洋食Katsui

ちょい話はソレるが、
こないだ不意打ちnightがあって、
まどろみ〜な、ゆる〜い、
馴染みの店・飲みを、愉しませていただいた@日曜夜

ヘベレケな私は、
美味しいお料理やお酒はもちろん、
お店のスタッフとか、一緒に飲む人との
他愛もないやりとりがめっさ重要。(当たり前田のクラッカーやけど;)
もちろん、ひとり飲みの場合もね。

プラスで、「曜日」によっての自分自身の気分の違いを
楽しむのもめさ好きなのです。

それが如実に現れるのが日曜。

その昔、TVからサザエさんが流れると、
「あー明日、学校や」とやや憂鬱になってた幼少〜青春時代。
その頃のトラウマがあるから
どっちかというと日曜夜は、明日のことを考えて、省エネモード、が通常。
でも、ゆるい感じでいつも一緒に飲める「人&お店」がある場合、
そこにいてると、
何ともいえない、他の日には代替えすることができない
心地よ〜い、ゆる〜い、日曜ならではのまどろみな気分を感じる。
それがほんとにキモチいい、今日のこの頃。

ま、飲み過ぎは禁物やけどね(日曜だけやけど(笑)


そんなこんなで、日曜やないけど、
心地よさと味わい、空間、人が大好きなお店のひとつ
@洋食 katsuiへ
b0118001_85821.jpg

この日は平日やったにもかかわらず、
あれよあれよという間に、店内はお客さんでびっちし。


まずは付き出し&ビールでカンパリ〜!
b0118001_855710.jpg
b0118001_863594.jpg
ブロッコリーの甘みと、タップナードの塩梅、
このバランスがいいっすねー。


・前菜盛り合わせ
b0118001_871497.jpg
パッと見、造り盛りのよう…。
しかし、だ。

・ノルウェサーモンのマリネ
・安乗産カツオのタタキ
・(名前ド忘れま)海老
・ヒラマサ
これら魚類は、ひとつひとつに味付けが施されてる!
そのまんま東、で食すことができる。

山形牛腕肉、西洋わさび醤油添えも、噛む程に味わい深い系。

見た目と味わいのミスマッチに、嬉し感動、な一皿。


・エビフライ
b0118001_894713.jpg
何て甘いんやろ。このエビ。
頭からシッポまで全て胃におさまる(笑)
そして、katsuiさんとこへおじゃますると、
モリモリ野菜をいただけるのが嬉すぃー♪


・ゴルゴンゾーラと野菜の温かいサラダ
b0118001_8103542.jpg
ゴルゴンゾーラの塩梅、好っきゃわぁ〜。
クレソン、ポテトはじめ、野菜それぞれの甘みと力強さを
ガシッっと受け止めつつ、優しさも感じる一品。


・フレッシュ野菜と食べる山形牛ビーフカツレツ
b0118001_8111987.jpg
お、以前のとちょっと盛りつけが違う感じ。
前は、野菜野菜のなかに、紛れ紛れでゴロリなお肉たち。
このスタイルは
リンゴ酢ほかドレッシングで、衣びしゃっとならない考慮かも?

結局、ビール後、白、赤、
ズンズンいってまったのでした・・・。

相変わらずのKatsui節には、翻弄されまくり!
勝井さんの家近く(奈良)で農家から買ったお野菜をはじめ、
お野菜、魚、肉に至るまで、
もりもり食べて「旬」をここまで感じる洋食屋は稀だと思うナ。


『洋食 Katsui』
大阪市中央区東心斎橋1-2-17 第一住建東心斎橋ビル1F
06-6252-7014
open : 11:30〜15:00(fri, sat, sun)
17:00〜23:30(L.O.)
close : mon

