<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

旬彩軒 みずの @北新地

私も所属しているロードバイク・チーム
「Rough Roadies 〜ラフ ローディーズ〜」。

メンバーは、ソムリエや料理人はじめとする飲食関係者や、
ビジネスマン&ウーマンほか、さまざまな顔ぶれ。
みんなの共通点といえば「ロードバイク」をこよなく愛していること。
なおかつ酒飲み&美味しいもん好き。
休みともなればしょっちゅう、あっちこっりへ走りに行ってる。

休日のある日。
北新地にある中国料理店「旬彩軒 みずの」にて
メンバーが集まっての美味しい会があり参加♪


*前菜盛り合せ
b0118001_7453320.jpg
蒸し鶏ネギソース、大根の漬物、
クラゲの酢の物、生わかめの胡麻辣油。ビールが進む味わいだ。



*焼売
b0118001_7455112.jpg
ずしっと胃にくるそれではなく、
ふぁっふぁ、ジューシーだから、なんぼでもいけそうな勢い。
豚ミンチに背脂、エビなどの旨みが凝縮。
ハフハフ咀嚼するほどに、クリアな肉汁溢れ出る。



*野菜と春雨の揚げ春巻
b0118001_746653.jpg
椎茸、人参ほか根菜類もどっさり。
野菜の甘みが生きた、軽やかな春巻きだこと!



*黒酢のオリジナル酢豚
b0118001_7462285.jpg
カリサクッと食感よく、柔らかな肉が顔を覗かせる。
トロトロになるまで煮込んだ角煮を、油で揚げるか炒めるかして
酢豚に仕立てたような感覚だ。
酢加減は、黒酢と米酢を使った見た目よりまろやかな味。
その質感、味わい含め、何度食べてもハッと驚かされる酢豚だ。



*海鮮と下仁田ネギの炒め物 雲丹のソース
b0118001_746386.jpg
牡蠣やホタテ、イカや白身魚の複雑な旨みに
雲丹の深いコクが絡む。ネギもいい仕事してます。
これはご飯にぶっかけて食べたい(笑)そんな衝動に駆かられるわ。



*マーボー豆腐
b0118001_7465267.jpg
素材の味が際立った麻婆豆腐。
まろやかな豆腐の旨みを感じさせつつ時間差で、
程よい辛味と、花椒のヒリヒリ感が押し寄せるのだ。


〆の麺は撮影し忘れたのだが、
肉厚の椎茸など冬野菜と干し肉を用いた煮込みそば。
リングイネを彷彿とさせる麺はムッチリ食感。ソースの絡みがいい。
パクチーと、カシューナッツ。それらの香りと食感、相性ドンピシャでした♪


b0118001_7563929.jpg
監督、北新地の川添さんを筆頭に、
この日のメンバー、大集合!
ロードバイクに命かけてる人たちです☆
そのなかに、新地のジョニーディップも!?(爆)


b0118001_7565451.jpg
これ本物(笑)


ということで今年もライド&美味しい会、楽しみにしてまーす!


Toto - I'll Supply the Love




「旬彩軒 みずの」
大阪市北区堂島1-3-8 堂島リンデンビル B1F
06-6131-6577
open : 18:00〜翌3:00(翌1:00LO) 土曜は〜23:00(23:00LO)
close: 日曜、祝日

by writer-kaorin | 2017-01-30 07:57 | 旬彩軒 みずの | Comments(0)  

土佐堀オリーブ @ほっこり晩ご飯

底冷えする夜、「土佐堀オリーブ」で晩ご飯。
b0118001_861688.jpg
宮崎・都農ワイナリーのロゼ。キャンベルアーリー種。
甘やかな香りと、ピュアな果実味が印象的だ。
この日はずっと、このロゼで。


b0118001_86313.jpg
本日のお惣菜は、悩みに悩んでこの4種。
ぎゅっと凝縮感ある甘み広がる「プチトマトのマリネ」にはじまり
「しっとりうの花」は、薄味で素材の風味が際立っている。

b0118001_864432.jpg
「パクチーの佃煮」って初めて!
パクチーは店主・羽山さんが営む兵庫・佐用町「羽山農園」より。
(根菜類などほかの野菜も農園産)
確かにパクチーの香りを感じつつ、佃煮の和な旨み。

b0118001_86591.jpg
「柿のマリネ」はヒットだった。
ピクルスにした柿に、カッテージチーズと蜂蜜。
ワインを誘う、甘みと爽やかな酸味が広がるのだ。


b0118001_871545.jpg
お隣では、白ご飯と具沢山の粕汁で、土佐堀オリーブ定食状態☆
粕汁をひと口いただく。根菜類、コンニャク、豚肉とホンマに具沢山!
汁はまったりコク深く、アッツアツだからカラダの芯まであったまる。
フルフル質感、だしのうま味ジュワリな「“龍の卵”の出し巻き」も美味でした。


