なかじん、冬。

いつもの美味しい話ではありますが
おっさんがおりんぽくないニュアンスで、
blogを作成しようと思います
(とはいえ、焼酎de晩酌中なのだが;)

しんしんと降る雪が、
コートの裾にまとわりつく、ある日の夜。
キンと身に染み入る京都の寒さをこらえながら
行ってきました「虚無蕎望 なかじん」さんへ。

この日はおシゴト関係の
お友達ライターさんとともに。

ご主人、健康上の理由により閉店される、とのこと。
だけど「うさぎ亭」を営む奥様とともに、
今後はその「うさぎ亭」さんで、
なかじん・中村さんのお料理もいただけるというから、
寂しくもあり嬉しくもある・・・、そんな夜。


・ぶり大根
b0118001_22413387.jpg

なんと、このフワフワの表面がブリ。いわゆるブリのでんぶ。
その中にはじんわりと舌に染み入る大根が隠れている。


・おこげあんかけ
b0118001_2243503.jpg

カリッ→やんわりねっとりと、
時間差攻撃のおこげ、秀逸です。
プリッとふくよかな海老も脇役者。


このあたりで、ビールから
中村さんの地元・高山の地酒「久壽玉」へスライド。


・寒八のカルパッチョ
b0118001_22473341.jpg
トマトやディルのエッセンスもあり、
白を欲する。が、地酒引き続き・・・


・粗挽き蕎麦
b0118001_22562713.jpg
まるで、採れたての枝豆をその場で湯がいたかのような、
酔いしれそうになるほどの、甘い香り。
塩でいただく。


・珍味豆腐3種
b0118001_232464.jpg

>オリーブオイルと塩
>豆腐よう
>ピータン裏ごし
地酒止まりません。


・そばがき
b0118001_2333675.jpg

プルッ、もちっ。塩とわさびがいい。


・坂東太郎のうなぎ、白焼き
b0118001_2354678.jpg
ふんわり軽い新感覚。
うなぎ、あまり好きやない私だったけれど、
あえてオーダー、大当たり。
臭みが全くなく、清々しくもあり、品のある味。


ここからは、鶏の焼きものを
・ムネ肉
b0118001_2382886.jpg


・モモトロ
b0118001_2393549.jpg


む〜。ふたりして、笑いが止まらん。アーンド、無言。


・次のお蕎麦は、
まるで農家さんからいただいた、
炊きたての新米のように甘い香り
b0118001_23102430.jpg



あー、池波正太郎の気分・・・。
(オッサンがおりん、やはり、抜けきらない)

ラストは
・蕎麦の実のアイス
b0118001_23124294.jpg
玄蕎麦も、ミルクも高山産。
こっくり濃厚でいて、ふんわりやらわかな甘さ、
それでいて香ばしい蕎麦の風味。

気さくでいて熱いご主人との語り合いも楽しく、
もうそれだけで、酔いしれてしまう、夜。

そのあたたかさも相まって、
幸せすぎる、愉悦のひととき。

外に出て、こごえる寒さもなんのその。
お家に到着するまで、
心の底が、なんだかずぅーっと温かい、一日なのでした。

# by writer-kaorin | 2008-01-30 23:24 | なかじん | Comments(4)  

肉々しき日々

このところ、
ロケハン&プライベート&おウチごはんまでも、
肉・肉・肉・・・;

一見、「太りそう〜」なんて
女子には、そう思われがちだが、
なんのその!

大好きなパンという炭水化物を控えつつ、
たとえ大好きなお酒と日々向き合ったとしても、
肉肉肉の毎日は、
フツーにパンがっつり、の日々よりも、
カラダは軽いし、体重も若干↓。
それでいて、潤ってる肌が、いつもより増して、潤うから、
肉と酒は、百薬の長だわ。


先日のblogの、
肉々しいパテ&ラグーソースたっぷりのラザニアに始まり〜、





b0118001_0142948.jpg
イ ヴェンティチェッリ@苦楽園
・前菜で供された
「フォアグラのカツレツ 自家製ピクルス添え」
フォアグラ、あんま好きやないカオリン、イケた♪

b0118001_0164628.jpg
店、同じにして
・パスタ飛び越えてメイン
「プラチナポークのじっくり焼き」
かんなり、満腹を超えすぎの胃袋だったが、がつり!
ロゼで、噛み締めるほどに甘い、その身質に翻弄。

まだまだ、続く・・・
b0118001_0192543.jpg
同じくメイン
「岩手白金豚のスペアリブと、
 筍、浅利の入った 蒸しアクアパッツァスタイル」

シェフ、中華系にインスピレーションを受けおられるようで、
レモングラスとか、四川唐辛子とか、
かんなりチャレンジな食材駆使。
せやけど、着地点はちゃんと、イタリアン♪