# by writer-kaorin | 2008-06-11 01:52 | 洋食Katsui | Comments(4)  

串揚げ&ワイン「Shun」@swissotel

「串揚げ&ワイン Shun」@swissotel 南海大阪

オープン当初から、こちらのお噂はがかねがね。
ワインのラインナップがオモロいとか
ホテルっぽくない崩し加減がえぇとか…。で、
公私共々仲良しライターさんにお誘いいただき、
やっとこさ、おじゃまできたのです〜。

b0118001_13481074.jpg
店内入るとすぐ、大きなワインセラー。
ワインのラインナップは、
オレゴンやワシントンなど、あまり聞き慣れない産地もん多々。
詳しくは追って…
そうそうミネラルウォーターも豊富に揃っていて、
イタリアの奇跡の水をはじめ、聞いたこともないお水たちわんさか!

b0118001_13485058.jpg
水menu、ほんまにwaterが入ってて、めっさ涼しげ〜。


暗すぎな画像、多々ありで(><)
まだマシな画像のみをチョイス ↓

まずは駆けつけシャンパーニュ
・Philipponnat ROYAL RESERVE BRUT
b0118001_13494180.jpg
いきいきとした果実味〜。五臓六腑に染み入る(笑)


揚げてくださる素材のお披露目から、スタートです。
b0118001_13502070.jpg
串揚げは全15種。+α一品いろいろ。


スティック野菜は
・姫大根、姫人参、ヤングコーンほか(画像nothing)


・活車海老 (with 桜塩 or モンゴル塩)
b0118001_13511899.jpg
このヴィジュアル、A手帖の表4で見覚えあるわ〜。
実に軽やか。そして甘かった。


・蓬豆腐
b0118001_1352849.jpg
b0118001_13522151.jpg
これは新食感だわ。
カリッの後に、ヨモギの香りがじんわ〜り。でもって、とろけてゆく〜。


・カマンベールチーズには…
b0118001_1353147.jpg
・「バルサミコ」スプレーをシュッとひと振り
b0118001_13534158.jpg
このスプレー、家にも欲しいッ!オーストラリア産。


・サーモン葱巻き
b0118001_13542464.jpg
イクラの塩梅が、全体をキュッと引き締めてくれる。

串はまだまだ続くのだが、串以外はというと…、

・SHUNさん特製のパン、めっさ旨い!
b0118001_13574525.jpg
香りや風味はクロワッサンのようで、
ザクザクと噛むと、いや?フランスパン生地のようにも。
このねじりパン、かなり好きかも。


・すっぽんスープ
b0118001_13581411.jpg
コラーゲンコラーゲン(笑)


・ICI/LA-BAS “Victoria” Anderson Valley Elke Vineyard Chardonnay
b0118001_1359470.jpg
from カリフォーニア。
あまり聞き慣れない…ワインが、ココにはどっさりなのだ。
オレゴン(ピノワール)、ワシントンだけでも70種以上だったかな?
何しかフランスで有名なドメーヌが、それらの地域で新しく展開している、
そんなワイン、わんさかなのだ。
ソムリエ中野さんのトークに、グイグイ引き込まれてしまう。

・子持若布
b0118001_1423054.jpg
このプチプチッ&海味いぃ!おかわりしたい(笑)


・ELK COVE VINEYARDS 2005 Pinot Noir
b0118001_1431832.jpg
初めていただくオレゴンワイン。
「オカナガンとかナイアガラの赤がno goodみたいに、
ものによってはまだ不安定なんじゃない?」とイメージしてたのは
誤解でした…。
最初、オークの風味を感じたんだけど、チェリーのような果実味&
酸味がいい。そしてミネラリー。好きな味だわ。

・白玉(with 味噌あんかけ)
b0118001_1442345.jpg
b0118001_1444653.jpg
白玉は、大根おろしで練ってはるらしい。
このねっとり〜、トロリ、な瞬間もたまらん!