さて、私はワインとともに気の利いたアテを愉しむとする。


*オリーブコロッケ
b0118001_885520.jpg
アツアツのそれを齧れば、肌理の細かい衣はカリサク、
マッシュ状の滑らかなポテトと、オリーブの塩味に、
トマトソースの旨みという、いぃバランス。



*クルミ入りポテトサラダ
b0118001_881273.jpg
これも好きやなー。クルミの香ばしさと、ポテサラが合わさると
どことなくホッとまろやかな味わいに。ずっと食べ続けていたかったわ。(笑)



*牛ホホ肉の黒ビール煮
b0118001_87434.jpg
ホホ肉はホロリ崩れる柔らかさ。
かつ程よく繊維質があるところもあって食べごたえあるわ。
ビールのほろ苦さがコクとなった、煮込みソースも旨かった。



こっちはワイン片手に、その隣ではしっかりご飯で定食状態。
そんな客それぞれの飲み方、食べ方に、難なく応えてくれる土佐堀オリーブ。
しかも野菜不足解消となるから、有り難いのです。


「土佐堀オリーブ」
大阪市西区土佐堀2-1-12−B1
☎06-6450-8182
open : 18:00〜24:00
close: 火曜
https://www.facebook.com/olive2011
http://tosabolive.exblog.jp/


Mott the Hoople All The Young Dudes

by writer-kaorin | 2017-01-27 07:53 | 土佐堀オリーブ | Comments(0)  

鮨 清水 @大阪・堂島

毎年恒例、「鮨 清水」での夕餉。
ちょうど1ヶ月前の美味しい時間ゆえ食材の時差、失礼。


*温かい胡麻豆腐
b0118001_7441342.jpg
ハフハフ頬張れば、広がる香ばしさと豆腐のコク。
外の寒さを忘れるくらい、じんわり温まる。


b0118001_7442850.jpg
舌に絡む寒ぶりの旨みを堪能しつつ


*よこわ
b0118001_744416.jpg
もっちりとした質感、クセになるおいしさ。



*太刀魚 皮目炙り
b0118001_7451233.jpg
皮目は香ばしく、身のハリよし。
ビールから即、日本酒の口に。



*数の子
b0118001_7452960.jpg
だしの上品なうま味とともに、パリポリ小気味よい食感。
お正月前だったから妙にテンション上がった。魚卵万歳!



*まながつお 西京焼き
b0118001_7454450.jpg
しっとりみっちり繊細な身質。
白みそのコク深い甘みが優しく語りかけるのだ。



*焼き甘鯛の蕪あん
b0118001_7455877.jpg
蕪は冬の甘みを蓄えていて、グジは脂のりがいい。
五臓六腑に染み渡るこの蕪あん。菊菜もいい仕事してる。


ここらで握っていただくことに。


*かわはぎ
b0118001_7461773.jpg
身はむちっとしていて噛めば甘みがじんわり。
と同時に、クリアな風味の肝が
温めの寿司飯とともにとろけゆく。



*鯛
b0118001_7463270.jpg
ぶりんっと弾力あって、シャリの酸味で鯛の甘みが際立つ。



*とろ
b0118001_746458.jpg
色艶美しく、口に含めば消えゆく魔球。
清々しい香りの余韻には、目を細めたな。



*こはだ
b0118001_747021.jpg
しっかりめの〆加減。
寿司飯の甘みを際立たせている。



*しらさ海老
b0118001_7471586.jpg
透き通った甘みが続くとともに、
忍ばせたミソの旨みが溢れ出る。



*あじ
b0118001_7473377.jpg
ねっとり独特の質感に続き、深い旨み。
忍ばせた薬味で後味さわやか。



*ハリイカ
b0118001_7474820.jpg
シャクッと独特の食感に続き、甘みが押し寄せる。



*づけ
b0118001_748229.jpg
香りよし、口に入れたときの寿司飯との一体感もいいわぁ。



*うに
b0118001_7481953.jpg
厚岸産。堪らなく濃厚な甘み。



*鯖寿司
b0118001_7483578.jpg
酢〆の酸味を忘れるくらいに、脂のノリと甘みが強い。



*穴子
b0118001_7484925.jpg
笹の葉で蒸し焼きにした穴子。塩とタレを同行者と半分こ。
ふぁっと舌の上で踊り消えゆく、じつに繊細なテクスチャーだ。



