<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

洋食 川ぎし @キートス元料理長・川岸さん、独立。11/18open

この日は、上本町「錢屋本舗」へ。
目当ての店は、このビルの1Fにオープンした洋食店「洋食 川ぎし」だ。
b0118001_17040059.jpg
2017/11/18オープン。
オーナーシェフは、谷町四丁目「キートス」で料理長を務めた川岸健二さん。
洋食の名門「倶楽部キュイジーヌ」でも長年、修業を積んだ人物だ。
川岸さん、ご開店誠におめでとうございます★



コの字カウンター8席。
席につくやいなや目に入るは、名前入りのメニュー表。
b0118001_17043390.jpg
ちょっとした気遣いに嬉しくなるわ。
料理は、ディナーコース7000円が主体。私らはこちらを。
遅い時間(おそらく21時とか)はアラカルトも用意しているとのこと。



*三重 桃取産「桃こまち生カキ」〜カクテルソース〜
 北海道産  「サロマ湖1年カキ」〜土佐酢ジュレ・フィンガーライム〜
b0118001_17050302.jpg
カキ食べ比べというワケだ。
殻付きは「桃こまち生かき」。まったりとしたコクを感じる。
驚いたのがココットに入った「サロマ湖1年カキ」。
小指第二関節分くらいの小粒ながら、じつに濃厚。香りも海味も強烈。
ジュレとプチプチ食感のフィンガーライムで、清々しい余韻も。


b0118001_17052820.jpg
「A.R.LENOBLE CUVEE INTENSE BRUT」でシャン杯★



*長崎 ヤイトカツオとアボカドのタルタル
 キッシュロレーヌ
b0118001_17054418.jpg
まずはキッシュをひと口。パート・ブリゼはサクホクッと香ばしく、
ベーコンとチーズの旨みがじわりと。温さもいいねぇ。
タルタルは、ヤイトカツオ脂のりよく、ウニに引けを取らない存在感。



*北海道 鱈の白子 サラダ仕立て
b0118001_17060284.jpg
パネして多めの油で揚げ焼きにした白子は、ハフハフ熱々!
カリトロッ、そのクリーミーさに唸った。
赤ワインビネガーと粒マスタードを使ったビネグレットソース、
その塩梅が完璧でした。


「しみじみ系ワインを」とのK馬さんからのオーダーに、川岸シェフ
どんぴしゃな赤ワインをもってきた★
b0118001_17063638.jpg


「Villa Wolf Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2014」
 WEINGUT DR.LOOSEN
b0118001_17065998.jpg
シュペートブルグンダー100%。ドイツのピノノワール、好きな品種。
リースリングの造り手だそうで。
そんなローゼンさんが醸すこちらはじつにエレガントで滋味深い。



*京都産 若鶏 チキンバスケット
b0118001_17071934.jpg
待ってました!のチキンバスケット。
ザクッと香ばしくも軽やかな皮の質感に続き、
クリアなジュがこれでもかといわんばかりに溢れ出る!
身はしっとり感ハンパない。
揚げ油はヘット100%。だから旨みがすこぶる深く、ジューシーだった。
名店修業で培ったシェフならではの技を感じる一品だ。



*かぶらのポタージュ
b0118001_17074046.jpg
ポタージュの中には、サイコロ切りの冬瓜が。
かぶらの質朴な甘みとともに、いい風味を奏でていた。



*フランス産シャロレー純血種未経産牛
 フィレ肉のカツレツ 〜ドゥミグラスソース〜
b0118001_17080357.jpg
断面のこの肌理の細かさ…。ウットリしてしまうわ。
そのフィレ肉は、なまめかしく香り高く
漆黒のドゥミグラスソースが、複雑な旨みを醸し出す。
このソース、濃いと見せかけて後味はいい意味で軽やか。
だから、蒸し焼きにしたバターナッツカボチャや海老芋など
季節野菜の香りや味、テクスチャーも際立っていた。


最後の料理は、
川岸シェフによるプレゼンテーションとともに★
b0118001_17082116.jpg
厨房は、壁一枚隔てた場所にあるから
「この料理だけは、お客さんの前で」とシェフ。だから目が釘付けとなる。


b0118001_17083808.jpg


b0118001_17085580.jpg
伊丹十三さんの映画「タンポポ」を思い出す瞬間 www
皿にドゥミグラスソース敷き詰め、中央には艶やかなチキンライス。
できたてのオムレツのっけてスッとナイフを入れ


b0118001_17095448.jpg
自家製ケチャップをかけて、ふるふる揺さぶると…


b0118001_17101767.jpg
こうなるのだ。しまった…動画撮っとくべきやった(笑)