お口直しに「アニスシャーベット」をいただいたり、
あっ、琵琶湖の稚鮎の串もあったけ。
イベリコ使用の創作串もあったり、
〆の梅味ひとくちそうめんも、すぅーっと染み入る。


で、まだ飲みます。ELK COVE VINEYARDS Ultima 2006
b0118001_1453357.jpg
見事な貴腐ワインだこと!!
カナダのベタ甘なそれとは全く違い、
アプリコットとかハチミツのようなアロマ。
気品のある甘さで、余韻も長く、ホワァ〜ンと夢見心地(笑)
貴腐ワイン、好きやなかったけど、これは好きかも。


いきいきと素材感みなぎる串の数々は、
まるで一切醤油をつけずに食べる寿司のごとく、
それぞれソースや調味料も違うから、
味わいの膨らみが愉しかった。

で、ソムリエ・中野さんとのトークにはやられたっ!(笑)
マニアックなワインがいっぱいだけれど、
めっさ分かり易く、まるでワイン講座のように丁寧で愉しい解説。


エネルギッシュで、臨場感あって、ある意味マニアックで、
ホテルのなかのレストラン…というのを忘れるくらい(笑)
ステキなお店でしたー。


『串揚げ&ワイン Shun』
スイスホテル南海大阪 6F
tel : 06-6646-5122(直通)
open : 17:00〜21:30
close : mon

# by writer-kaorin | 2008-06-08 14:13 | 串揚げ&ワイン Shun | Comments(4)  

馬っ!旨っ! @ 北海道vol.2

千歳マラソンに参戦した、
チーム「Running Trippers」
b0118001_23494422.jpg
ここは「旨っ!」な炉端居酒屋 in 千歳
皆、環境は違えど、最高にステキな仲間たち@総勢13名。


で、食いもん旨っ!画像となると、
いつものヘベレケblogと同じなんで、
その前に「馬っ!」な思ひ出をとりとめもなーく。
b0118001_23503970.jpg
b0118001_23505662.jpg
このムツゴロウさんが出てきそうな場所はというと…


・「NORTHERN HORSE PARK」@苫小牧
b0118001_23512710.jpg
b0118001_23514517.jpg
b0118001_2352022.jpg
コチラはというと、
ディープ インパクト、アグネスタキオン、ハーツクライ、ダンスインザダーク
をはじめとする、一流種牡馬を多数繋養する、
「社台スタリオンステーション」の関連グループ。
「自然公園」とでもいうのか、
馬いっぱいの牧歌な風景+農業公園×3倍くらいの広さ。


んもうね、新緑の山や森林は
本州で見たことないような、
透き通った鮮やかな緑やし(マラソン中もこれにはビックリ)、
空気はカラッと、まるでカナダみたいやし、
生き返るというか、自然の素晴らしさにここまで敏感になったのは久しぶり。
b0118001_2353263.jpg
ヤンキー風やけど、森と空と陽光を目の前に
昼寝中のワタシ…。(撮影/ひらりん部長)


b0118001_23533966.jpg

b0118001_23535947.jpg
こんな風に、馬さんたちを至近距離で見ることができて、
ほんとに愉しかった。
美しき毛並みに、
そして何かを訴えかけるようなその眼差しに、ズキュン!(古っ…)
Tさん、ステキな出会いをありがとうございました!



その後、車で15分くらい
「社台スタリオンステーション」の、広大なる放牧地へ…
b0118001_23545932.jpg
b0118001_23551356.jpg
将来はサラブレッド候補の仔馬&ママ馬。
みんな、めちゃくちゃ愛くるしい(>v<)
競馬de賭けも、まんざらではないが、
こういう風に、陽光降り注ぐ、だだっ広い大地で、
自然に抱かれつつ、お馬さん見学はかなりエェ感じやわ〜。
時が止まってほしかった。。

しっかし、競馬新聞握りながら叫んでいた20歳の頃が懐かしい…。
(田原さん×マヤノトップガン@芸大時代)
やっぱ、馬ってエェなぁ〜。
忘れていたトキメキを、思い出させてくれる、至福のひととき…。



で、時間は前後するが、やっとこさ、いつもの美味しい画像
『番屋』@千歳市
b0118001_23561360.jpg
かなり年季の入った、有名人サインびっちしな、壁。
店入るやいなや、ロングな長さの炭床…。
カウンター前のネタケースには、
岩ガキ、ホッケ、デカいホタテ、見慣れぬ魚ほか、ズラリと鮮魚。
まばたき失いかけるほど。