てか、このスペアリブ、完食できずで悔しかったから、
家ごはんに、似たもん作った
b0118001_0222487.jpg
・スペアリブ&浅利&ハーブ系いろいろきかせてアクアパッツァ風に
b0118001_0231374.jpg

なかなかイケた。
てか、家にいる時くらい、野菜がっつりでいくべきなんだけど、
肉なんだよな〜。


b0118001_024014.jpg

この夜は、とあるビストロ。
ラングドック地方の郷土料理がお得意で、
「カスレ」馬!!! @ビストロ バキュース


で、翌日は
阿波座のドイツ料理店へ。
ソーセージ、パテ、ムース、ゼリー寄せ、
でもって、がっつりアラカルトも多々。
写真NOthingだが、ここ、いい♪


でもって、今夜1軒目は、まんとく
@北新地の2号店(阿波座1)へ。
b0118001_0245653.jpg

「モモ肉刺身とマグロのユッケ」
ちと、まんとく+α ひねり感覚がおもろい。

b0118001_0263155.jpg

まんとくおなじみ
「もも焼き@炭」

新地のあの味を、新町で食すことができるって、
嬉しい〜。
「炭焼き techo」
バー感覚の飲みメインで、旨いアテにもありつける、
新町雑居ビルの2Fにある、えぇ店でした☆

その後に、もう一軒/
ここは、日本酒&アテもちより新年会。
ひっさびさに、あんなに旨い酒に巡り会えた。
兄ありがと〜。

ではその情報、後日ってことで〜

# by writer-kaorin | 2008-01-24 00:34 | =取材= | Comments(10)  

デジカメその後と、昼酒。

ルンルン気分で、
新デジカメを使い
撮影する毎日だったんだが・・・

いざ、パソコンに向かい、
画像を読み込ますために、
ソフトウエアをダウンロードするとなった時、
パソコンの中で、
ウンともスンともいいません!CD-ROMが・・

で、調べてみたら、
サイバーショットのT2は、
「Windows」専用やと・・・・。


ありえへん・・。
カメラのナニワで、
スタッフからひっとことも、
そんな話、聞いてへんわーーーーーーー!!!

ってことで、すぐさま店へ直行。
で、macでも処理がややこしない、
ひとつ前のバージョン「T-70」に、
交換してもらったのです。
b0118001_1443025.jpg

SONYさん、Vaio一辺倒やなく、
他とも、仲良くしてよ・・・。



ってことで、目覚めの1カット(ちゃんとmacに取り込めた♪)
b0118001_14131244.jpg
・手作りビスケット
家にある素材で簡単にできる、
相方のママから教わった、おいしい手作り朝ごはん。
マヌカハニーや、ベリー系ジャムとともに。

雪が降りそうなほど、寒い朝だったけれど
コレ食べて、パチッと目が覚めた、なんとも健康的なサンデーモーニング。




すがすがしい、気分、といえば
b0118001_14184951.jpg
フキノトウ、たらの芽、こごみ、つくし
苦があり、土の息吹を感じさせる「春の山菜」たち/



b0118001_14222261.jpg
とあるカタログ撮影なんだけど、どのページの商品もビジュアルも、
春〜夏仕様なのだ。
b0118001_1423325.jpg




ってことで、今、フキノトウのお漬け物×昼酒を愉しみながら、
この日記を書いているというワケで・・・。

昼酒、サイコー♪



えぇアテは、昼夜限らず、おいしいお酒を誘うのですが、
先日出向いた、ロケハン店のお料理もそうだったわぁ〜。
b0118001_14255338.jpg
・パテ

とある、新町のバルにて
(ヨーロッパ各国のセンスを取り入れた料理が自慢みたい)



b0118001_14275688.jpg
・ごろごろ野菜のラザニア
角切りにした人参や、ブロッコリー、じゃがいもほか、キノコなどが
ラザニア生地のなかに、ゴッロゴロ入っている。
で、「これでもか!」てほどの、ラグー系ソース。
これ、1000円しないんだもん。コスパ高!
仕事じゃなかったら、これ1皿・2人で、
ボトル1本くらい空けてしまいそうな、おいしさでした♪
Egoっち、ありがとう☆

そして今夜は、
苦楽園のイタリアンへ、行ってきまぁ〜す〜♪

# by writer-kaorin | 2008-01-20 14:36 | =プライベート= | Comments(6)  

ハイパーや・・・

デジカメ壊れた&忙しさにかまけて、
すっかりご無沙汰blogでした。

先週今週は、
某百貨店のカタログ撮影やら、
某お菓子メーカーのお仕事やら、
いつもの雑誌のお仕事やら、
不意打ちの事態やら、
ミナミ・聞き込み調査やら
野暮用やらで
ドタバタな、楽しい、2週間。