*オムライス
b0118001_17103252.jpg
蘊蓄なしに、ただただ美味しい。
懐かしいなぁ〜と昔の記憶を張り巡らせるが、
ドゥミグラスソースはじめ使う素材が素材なだけに
ワインを誘う上等かつ上品な味わい。



b0118001_17105441.jpg
デザートは自家製バニラアイスと、ブラックチェリーのタルト。
ひじょうに満足感のあるコース料理でした



b0118001_17111168.jpg
オーナーシェフの川岸健二さん★
カウンター8席の店内を、今は川岸さんがおひとりで切り盛りする。
個室もあり、追い追い使えるようにする、とのこと。


ワインを誘う大人のための洋食。
そこには、旬味をたっぷり楽しませてくれる前菜があって
季節ごとの楽しみがあるなと感じたし
さらに。馴染みある洋食メニューは、食材、見せ方、味わい
どれをとっても「なるほど、やるなぁ」と食いしん坊を唸らせるネタ揃い。
食後や翌日、胃がすっきり清々しいのも嬉しかった。
次は新歌舞伎座アフターの遅がけに、
アラカルトをワインとともに、というのもやってみたいな。



「洋食 川ぎし」
大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6 錢屋本舗 本館101号
06-6773-9483
open : 17:30〜
close: 不定休
Facebook




by writer-kaorin | 2017-11-20 17:13 | 洋食 川ぎし | Comments(0)  

tanpopo @堂島から北新地へ。11/7移転open★

2017/11/7
堂島から北新地・永楽ビルへと移転した「tanpopo」。
鉄板焼・お好み焼にイタリアワインの妙味を楽しませてくれるのは
このヘベレケ日記でもお馴染みですね。
店主・神谷圭介さんがついに、始動!
b0118001_22301269.jpg
移転openおめでとうございます。
この日は毎度の4人で突撃だ。
食雑誌のエディター、カメラマン、シェフ、ワタシ。
公私共にお世話になっている友達たち★


前の「tanpopo」を知っている人は「おぉぉっ!」となるハズ。
b0118001_22305170.jpg
まず目に飛び込むのがウォークインセラー★
イタリアワインを軸に据える「tanpopo」ならではだろう、
イタリア各州のマニアックなが多数揃う。


ツヤ消し的シルバーを基調にした店内は、おしゃれシックな寛ぎ空間。
b0118001_22312296.jpg
カウンター席もテーブル席もゆったり取ってあるから、
入店して早々、居心地いぃわ〜となる。
しかも、個室もあるとのことで。それについては後ほど述べるとしよう。


泡で乾杯★
b0118001_22314482.jpg
「DOSS24 Trento DOC /CEMBRA」
from トレンティーノ=アルト・アディジェ州
清涼感とミネラルたっぷり。



b0118001_22320317.jpg
アミューズは三河湾のアサリを使ったチャウダー。
アサリはぷっくり厚みあり、味わい深い。


お料理はアラカルトが主体。
前日までの予約で、コース料理(6500円〜)も用意しているとのこと。
この日はアラカルトで。



*カリッと焼いた豚バラとアスパラガスのサラダ仕立て
b0118001_22322112.jpg
「懐かしいわぁ〜」と、久しぶりに味わう「tanpopo」の名物に嬉しくなる。
アスパラから溢れ出るジュは、甘みも香りも強いし
黄身のコクと豚バラの旨みで飲ませるサラダとなるわけ。



*大根ステーキ
b0118001_22323663.jpg
じゅわり、と迸るだしは
塩味(えんみ)やさしく、じんわりじんわりと広がるうま味。
黒コショウをぱらっとかければ、ぐっと締まりのある味わいに。



*セコガニのさつまあげ
b0118001_22325480.jpg
時季により食材が変わるさつまあげ。今回はセコガニ!!
セコガニLoverとしては、いっとかんとあかんでしょ、と即注文した品だ。

b0118001_22332112.jpg
生地のなかに、内子と外子が入ってて、
そのホクホク感、プチプチ食感よろしく
優しい甘みの生地から、セコガニの深い旨みが押し寄せるでないか!



*明石焼き風オムレツ
b0118001_22335646.jpg
オムレツのトゥルンとした半熟加減と
上品なだしのうま味に、ニンマリしてしまった。
器が醸すシックな赤とのコントラスト、なんだかカッコイイ美しい。



*とろろ焼 桜エビ&するめ
b0118001_22341199.jpg
生地はぽってり粘り、そして甘みがあり
表面にまぶした桜エビとするめは、カリリ香ばしく旨みの嵐で
めちゃくちゃいい仕事してる。



*レンコンの肉詰め
b0118001_22343273.jpg
ジューシー&ホクホク。
ブドウを練り込んだマスタードをつけて味わえば、ぐっとワイン寄りのテイストに。
ソテーしたカーボロネロ(黒キャベツ)は食べごたえあるわ。



ワインは皆、それぞれグラスで白、赤いろいろと。
b0118001_22345477.jpg

b0118001_22351645.jpg

b0118001_22353105.jpg
この赤、若いけれどじつにジューシーで、この後続く
コッテコテやないソース系メニューとバッチリな相性だった。



*特製 細めん焼きそば(イカ)
b0118001_22354902.jpg
麺のカリリッ感、咀嚼するほど感じるコシ。独特の食感だ。
ソースは皿に残らないくらい、蒸発させ&麺に染み込んでいるから
噛めば噛むほど、複雑なコクが広がるの。