・付き出しは、ぬた
b0118001_2357597.jpg
イカやタコの端きれをうまく利用し、エェ肴に。
カラシ、けっこうパンチのある感じ。


・行者にんにくの漬けもん
b0118001_23574369.jpg
かりぽりっ&ジュワっな食感&ツーンと微妙な辛さの風味がいぃっ☆
この子のおかげで、酒加速…。翌日マラソンやのにぃー。


・ジンギスカン唐揚げ
b0118001_23582172.jpg
■唐揚げ
ちょっと竜田揚げ風。噛めば噛むほど系。で、ビールすすむ…。


・アスパラバター
b0118001_23585615.jpg
めじゃぐじゃ甘い!旨い!旬ですなぁ〜。
これはも一度、おかわりしたいくらい。。


なんと…
b0118001_23592915.jpg
これで2人前!どないに盛んねん!!
甘海老、地ダコ、あまぁいホタテ、カンパチ。
コスパ高杉です。

この他、まだいろいろ出てきたが、撮影し忘れ多々。。
どれもこれも、素材がエェから旨くないワケがないわ。

・ウニ丼
b0118001_002787.jpg
焼酎と行者にんにく中ゆえ、パス。


そんでもって
・いくら丼
b0118001_01086.jpg
ペリーのいくら丼@ミナミ、行きたくなった(笑)。
夜はお米食べないkaorin、いくらには目がないんで、頬張る頬張る。


・漬け物
b0118001_013727.jpg
なんと!白菜の浅漬けに、水で戻した干ダラが入っている。
北海道らしい…。
この干ダラのやさしい塩梅が、またすこぶる合う。


・アサリの味噌汁
b0118001_045636.jpg
アサリでかっ!五臓六腑に染み入りました…。


いぃ感じに飲んで、明日のマラソンに備えるため、
この日は、白角(缶)を購入し、ホテルの部屋で寛ぎ就寝。


---マラソン完走後…
遅がけのお昼は、ラーメン☆ラーメン
・『来々軒』@千歳
b0118001_054988.jpg
サッポロラーメン?あれ?西山ラーメン???

調べてみると、サッポロラーメンの草分け的存在である、
「西山製麺所」の麺を使用するとなると「西山ラーメン」らしい(たぶん)。

ご主人、南保さんはこの道40年。
b0118001_062763.jpg
若っ!!高倉の健さん&ご主人。

ご主人、麺は必ず2〜3日は寝かせるんだとか。
そうすることで、若干縮れた麺にコシが出るという。

シンプル〜に、
・ラーメン(醤油)を注文。
b0118001_07542.jpg
一見、濃そうに見える色合いだけれど、
スープすすると、意外なほどまであっさり。
豚骨&鶏ガラ&昆布から滲み出るようなしみじみとした旨味も。
昔懐かしいというか、飽きのこない、じわりじわりな美味しさ。

・ちっちゃいTV<左上>の日本ダービーに釘付け♪の図(笑)
b0118001_074673.jpg

この他、書ききれないほど愉しこといっぱいあった、北海道旅。

チーム「Running Trippers」
走るために「旅」をし、旅をするために「走る」を頑張り楽しむ。
集う仲間たちは、今はもう違うフィールドで頑張っている者同士、
せやけど気心知れた、ほんとにステキな仲間。

しんどい時を共に過ごしたり、
ガツン!と叱ってくれたり、
しょちゅうヘベレケになった時もあったり(今も)、
そして「マラソン」という素晴らしき人生の愉しみを教えてくれたり…。
この人たちに出会えた私は幸せ者です(&写真に写ってない3名!)
b0118001_085240.jpg
(撮影/miumiu)

# by writer-kaorin | 2008-06-04 00:13 | =プライベート= | Comments(4)  

完走〜! @ 千歳マラソン

行ってきましたっ! 千歳マラソン@北海道 

溜まりまくりの日記があるなか、
その報告日記。


初ハーフマラソンの結果は、
2時間2分!

