<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

もめん @May.2017

心斎橋「もめん」にて、皐月の会。
毎度な方々との愉しい夜を、Tさんおおきにどす☆
シャンパーニュで乾杯〜の後



*蒸し鮑 白ずいき
b0118001_11553969.jpg
目にも涼しげな一皿だこと。
あわびは、ねっとりと舌に寄りかかり、歯ですっと切れる柔らかさ。
白ずいきは、しゃきっとしていて、ひんやり清々しい。



*鯵にぎり
b0118001_1158582.jpg
優しい塩梅の寿司飯ゆえ、鯵のさっぱりとした旨みを感じる。
合わせるお酒は「春鹿 純米超辛口しぼりたて 生原酒」(奈良・今西清兵衛商店)
しっかり辛口ながら米本来の旨み、しっかり。これは飲み続けていたい味。



*鯛にゅうめん
b0118001_1202693.jpg
むっちりとした鯛に、素麺、胡麻豆腐の組合せ。
舌の感覚が研ぎ澄まされるような、ぎりぎりの薄味。
ゆえに鯛のふくよかな旨みや品のある香り、素麺の繊細な味わいが
美しく浮かび上がる。


b0118001_1204732.jpg
貝の蒔絵に見とれてしまう。



*造り 
b0118001_1212239.jpg
雲丹、剣先イカ、鮪(ひっさげ)ともに
夏の海が脳裏に浮かぶ、クリアで清々しい味わい。



*丸茄子 針茗荷
b0118001_1215153.jpg
この日、最も感動した一皿。
シンプルの極みとでも言おうか。茄子と茗荷のみという潔い構成。
薄味でありながら、茄子の芯まで味が入っている。しかも油っぽさ皆無。
ぽってりと愛嬌ある風貌の茄子は、舌の上で蕩け
茗荷の香りとシャキ感が全体を引き締める。

主人の木綿さん曰く
「今日の料理のなかで、茄子の仕事が一番難しい。これひとつ間違えると全部が狂うし
 この皿と椀物とがぴしっと決まっていれば、すべての料理が生きるんですわ」。
一切の無駄をそぎ落とした、心地よい潔さ。
人生もそうでありたい、なんてセンチになるくらい感動した。




b0118001_1221094.jpg
目の前のポンプ付き水槽でピチピチと跳ねるは・・・


b0118001_1223220.jpg
琵琶湖の稚鮎だ。



*稚鮎のフライ
b0118001_123775.jpg
腹側だけ、パン粉を付けて揚げている。
食感のコントラスト楽しく、
この時季ならではの青っぽい初々しい苦味。



そして、上等定食へと続く。
b0118001_1232886.jpg


b0118001_1245197.jpg
白ご飯の透き通った甘みがずっとずっと続くのだ。
目を細めて無言になるくらい美味しい。


b0118001_1252717.jpg
太刀魚の味噌漬けは、ふぁっと繊細な質感。
味噌の優しい旨みには、日本酒と白ご飯が行ったり来たり。
もちろん、白ご飯はおかわりとなりました。



*白苺 メロン キウイ レモンとミントのゼリー
b0118001_1255385.jpg
それぞれのフルーツの存在感は言うまでもなく
ゼリーの透き通った味わいのおかげで
思わずシャンパーニュに戻りたくなった(笑)



木綿さんがいつも話す「記憶に残る料理を」。
これを具現するって、本当に大変なことだと思う。
「引き算の美学と、記憶に残る味」
今回もまさに、その言葉に相応しい皿の連続でした。
b0118001_121145100.jpg
Tさん、ご一緒させていただいた皆さん。
いつもありがとうございます☆


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3



2017年10月、JacksonBrowne -ジャクソン・ブラウン-来日! 
大阪公演は10月23日(月)。もちろん行きますとも〜♪
http://udo.jp/osaka/concert/JacksonBrowne

Jackson Browne -- "Running On Empty"

by writer-kaorin | 2017-05-30 12:07 | もめん | Comments(0)  

中国食堂261 @身体が喜ぶ中国料理

大阪・谷町六丁目にある「中国食堂261」へ。
オーナーシェフの中尾信次さんと由紀さんご夫婦が営む小さなお店。
b0118001_13584998.jpg
久しぶりの再訪。なんと8年ぶり。
熊本から来阪中の他谷シェフ・ファミリーを囲む会ということで
貸し切りナイツ。

ディナータイムは、おまかせコースのみ。
ビールで乾杯!ってことで


*イカと蕗、茎ワカメの温かい前菜
b0118001_1359383.jpg
ほんのり温かく、イカの甘みや蕗の香りが持ち上がっている。
各素材の、異なる食感も楽しい一皿だ。



*筍と絹サヤの春巻き
b0118001_13591722.jpg
なんとまぁ、薫る春巻きだこと。



*ワタリガニと豆腐のチリソース
b0118001_13593261.jpg
カニ身どっさり、内子ゴロゴロ。
その旨みは深く、時間差でピリリと辛味が追いかけてくる。