*ブタ焼きそば
b0118001_23402911.jpg
リングイネを使うのが「tannpopo」ならでは。
アルデンテな茹で&炒め加減、コク深くほんのり甘めのソースが絡む。



そしてそして〜
誕生日を間近に控えるJun姉さんへ
バースデーケーキならぬ、バースデーお好み焼き!(豚玉)
b0118001_22362034.jpg
「tanpopo」では事前にtel相談入れてたら
 バースデーお好み焼きを作ってくれるそうな。ムラジーナGrazie!

Happy Birthday〜♪
BGMに流れるバースデーソングが、
The BeatlesとかStevie Wonderなどお馴染みのそれではなく
Carole Kingの「Birthday Song」
ってところが店主・神谷さんらしいし、センスあるわぁ。


バースデーお好み焼きは、シンプルな構成につき
別皿でソース、マヨ、和辛子、鰹節が。
b0118001_22373240.jpg


b0118001_22374471.jpg
豚玉は、所々キャベツの茎のホクッとした食感もあり
そのキャベツの甘みをぐぐっと感じたな。
重たくないから、ノンストップで食べ続けられる。
毎度なみんなとのトークも、それはノンストップで楽しい夜となったのでした。



さて個室情報。
b0118001_22380198.jpg
おそらく5人、入って6人くらいのこじんまりとした個室アリ★
接待に、はたまた関西圏外からのお客さんをもてなす場として
あるいは芸能&音楽関係者にも重宝すると思うな。


鉄板焼&イタリアワインを軸に据えながら、新たに「銅板焼」メニューもオンリスト。
次回は銅板焼メニューもいただきたいと思う。
変えたこと、変えないこと、それらが明確だから
懐かしさと新しさとがシンクロして、ホッとしつつもテンション上がりっぱなし。
パワーアップした「tanpopo」を堪能させて頂きました。
神谷さん、スタッフの皆さん、改めておめでとうございます★


鉄板焼・銅板焼 KITASHINCHI「tanpopo」
大阪市北区曾根崎新地1-10-16 永楽ビル6F
06-6344-2888
open : 18:00〜0:00(月〜金曜)、18:00〜22:30(土曜・祝日)
close: 日曜



Carole King ~ It's Too Late (1971)



by writer-kaorin | 2017-11-16 22:27 | タンポポ | Comments(0)  

パン工房 のら @山奥にある窯焼きパンの店

今日みたいなRainy dayにおじゃました「パン工房 のら」。
b0118001_11185553.jpg
兵庫・三田の山奥に、ひっそりと佇む。
車でドライブか、はたまたロードバイクやバイクでしか行けない。

もともと奈良・宇陀に店を構えていた「のら」。
当時は「屋根のない、行列ができるパン屋」として有名だった。
ご主人曰く「屋根が欲しくって。探しに探して、辿り着いた場所が三田でした」。
2014年9月開店。


b0118001_11191671.jpg
しとしと降り続く雨の音、焼きあがったばかりのパンのいい香り。
BGMにジャズが流れる店内、この空気感好きやなぁ。


b0118001_11200428.jpg
店に入ってまず目に入るのが、この窯!
なんと、ご主人手作り。
白いレンガを積み上げたような独特のフォルムが
木のぬくもり感じる空間にしっくり馴染んでいる。


b0118001_11202567.jpg
目に飛び込む何もかもが魅力的で、瞬き失いそうになるし(笑)


b0118001_11204303.jpg
「パン工房 のら」のパンは
国産の小麦、ドイツ産ライ麦、塩、水、自家製酵母を使い
手でこね、手作りの窯で焼き上げる。
いい意味で無骨なパンがズラリ。どのパンからもエネルギーを感じる。
だからこそ「このパンはあの煮込み料理に合わせたいなぁ」と、
イマジネーション膨らむ膨らむ。


b0118001_11205688.jpg
「ひよこ豆のカレーパン」はじめ、「カルツォーネ」や「ピッツァ・マルゲリータ」など
少数精鋭の惣菜系パンも(ここではピッツァもパンと呼ぶ)。


b0118001_11211024.jpg
「りんごとカマンベール」「クリームパン」「シナモンロール」といった
子どもが喜びそうなパンもちらほらと。


b0118001_11213325.jpg
店の名物のひとつが「窯焼きタルト」。
この日は「バナナのタルト」ということで、そらもうゲットしましたとも。



時間がなかったので、カフェ・オ・レをテイクアウト。
b0118001_11214916.jpg
挽きたて、淹れたてのそれは、
ロッキー山脈の山小屋での一服を思い出させる、懐かしい香味がした。