*いくら
b0118001_749593.jpg
寿司飯ととも広がる甘み。これも堪らん。


b0118001_7491848.jpg
あおさ入りの汁物でホッと一息つき


b0118001_7493327.jpg
トロたくで〆となりました☆


この日は遅がけの訪問だったから、
食後は清水さんといろんな話ができ、愉しいひととき。
何とも感慨深い夜でした。いつもありがとうございます☆


「鮨 清水」
大阪市北区堂島3-2-7 サンライズビル3F
☎06-6450-0666
open : 17:00〜24:00LO(土曜〜22:00LO)
close: 日曜、祝日


Robert Plant, Alison Krauss - Gone Gone Gone

by writer-kaorin | 2017-01-25 08:03 | 堂島 鮨 清水 | Comments(0)  

チェンチ @鳥取、山海の恵み

この日は京都・岡崎にある「チェンチ」へ。
鳥取県の食材を使った食事会に参加。
オーナーシェフの坂本さんとは、鳥取ロケでご一緒したことがある。
現地の生産者や素材との交流が、この日集結したわけだ。

そんな坂本シェフ、1/23(月)発売の「あまから手帖」Cookingページに
どどーんと載ってます。要チェック!
https://www.amakaratecho.jp/



*グリッシーニ
b0118001_1724512.jpg
パリポリ、粉の風味良し。鳥取の「北条ワイン 砂丘白 2013」とともに。


*大山ブロッコリー“きらきらみどり”  白バイ貝
b0118001_17242368.jpg
ブロッコリー特有のエグミが全くなく、
むしろ深い甘みと香りがぶわっと口中に広がるのには驚いた。
この“きらきらみどり”は、蕾がギュッと硬いままの真夜中に、夜通しかけて収穫する。
だから味わいの凝縮感もすごいのだ。
ミキュイの白バイ貝は、肝ソースでコク深い。


b0118001_17243716.jpg
自家製フォカッチャ。軽やかなタッチだから、瞬時に胃に収まった。



*ほうれん草 松葉がに
b0118001_17245432.jpg
いずれの素材ももちろん鳥取産。
ほうれん草を練りこんだクレープ生地のなかに、蒸したほうれん草、
松葉がにの身とミソ、ブロマージュブランや松の実などが入る。
主素材の異なる甘みの後に、フロマージュブランの爽やかさ。



*蕪 淀江がいな鰆
b0118001_17251215.jpg
一本釣りして即、活〆した寒ザワラ。
炭火で軽く火を入れた身は脂のりも香りもいい。
蕪蒸しと自家製ボッタルガ。そこに柚子が香る、計算し尽くされた一皿。



*ミディトマト フルーツキャベツ 鳥取地どりピヨ
b0118001_17253188.jpg
それぞれが主役級。セミドライにしたミディトマトの酸味と甘みの凝縮感にハッとなり
エストラゴンを利かせたキャベツは、冬の甘みを蓄えている。
そして、鳥取地どりビヨ。程よく弾力があり、味わいはすこぶる濃厚。
存在感ある味わいが喧嘩することなく、見事なハーモニーをみせていた。


b0118001_1725479.jpg
「北条ワイン 砂丘赤2013」の、凝縮感ある果実味を楽しみつつ


*牛蒡 猪 日本晴 ひとめぼれ
b0118001_1726444.jpg
この皿にも唸った・・・。
2種の米のもっちり感とアルデンテ的な質感に、
猪ラグーの複雑な旨みと、素揚げした牛蒡の香りが合わさり、
脳裏に浮かぶは冬山の情景。



