぎ 淡水」で昼餉。
b0118001_739324.jpg


b0118001_7394422.jpg
予約不可、行列が絶えない鰻のお店だ。
幼いころから慣れ親しんでいる「淡水」が、私のなかの鰻の基準になっている。

こちらのウリは、三方五湖で獲れる天然の「口細青鰻」。
口細青鰻とは一般的な鰻に比べ、ほのかに青味がかっていて、口先が細く尖っている。
身は肉厚でふっくら。脂のりは良いものの、じつに上品な味わい。
淡水と海水が入り混じる湖の環境&餌の良さも、この鰻の旨さ理由のひとつ。
越冬のため栄養を蓄えた11月頃が一番脂がのっていて食べ頃だなんて、ラッキー!


b0118001_7413475.jpg
乾いた喉を潤し、待つこと30分。



*うなぎ白焼 上
b0118001_7415146.jpg
焼きは関西風。表面はパリッと香ばしく、身は程よく厚みがありファッフア。
いつもそうだが、皮と身の間のゼラチン質も、ニヤケてしまうくらいにいぃ感じ。

b0118001_7421199.jpg
身の甘みを際立たせる塩加減すばらしく、少量の山椒(粉)がいい仕事してるの。
脂が上品だから、ふた皿はいけそうな勢いだった。
私はいつも丼を食べずに、白焼き派(笑)。




*うなぎ重箱 上
b0118001_7422310.jpg
横から激写。ひとくちいただく。こちらも身に厚みがあり
タレは甘すぎず、ひつこさ皆無。鰻の旨みと交わり合い、深みのある味わいだ。
米がまたおいしいの。米粒が立ってて、タレ多すぎず少なすぎずの加減、完璧。

b0118001_7423542.jpg
重箱にはもちろん、肝吸いも付いてくる。


b0118001_7425793.jpg
月1でおじゃましたい、そんな鰻専門店。
この日はヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べようかどうか迷ったのだが、
それはまたの機会に♬
若狭〜小浜界隈を旅される方は、ゼヒ一度!



『うなぎ 淡水』
福井県三方上中郡若狭町鳥浜127-10
☎0770-45-1158
open : 11:00〜14:00LO(土日祝は11:00〜15:00LO)
close: 不定休


Traveling Wilburys - Handle With Care

by writer-kaorin | 2016-11-29 07:45 | =OBAMA= | Comments(0)  

Thanksgiving Day 2016

休日のプライベートネタ。
芦屋の友人宅で開かれた「Thanksgiving」のパーティーへ。
b0118001_10323779.jpg
毎年恒例だ。北米にやって来たかのようなテンション上がる楽しい一日。
アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日が、
Thanksgiving Day(感謝祭)。
その昔、イギリスからアメリカへ渡ってきた移住者たちが、
最初の年の収穫を神に感謝し、
かつ原住民であるインデアンへの感謝を込め、この感謝祭が始まったらしい。


この日は11kgのターキーが2羽!!
b0118001_10325335.jpg
朝9時から炭火を使い、火を入れること5時間!!!
途中、みんなはビールや泡を飲みながら、長い楽しいアペタイム。
(写真はすべてiPhoneで撮影)


b0118001_10331170.jpg
友人たちと、小豆島で植えはじめて1年目の
オーガニックなオリーブを塩水漬けに。
ナチュラルなおいしさ。


*Roast Turkey 〜ロースト・ターキー〜
b0118001_10334186.jpg
とにかくデカい!七面鳥だ。
皮は見事な焼き上がり。それだけバリバリ食べたい…。


b0118001_10341252.jpg
ホワイト(ムネ肉)は、パサつき皆無。どこまでもしっとり。
ダーク(モモ肉や骨まわり)は、適度な脂でジューシーな旨味。
思いの外、味わいが濃厚だ。
私はアブラーなので、皮を中心にパリパリと。皮と身の間がまた旨いのなんの。