持ち帰ったパンたち。
b0118001_11220509.jpg
「カンパーニュ」は自家挽きした無農薬の全粒粉20%、ドイツ産ライ麦20%入り。

b0118001_11222052.jpg
頬ずりしたくなるくらい、いい香り。
クラムは思いの外しっとりしていて、カンパーニュ独特の酸味が堪らん。
根菜類を下に敷き詰めた、豚肩ロースのココット焼きとともに愉しみました。
ちなみに日々の「家ごはん」備忘録は、Instagram「writer_karin」に載せてます★


b0118001_11223781.jpg
白い生地のパンは「オリーブ・チーズ・ドライトマト」。
各素材の風味よろしく、噛むほどに生地そのものの甘みが広がる。
こちらは別日のディナーのアペリティーヴォで即、なくなった(笑)


b0118001_11225392.jpg
デザートには「バナナのタルト」を。
パートブリゼはザクッと小気味よい食感で、
バターのリッチな香りと塩味しっかり。
そこに熟れたバナナの甘みと、ココナッツの細切り果肉の甘い香りの三重奏。
どっしりしたクレームダマンドも私好みでした。



b0118001_11230936.jpg
チャバタのような面持ちのこちらは「クリームパン」。
翌朝のブレックファーストに。
ぽってりと濃厚なカスタードクリームが入っていて、
生地とともに質朴な甘みを奏でていた。



次回は店内で、時間を気にせずゆっくり
コーヒーとパンを味わいたいな。
わざわざでも行く価値のある、山奥のパン工房です★


「パン工房 のら」
兵庫県三田市永沢寺16
079-506-4951
open : 11:00〜17:00
close: 火・水・木曜(祝日は営業)
https://www.facebook.com/panyanora/
※「パン工房 のら」では、パンの取り置きや地方発送(月・金のみ)も可能だそうです★


Norah Jones & Joel Harrison - Tennessee Waltz




by writer-kaorin | 2017-11-14 08:16 | =プライベート= | Comments(0)  

じどりや穏座 -ONZA- @淡海地鶏を食べ尽くす oishii


この日は堅田遠征。
7年ぶりに「じどりや穏座 -ONZA-」へ。
b0118001_09301075.jpg
言うまでもないが、こちらは活地鶏の生産直売「かしわの川中」の直営店。
淡海地鶏や近江しゃもをはじめとする、地鶏の飼育から
処理、加工、販売、店舗運営に至るまで、一貫しておこなっている。


さて、その穏座。
小上がり席があり、ゆったり寛ぎながら旨い地鶏料理を愉しめる(完全予約制)。
さらに。この店には
“プラチナシート”と呼べる、カウンター6席があり
1日6人限定。ご主人・川中さん付きっ切りのもと
「淡海地鶏食べ尽くしコース」(3800円税別)を味わえるのだ。
7年前にもこのカウンターに寄せてもらった。(当時の模様

当時も予約困難なカウンター席だったが、今なお同じ状況。
しかも、7年前から値上げなしにも驚いた。
プラチナ席を、Zッキーさんありがとうございます★★★


さて「淡海地鶏食べ尽くしコース」。
ご主人曰く「淡海地鶏のトサカから足の先まで
すべて味わっていただけるようコースを組んでいます」とのこと。



●琵琶湖産 エビの醤油炊き 稚鮎の飴炊き
b0118001_09311435.jpg
琵琶湖の香りがする。
エビは香ばしく、稚鮎は噛めば噛むほどなおいしさ。
「BOLLINGER Brut Special Cuvee」でシャン杯★

シャンパーニュやワインの値付けにも、
思わず飲み過ぎてしまうくらい嬉しい驚きが隠されていた。



●淡海地鶏 雌の首肉とキノコのスープ
b0118001_09312786.jpg
両者の香りと旨みがクロスし、とにかく滋味深い味わい。



b0118001_09314031.jpg
続いて「ミニハンバーガー」の登場だ。
近所のパン屋による特注もの。ライ麦100%のバンズに
淡海地鶏の胸肉スモークを挟んでいる。
生ハム的な塩梅が、風味豊かなバンズにマッチ。

さらに。サラダには「雌のササミのジャーキー風」を合わせていて飲ませるし
「北海道 白糠のチーズのスモーク」や「深煎りアーモンド」
「高千穂のニホンミツバチの巣」など、
あきらかに酒飲みだと分かる(笑)ご主人目利きのセンスあるアテが揃う。




●淡海地鶏なまこ風
b0118001_09321183.jpg
これは「雄の生トサカ」。かんなりツボだった!
たしかに、くにゅっ、しっとりとした質感がなまこ風。
咀嚼するほどに甘みがじんわりと。
長崎の柚子胡椒と自家製ポン酢、それらの香りと酸味のバランスもお見事。