*アコウの蒸し物
b0118001_13594782.jpg
豪快!サイズもなかなかのもの。

b0118001_140199.jpg
醤油のコクやネギ油の香りが絡む身は
むっちりとハリがあり、
ゼラチン質がこれまた堪んない。



*エビと空豆、うすいえんどうの炒め物
b0118001_143665.jpg
今の時季ならではの、青っぽい香り、いぃなぁ〜。


お酒はビールの後、ヴァンナチュールが行き交う。
b0118001_1432497.jpg
「Cilliegiolo 2011 / Fattoria di Caspri」
とてもクリアな印象。
料理をガン見の、アオ君が可愛すぎて、そっちにピン(笑)



*鶏の香り蒸し ネギとショウガのソース
b0118001_143392.jpg
ふっくらとした鶏の味わい深さは言うまでもなく、
季節野菜はしっかりと味があって旨い。
そこに薬味の上品な香ばしさが広がるの。


b0118001_1435556.jpg
目の前にはアツアツのスープ。


b0118001_144840.jpg
さらには玄米おこげが登場。
塩を入れずに炊いた玄米をざるやバットに貼付けて乾かし、
高温の油で揚げているそうな。

b0118001_1442473.jpg
その玄米おこげに、とろみがついたスープをかければ
じゅじゅ〜〜っという音とともに、食指動く香りが立ち込めるのだ。



*玄米おこげと季節野菜のあんかけ
b0118001_1443985.jpg
玄米おこげは、カリサクッと軽やかなタッチ。
しかも噛みごたえがある。
あんかけの何とも上品な野菜の旨みがベストマッチだ。


ここまでが、おまかせコースとなっていて
追加で麺いっときます!と満場一致。


*ピリ辛 和え麺
b0118001_1445629.jpg
熱くも冷たくもない、温さがいい。
その温度帯により感じる、辛味や酸味の加減よろしく
麺そのものにしっかり味があって旨いの。
よって、瞬時に食べ尽くした。


b0118001_145944.jpg
透き通ったレモンの風味と、繊細なふるふる感。
そんな、レモンのゼリーで〆となりました。

食べた〜食べた〜!な満足感とともに
食後の余韻は軽くって清々しいから不思議。
それもそのはず、身体に優しい中国料理がコンセプトというわけだ。
調味料ひとつひとつ、また有機野菜ほか仕入れられる食材の背景も興味深い。
また、夜のコースは、アレルギーや菜食にも対応してくれるという。

でもって店内では、奥さんの由紀さんによる焼き菓子も販売。
b0118001_1452479.jpg
スコーン、美味しかったです☆
我が家で作ったルバーブのジャムとともに。


公私ともにお世話になってる、みんなとの美味しい夜。
他谷さん、井出ちゃん、長瀬さん、小西くん、夏目さん、鬼頭さんー
ありがとうございました☆



「中国食堂261」
大阪市中央区上本町西2-6-1
☎06-6762-0261
open : 12:00〜13:30(月〜水曜)、
    18:00(日曜・祝日12:00〜)〜21:00
close: 土曜、木曜&金曜ランチ
https://www.facebook.com/syokudou261/
http://syokudo261.exblog.jp/


Tom Petty & The Heartbreakers - Free Fallin'

by writer-kaorin | 2017-05-27 14:08 | 中国食堂261 | Comments(0)  

鰻 にしはら @関東風の技、味に酔いしれる

大阪では数少ない、関東風の鰻専門店へ。
b0118001_21424239.jpg
Iさんありがとうございます☆
ボスに連れてって頂いて以来、二度目の「鰻 にしはら」。
昼夜ともに、予約必至の人気店だ。


料理はおまかせで、シャンパーニュとともに愉しむ夜。
b0118001_21431565.jpg
付き出しの「骨せんべい」は
塩梅よろしく、パリポリやめられない止まらない。



*鰻山椒煮、うまき、うなぎみそ
b0118001_21433069.jpg
「うまき」は、だしのうま味と鰻の風味がいぃ感じに融合し
「うなぎみそ」は、キュウリとともに。うん濃厚。
そして「鰻山椒煮」は、甘辛テイストに続く痺れ具合が堪らん。



*うざく
b0118001_21434869.jpg
すきっとした甘酸っぱさに続き
鰻はふぁっと口中でとろける。


b0118001_2144378.jpg
左から。「きも焼き」はコリッぷりっと感楽しく、コク深い味わい。
中央の「かぶと焼」は超柔らかい。かぶととは思えぬ、この質感には驚きだった。
「むこう骨焼」は齧る旨さと繊細な質感が印象的。
「ヒレ巻」はジュワッととろけ、心地よいほろ苦さ。