その他にも、Thanksgivingに外せない料理がズラリ。


*Mashed Potatoes
b0118001_10342852.jpg
滑らかな舌触りのマッシュポテト。


*Cranberry Sauce
b0118001_10344568.jpg
こちらは、クランベリーソース。
ジャム状になっていて、ターキーにかけて食べる。
個人的には途中、味わいに変化が欲しいときにちょこっとだけ付ける。



*Gravy Sauce
b0118001_10345919.jpg
ターキーの肉汁と、香味野菜のみでとっただし、小麦粉からなる
深い深い味わいの肉汁ソース。
マッシュポテトとの相性、良すぎる。


*Stuffing
b0118001_10435394.jpg
ロースト・ターキーに続き、これも大好物です、スタッフィング。
香味野菜やハーブ類と、小さく切ったパンを合わせたものを
ターキーのお腹の中に詰めて焼き上げた、いわゆるターキーの詰め物。

それを、仕上げにオーブンで火入れしているから
カリッ、ジュワッ。ターキーのエキスが溢れ出るのだ。
カロリーなんて気にしてたら損(笑)



*Yam
b0118001_1035308.jpg
ヤムも忘れてはいけない一品。
芋にマシュマロをのせて焼き上げている。この日は安納芋。


それら、Thanksgivingに欠かせない料理を、
ワンプレートにバランスよく盛り合せて味わうのです。
丁寧に作られたお料理の数々だから
もちろん、グラスを持つ手が止まらないのだ。


〆には、これまたThanksgivingに欠かせないデザートを、
我が家から持参。
b0118001_10354825.jpg



*Pumpkin Pie
b0118001_1036766.jpg
自家製のパンプキンパイ!
アパレイユにはオーブンでローストしたカボチャ、
生クリーム、卵、レモンゼスト、ブラウンシュガーほか
ナツメグ、シナモン、クローブ、カルダモン入り。
パイ生地にはサワークリームを入れてて、がっしりサクサク爽やか。

ホイップした生クリームとともに味わいます。
パン・デピスよりやや印象的な、スパイス感が漂うから
甘党はもちろん、酒党にも愛されるデザートなのです。


今年は、小豆島のオリーブの収穫に感謝し、
健康で、友人たちとともに過ごせる一日一日に感謝を込めての、
Thanksgivingパーティーとなりました☆




「Bon Jovi」の来日ライヴでも歌ってほしいなぁ〜♬
Jon Bon Jovi - American Pie (live at Count Basie Theatre 2014)

by writer-kaorin | 2016-11-26 10:39 | =プライベート= | Comments(0)  

バルマスタード @ 祝10周年!

祝10周年!の、心斎橋「バルマスタード」へ。
b0118001_8155546.jpg
近藤さん、幸子さん、誠におめでとうございます!!


*豚とサツマイモの肉じゃが
b0118001_813899.jpg
付き出しは肉じゃが、ならぬ
豚とさつまいもの肉じゃが。略して、豚じゃが。
幸子さんの実家(埼玉の川越)から届くさつまいもはほっくり熟成感ある甘み。
程よくくたっとなった素材のおいしさとともに、じんわり染み渡る味わい。



*ポテトサラダ
b0118001_8132099.jpg
卵たっぷり。コク深く、ナチュラルな甘み。



*砂ずりの黒コショウ煮
b0118001_8133230.jpg
これ好物なのー。
砂ずりはふっくらコリコリッ。咀嚼するほどに
黒コショウのピリリとした刺激とタレの旨みが口中に押し寄せる。



*コブサラダ
b0118001_8134427.jpg
とにかく具沢山!野菜をたっぷり摂取できるのが嬉しいなぁ。
ワサビがアクセントになったドレッシングをブァッとかけて
しっかり混ぜていただきます。
それぞれの素材の、異なる食感や味わいが楽しく、勢いよく食べてしまう。