●前菜5種
b0118001_09322320.jpg
まだ前半戦なのに、ボルテージは最高潮。

b0118001_09323779.jpg
「地元野菜のビクルス」は、スキッとした甘酸っぱさ。
 チアシードのプチプチ感楽しい。

b0118001_09325082.jpg
「雌のササミの蒸し鶏とレタス」。
トップにはマグロだしとワインビネガーからなるジュレが。
ササミはしっとりしていて、徳島産の酢橘を利かせた清々しい味わい。



b0118001_09330446.jpg
白肝たたいたの&山芋とろろの中に「ムネ肉(雌)の漬け」が。
まったりコク旨。


b0118001_09332180.jpg
「モモ肉(雌)の味噌漬け」を大津の味噌とともに。味噌漬けにして13日目。
味噌と淡海地鶏本来の旨みがクロスし、ナチュラルかつ深みのある味わい。
添えている鶏味噌で、泡チビチビいきつつ
合間に薬味を挟むも、味噌漬けの味わい深さに飲みのピッチ加速となる。


b0118001_09333726.jpg
「そぼろ巻き」の肉は雄雌混合。ホッと落ち着く甘みに続き
 アオサ入りの鶏だしの餡で、品のある後味。



b0118001_09335169.jpg
「モモ肉(雌)の塩焼き」は、
鶏からとっただしで作ったカレーと地元のエシャロットとともに。
クミンやコリアンダーの利かせ方が秀逸。そのエキゾティックな風味に
ご主人、かなりのスパイス通とみた。
なお、味噌漬けはモモでも“上モモ”を。
こちらはスネやフクラハギ部分の“下モモ”を使用している。


続く、お造りに照準を定め、おすすめの日本酒を。
b0118001_09341100.jpg
「文佳人 リズール 特別純米(アリサワ酒造)」




●淡海地鶏 お造り盛り合わせ
b0118001_09342731.jpg
右から、
【雌の肝と心臓】と【雄の砂肝】
 白肝は清々しいコク、
 心臓や砂肝はパワー漲ってるかのようなハリツヤ、清々しさ。

【脾臓(雄)】と【白子】は
 大将手製の藻塩のみをつけて。
 張りと口どけを時間差で感じ、何ともクリーミー。


b0118001_09344156.jpg
【雄のササミと奈良の古代醤】は、ねっとり濃厚なお味だし
【雌のソリレス】←股関節まわりはクリアな脂、なんて甘いんだ!
【雌のムネ肉】は甘みがじわ〜っと押し寄せた。



b0118001_09353167.jpg
「不老泉 参年熟成赤ラベル 山廃純米原酒」(滋賀・上原酒造)
熟成酒ならではの、芳しい熟成香。とろんとしたまぁるい口当たり。



●雌の手羽先塩焼き
b0118001_09354640.jpg
能登の魚醤「いしり」を塗りガス焼きにしたもの。
ご主人曰く「いい醤油の旨みと焼きの香ばしさを楽しんでほしいから
あえて炭は使わず、ガス火で焼きあげています」。
香川「かめびし屋」の醤油のフリーズドライがかけられている。
北海道の山ワサビをたっぷりのせて味わえば
手羽の脂分が山ワサビを包み込み、旨さ倍増。


b0118001_09355902.jpg
「お口直しのサラダ」で飲める。
なぜならレタスやキャベツは瑞々しく、
自家製の玉ねぎトレッシングの優しい旨みに癒されるから。
2〜3人分ありそうなボリュームなのに、ひとりでペロリいけた。



●唐揚げ 特製中華ソース
b0118001_09365814.jpg
部位は雌のモモ、手羽元、ひざ軟骨。
各部位の異なる食感楽しく、揚げたてゆえのカリッジュワッ食感。
酸味を際立たせた、甘酸っぱいソースが絡む。



日本酒とワインが行き交う夜。
ワインは魅惑的なリストより。
また、ご主人がピタリ合わせてくれる日本酒は
料理との相性を考え抜いたものばかりで、もうね、酔いしれるわ。
b0118001_09371491.jpg
旭日 生酛純米 改良雄町70(島根 出雲・旭日酒造)


b0118001_09372723.jpg
清酒竹鶴 八反 純米(広島 竹原・竹鶴酒造)


b0118001_09374051.jpg
BOURGOGNE ROUGE Maison LEROY




●淡海地鶏のモツ炒め
b0118001_09375323.jpg
キンカン、雌のトサカと肝と砂ずり、脾臓
腺胃(せんい)、背肝の7種。日本酒もワインも誘う味わい。
淡海地鶏の希少な部位を味わえるのも、生産者のお店ならではだ。


b0118001_09380652.jpg
目の前で、ご主人・川中さん自らが焼き上げる

●ぼんじり 焼き
b0118001_09382578.jpg
歯を入れた瞬間、弾けた!
脂はひつこさ皆無。さらりとしたジュを撒き散らす。
佐賀直送の柚子胡椒(黄金トウガラシ100%)をつけて味わえば重層的な香りが現れた。