*白焼
b0118001_21441926.jpg
ファッファ。何というか、雲の上にいてるような感覚やね。
舌の上でとろけ、サラリとした脂は清々しい風味を放つ。

驚いたことに、「にしはら」の鰻料理は
シャンパーニュとの相性、バツグンなのだ。
(この日は常連さんの持込みゆえ、通常メニューに泡はないです)
鰻の、たとえば生臭いといったような風味を全く感じず
互いを引き立て合っている感じがする。
これは、素材よし、さらには
蒸しや色付けといった技と味が大いに関係するのだと思う。


b0118001_21443926.jpg
「鰻山椒煮」おかわり(笑)
泡のアテに、続くうな丼にも大活躍となる。



*うな丼(中)
b0118001_21445652.jpg
私はご飯をハーフにしてもらう。
肉厚の身はふぁっと舌の上で踊り、
あっさりめの濃すぎないタレとの相性は言うまでもない。
米はピンッと立っていて、ハラリ軽やかなタッチ。
だから、いくらでも入る。これは普通の中でもいけたな(笑)
ご主人曰く、中は約1合のご飯を盛るそうな。


b0118001_21451694.jpg
きも吸とお漬物とともに、美味しく頂きました。


満腹至福。
この店を知るまでは、関西風が好きでそれ一辺倒だったが
「鰻 にしはら」の存在により、関東風も旨いな、となり
今ではどっちもお気に入りとなっている。
ぜひ予約をして行かれることをオススメしまーす☆


「鰻 にしはら」
大阪市中央区北新町4-12
☎06-6926-4478
open : 11:00〜13:45LO、17:00〜20:30LO
close: 月曜、第2火曜


今週来週は私的Policeウィーク♪
なぜならSting来日公演が控えているからっ♪楽しみだ♪
The Police - Message In A Bottle

by writer-kaorin | 2017-05-23 21:51 | 鰻 にしはら | Comments(0)  

鮨富 @地物の肴、握りで呑む

地元・小浜の寿司店「鮨富」で、週末のゆるり心地よいひととき。
b0118001_1112484.jpg
甘鯛塩辛やら、さばぬた、さば真子煮つけほか
そそられる料理名が並び、これを眺めながら呑めるわ(笑)
また別の品書きには「本日のおすすめ」も書かれている。
基本、単品注文なのだが
私はいつも、つまみも握りもおまかせでとお願いする。


b0118001_1114351.jpg



*タイの親子和え
b0118001_1115799.jpg
タイの皮と身、真子を、かつおベースの煮こごりで和えている。
即、日本酒へシフトしたくなるやないの。



*お造り盛り合せ(アジ、〆サバ、剣先イカ、タイ)
b0118001_1121134.jpg
アジはピンピン!サバは生に近い、私好みの〆具合。
イカは隠し包丁によりぐっと甘みが増していて、
タイは旨みを蓄えている。

「若狭湾内に、イルカが迷い込んでいている影響で
 今、魚が極端に少ないんですわ」とは大将の島川さん。
鮨富で扱う旬魚のほとんどが地物。
ゆえ自然界には逆らえないなか、確かな技をもって
食べ手の舌を喜ばせてくれるのだ。



*アジの白子 ポン酢
b0118001_1123287.jpg
口のなかでとろける感じ。

b0118001_1124666.jpg
そして「サバの白子 ポン酢」とアジ白子を食べ比べ!という贅沢。
サバ白子は、上等な絹ごし豆腐のようなコクと舌触り。
こんな珍味をいただけるのも、産地ならでは。


b0118001_1131189.jpg
奈良「風の森 山田錦80% 純米しぼり華 無濾過無加水 生酒」とともに。
豊かな香りに続くフレッシュなニュアンス、ふくらみのある酸が、
ポン酢の爽やかさとマッチ。



*タイの白子(白焼き/タレ焼き)
b0118001_1132671.jpg
白子バンザイ!呑まずにはいられない展開だ(笑)
白焼きはキレイな風味。
タレのほうはすきっとした旨みが広がり、白子の濃厚さがぐっと増す。



*オコゼ薄造り
b0118001_1144232.jpg
オコゼの季節、到来かー。
コリリと小気味よい食感、淡白ななかに潜む繊細な旨みを愉しむ。
私にとってオコゼの薄造りは、旅した直島の思い出の味。
小浜産のオコゼも、身はもちろん肝や皮に至るまで存在感ある味わいだ。
日本酒は「梵 純米大吟醸 吉平」へと。
黒龍は、日替わりであれこれ種類があり、いずれもリーズナブルでびっくり。



*若狭がれい 唐揚げ
b0118001_1145828.jpg
この唐揚げも素晴らしかった。
サクッ、ホクッと食感宜しく、噛むほどに深い旨みが広がる。
塩梅ドンピシャ。で、骨まで愛してな味わいなのだ。

小浜が誇る「若狭がれい」の一夜干しって、
焼いて食べることがほとんど。だから揚げるってめっちゃ新鮮だった。
こう言っちゃなんだが、メイタガレイの唐揚げよりも、断然旨い。

なお、若狭がれい(ヤナギムシカレイ)の漁は
底引き網漁が終了する5月末をもっておしまい。
乱獲を防ぐため、という理由もあるとか。
次、私がこの唐揚げに出合えるのは9月だな。


b0118001_1151780.jpg
そうそう「オコゼはらんぼの素揚げ」も味わい深かった。


そして握りへと続く。


*剣先イカ 炙り
b0118001_1153337.jpg
塩がイカの甘みをぐぐっと持ち上げ、
口に広がるは、その甘みと炙りの程よい香ばしさ。



*グジ
b0118001_1154889.jpg
一塩したグジにさっと熱を入れている。
その温さがいい。
口中で寿司飯とともにハラリとほぐれ、グジの甘みが際立っている。