*岩手県産 短角牛のソーセージ
b0118001_8135931.jpg
ムチッ、ガッシリ噛みごたえがあり、噛むほどにクリアな肉汁溢れ出る。
敷いたレンズ豆の煮込みは、ホロッと繊細な質感と質朴な甘み。
その豆に、ソーセージのジュが染んで、しみじみ旨いなぁ。



*カルボナーラご飯
b0118001_8141263.jpg
確かに!カルボナーラなテイストのご飯や〜。
卵とチーズに黒コショウに、パンチェッタの旨みが重なり、
うん、卵がけごはんとは一線を画す、ワインを欲する味。
カロリーなんて気にしない(笑)

b0118001_8142717.jpg
静岡産のつんつん漬け(わさびの葉や茎の醤油漬け)で、
お口のなかがリセットされて、カルボナーラご飯がついつい進むのでした。


バルマスタードは本日11/23(祝)から25(金)まで、
10周年メニューなどを設けての
アニバーサリーな3日間だそうです。(営業時間/18:00~翌1:00)
近藤さん、幸子さん、おめでとうございます!




「バルマスタード」
大阪市中央区東心斎橋1-15-25 リッツビル2F
☎06-6245-1239
open : 18:00〜翌0:30
close: 日曜
FBページ


Dire Straits - Walk Of Life

by writer-kaorin | 2016-11-23 08:16 | バルマスタード | Comments(0)  

中国菜 エスサワダ @西天満、中国料理の新星

本日、2016年11月19日open!
「中国菜 エスサワダ」@大阪・西天満
b0118001_9324028.jpg
数日前、披露パーティーに招待いただき、伺いました。
澤田シェフ、ご馳走様でした!


改めて、となるがオーナーシェフの澤田州平さんは、
「福臨門酒家」やグランドハイアット東京、
「JOE'S SHANGHAI NEWYORK 大阪店」などでキャリアを積み
心斎橋、「中華旬彩 サワダ」にて料理長を務めたお方だ。 
ディープパープルの会で伺ったときの様子(http://kaorin15.exblog.jp/26019968


*クラゲ甘酢漬け
b0118001_9335388.jpg
厚みあるクラゲは、食感も塩梅もいい。
トマトは杏露酒シロップに漬けていて、甘やかな香りが広がる。



*ピータンと甘海老のタルタル
b0118001_934863.jpg
クリーミーな中に、甘海老の甘みとピータンのコク。
ゴマのカラメルの甘みが優しく寄り添う。



*徳島産 鰆 花山椒ソース
b0118001_9342464.jpg
鰆はとろんとしたミキュイな質感。
ソースの複雑味ある旨みに続き、花山椒が香る。
ミョウガほか薬味がいい仕事してるなぁ。



*白子とレタスの蒸篭蒸し
b0118001_9343723.jpg
白子はふっくら、濃厚クリーミー!
レタスのシャキシャキ感心地よく、
鶏だしやナンプラーの風味を感じるスープで締りのある味わい。


b0118001_9345397.jpg
いつも素敵な笑顔の澤田シェフが、
「名古屋コーチンのクリスピーチキン」を手に持ち、堂々登場〜!



*クリスピーチキン
b0118001_935897.jpg
パリパリ、しっとり、食感のコントラスト楽しく
肉汁が溢れ出る。


b0118001_9352289.jpg
お次は台湾産のあひるで北京ダック。

b0118001_9353863.jpg
シェフが人数分、盛り付けてくれた。

b0118001_936113.jpg
薄餅の中には、柿も入る。
その質朴な甘みと、皮の香ばしさ、甜麺醤のコク。


b0118001_936199.jpg
残った肉もいただきました。
旨みを噛みしめる。



*スープ入り焼餃子
b0118001_9363861.jpg


b0118001_9365138.jpg
そこそこ大きな焼餃子だ。
皮はガシっと香ばしく、肉肉しく、
クリアなスープがじわりと出てくる。



*えびすもち豚の叉焼
b0118001_93783.jpg
艶やかだ。豚肉自体に、しっかりと味があり、この照りが堪らん。



*四川麻婆豆腐
b0118001_9372820.jpg
グツグツ、パチパチと音を立てながら土鍋で登場!
深いコクと複雑な辛味に続き、木綿豆腐のぷるるんとした弾力。
別添えの花椒オイルを適宜かけて味わえば、強烈な痺れが襲ってくる!
で、病み付きとなるわけ。白ご飯はガマン(笑)