●鎖骨 焼き
b0118001_09384497.jpg
V字の骨まわりをしがみ、
ムチッと弾力ある身の、濃厚な味を楽しんだ。


●炭火焼 焼しゃぶ
b0118001_09390081.jpg
雌のモモ肉内側の軽い炙りだ。
肌理の細かい繊維と、ぷりぷりっ!な程よい弾力。
なにせ脂に甘みがあり、肉そのものの味が濃いのだ。



●横隔膜のタレ焼き
b0118001_09391303.jpg
歯ごたえよく、清々しい肉汁溢れ出る。
焼き物ラストにふさわしいタレ焼きだった。


b0118001_09392808.jpg
〆のご飯で撮影大会(笑)
その中身は・・・




●もみじからとったスープで炊いた
長浜産コシヒカリのサツマイモご飯
b0118001_09394641.jpg
だしのうま味が、ツヤッツヤご飯に浸透。
サツマイモのほんのりとした甘み、サフランの香りが重なり合い
ずーっと食べ続けていたいおいしさ。



●ラーメン
もみじからとったスープと、煮干し系Wスープ
b0118001_09400200.jpg
麺は、開店当初からの付き合いという「麺屋棣鄂」で
鶏系スープに合わせて作ってもらっているという。
やや縮れ系の麺に、クリアかつ複雑な旨みのスープ
〆にふさわしい、じつに端正な味わいだった。

「もみじ」スープということで、頭から足の先まで
淡海地鶏の凄みを、味わい尽くしたのでした。


b0118001_09402404.jpg
「バニラアイス マンゴーと守山イチジクのピュレ」も登場。
デザートまでぬかりなし。


淡海地鶏食べ尽くしコースについて、川中さんは
「最小限の味付けで、最大限の味わいの違いを楽しんでもらえたら」とのこと。
いやぁ〜、調味はもちろん、食べさせ方に至るまで、創意工夫に富んでいて
食べてである私らは始終、テンション上がりっぱなし!
淡海地鶏は、街場のお店でも好んで頂く地鶏なのだが、
脂はさっぱりしながら甘みがあり、肉そのものの味が濃く、
毎日食べていたいくらい好きだ。

気心知れた皆さんとの時間というのも、エッセンスとなり
「時よ止まれ」とさえ思わせてくれるひとときだった。
川中さん、皆さん、ありがとうございました!



「じどりや穏座-ONZA-」
滋賀県大津市真野4-9-50
0120-003129(完全予約制)
open : 18:00〜22:00
close: 火・水曜・不定休
http://www.jidori.net/tenpo/onza.html

「かしわの川中」
http://www.jidori.net/

Simon & Garfunkel - Kodachrome / Mabellene



by writer-kaorin | 2017-11-10 09:27 | 穏座 | Comments(0)  

塩干 しおから @11/1open 「道頓堀あかい 北店」の姉妹店

肉好きのための聖地
新地「道頓堀あかい 北店」が
店隣に姉妹店をオープン。
b0118001_14202321.jpg


「塩干 しおから」
b0118001_17430835.jpg
2017年11月1日開店。
「道頓堀あかい 北店」が、大和肉鶏の鍋や熟成肉など
 ワインを欲する肉攻めなのに対し、
「しおから」は、日本各地の生唾もんな“塩辛”、さらには
 季節の魚菜など、日本酒プリーズな肴を揃えている。

b0118001_17435228.jpg
カウンターのみの店内。
早い時間はこの品書きを軸にしたコース6500円を提供(11/1現在)。
2回転目の時間帯以降は、あれこれ単品の注文もOK。
遅がけの訪問だったので後者で飲ることに。



b0118001_17445355.jpg
ビールで喉を潤しつつ、「長芋とオクラのポン酢和え」を。
長芋とオクラの心地よいぬめりとともに、すきっとした酸味広がる。


b0118001_17454097.jpg
「レンコンと鶏肉の南蛮炒め」はじめ、
小皿料理をちょいちょい楽しませていただきます。


b0118001_17463931.jpg
今日はワインな気分。あとに続く塩辛に合わせ、
オーストラリアのソーヴィニヨン・ブランを。
蜂蜜的コクを感じさせつつ後味清々しい。


b0118001_17474001.jpg
お造りは、食べた先からひと切れずつ供されるスタイル。
「愛媛のタイ」は程よい弾力、じわじわ旨みが押し寄せ


b0118001_17481176.jpg
「島根のシマアジ」はまとわりつく濃厚な甘みが堪らん。
かたや「愛媛の剣先イカ」は上品な甘みが現れた。


b0118001_17485743.jpg
「マグロ」はいい香りを残しながらすーっと溶ける消える。


b0118001_17492571.jpg
「クジラベーコン」はピンッとハリがあり
口中の温度でじわりと、旨みが解き放たれる。



*サーモン塩辛
b0118001_17500766.jpg
しっとり脂がのったサーモンに、麹独特の旨みとプチプチ感。
その塩梅よろしく、マヨネーズのまろやかな酸味が妙に合う。
日本酒の口になりかけたが、ワインとの相性もすこぶる良い。
あー食べ続けていたかった。www



b0118001_17502225.jpg
焼き物は、和歌山産の「灰干しアジ」にした。

“灰干し”とは、火山灰など灰のなかでほとんど空気を通さず、
魚の余計な水分を抜く伝統的な製法。
だからこのアジ、天日干しなど通常の干物と比べて、実にしっとり。
旨みの凝縮感をしっかり感じたのだった。


〆に「秋鮭と舞茸の釜飯」といっときたかったが、
ここはグッとこらえ、またの機会となりました★


b0118001_17505274.jpg


b0118001_17510509.jpg
まともな顔してくれへん(笑)
店主の赤井亮さんと、「塩干 しおから」料理長の中野陽介さん★
オープンおめでとうございまーす!!!