*若狭ガレイ一夜干し 炙り
b0118001_1161058.jpg
カレイはふくよかな香りを放つ。
小浜ならではの素材に一仕事施した握りは、
この店ならではだ。



*ハタハタ一夜干し 炙り
b0118001_1162519.jpg
この握りも工夫が凝らされている。
まず寿司飯のサイズに合うハタハタでないといけないし
握りの塩梅とのバランスを考慮して一夜干しにした後、この握りとなるわけで。
身はぷりんっとハリがあり、瞬時にはらりとほぐれる。
その深い旨みと、寿司飯とのバランス、お見事。



*マグロ トロ
b0118001_1174019.jpg
脂のりは言うまでもないが、後味はじつにクリア。
そして清々しい香りを漂わせている。


*ウニ軍艦
b0118001_1175636.jpg
まったりとした甘みに続き、海味炸裂。
ちなみにトロとウニのみ、アウェイなネタ。



*蒸し穴子
b0118001_1181170.jpg
儚いくらいに繊細で、口に入れた瞬間にとろけた。


b0118001_1182681.jpg
玉子でまずはの〆となりましたとさ。
「ほか何か握りましょうか?」とは息子さんの島川陽平さん。
陽平さんとは、京阪神や関東の美味しい店談義がいつも楽しくって
つい話し込んでしまいそうになる(笑)
この日はめっちゃ忙しそうだったので、その思いをぐぐっとこらえて
「サバ、お願いしますー」


*〆サバ
b0118001_1184136.jpg
ポン酢ジュレとともに。
強い〆ではないので、サバの上品な脂の甘みを感じるのだ。



*ネギトロ巻き
b0118001_1185719.jpg
トロの存在感しっかり。「これトロ巻きやん」的(笑)
おかげで大満足の〆となりました。



*オコゼ汁
b0118001_1191184.jpg
嗚呼、この汁物も最高だった。
オコゼのアラのゼラチン質、堪らん。
しかも、オコゼの旨みが汁に混じり合い、その味わいといったら
また呑めてしまうくらいに美味なのだ。



*抹茶ババロア
b0118001_1193242.jpg
陽平さん作。ミルキーなババロアに、
ぐっとほろ苦い抹茶ソース。そのバランス、いいね。


立夏の小浜ならではの味覚を、
じっくりと愉しませていただきました。
ここまで地物オールスターズは、旅人にとっては新鮮でしょう。
また私のように地元を離れた人にとっては懐かしくもあり
でも家で味わえない逸品揃いなのだ。
大将、陽平さん、女将さん、いつもありがとうございます☆


「すし処 鮨富」
福井県小浜市小浜広峰83-1
☎0770-53-0337
open : 12:00〜14:00、17:00〜21:00
close: 月曜
https://www.facebook.com/sushitomi2


Starship - We Built This City

by writer-kaorin | 2017-05-20 11:10 | 鮨富 | Comments(0)  

Saba*Cafe(サバカフェ) @がっつり!サバサンド

福井と滋賀の県境にある「熊川宿」。
b0118001_10121417.jpg
重要伝統的建造物保存地区にも指定されている、風情ある町並みだ。
ここは小浜から京都へと続く、“鯖街道”の宿場町として栄えた地。

余談だが、私の先祖もこの“鯖街道”を、鯖を担いで行き来していたそうで。
母の実家が鯖専門店「朽木屋」を営んでいるのだが
関所があった滋賀・朽木村のおエライさんから
「朽木屋」という屋号をいただいたという。



さて。この日は、熊川宿から徒歩数分にある「Saba*Cafe(サバカフェ)」へ。
b0118001_10124025.jpg



目的は、この店の名物「サバサンド」だ。
b0118001_1013751.jpg
まずは、琥珀色した飲み物で喉を潤しーー



*サバサンド
b0118001_10132472.jpg
クッペ(フランスパン)の中には肉厚な鯖フィレ!


b0118001_10135298.jpg
鯖の厚み、分かるかな?


b0118001_10141019.jpg
豪快に頬張る!
ふっくらジューシーな鯖と
皮パリ、クラムはしっとりふわっなパンとの相性、絶妙。
ソースは、獅子柚子の風味と唐辛子の辛味を利かせた
地元の万能調味料「柑なんば」と、マヨネーズをブレンド。
その香り高き風味やピリ辛感と、鯖の旨みとがすこぶるマッチしていて
何ともクセになる味わいなのだ。

通常はこの2倍のサイズ!おそらく完食できないと判断し
無理言うてハーフサイズにしてもらった。それでもがっつり、ボリューミーだ。



*ソースカツカレー
b0118001_10142653.jpg
福井名物のソースカツと、カレーを組み合わせるとは!
甘スパイシーなカレー、これはインデアン的常習性ある旨さで
そこに、ジューシーなソースカツ。
このメニューはある時〜ない時〜♪があるみたいです。


食後は「Saba*Cafe」の敷地内をウロウロ。
b0118001_10144064.jpg
「Sabakaido Cycling Hub」(鯖街道サイクリングハブ)


b0118001_10145944.jpg


b0118001_10151371.jpg
なんと、ロードバイクのレンタルや販売を行っているのだ。
そして、県外からやって来るロードバイク乗りや、有名チームの
まさに宿場町的な、交流スポットになってる。
私もロードバイクではしょっちゅう、お世話になってます☆