*杏仁豆腐
b0118001_9374337.jpg
濃密、濃厚。
清々しい香りが広がった。



以上、澤田シェフ渾身のお料理に、満腹至福。
通常営業では、アラカルトはもちろん、
コース料理(6000円〜 税別)も用意するとのこと。

個性豊かな中国料理店が集まる西天満に、素敵な一軒!
すでに街では話題となっているため、
行かれる際はお電話でご予約をオススメします☆

澤田シェフ、ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました!


「中国菜 エスサワダ」
大阪市北区西天満4-6-28
☎06-6809-1442
open : 11:30〜13:30LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休


The Waterboys: "Fisherman's Blues"

by writer-kaorin | 2016-11-19 09:42 | 中国菜 エスサワダ | Comments(0)  

チチェルキア @マルケの夜。

マルケ料理専門「オステリア ラ・チチェルキア」で
いつものおいしい夜。
b0118001_8102027.jpg
なぜに、コロ助!? (めっちゃ懐かしい w)
そのワケは後ほど、述べるとしよう。(小さな村の物語 イタリア 三上博史 風)



*生ハム・サラミ・イチジクサラミ盛合せ
b0118001_8103250.jpg
手前は、豚フィレをヴェルディッキオで漬けたサラミ。
その右には「ラクリメッロ」というサラミ。なんしか
「ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ」(マルケ州の土着品種)という
赤ワインで漬けたサラミだそうな。
中央にあるのが「チャウスコロ」。これもマルケ州の伝統的な
サラミのひとつで、滑らか&ソフトな口溶け。
自家製のイチジクサラミ(これワタシの大好物)ほか
マルケならではの名アテ、揃い踏み。



*スペルト小麦のサラダ
b0118001_8104764.jpg
スペルト小麦のムチムチ、ホクッとした粒感はじめ
切りそろえられた野菜たちも食感心地よし。。
果実を煮詰めたシロップ「サーバ」のコクや、
赤ワインヴィネガーのまろやかな酸味のおかげで、ついつい食べ進むの。



*アマトリチャーナ (スパゲティ)
b0118001_811186.jpg
じんわ〜りと、カラダの隅々に染み渡るおいしさ。
トマトソースのまろやかな酸味と、グアンチャーレの深いコク、
ペコリーノ・ロマーノの旨みが渾然一体に。
低温乾燥のスパゲティもマルケ産。太めで香りも味もしっかり。


イタリア中部地震の被災地のひとつ、ラツィオ州のアマトリーチェは
パスタ「アマトリチャーナ」発祥の地。
b0118001_8111940.jpg
「チチェルキア」でもアマトリチャーナの売り上げの一部(300円)を
義援金に、という取り組みが行われているの。
この活動は、国内外で広がっている。



*自家製サルシッチャと豆
b0118001_8113270.jpg
サルシッチャはプチッと弾けるとともに肉汁ジュワ〜リ。
レンズ豆、チチェルキアほか丁寧に煮込まれた豆たちの
存在感がまた凄いのだ。


まだまだ食べたいメニューはあった。
ピアディーナとか、ポレンタの炭焼職人風とか、
チチェルキアと野菜のミネストローネや
マルケならではのパスタ・パッサテッリなどなど。
次の楽しみに残しておく。連シェフーいつもおいしい夜をおおきに!