系列店ではあるがコンセプトが全く違うから
がっつり、おまかせコースの楽しみもありつつ、
お隣の「道頓堀 あかい北店」の帰りに「塩干 しおから」立ち寄って、といった
ビル中ハシゴ酒も楽しいと思う★



「塩干 しおから」
大阪市北区堂島1-3-33 新地萬年ビル1F
080-5331-5629


The Doors - Riders On The Storm

https://youtu.be/lS-af9Q-zvQ

by writer-kaorin | 2017-11-06 18:01 | 道頓堀あかい 北店 | Comments(0)  

イタリアフェア2017・阪急うめだ本店 @私的攻略法

美味しい日記、前後するのだが昨日の出来事を。

イタリアフェア2017 @阪急うめだ本店」がスタートした。
(期間は〜11/7火曜まで)
ITALY & NYC好きのワタシにとって、
年に一度のイタリア催事は、もうほんまに堪らないのだ。
だからヘベレケ日記でその模様をアップ。

昨日はワインに合うチーズやプロシュートなどアテ類いろいろ、
ブロンズ系パスタやポルチーニなど、家ごはんの材料や
フランチャコルタ「カ・デル・ボスコ」をゲット。
さらに。隅から隅まで見歩き
心ときめく出合いが多々あったので、それらを紹介しようと思う。
(撮影はすべてiPhone)



これ何だか分かりますか?
b0118001_08381795.jpg
陶器でもなくブリザードフラワーでもない。


b0118001_08383222.jpg
なんとなんとチョコレート菓子なのだ。その名も「花のコンフェッティ」。
めっちゃくちゃかわいすぎて、かなーり胸キュン。(笑)
私用& 友達にプレゼントしたくって即ゲット。


聞けばコンフェッティとは、
チョコやナッツをクリームや砂糖でコーティングしたスイーツで
アブルッツォ州・スルモナの伝統菓子だとか。
b0118001_08384885.jpg
ブースでは「花のコンフェッティ」職人である
「ディカルロ社」のエミリアーナ・ディ・ロレンツォさんが
一輪一輪、丁寧に造っておられ、その手仕事に目が釘付けだった。



「花のコンフェッティ」の隣には・・・
b0118001_08390467.jpg
シチリアからやってきたノヴェッロオイルがずらり。
2017年初搾りのオリーブオイルだ。
今の時期ならではのフレッシュ感にやられ、そら財布の紐ゆるみましたとも(笑)


このケッパーにも驚いた。とにかくデカい。
b0118001_08392029.jpg
大粒ケッパーの生まれ故郷は、
シチリア島の北、エオリア諸島のなかにあるサリーナ島。
イルポスティーノの島やね。
試食し、大粒で大味やなく、味にしっかり凝縮感があったので、
小粒のんと大粒のん、2種の塩漬けケッパーをゲット。
ケッパー、我が家の食卓に欠かせない食材だ。



b0118001_08393432.jpg
ケッパーのメーカー「サポーリ エオリアーニ」社の皆さん。
そして、イタリアはじめ欧州からの食品輸入・販売を
手掛けておられる徳永さんとバッタリ遭遇。で激写!


b0118001_08400983.jpg
「ケッパーはね、花が咲く前の蕾を収穫したものなのよ」。
生産者・マウリツィアさんによるレクチャーに興味津々のワタシでした★


食品ブースがずらり並ぶ会場の中央には、
なななーんと・・・「バール デルソーレ」のバンコが。
しかもバリスタ・横山千尋さんがいらっしゃるではないか。
b0118001_08402856.jpg
横山さんは(言うまでもないが)
世界でも数多くの実績を誇る、日本におけるバリスタの草分け的存在。
http://www.delsole.st/barista/

b0118001_08404392.jpg
b0118001_08412300.jpg
b0118001_08405562.jpg
その所作、デザインカプチーノの技に目が釘付け。


b0118001_08414285.jpg
美しい。美しすぎる。
肌理の細かいフォームドミルクに唇キュンとなる。
まろやかな風味が広がり、どこまでも深く深く、心に残る味わい。
トップバリスタたる所以を、この一杯に感じさせていただいた。
横山さん、ありがとうございました★