っと、話題はついついロードバイクに行ってしまうが(笑)
b0118001_101552100.jpg
週末ふらりと「サバサンド」を食べに、またおじゃましようと思います☆


ちなみに今週末5/22(日)は「2017鯖街道ウルトラマラソン」!
前日は、前夜祭イベント「鯖フェス」(http://sabafes.com/)が
開催されるとのことでーす☆
【会場】小浜市まちの駅 屋外広場 / 旭座 (www.obama-machinoeki.net
【日時】2017年5月20日(土)16 : 00 〜
※各種飲食ブースは、16 : 00 〜 19 : 00




「Saba*Cafe」
福井県三方上中郡若狭町熊川12-16-2
☎0770-62-9048
open : 11:00~16:30
close: 水曜、不定休
https://www.facebook.com/kumagawasabacafe/
http://saba-cafe.com/


「Sabakaido Cycling Hub」
https://www.facebook.com/SABAHUB/


Shambala (1975) - Three Dog Night

by writer-kaorin | 2017-05-18 10:28 | Saba*Cafe | Comments(0)  

鮨 原正

この日はお誘いいただき「鮨 原正」へ。
b0118001_10224066.jpg
常連・石川さん、ありがとうございます。
お会いしたかった皆さんと、まずはシャン杯☆
「Claude Cazals Carte Or Blanc de Blancs Grand Cru N.V.」



*煮アワビ
b0118001_10225577.jpg
しっとり柔らかい。磯の香広がりつつ、
しみじみとした旨みが舌を喜ばせる。



*タコ
b0118001_1023918.jpg
咀嚼するほど味わい深さが増してゆくのだ。



*タイとその白子
b0118001_10232355.jpg
身はねっとりとした舌触り。
白子はどこまでもクリーミー。柑橘系の香りを感じ、後味軽やか。



*平子イワシ 梅と山椒
b0118001_10233997.jpg
塩味は梅干しだけ、という潔さだ。
繊細な身質のイワシが蓄えた、
じんわりと静かに広がるうま味と山椒の香りに、うっとり目を細める。



*キンメダイ 焼き
b0118001_10235571.jpg
むちっと張りよく、軽く咀嚼すればホロリ崩れゆく。
その身の味わい深さは言うまでもなく、
皮と身の間のゼラチンもこれまた旨し。



*桜エビ 針生姜 胡瓜 辛味大根
b0118001_102485.jpg
しっかり混ぜて味わえば、
桜エビの清々しいや風味、ショウガの爽やかな香りに続き、
大根はピリリと辛く、胡瓜の小気味良い食感。
香りや食感の起伏が楽しい肴だ。



*青柳 串焼き
b0118001_10242542.jpg
青柳とはバカガイのこと。
驚くくらいに深い甘み。さらに醤油でコク深く。



*ウナギ 醤油焼き 黒七味
b0118001_10243910.jpg
このウナギの焼きには唸った。。。
皮目のパリッと弾けるような香ばしさに続き
身は、まるで雲海のようなふぁっふぁ感。
ゼラチン質の旨みも凄い。
握りが始まる前に、ノックアウトだ……(笑)


b0118001_10245333.jpg

b0118001_1025416.jpg
生姜と、肉厚で甘い春キャベツの漬物が供され。
めくるめく、握りの世界のはじまりはじまり。

b0118001_10252018.jpg




*イカ
b0118001_10253516.jpg
ギリギリまで包丁を入れているのだろう。
甘みが凄い。イカと言われなければ何なのか分からないくらいに。
しかも、驚きのふんわり感。
もうね、ニンマリ笑うしかない。



*サヨリ
b0118001_10255174.jpg
張りよく、シャクッと食感楽しい。
何とも透き通った味。



*カツオ
b0118001_1026798.jpg
ふぁっふぁっと舌の上でリズムを刻み
身はねっとり。美しい酸を蓄えている。



*マグロ トロ
b0118001_10262194.jpg
なんて艶めかしいんだろう。
肌理が細かく、上品な脂がすーっと広がり
どことなく旨みを感じさせる寿司飯との相性に
唸った。。。



*コハダ
b0118001_1026375.jpg
酢の当たりが絶妙。寿司飯との馴染み具合、何とも心地がよい。



*アナゴ
b0118001_10265181.jpg
ふんわり軽やか。ツメのコクを感じたかと思いきや
瞬時に、溶けた・・・。



*トリ貝
b0118001_1027748.jpg
清々しい香りを放ち、ぬくめの寿司飯で、トリ貝の甘みが持ち上がる。



*吸い物
b0118001_1027211.jpg
タイとキンメダイのアラからとっただしは、
じつに品のある旨み。



*ウニ
b0118001_10275023.jpg
北海道 津軽海峡のムラサキウニ。
濃厚な味わい。しかも海藻の香りを放ち、スーッと口中で溶けた。
ご主人の石川さん曰く、ミョウバンなしだからゆるゆる、だそうで。
まさに消える魔球。板一枚分、軍艦で食べたいくらいに美味だった。