*ねばりっこ とっとり115 鳥取和牛オレイン55
b0118001_17262225.jpg
鳥取和牛オレイン55のイチボを使用。
プルンとした質感に続き、溢れでる脂はスッキリ。後味がじつに清々しいの。
厚みある椎茸、とっとり115はタプナードのコクと良き相性をみせ、
ねばりっこ(長芋の新品種)のピュレの粘り&甘みが印象的だった。



*伯州美人 トラフグ ヤマトシジミ
b0118001_17264342.jpg
天然トラフグのムッチリとした身だけでなく、
ガラからとっただしがソースの要。
さらには、とろりと甘いネギ(伯州美人)、
ヤマトシジミのエキスが渾然一体に。
そこに黒七味をはらりっ、てところが坂本シェフらしい。
めっちゃおかわりしたくなる、〆バスタだった(笑)



*花御所柿 エスプレッソ
b0118001_1727377.jpg
柿に、エスプレッソとマルカルポーネという組み合わせ。
花御所柿の質朴な甘みがぴたり寄り添っていた。



*シルバーベル フロマージュブラン
b0118001_17275162.jpg
洋梨「シルバーベル」の芳醇な香り、糖度の高さにはびっくり!
ピスタチオのソース&タルト生地の香ばしさ、
フロマージュブランの爽やかさ、と味わいのバランス秀逸。
カマチ陶舗さんの有田焼の小宇宙、も楽しませていただいたのでした。


b0118001_17281079.jpg
ハーブティーで一息。


いつものチェンチとは違う、鳥取食材に特化したコース構成。
生産者の想いを受けたうえで、
素材がもつ潜在能力を十二分に引き出す、坂本シェフの技には相変わらず脱帽。
しかも、足し引き巧みな、味わいの組み合わせに、いつのものように惚れ惚れしたのでした。



「cenci -チェンチ-」
京都市左京区聖護院円頓美町44-7
☎075-708-5307
open : 12:00〜13:30LO、18:00〜20:00LO
close: 月曜休、日曜不定休
http://cenci-kyoto.com/


今夜はコレコレ!会場で!@京セラドーム大阪♪♪♪
Guns N' Roses - Welcome To The Jungle

by writer-kaorin | 2017-01-21 11:33 | cenci | Comments(0)  

「Foujita」フジタ @蕎麦と河内鴨、和魂洋才。

2017年1月15日に開店した「Foujita」フジタ @大阪・福島区
b0118001_7485966.jpg
同エリアにある、蕎麦 料理 お酒「藤乃」の2号店であり、
「Foujita」はその5軒左隣だ。
オープン日に伺いました。藤田さん、ご開店おめでとうございます☆

b0118001_7491348.jpg
本店の蕎麦屋同様、“蕎麦と河内鴨”を軸とし、
「Foujita」は、ガレットや蕎麦米のリゾット、かわり蕎麦など
ジャンルの枠にとらわれないメニュー構成だ。



夜のお任せコースより。この日のアミューズは

*河内鴨の生ハムとカマンベールチーズ
 小さいガレットで包んだ河内鴨スモーク入りポテトサラダ
b0118001_750536.jpg
生ハムは噛めば噛むほど脂の甘みが迸る。
しっとりとしたガレットは、燻した河内鴨の香りがフックに。


b0118001_7502195.jpg
ガレットにはシードルでしょ、ってことで
「タケダワイナリー サン・スフル シードル」
無濾過。りんごの爽やかさと仄かな渋みで、奥行きのあるテイストだこと。



*前菜盛り合せ
b0118001_750369.jpg
河内鴨ロースの低温ローストは塩ネギソースとともに。
さらにはテリーヌやユッケ、ササミのさっと炙り…と
河内鴨の部位それぞれの特性をいかした品揃い。
アンチョビマヨネーズとイクラをのせた半熟卵の色艶、味わいも堪らん。



*河内鴨のたたき、生レバー
b0118001_7505122.jpg
ロースのたたきは、セルバチコや茗荷とともに山葵醤油で。
生レバーはごま油と塩で。クセが全くなく清々しい後味。



*そば米リゾット
b0118001_751773.jpg



b0118001_7512171.jpg
そば米に、トマトをベースにしただしの
深い旨みが響き渡る。

b0118001_7514932.jpg
別皿には、パクチーの塩昆布&ごま油和え、
河内鴨の脂でつくった油かす、
鴨スモークの細切りが。
好みでリゾットと共に味わえば、味わいの広がりが面白い。