予想時間は、2時間30分で登録してたんだけど、意外と縮まった。

千歳マラソンのイメージといえば、
新緑の並木道をすがすがしく走りゆけば
白樺多しな森林。そこには小鳥のさえずり〜な、
自分自身が光合成してそーな、
初夏の北海道。


しっかし、だ。
この日、めじゃぐじゃ雨。。そして、めっさ寒っ(><)
b0118001_7413796.jpg
こんな低い気温で、びしょぬれのなか走るのは、初めてだった。カラダ、凍えてしまいそうなスタート直前


b0118001_7424083.jpg
愛すべき、メンバーたち(のうちの1/2人)


b0118001_7442213.jpg

森の中の、まるでダートな道を走り続ける。
(撮影/平林部長ことひらりんさん)


携帯持参で走ったものの、んもう、走り始めたら必死(笑)
そんな記憶はどっかへ行ってた。。。
画像は以上!


ハマりますね。マラソンて。
青春時代、駅伝とか中距離に燃えてた、
あの頃を、思い出す。

しかし、その頃の体力との違いに悩んだり、痛みを覚えたり…。
だけど、日常生活では感じることのできない
さまざまな感覚、研ぎすまされる感じ。

そして、今回のメンバー総勢13人、完走〜!
Team『Running Trippers』
今は職場は違えど、素晴らしきメンツ。
次は秋の久米島!(その後、ホノルルマラソンへと続く)

次回のハーフマラソン@久米島の目標は、1時間50分!
多分、無理やと思うけど、自分にはっぱをかける為(笑)

メンバーの皆さんお疲れさまでした!

そして、北海道の旅日記、へと続くー。

# by writer-kaorin | 2008-06-03 01:39 | =プライベート= | Comments(6)  

馬っ!旨っ! @ 北海道vol.2

千歳マラソンに参戦した、
チーム「Running Trippers」
b0118001_23494422.jpg
ここは「旨っ!」な炉端居酒屋 in 千歳
皆、環境は違えど、最高にステキな仲間たち@総勢13名。


で、食いもん旨っ!画像となると、
いつものヘベレケblogと同じなんで、
その前に「馬っ!」な思ひ出をとりとめもなーく。
b0118001_23503970.jpg
b0118001_23505662.jpg
このムツゴロウさんが出てきそうな場所はというと…


・「NORTHERN HORSE PARK」@苫小牧
b0118001_23512710.jpg
b0118001_23514517.jpg
b0118001_2352022.jpg
コチラはというと、
ディープ インパクト、アグネスタキオン、ハーツクライ、ダンスインザダーク
をはじめとする、一流種牡馬を多数繋養する、
「社台スタリオンステーション」の関連グループ。
「自然公園」とでもいうのか、
馬いっぱいの牧歌な風景+農業公園×3倍くらいの広さ。


んもうね、新緑の山や森林は
本州で見たことないような、
透き通った鮮やかな緑やし(マラソン中もこれにはビックリ)、
空気はカラッと、まるでカナダみたいやし、
生き返るというか、自然の素晴らしさにここまで敏感になったのは久しぶり。
b0118001_2353263.jpg
ヤンキー風やけど、森と空と陽光を目の前に
昼寝中のワタシ…。(撮影/ひらりん部長)


b0118001_23533966.jpg

b0118001_23535947.jpg
こんな風に、馬さんたちを至近距離で見ることができて、
ほんとに愉しかった。
美しき毛並みに、
そして何かを訴えかけるようなその眼差しに、ズキュン!(古っ…)
Tさん、ステキな出会いをありがとうございました!



その後、車で15分くらい
「社台スタリオンステーション」の、広大なる放牧地へ…
b0118001_23545932.jpg
b0118001_23551356.jpg
将来はサラブレッド候補の仔馬&ママ馬。
みんな、めちゃくちゃ愛くるしい(>v<)
競馬de賭けも、まんざらではないが、
こういう風に、陽光降り注ぐ、だだっ広い大地で、
自然に抱かれつつ、お馬さん見学はかなりエェ感じやわ〜。
時が止まってほしかった。。

しっかし、競馬新聞握りながら叫んでいた20歳の頃が懐かしい…。
(田原さん×マヤノトップガン@芸大時代)
やっぱ、馬ってエェなぁ〜。
忘れていたトキメキを、思い出させてくれる、至福のひととき…。