*煮ハマグリ
b0118001_10281197.jpg
ツメを塗るのではなく、ふり柚子を施している。
柚子は爽やかな香りを放ちつつ
ハマグリの旨みがぐぐっと持ち上がる感じ。




*ネギトロ
b0118001_1030193.jpg
手巻きのそれを、手から手へ。
えぇ海苔の香り、炙りたてならではのバリッと感心地よく
ネギとトロ、寿司飯との相性は言わずもがな。


b0118001_10303838.jpg
巻き寿司に続き・・・

b0118001_10305247.jpg
玉子へと。
上質なスフレチーズケーキのようなテクスチャー。


b0118001_1031791.jpg
そしてネギトロ・リターン。
嗚呼。食べるほどに、なおも食べたくなる感覚、久しぶりでした。


お酒は、「POMMERY CUVEE LOUISE 2004」や
福島「会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸」も。
橋本さん、正司さんありがとうございます☆


石川さんが握る寿司は、端正かつ何とも色気があるから
食べ手はそれに酔いしれてしまうのだ。
あーそんなこんなを書いていたら、今夜にでも伺いたくなる。予約取れないけれど(笑)

この日は韓国からの男性ひとり客の姿も。
旅する人たちの口コミで、入店されたっぽい観光客だったが
スマホで辞書を開きながらの、
店主・石川さんとのやりとりも微笑ましく
そして居合わせた常連さんは、彼と国境をこえた飲ミュニケーション。
ここ「原正」は、人が人を呼ぶ雰囲気を作っていて
お客さんとの縁を本当に大切にされているんだなぁと、心温まったのでした。
W石川さん(笑)ありがとうございました!また伺いたいです☆


「鮨 原正」
大阪市天王寺区上汐3-8-9
06-6773-5518
open : 17:30~20:20、20:30~22:30
close: 日曜、祝日の月曜


Cowboy Junkies - Sweet Jane

by writer-kaorin | 2017-05-15 09:06 | 鮨 原正 | Comments(0)  

ル・シュクレクール on Saturday afternoon

北新地「Le Sucré-Coeur」-ル・シュクレクール- で過ごすのどかな休日。
on Saturday afternoon


*ナビンさんのカレーパン
b0118001_11263260.jpg
アッツアツのスキレットの中には、
ナビンさんのスパイス感豊かなカレー、さらには
バゲットとラミジャン、そしてピクルス。
バゲットの香りと旨み、ラミジャンのしみじみとした深い味わいに
スパイス感豊かなカレーが、まぁ何と合うこと。
別添えのスパイス、パクチー、ライムで、味わいに広がりも。
こちらはイートイン限定。必ずオーダーしてるな。

ちなみに、新メニューが登場したらしい。
その名は「カレーパン・グリーン」。
めっちゃ気になる! 次、注文してみよ♪



b0118001_11264624.jpg
手前のパンは「プラリネ オランジュ」
トルコ産のヘーゼルナッツのペーストに
カスタードクリームを混ぜ込んだクリーム&オレンジピール。
バターの香り高い、ハラリ崩れゆくデニッシュとの相性を楽しむ。

「パン ド パック」
ヴィエノワにホワイトチョコを練り込んだ品。
しっとり、ベビーのもち肌のような生地と
ホワイトチョコの甘やかな香りに、優しく包み込まれる感じ。


陽光差し込む、カウンター席にて
心地よい時間を過ごすことができました。


ちなみに今夜の満月パブ。
会場は「ル・シュクレクール 北新地」です!
5.11木 #満月Pub 70@シュクレクール北新地
https://www.facebook.com/mangetupub/

◉満月パブとは→ コチラ


そして今週13(土)は、月に1度のお楽しみ
「北新地 GREEN Market」開催日!
こちらも伺いたいと思います☆
◉北新地 GREEN Market



「Le Sucré-Coeur」
大阪市北区堂島浜1丁目2-1 新ダイビル1F
☎06-6147-7779
open : 11:00〜21:00(20:30LO)
close: 日曜、月曜
http://www.lesucrecoeur.com/

https://www.facebook.com/rueocercusel


John Denver Leaving On A Jet Plane 1977 Aus

by writer-kaorin | 2017-05-11 07:34 | ル・シュクレ・クール | Comments(0)  

もめん @Apr.2017

4月末におじゃました東心斎橋「もめん」。
カウンターには毎度〜な方々が勢揃い。
Tさんいつもおおきにどす(笑)
b0118001_115642100.jpg
シャン杯は
Lanson Champagne Noble Cuvee
Millesime Brut 2000



*うすいえんどう豆のお豆腐 雲丹 花山葵
b0118001_11571298.jpg
豆が放つ春らしい香りと甘みにニンマリ。
雲丹の塩味、花山葵のピリリな刺激がアクセントになってる。



*アスパラガス おかき揚げ
b0118001_1158776.jpg
アスパラのエキスがじゅわり溢れ出る!
清々しい甘みを蓄えているわ。
おかきの香ばしさで、さらに甘みが引き立つ。



*筍 湯葉しんじょう
b0118001_11582612.jpg
だしの馥郁とした香り、椀種に施された仕事
それらが重なり合うことで生まれる、シンプルがゆえのインパクト。
嗅覚と味覚が研ぎ澄まされる。そんな感覚。