*河内鴨のガレット
b0118001_752107.jpg
蕎麦粉を用いた生地は、だし入り。
それゆえ、メイラードの香ばしさと旨みが押し寄せ、しっとり美味。
鴨ロースの深みある味わいと呼応する。
赤ワインバターソースのコク、
人参のドレッシングの甘みがアクセントとなり、すいすい食べ進むのだ。



*Foujitaのかわり蕎麦
b0118001_7523260.jpg
北海道産の蕎麦粉を用いた二八。
まずはそのままで、香りと甘みを楽しむ。
続いて、トマトとバジルソースを加えたつけだしとともに。
この組合せはワイン派&女性好み♡
(ちなみに、せいろやかけ、鴨なんばなど、定番の蕎麦もあります)



*カンノーロ
b0118001_7524533.jpg
シチリア、郷土のドルチェをFoujita流に。
焼いた蕎麦の生地に、マスカルポーネと泡立てた泡立てた生クリーム入り。
ミルク感たっぷりながらも、ふわっと軽やか。
この店の定番スイーツになること必至でしょう。
コーヒーをいただき〆となりました。


まさに「和魂洋才」。
蕎麦や河内鴨といった日本が誇る食材を大切にしつつ、
西洋の技術を受け入れ、両者を調和させ発展させていく。
ジャンルの枠にとらわれないメニュー構成は
いずれも美味で、魅力に満ちていた。


オープンして間もないため、¥ものせておこ(2017/1/19現在)☆

《ランチA ¥900》
本日のスープorサラダ、本日のガレット

《ランチB ¥1400》
本日のスープorサラダ、本日のガレット、カンノーロ、コーヒーor紅茶

《ランチC ¥1700》
本日のスープorサラダ、Foujitaのかわり蕎麦、カンノーロ、コーヒーor紅茶


《ディナーコースA ¥3500》

《ディナーコースB ¥5000》

※ディナーはアラカルトも多数
→前菜、蕎麦、お野菜、リゾット、ガレット、肉料理、デザートなど



「Foujita」
大阪市福島区福島3-9-15
06-4799-0240
open : 11:30〜14:00、17:30〜22:30LO
close: 日曜、祝日
https://www.facebook.com/1.15foujita.gallett/?fref=ts


The Turtles - Happy Together - 1967

by writer-kaorin | 2017-01-19 07:56 | 藤乃/Foujita | Comments(0)  

なにわ料理 有 @東天満

大阪・東天満。
夜ともなれば静けさ漂う、街の一角に佇む「なにわ料理 有」。
b0118001_87024.jpg
この日は、あまから手帖のデスク地宗さんや、フォトグラファーの香西姉さん、
チチェルキアの連シェフたちとの待ちに待った会合だ。


品書きには、そそられる素材名、メニュー名がびっしりと並び、
どれにしようか嬉しい悩み。
b0118001_872432.jpg
付き出しは「鯛皮ときゅうりの胡麻酢和え」。
プリンッとした皮の食感心地よく、きゅうりは凝縮感ある味。
胡麻酢のまるい酸とまろやかなコクがいぃ具合に絡む。


b0118001_873936.jpg



*造りお好み盛り合わせ
b0118001_87561.jpg
「氷見の寒ぶり」はハリよく上品な脂がじわっと。味大根との相性絶大。
左には「南淡路・福良 3年ふぐ」のてっさ。
飴色した身は、咀嚼するほどに深い旨みが滲み出る。
「福井・越前のよこわ」の脂ののりには驚いた。



*河内鴨の白みそ椀
b0118001_882041.jpg
久しぶりの河内鴨にテンション上がる。
脂のピュアな甘みと、白みそのまったりとした甘みが呼応。
高山太水菜のシャキッと小気味良い食感、
板持海老芋のさらりとした粘りも主張する。



*風呂吹き田辺大根
b0118001_883720.jpg
見とれてしまう美しさ。
程よく質感を残した田辺大根。そのエキスとだしのうま味が口中を占拠する。
山椒を利かせた肉味噌、こっれが…飲ませる味わいなのだ。



*鯖生ずし
b0118001_885683.jpg
和歌山・加太の寒鯖だそうな。厚みあり、ほどよく筋肉質。
やらこい〆加減で、もう一切れ…と食べ進む、上等な味わい。