「オステリア ラ・チチェルキア」
☎大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-Yamato Bld.303
06-6441-0731
open : 18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close: 火曜、月1不定休あり


The Police - Roxanne

by writer-kaorin | 2016-11-16 08:13 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

中国菜SHIN-PEI

今日の気分は中国料理!ってことで、
靱本町「中国菜SHIN-PEI」で晩ご飯。
b0118001_22491687.jpg
Michelle Brut N.V.
これを飲みながら、前菜に照準を合わせていたところ…


b0118001_22493074.jpg
和歌山の落花生 紹興酒漬けが登場するではないか!
栗のようにホクホクで、ほのかに甘い。
八角や山椒の風味がふわり漂う。



*お勧め前菜五種盛り合せ
b0118001_22494840.jpg
「蒸し鶏ネギソース」や「ボタンエビ紹興酒漬け」「バイ貝」をはじめ、
「特級クラゲの甘酢和え」には梨とトマトのピクルスが。両者の酸味が泡を呼ぶ。
「炙り秋刀魚の山椒ソース」は、秋刀魚の肝のソースがめっちゃいい仕事してる。



*鮭と海老とキノコの春巻き
b0118001_2250482.jpg
海老のぷりっと食感に続き、鮭が香り、キノコの旨みがじゅわりと。
スダチの酸味が、ぴたりと合ってる。



*ラム肉と春雨と酸菜の辛み煮込み
b0118001_22502284.jpg
複雑味のあるピリ辛テイストのなかに、
白菜塩漬けや大根の葉の漬物の旨み。さらには。
セリ科で生薬としても使われている「当帰(トウキ)」。
b0118001_22503986.jpg


b0118001_22505160.jpg
奈良で作られているという大和当帰の
苦味とスパイシーな風味は、ラム肉と素晴らしき相性を見せていた。
それらのエキスを吸った春雨の旨さといったら…。無言でひたすら食べたわ(笑)。



*麻辣牛肉豆腐
b0118001_2251666.jpg
3年熟成の豆板醤と、麻辣醤のコク深い辛みに続き、
豆腐はふぁっふぁの柔らかさ。
半日煮込んだ和牛スジ肉の、トロトロ感、これクセになる味わいなの。
毎回頼んでしまう一品だ。


オーナーシェフでありソムリエの資格も持つ、中田真平さんと
食後は食材&ワイン談義の、楽しいひととき。
いつもありがとうございます☆


「中国菜SHIN-PEI」
大阪市西区靱本町1-1-18 日宝CUBE靭本町3号
☎06-6447-7726
open : 11:30~14:00LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休
https://www.facebook.com/chugokusai.shinpei/



朝から、移動途中も今日はずっと Leonard Cohen
ご冥福をお祈りします。
Leonard Cohen - Hallelujah

by writer-kaorin | 2016-11-13 22:53 | 中国菜SHIN-PEI | Comments(2)  

Le Sucré-Coeur @カレーパン!

北新地ロケが続いた2週間ほど前におじゃました
「Le Sucré-Coeur」-ル・シュクレクール- @新ダイビル
b0118001_7445496.jpg
4〜5年振りに再会!?な、Iさんとのランチ時間☆
(写真はすべてiPhoneで撮影)


ショーケースの上で目を引く、「イートイン限定 ナビンさんのカレーパン」の
文字&イラストにつられ、すぐさまオーダー。
しかも。ガラスケースにズラリ並ぶパンたちも、
それはそれは、おいしそうな顔をしていたから、
もちろんオーダー(笑)



そのカレーパン。
岸辺のお店でよく買ってた「キュリー」をイメージしていたら
b0118001_7451769.jpg
アツアツのスキレットで登場し、
全く違う風貌だった!嬉しいサプライズ!