*鯛 とり貝
b0118001_11591752.jpg
ねっとり舌に絡む鯛は、じわりじわりと旨みを滲ませ
とり貝はクリアな甘み。この皿には日本酒を、
さらにはシャトー酒折ワイナリー「Kisvin Koshu 2011」を合わせた。



*飯蛸 芥子酢味噌和え
b0118001_11593244.jpg
飯蛸はふぁっとやわらか、繊細。
芥子酢味噌のコクが、日本酒を誘う。



*めばるの煮付け
b0118001_11594979.jpg
潔いくらいに薄味。
いい意味で“煮付け”という概念を覆されるくらいに。
「いい素材ほど、薄味でいかんとあかん」と、おやっさん(主人・木綿さん)。
薄味でありながら、じわり舌に広がるうま味は健在。
ゆえに、メバルのむちむち感やキレイな風味が際立っていた。
個人的には、今まで食べてきた魚の煮付けNo.1かもしれない。



*鮭 幽庵焼き
b0118001_1205346.jpg
焼き加減ドンピシャの鮭とともに、もめんの上等定食へと。


b0118001_1212642.jpg


b0118001_12211.jpg
ご飯、甘い。透き通った甘みとでも言おうか。
香りも上々。食べ続けていたいわ。
まずは、そのまま味わい
おかわりの後に鮭やお漬物、そして日本酒とともに愉しんだ。



b0118001_1222050.jpg
デザートは、裏ごしにしたミルクゼリーと苺、デコポン、黒豆。
ふぁっとエアリーかつ、コク深いミルクゼリー、おかわりしたい美味しさでした。


春のこの時季ならではの味わい、酒とのペアリングに唸りつつ、
食中も食後も、おやっさんのトークに酔いしれたのでした。
Tさん、皆さん、おやっさん、いつもありがとうございます☆



「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3


Roger Daltrey - The Song Is Over - Carnegie Hall 1994

by writer-kaorin | 2017-05-08 12:54 | もめん | Comments(0)  

チチェルキア @DNAに響く味

マルケ料理専門「オステリア ラ チチェルキア」にて
いつもの味、人、愉しい夜。
b0118001_8404718.jpg
まずは「肉詰めオリーブのフリット」を。
肌理の細かいパン粉をまぶした衣を齧れば、
大ぶりのオリーブ、その中にはミンチ肉。
塩味、風味といいジューシーさといい、ドンピシャ。



*チチェルキアと野菜のミネストローネ
b0118001_841937.jpg
メニューに載っていたら、100%近い確率でオーダーする品だ。
じわじわ広がる野菜の甘みはもちろん、
チチェルキア(豆)のインパクトも強い。
肉類不使用。野菜と豆だけでここまで優しくも深い味わいになるとは驚きだ。

b0118001_8413690.jpg
パーネも素朴でホッとする味。


b0118001_842140.jpg
マルケの赤ワイン「arshura 13」Mattoni Valter
モンテプルチアーノ100。
こっくりとした深みのある味わい。
ジャスミンやスパイスのようなニュアンスも。
こちらの飲み物は、ビールもワインもマルケ産に特化。



*白いラグーのタリアテッレ
b0118001_8421945.jpg
チチェルキアの白いラグー、大好物だ。
ミンサーでミキサーにしているであろう鶏と豚、
そしてソフリット、それぞれが重なり合い何ともいえぬ旨みを奏でる。
自家製のタリアテッレはつるっとな舌触りに続き、コク深く、ラグーとの絡みも上々。



*鶏とパプリカの猟師風
b0118001_8423720.jpg
じっくり煮込まれた鶏肉は、口の中でほろり崩れゆく。
冬の同メニューとは違い、
春夏向けの、さっぱりな味わいのなかに広がる
玉ねぎとパプリカという相性いい組み合わせの妙味。



b0118001_8425573.jpg
イタリア的ガトーショコラをいただきつつ
食後は連シェフと、料理談義にDavid Bowie談義 ??


この店へ訪れたことがない人は「マルケ料理って何??」と思うかもしれないが、
まずは食べてみてほしい。
連シェフの手によるマルケ料理の数々は
郷土色がじつに濃い、というか、そのものなのだが
素材の旨みを最大限引き出した、どこか日本人の琴線に触れる味わいだ。



「オステリア ラ チチェルキア」
☎大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-Yamato Bld.303
06-6441-0731
open : 18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close: 火曜、月1不定休あり



MOVE OVER by Janis Joplin

by writer-kaorin | 2017-05-05 08:45 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

お気に入りベイクショップ3軒 @大阪編

ヘベレケカオリンが、スイーツ日記。
だってお酒同様、甘いものも愛しているから。(笑)
なんで太らないのと言われるが
運動、運動。コレに尽きるな。


今日はお気に入りのベイクショップを紹介しよう。撮影は全てiPhone

【タワニコ(Tawanico)】(大阪・天満橋)
b0118001_11235142.jpg
全面ガラス張りの、こじんまりとしたショップ。
木の温もりとコンクリの無機質さ生かしたシンプルな内装ゆえ、
一見、焼き菓子店とは分からないかも?
小さなショーケースの中に、日替わりの焼き菓子が並ぶ。


b0118001_11244234.jpg
「金柑クリームチーズマフィン」。カフェラテと共に。
マフィンの生地は程よく詰まっていて、しっとり感この上ない。
シロップ煮にした金柑のくすぐる香りに続き、
クリームチーズの爽やかさが語りかける。
季節もの的、時差失礼。しかし1個と言わず、2個3個食べたくなる味!