*天神紅梅蒸し(梅干しの茶碗蒸し)
b0118001_891526.jpg
この店の名物のひとつ。
梅干しが放つ、強い酸味と塩味を感じさせない上品な茶碗蒸しなのだ。
ダシで炊くことで梅干しの酸と塩気が優しさを帯び
そのダシと茶碗蒸しの生地とが合わさり、えも言われぬ風味を放つ。



*穴子 白焼 わさび
b0118001_8101837.jpg
淡路・岩屋産。


b0118001_8103676.jpg
香りよく、ふぁっと繊細な穴子。
くるみの甘露煮、これはおかわりしたかった!(笑)



b0118001_8105264.jpg
積もる話がありすぎの4人。喋りは止まらないが、
いざ、酒や料理が供されると、それらにぴたりと集中するの。



*金柑とはくさいサラダ
b0118001_8111288.jpg
はくさいはギュッと甘みを蓄えていて、
金柑の香り、甘酸っぱさがドレッシング的存在に。
さらには、クミンの風味が時間差で押し寄せるのだ。


まだまだ頂きます。みんな、よく飲みよく食べる(笑)



*本ししゃも おかき揚げ
b0118001_8113696.jpg
卵びっしり!ホクホクの本ししゃもに、
細かく砕いたおかきの食感と風味が生きている。




〆には「しじみ味噌にゅうめん」と
b0118001_8121780.jpg


b0118001_812367.jpg
密かに人気だという「納豆ぞうすい」を。
しみじみとした旨さが全身を巡り、
五臓六腑に、というか細胞が喜んでいる感じ(笑)



b0118001_8125419.jpg
ご主人の古池さん。「新メニューです」と供されたそれは…


b0118001_8132454.jpg
中崎町「ブーランジェ エス・カガワ」さんとのコラボパン、という
「丹波黒豆のパン」。
成熟しきった黒豆(ひね豆)の風味、
むっちりとしたパン生地が放つ、酒粕に通ずる香りが見事に合うてる。
咀嚼するほどに素朴な甘みが響いた。



b0118001_8134256.jpg
「白玉あずき」に


b0118001_814018.jpg
「あまおうプリン」と、別腹も作動したのでした。



食べ手に口福をもたらしてくれる、浪速割烹の技と素材使いに
この夜も酔いしれたのでした。
嗚呼、近くにあったら週1で通いたい…。



「なにわ料理 有」
大阪市北区東天満1-9-17
☎06-6232-8558
open : 17:30〜22:30LO
close: 日曜、連休の月曜


The Wallflowers - The Difference

by writer-kaorin | 2017-01-16 08:15 | なにわ料理 有 | Comments(0)  

中国菜 エスサワダ

事務所の忘年会は西天満「中国菜 エスサワダ」にて。
@2016.11.10open
b0118001_736487.jpg


b0118001_7361723.jpg
アミューズはフォアグラ紹興酒漬け。
軽やかなパイ生地で挟んだフォアグラはコクも香りも深く、
プラムのソースの甘酸っぱさが全体を引き締める。



*前菜五種
b0118001_7363440.jpg
クリスピーポーク
干し豆腐と豆苗の和え物
ブリ 花山椒のソース
淡路島 えびすもち豚のチャーシュー
クラゲ甘酢漬けとトマトの杏露酒漬け

飲ませる前菜揃いだ。



*北海道産セコガニのジャンボ餃子
b0118001_7365196.jpg
齧れば肉汁とともに、セコガニの濃厚な旨みが口中に広がる。

b0118001_7376100.jpg
内子も外子も入って、こりゃ嬉しくなるわ。
二口目は、黒酢&針生姜とともに。



*フカヒレの白湯煮込み
b0118001_7371975.jpg
とことん煮詰めた鶏ガラや、ネギ&白菜の甘み、干し貝柱の旨みがグッと凝縮。
ヨシキリザメは繊維が適度に太く、極みのスープが見事に染み込んでる。