肥後橋にあるナビンさんとこのスパイス感豊かなカレーと、
おおらかで、しみじみ旨いラミジャンとが
寄り添い、互いを引き立て合うのだ。
うん、これはライスやなく、
広がるパンの香りと粉の旨みとがピタリなのだ。


b0118001_7453924.jpg
ルーの上に、小さなスープンに盛られたスパイスを振って香りの多重奏を楽しみ、
さらには、パクチーをちぎって加え、
ライムをギュッと絞って。
味わいの変化に富んだカレーとなるから
ボリューム感あるのに、ペロリといけるの。


個人的に好きすぎる「Le Sucré-Coeur」のパンだから
満腹中枢、どこへやら(笑)
b0118001_7455722.jpg
エスカルゴマロンに、マロントルーブル。
栗は栗でも、前者はリッチな味わいで、
後者は渋皮煮にした栗の質朴な味が生地に馴染んでいて
つい食べススムおいしさ。
さらに。焼きたてクロワッサンもいただき、幸せすぎる昼下がりでした。



そんなシュクレクール北新地のNewsをご紹介しよう。
「北新地 GREEN MARKET ~僕らは街のスピーカー!~」
b0118001_7461943.jpg
(画像は、シュクレのホームページからお借りしました☆)

今週11/12(土)10:00〜17:00
シュクレクール北新地のテラスで、
グリーンマーケットを開催するそうです!


"街の中の食のスピーカー"というコンセプトが素敵だし、
参加店舗は魅力的すぎる。
今週土曜を皮切りに、今後は毎月第2土曜に開催とは嬉しいNews!
楽しみです!


「Le Sucré-Coeur」
大阪市北区堂島浜1丁目2-1 新ダイビル1F
06-6147-7779
open : 11:00〜21:00(20:30LO)
close: 日曜、月曜
http://www.lesucrecoeur.com/



Lowell George - What Do You Want the Girl To Do

by writer-kaorin | 2016-11-10 07:56 | ル・シュクレ・クール | Comments(0)  

懐食 清水 @新ダイビル

プライベートでの訪問は初めてでした。
新ダイビルに移転した「懐食 清水」。清水さんのお店で休日の昼餉。
b0118001_7472348.jpg
K川さん、ありがとうございます☆
Mっちゃん、改めておめでとうございます☆



*天然舞茸と落花生のご飯
b0118001_7473636.jpg
落花生はホクホク、栗みたい。そこに舞茸の香り。
ホッと落ち着き胃袋、開く。(笑)



*八寸
b0118001_7475016.jpg
右下から時計回りに。
揚げた「栗の渋皮煮」はサクッ、ホロッと独特の食感、透き通った甘み。
「牛蒡と鰻」は双方の香りが口中に充満。
「アコウの煮こごり」は澄んだ旨みが広がり、

b0118001_748587.jpg
「メークインの桜海老和え」。
千切りよりも細く切られたメークインは、ふぁっふぁの質感。
秋旬の桜海老の上品な香りを纏っている。

b0118001_7481734.jpg
「クレープ 銀杏と唐墨」は、塩梅どんぴしゃ。
唐墨はねちっと、そこに銀杏が香る。



*秋鱧と毛豆のお椀
b0118001_7483235.jpg
しみじみと広がる旨み。名残の鱧は脂のりよし。
青森の枝豆「毛豆」は、わらび粉で練っていて、
もちっと感心地よく、豆の粒感と香りが堪らない。



*鰹たたき
b0118001_7485074.jpg
見とれてしまう。美しい。
甘みのある塩、あるいは割り醤油を好みでつけて。
辛子と塩、いけるなぁ。そして身はねっとり、上等な味わい。



*いくら餅
b0118001_749576.jpg
毎朝、厨房で仕込むという搗きたての餅のなかには
いくらと、いぶりがっこが!
ピュッと弾けるいくらと、がっこの食感、餅とのバランスに唸った。
これねー。もう2〜3個食べたくなる旨さ。
天然岩海苔もいい仕事しています。



*アコウのカマのから揚げ、梅干しの天ぷら
b0118001_7492184.jpg
カマは身詰まりよく、ムチッ&ジューシー。
コク旨のタレ、山椒の爽やかさがアクセント。
塩抜きして揚げた梅干し、かなりの名脇役でした。