で、時間は前後するが、やっとこさ、いつもの美味しい画像
『番屋』@千歳市
b0118001_23561360.jpg
かなり年季の入った、有名人サインびっちしな、壁。
店入るやいなや、ロングな長さの炭床…。
カウンター前のネタケースには、
岩ガキ、ホッケ、デカいホタテ、見慣れぬ魚ほか、ズラリと鮮魚。
まばたき失いかけるほど。


・付き出しは、ぬた
b0118001_2357597.jpg
イカやタコの端きれをうまく利用し、エェ肴に。
カラシ、けっこうパンチのある感じ。


・行者にんにくの漬けもん
b0118001_23574369.jpg
かりぽりっ&ジュワっな食感&ツーンと微妙な辛さの風味がいぃっ☆
この子のおかげで、酒加速…。翌日マラソンやのにぃー。


・ジンギスカン唐揚げ
b0118001_23582172.jpg
■唐揚げ
ちょっと竜田揚げ風。噛めば噛むほど系。で、ビールすすむ…。


・アスパラバター
b0118001_23585615.jpg
めじゃぐじゃ甘い!旨い!旬ですなぁ〜。
これはも一度、おかわりしたいくらい。。


なんと…
b0118001_23592915.jpg
これで2人前!どないに盛んねん!!
甘海老、地ダコ、あまぁいホタテ、カンパチ。
コスパ高杉です。

この他、まだいろいろ出てきたが、撮影し忘れ多々。。
どれもこれも、素材がエェから旨くないワケがないわ。

・ウニ丼
b0118001_002787.jpg
焼酎と行者にんにく中ゆえ、パス。


そんでもって
・いくら丼
b0118001_01086.jpg
ペリーのいくら丼@ミナミ、行きたくなった(笑)。
夜はお米食べないkaorin、いくらには目がないんで、頬張る頬張る。


・漬け物
b0118001_013727.jpg
なんと!白菜の浅漬けに、水で戻した干ダラが入っている。
北海道らしい…。
この干ダラのやさしい塩梅が、またすこぶる合う。


・アサリの味噌汁
b0118001_045636.jpg
アサリでかっ!五臓六腑に染み入りました…。


いぃ感じに飲んで、明日のマラソンに備えるため、
この日は、白角(缶)を購入し、ホテルの部屋で寛ぎ就寝。


---マラソン完走後…
遅がけのお昼は、ラーメン☆ラーメン
・『来々軒』@千歳
b0118001_054988.jpg
サッポロラーメン?あれ?西山ラーメン???

調べてみると、サッポロラーメンの草分け的存在である、
「西山製麺所」の麺を使用するとなると「西山ラーメン」らしい(たぶん)。

ご主人、南保さんはこの道40年。
b0118001_062763.jpg
若っ!!高倉の健さん&ご主人。

ご主人、麺は必ず2〜3日は寝かせるんだとか。
そうすることで、若干縮れた麺にコシが出るという。

シンプル〜に、
・ラーメン(醤油)を注文。
b0118001_07542.jpg
一見、濃そうに見える色合いだけれど、
スープすすると、意外なほどまであっさり。
豚骨&鶏ガラ&昆布から滲み出るようなしみじみとした旨味も。
昔懐かしいというか、飽きのこない、じわりじわりな美味しさ。

・ちっちゃいTV<左上>の日本ダービーに釘付け♪の図(笑)
b0118001_074673.jpg

この他、書ききれないほど愉しこといっぱいあった、北海道旅。

チーム「Running Trippers」
走るために「旅」をし、旅をするために「走る」を頑張り楽しむ。
集う仲間たちは、今はもう違うフィールドで頑張っている者同士、
せやけど気心知れた、ほんとにステキな仲間。

しんどい時を共に過ごしたり、
ガツン!と叱ってくれたり、
しょちゅうヘベレケになった時もあったり(今も)、
そして「マラソン」という素晴らしき人生の愉しみを教えてくれたり…。
この人たちに出会えた私は幸せ者です(&写真に写ってない2名!)
b0118001_085240.jpg
(撮影/miumiu)

# by writer-kaorin | 2008-06-01 23:48 | =プライベート= | Comments(6)