*北京ダック
b0118001_7373334.jpg


b0118001_7374498.jpg
台湾産のダックは皮の香ばしさこの上ない。
そこに、シャクッと食感のリンゴの甘酸っぱさと甜麺醤、相性バツグン。



*ホッキ貝のネギショウガ炒め
b0118001_7375994.jpg
ホッキ貝はすこぶる甘い!
広東白菜やヤナギマツタケ、マコモダケとともに。



*クリスピーチキン
b0118001_7382122.jpg


b0118001_7383447.jpg
栃木県産の “香鶏”。
皮は適度に厚みがあり、カリリッ、ジュワリな脂は旨い!
そして身はしっとり繊細。なんぼでも食べてしまいそうになる(汗



*宮崎牛 中華風しゃぶしゃぶ
b0118001_7385070.jpg
香りよく蕩けるロース肉。香菜がいい仕事してます。



*酸辣湯麺
b0118001_739611.jpg
酸っぱ辛いスープが麺に絡み、クセになる味わい。


b0118001_739232.jpg
杏仁豆腐で〆となりました☆


Kさん、澤田シェフ、ありがとうございました!
この日は、2016年に食べたお料理のBest5を発表する日だった。
私の5位は:某焼肉店、第4位:尾道の串揚げ、第3位:地方の鰻屋、
第2位:某料理旅館、第1位:某天ぷら店、でした♪



「中国菜 エスサワダ」
大阪市北区西天満4-6-28
☎06-6809-1442
open : 11:30〜13:30LO、17:30〜21:00LO
close: 不定休


Jeff Beck、2/2大阪公演!!もちろん行きますともー!
追加公演もあるみたい 2/7@あましんアルカイックホール 
http://udo.jp/Artists/JeffBeck/osaka.html

Jeff Beck - Led Boots

by writer-kaorin | 2017-01-13 07:40 | 中国菜 エスサワダ | Comments(0)  

Capanna 〜カパンナ〜

職場のご近所、淡路町「Capanna 〜カパンナ〜 」で遅がけ晩ご飯。
年末ネタにつき時間差失礼!
b0118001_7252721.jpg
最近よく飲むわ。アペにカンパリソーダをグビリ。



*前菜盛り合わせ
b0118001_7254482.jpg
ナスやインゲン豆のマリネをはじめ、カプレーゼ、
サラミ、モルタデッラ、コッパと飲ませるアテ揃い。
さらには脂甘しなヒラメのカルパッチョ、
赤玉ネギのアグロドルチェの甘酸っぱさがよく合うサゴシのフリット、
水ナスと洋梨とリコッタチーズ(これめっちゃ好き)などなど。



*トリッパのトマト煮込み
b0118001_7273434.jpg
トリッパは風味よく、トゥルンとした質感堪んない。
トマトソースの深いコクといったら…。目を細めてじっくり堪能。



*もち豚のサルシッチャのグリル
b0118001_7302563.jpg
ラスト1本ということだったので、ハーフポーションで。
サルシッチャはブリンブリン、弾ける肉汁!とともに
アニスほか香辛料の風味がふわりと。
タスマニアのマスタードがいい仕事してる。ローストした根菜類はどこまでも甘い。


b0118001_7304554.jpg
そらこうなりますわな。



*スパゲッティ 赤海老とアオサ海苔のクリームソース
b0118001_731559.jpg
赤海老の身と殻をソテーし、昆布入りあさりだしを加えているとか。
クリーミーな中に甲殻類の旨みと磯の香りとが凝縮。


根岸シェフによる料理は、深くも優しい。
食べ終わってホッと落ち着くというか、
また食べたくなる味わいなのだ。


「Capanna 〜カパンナ〜」
大阪市中央区淡路町2-6-5-1F
☎06-6226-7026
open : 11:30~14:00LO、18:00~25:00LO
close: 日曜、第3月曜
https://www.facebook.com/capanna2015/?pnref=story


Sting - I Can't Stop Thinking About You

by writer-kaorin | 2017-01-10 07:33 | Capanna | Comments(0)  

うなぎ じん田 @天満

大阪・天満市場近くの「うなぎ じん田」で昼餉。
ある美味しいミッションがあり、朝からお腹を空かして参戦だ。
Kさんありがとうございます☆
b0118001_22465769.jpg
1Fでは、鰻を炭火で焼き上げるシーンを覗き見ることができ
芳しい焼きの香に、食指が動く。