*茗荷とじゃこのご飯
b0118001_7493792.jpg


b0118001_7494764.jpg
留椀とともに。上品な香りと味わいに癒された。



*柿のブランデークリーム
b0118001_750275.jpg
ブランデーがしっかり香り、柿がぐっとエレガントな味わいに。


この昼コースが5400円(税込)というのだから。
食後の満足感、半端でない。
吉野桧、一枚板のカウンターで過ごす、楽しい時間でした。
清水さん、ありがとうございました☆



「懐食 清水」
大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル1F
☎06-6343-3140
open : 11:30~13:30LO、17:00~21:00LO
close: 日曜
昼コース5400円、8640円、夜コース13500円(税込)


Bruce Springsteen - Working On A Dream

by writer-kaorin | 2016-11-07 07:50 | 懐食 清水 | Comments(0)  

リンゴ・スターLive & e-two

RINGO STARR And His All Starr Band
-リンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド-
b0118001_9251223.jpg
先日、オリックス劇場で開かれたリンゴ・スターのライヴに行ってきました!
この日は日本公演の初日。
ビートルズのドラマーとして伝説を作った男が目の前に!


しかもリンゴ・スターの仲間たちが凄いの。
b0118001_9252636.jpg
G&Voにスティーヴ・ルカサー(TOTO)、
I saw the light」が有名な
ロック・レジェンドのひとり、トッド・ラングレン(G・Vo)ほか
とにかく豪華な顔ぶれ!



リンゴ・スター自身の曲、ビートルズのあの曲この曲には感動!
ことビートルズの曲に関しては、
メロディーラインもなにもかも、ほぼ当時と変わらず。
さらにはスティーヴ・ルカサーが、「Rossana」「Africa」を歌うなど
バンドメンバーの曲のオンパレード!
一瞬、ダレのライヴか分からなくなるくらい、
メンバーそれぞれのキャラ立ちまくりの公演だった。

b0118001_9254792.jpg

【1】Matchbox (Ringo Starr)
【2】It Don’t Come Easy (Ringo Starr)
【3】What Goes On (Ringo Starr)
【4】I Saw the Light (Todd Rundgren)
【5】Evil Ways (Gregg Rolie)
【6】Rossana (Steve Lukather)
【7】Kyrie (Richard Page)
【8】Bang the Drum All Day (Todd Rundgren)
【9】Boys (Ringo Starr)
【10】Don’t Pass Me By (Ringo Starr)
【11】Yellow Submarine (Ringo Starr)
【12】Black Magic Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie)
【13】You’re Sixteen (Ringo Starr)
【14】Back Off Boogaloo (Ringo Starr)
【15】You Are Mine (Richard Page)
【16】Africa (Steve Lukather)
【17】Oye como va (Gregg Rolie)
【18】I Wanna Be Your Man (Ringo Starr)
【19】Love Is the Answer (Todd Rundgren)
【20】Broken Wings (Richard Page)
【21】Hold the Line (Steve Lukather)
【22】Photograph (Ringo Starr)
【23】Act Naturally (Ringo Starr)
【24】With a Little Help From My Friends (Ringo Starr)
【25】Give Peace a Chance (Ringo Starr)



そして公演アフターは、オリックス劇場の目と鼻の先にある
カレー&ダイニング「e-two」 へ。いつものロックなメンバーとの
お疲れさん飲みで、ライヴ談義に花が咲く♬
b0118001_926895.jpg



*セロリ浅漬け
b0118001_9262375.jpg
塩梅よく、パリポリ食感心地よい。



*チリコンカルネ
b0118001_926412.jpg
品書きに好物、発見!
肉とお豆ゴロゴロ。コク深く、パンチの利いた味わい。
もっと食べたくなり週末、作りましたともチリコンカルネ(笑)



*鶏なんこつスパイシー揚げ
b0118001_9265538.jpg
これもクセになる味わいだ。程よく辛みが利いてて、スパイス感堪んない。



*生マグロの造り
b0118001_927846.jpg
この日の店イチオシは、生のキハダマグロ。
コクがあり、全体的に程よく脂を含み、舌にねっとり絡みつく。


*マグロ血合いのフライ
b0118001_9272073.jpg
栄養価が高い血合いもオーダー。
鮮度がよいから、臭みも全くなく、ジューシーでした。

お腹もいぃ感じになり、店の名物であるカレーにたどり着かず(笑)
次回の楽しみの残しておく。
ロックな皆さん、ありがとうございました!