コーヒー豆は、苦楽園「TAOCACOFFEE」ヨリ。
次回はエチオピア イルガチェフェを頼んでみよ。

テイクアウトした「りんごのタルト」と「キャロットケーキ」も
目がさめるくらい美味。美味しそすぎて、撮影し忘れたんだけど(笑)。

「りんごのタルト」は、リンゴの酸味とほの甘さを
パート・シュクレの香ばしさが引き締める。
この生地が凄い。バターの香り高く、かつ軽やかで驚いた。

いっぽう、小屋のような形をした「キャロットケーキ」は
ナチュラルでさっぱりとした甘さ。
屋根の上に雪を積もらせたかのようなクリームチーズのアイシングと
生地とのバランス、絶妙。これも必食だと思う。


天満橋エリアは、このほかにもアメリカンスイーツの店「ボニーズベイクショップ」や、
名パティスリー「アシッドラシーヌ」、
ちょっと南下すればサンドイッチ&ワインの店「コーネル」もあり。
ほかにもフレンチや洋食店、江戸前の鰻専門店などなど
実力派のお店が多々。嗚呼、近所に住みたいよ(笑)



2軒目は江戸堀にある
【ポニーポニーハングリー(PONY PONY HUNGRY)】
b0118001_11252499.jpg
2016.12.3open。こちらのベイクショップにも
オープン当初から足しげく通っている。

オーナーシェフの浮田さんは、「自由が丘ベイクショップ」の
立ち上げの際、ペストリーシェフとして務めた経験もある実力派。
私のお気に入りは、全粒粉ブルーベリースコーンや、コーンミールのケーキ、
スパイシーチャイマフィンも美味だった。
存在感ある焼き菓子が揃うけれど、いずれも
中しっとりと外はザクッの食感の差異が楽しかったり
柑橘あるいはスパイスの香りなどを利かせて、印象深い仕上がりになっている。

雰囲気あるショーケースには、常時20種近く揃うから、いつも目移りしてしまうのだ。
こちらもテイクアウト後、無意識のうちに食べ
「しまった、撮影し忘れた」ばかりwww



そして3軒目は大阪・吹田
【カワタ製菓店】
b0118001_1125471.jpg
暮らしのにおいがムンムン漂う町内に佇む一軒家。
この店があるから、わざわざこの街へ行く。
ちなみに日曜〜火曜のみ営業。いつも満席、時間によっては売り切れ必至なので
事前に予約をしたほうがベターかも?

この日は2組待っておられたので、名前と連絡先を告げ一旦、店を後に。
JR吹田駅周辺探索へ。


20分後、店へと戻り・・・
b0118001_1126134.jpg
まず供されたのが、お白湯。
熱すぎず、心地よくぬくい温度帯がどんぴしゃだった。
少し肌寒い日だったから、このお白湯のおかげで心解れたな。



*落花生と金柑のパウンドケーキ
b0118001_11261756.jpg


b0118001_1127488.jpg
表面はざくっと無骨ながら、
中は肌理が細かくてしっとり感この上ない。
そこに落花生の素朴な香ばしさ、金柑のキュッとくる甘酸っぱさが生きている。


b0118001_1127301.jpg
真フカン気味に撮ってみた。食べかけやけど。(笑)
ドリンクは、温かいローズラベンダーミルクティー。
ひと口目は、ラベンダーのアロマティックな香りが広がり
砂糖をほんの少し加えると、甘やかな香りがぐっと増した。


ここ「カワタ製菓店」は、
昭和の空気漂う町家を、あまりいじることなく店舗として使っている。
隅々まで手入れが行き届いていて、こちらまで清々しい気持ちになるの。
ご主人がハンドドリップのコーヒーなどドリンクを、
マダムが焼き菓子を担当。

持ち帰ったフィナンシェやスコーンも、
素材らしさを丁寧に引き出した、心に響く味わいでした。


っと、酒場だけでなくスイーツやパンのお店にもしょっちゅう伺っているので
今後も、たまには、スイーツのレポをアップしようと思いまーす☆


◉タワニコ(Tawanico)
大阪市中央区大手通2丁目2番9号 サンマンション大手前
☎06-6910-4085
open : 9:00〜19:00
close: 火曜、水曜
※カウンター4席、テーブル6席
Facebookページ



◉PONY PONY HUNGRY
大阪市西区江戸堀2-3-9
☎06-7505-6915
open : 12:00~19:00
close: 水曜 
※イートインチェア6席
Facebookページ



◉カワタ製菓店
大阪府吹田市昭和町6-8
☎06-6310-1538
open : 11:00~18:00
close: 水・木・金・土曜
※全14席(カウンター6席、2人掛けテーブル、6人掛けテーブル)
Facebookページ



Radiohead - Creep

by writer-kaorin | 2017-05-02 08:30 | =プライベート= | Comments(0)