そして2Fの食堂へと。
b0118001_22471642.jpg




*う巻
b0118001_22494825.jpg
うなぎは香ばしさとふっくらさを併せ持ち、
フルフルのだし巻きから滲み出る、だしのうま味が馴染む。



*三色まむし
b0118001_2250427.jpg
お昼だったので、軽めに三色まむしを。
う巻と、うなぎが2切れ。
関西ならではの地焼き。パリッサクッとした香ばしさが堪らん!
身質は関東風に比べ、しっかりしていながらも、ふっくら。
タレはコク深いのだが、ツヤ甘の米と交わるとまろやかな味わいに。
あっちゅう間に、ペロリ。



*肝吸い
b0118001_22502226.jpg
五臓六腑にじんわりと響き渡る。



*半助豆腐
b0118001_2250409.jpg
鰻の頭からでるだしと
タレ焼きの香ばしさとが融合し、いぃ塩梅に。
その旨みをしっかりと受け止める豆腐がまった、名脇役なのだ。
白ネギはトゥルンとぬめりあり、すこぶる甘い。
クゥ〜ッ、昼から飲みたいけれどガマン。



次は、夜にも伺いたいなぁ。
うざく、肝焼、白焼あたりで日本酒をクウィ〜ッと。
想像するだけでお腹が鳴り響くではないか。(笑)



「うなぎ じん田」
大阪市北区池田町7-6
☎06-6882-5115
open :食堂/11:00〜15:00、17:00〜21:30LO 
          1階テイクアウト/9:00〜17:00
close: 日曜、祝日
http://www.unagi-jinta.com/top/


Jefferson Airplane - Somebody to love

by writer-kaorin | 2017-01-06 22:52 | プライベート | Comments(0)  

タンポポ @ソース恋しや

お好み焼き&鉄板焼き、イタリアワインのお店「タンポポ」にて
いつものメンツでおいしい夜。
b0118001_8414877.jpg
カンパリソーダで、カラッカラの喉を潤します。
数日前に、カンパリの三角形の小瓶の話で盛り上がり、つい頼んでしまった。


(その小瓶とはコレコレ)
b0118001_842517.jpg
1932年にイタリアのデザイナーのデペーロがデザインしたとか、
20年ほど前イタリア旅の土産に重宝してたとか、
現地滞在時に、しょっちゅう飲んでいたとか、
今は輸入がストップしてるとか、そんなたわいもない話♪
懐かしい思い出やわぁ。



*白菜のポタージュ
b0118001_8421968.jpg
ハフハフ味わえば、広がりゆく優しい甘み。
クミンほかスパイス利かせた鶏ミンチがいい仕事してる。



*天然鯛のサラダ仕立て
b0118001_8423616.jpg
醤油ベースのタレを絡めた鯛は脂のりよく、
咀嚼するほどに、山椒と茗荷がふんわり香る。


b0118001_8425069.jpg
新作のさつま揚げは「堀川ごぼうと穴子」。
ゴロリと入った堀川ごぼうは、ホクッとしていて深い香り。
さらには穴子の風味が生きている。



*大根ステーキ
b0118001_8521620.jpg
私はネギどっさりのほうで。
ジュワリ、滲み出るは大根の甘みと鶏だしのうま味。
二口目はブラックペッパーをハラリと振り、エッジの利いた味を楽しむ。



*たこポンもやし炒め
b0118001_8432283.jpg
半生っぽさを少し残した、たこの火入れドンピシャ。
もやしとともに、さっぱりと。


*tanpopo風とん平焼き
b0118001_843399.jpg
ふぁっふぁの卵に優しく包まれた
程よい厚みの豚肩ロース。
そこに、欲していたソースのコクが絡み合う。



*豚玉
b0118001_8532930.jpg
いつもの豚玉。
凝縮感あるソースの旨みと、ふぁっと優しい生地との調和。
キャベツはググッと甘みを増したなぁ。
途中、和ガラシをちょんっと付け、その辛みとソースの相性を堪能したのでした。


ソースを欲していたカラダが落ち着いた(笑)
帰国して何が食べたいって、味噌汁でも白ご飯でもなく、
私は、お好み焼きとたこ焼き(こちらはソースなし)だと思うの。
この日も、美味しくて楽しい夜をGrazie!でした☆


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


DOOBIE来日♪ http://udo.jp/Artists/DoobieBros/index.html
The Doobie Brothers - Jesus Is Just Alright

by writer-kaorin | 2017-01-04 08:53 | タンポポ | Comments(0)