カレー&ダイニング「e-two」
大阪市西区新町1-18-24-2F
06-6536-5512
open : 11:30〜14:00(月・火・木・金)、
    18:00〜翌1:00(金・土〜翌2:00)
close: 水曜
http://www.e-two.net/


Beatles - Yellow Submarine

by writer-kaorin | 2016-11-05 09:28 | =プライベート= | Comments(0)  

洋食レストラン キートス @谷町四丁目

この日は、谷町四丁目にある
「洋食レストラン Kiitos -キートス-」へ。
b0118001_22594523.jpg
念願叶った夜。Kさんありがとうございます☆



*金華サバのマリネ
b0118001_230846.jpg
石巻ブランド「金華サバ」は
オレンジ、レモン、柚子でマリネしているそうな。
サバは肉厚で風味がいい。柑橘系のさわやかな香りがふんわりと。



*シーザーサラダ -エビ-
b0118001_230359.jpg
超空腹だったのでがっつく(笑)
クリーミーなドレッシングが、お野菜に程よく絡み
エビは透き通った甘みを放つ。



*若鶏のからあげバスケット(5ピース)
b0118001_2305589.jpg
待ってました!の1品。アッツアツだからハフハフと歯を入れれば、
強いカリカリ感に続き、クリアな旨みを蓄えたジュの嵐!
5ピース、完食したくなるおいしさだ。でも今日はひとり1ピース。



*カニクリームコロッケ
b0118001_2312083.jpg
想像していたそれとは違った。
なぜなら・・・


b0118001_2313966.jpg
中は、めっちゃカニーーー!だったから。
ベシャメルソースよりも、
カニ身のほうが多いのではないか?というくらい。
しかも身の甘みはもちろん、カニ味噌のコクが追いかけてくる。
ケッチャップやデミグラスソースも、丁寧に作られた味わい深さがある。



*ワタリガニのスパゲティ
b0118001_2315972.jpg
香りだけで飲めます(笑)
濃厚な旨みが絡む、ワインが止まらぬパスタだ。



*ビーフハンバーグ
b0118001_2323646.jpg
口に運び、咀嚼すると同時に溢れ出るクリアな肉汁。
デミグラスソースのほろ苦さ、奥深いコクと香りが口中に充満する。



*オムライスカレー
b0118001_2325321.jpg
オムライスが食べたく、せやけどカレーライスも食べたくって
そんなワガママに応えてくださった川岸シェフ、ありがとうございます!

この特大!オムライスカレーは
野菜や果物の甘さを感じさせつつ、
キリッとクセになる辛味が押し寄せる、コク深い欧風系。
柔らかな肉がゴロゴロと。
ふわトロ卵のまろやかさと見事にマッチしてた。


川岸健二シェフによる、ザ・洋食の皿の数々は、
丁寧に丁寧に作り上げられた奥深い味。
だからこそ、話題も尽きない楽しいおいしい夜となりました☆



「洋食レストラン Kiitos -キートス-」
大阪市中央区徳井町1-1-7
06-6942-2377
open : 11:30〜14:00、18:00〜22:00LO(22:30 CLOSE)
close: 日曜、月祝
http://kiitos-web.sakura.ne.jp/index.html



Toto - Child's Anthem Live @Yokohama 99

by writer-kaorin | 2016-11-01 23:03 | Kiitos | Comments(0)