まだまだ、食べた買ったアイテムあり。甘い系では
懐かしのナポリの郷土菓子「スフォリアテッラ」や
シチリアで毎日のように食べてた「カンノーロ」も美味だったし


b0118001_08423383.jpg
イタリア産の栗を使ったマロングラッセや、
自家製パスタ用に栗粉も購入したり



b0118001_08425580.jpg
1796年ボローニャに創業したチョコレートブランド「マイアーニ」の
“FIATチョコレート”。かっこいぃわ。


b0118001_08434806.jpg
クルマ型の「チンクイーノ」、めっちゃカワイイんですけど。
10種近くのアイテムを量り売りしてたので、思わずジャケ買いとなりました(笑)


ちなみに会場には、
トリノ郊外にある人気レストラン「イルボルゴ」のイートインスペースも。
オーナーシェフも来日していて、タヤリンなどパスタを味わえる。
でもランチ時で行列ができていたので断念。
ちょっと時間をずらして行くことをオススメします。


もう瞬きを失うくらい、魅力的なイタリア的ネタの宝庫!
今日から世間は3連休だし、
梅田に行く予定がある人はぜひ覗いてみてください〜★


「イタリアフェア2017」
阪急うめだ本店
11/1(水)〜7(火)※催し最終日は18:00終了
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/italia2017/index.html


Andrea Bocelli, Sarah Brightman - Time To Say Goodbye




by writer-kaorin | 2017-11-03 09:19 | =プライベート= | Comments(0)  

グルメスタジオ「FOOVER」 @2017/11/1オープン★

昨夜のハナシ。
堀江に誕生したグルメスタジオ「FOOVER」(フーバー)の
レセプションにおじゃましました★
b0118001_09304690.jpg
こちらのビルディングは
2017年10月に誕生した“ベルメゾン ライフスタイリング 堀江”。
なんと、ベルメゾン(千趣会)初の、体験型のインテリアショップになっている。
その詳細は後ほど述べるとして。


施設内に昨日11/1、誕生したグルメスタジオ「FOOVER」(フーバー)。
へべれけ日記、見てくださってる料理好き(とくに作ることが好きな方)には
ぜひオススメしたいと思い、昨夜のレセプションの模様をご紹介しよう。
b0118001_09310093.jpg
ずばり「料理教室」なのだが、ひと味もふた味も違う企画が面白いの!
“食”に対して高感度な方たちへ向けての
新しいグルメスタジオ、といったところ。


b0118001_09311516.jpg
コンセプトは「プロに学ぶ、グルメ&料理上級者のためのグルメスタジオ」。
そう、調理のテクニックや知識を、有名シェフや専門家に教わることができる。
たとえば、予約が取れない名店や、★付きレストランのシェフが講師だったり
パンやスイーツの名シェフたち(すでにキャンセル待ち枠も)による教室はもちろん
https://foover.jp/lesson/cat/cooking/


「サタデーナイトFOOVER」(←このタイトル、めっちゃツボ!!!)と題し
チーズとワインのマニアックなペアリングなどを食べ比べしながら学べたり。
「私、料理はせーへん。食べる専門!」という人もご安心をwww
著名なシェフを招いたグルメイベントも頻繁に企画するということで
作って、見て、味わって学ぶことができる魅力、満載なのだ。
ようここまで、有名なシェフたちを招聘できたな、と驚くばかり。

ちょっと宣伝ぽくなるけど(回し者ではない:笑)
入会金不要という気軽さも個人的には嬉しいな。

レッスン一覧にはいつもお世話になっているシェフたちのお姿も。
https://foover.jp/lesson/
11月中に早速、予約をしてみよ(笑)


b0118001_09315019.jpg
昨日の様子。会場には、雑誌やテレビをはじめ食関係の毎度な方々がずらりという
豪華な顔ぶれのレセプションだった。


b0118001_09320432.jpg
会場では
「本格ナチュラルチーズとワインのマリアージュの世界」のデモレッスンもあり
大いに賑わいをみせていたのでした。


b0118001_09321737.jpg
ここ“ベルメゾン ライフスタイリング 堀江”は
体験型インテリアショップ、ということで
ネットやカタログだけでは分からなかったライフスタイルの魅力たっぷり。


b0118001_09323344.jpg
実際に商品に触れてみることができる、だけでなく
インテリア相談(相談無料)を設けていたり、ワークショップを開いてたり。


b0118001_09324633.jpg
b0118001_09325662.jpg
キッチンツールや器、カトラリー、食品の販売もしていて財布の紐緩むこと必至。


b0118001_09330980.jpg
場所は南堀江・立花通り(オレンジストリート)近く
高感度な食と住の空間として早速、注目を集めそうだ。


大阪市西区南堀江1-20-1 日通南堀江ビル2F(堀江公園の南側)

『Gourmet Studio FOOVER(グルメスタジオフーバー)』
open:9:00〜21:30
年中無休
https://foover.jp/





by writer-kaorin | 2017-11-02 09:35 | =取材= | Comments(0)