こんな時こそ、遊びたくなる(笑)


てことで、

学生時代にバイトをしていた、
カウンタースナック(ミナミで約30年営むママ)で、
相方とともにヘベレケになったり、

驚愕の(最近、この言葉好き)韓国料理屋に行ったり、
ミナミでえぇ店、見つけたり、
Mountain Bikeで寒い箕面の山を走ったり、
日帰り山口したり、

5年以上(10年近くの人も)ぶりに再会する人、多々の、
ミナミ店の常連の集いでは、
毎晩ヘベレケになってた連れが
ママになり、スローな日々を送っていたり、

時の流れの早さにしみじみ、などなど。



それらを写真にとどめておきたかったんだが、
なにせ、デジカメが壊れてもーてる。。。。


ライカのデジカメを買いたかったんやけど、
私のような知識レベルで購入するには、
意味がない・・・。
&一番安いデジカメ@ライカは、特質すべき要素、Nothing。

てことで、
このデジカメを、ジャケ買い!
b0118001_00573.jpg
 Cyber-shot T2@SONY

こ・こ・これが、私的にハイパーなのであーる。


最近のサイバーショットは、
ミッション イン ポッシブルの
Tom Cruiseばりに、
「ピピピッッ、パピッッ」な
“タッチパネル”!
b0118001_061974.jpg

でもって、「T2」→(ターミネーター2(!?)は、
4GB内蔵。
ハードディスク並みのお仕事を、
このデジカメ内で、してくれるっちゅうことなのです。

このデジカメ君で、
明日か明後日からはコンスタントに、
blogをアップさせたいと思いまぁす。
酔うてた夜は、アップできません。あしからず。
ま、食いもん&旅だらけなんですが…。

# by writer-kaorin | 2008-01-17 00:29 | =プライベート= | Comments(6)  

驚愕。強烈オカンのお好み焼き店

ここは、
吹田・豊津にある、
明石焼、お好み焼き店「明石屋」
オカン(店主)の出身地が、明石の魚の棚あたりらしい。

ネットを探しても、ほっとんど情報Nothingの、
超がつくほどのローカル店。

b0118001_23124841.jpg

…とまぁ、
味のある、ペラ紙・品書きが、壁にビッシリ
お好み焼きに、やっこ、モロキュー、タコブツ…と、
何の変哲もない、ベタな品書きなのだが。

驚き、わんさかなのである。

[1]お好み焼きを注文する客、見たことない
[2]カオリンも、そんな粉もん、ここで食べたことがない。
    オカンに言うても、作ってくれへん。
  あ、にしめ色の品書きに書かれているほとんどの料理も同様
[3]元カメラマン。強烈キャラの還暦オカン、ひとりで営む

では何をいただけるのか、が実は
驚愕なのである…。
そして、オカンそのものが強烈なのであーる。

店に入るやいなや、「まぁ付きだしでも食べとってやー」と、
b0118001_23232286.jpg

・豊南市場で仕入れた
朝獲れズワイガニ(香住界隈)を、この店でボイル。
ぽってり肥えた身、あま〜い〜!
オカンの目利きは、いつもすんごい。

・付き出し2 イクラ
b0118001_23255829.jpg
スジコを仕入れて、店で丁寧に味付けを施す。
この子たち、舌のなかで踊る跳ねる♪


・明石産のなんとか活海老(名前忘れた)
b0118001_8215943.jpg
デカすぎなんだが、大味やない。
甘みがジュワ〜ッと。
顎関節症の私は、一口で食いきれぬサイズ(w


・明石ダコのボイル
b0118001_065176.jpg
明石出身のオカン、昼網の明石もんにはこだわる。


・シマアジ薄造りを、自家製ポン酢で
b0118001_7391647.jpg
こんなシマアジ、久々に食べた!
しつこくない程度の脂じんわり、コリッ&ねっとりの二重奏


・〆鯖は、もちろん自家製
b0118001_7422069.jpg
この日は浸かりすぎたらしいけれど、これまた酒ススムくん


・厚岸のウニの小丼
b0118001_7452159.jpg
ウニ嫌いかおりん、ここのんは食べれる/

・甲羅焼き
b0118001_7462946.jpg
言わずもがな…。日本酒止まぬ。

・夕方潰した、茨木山奥の地鶏
b0118001_7474210.jpg
新鮮!

とまぁ、ここでは、ほぼ生ものばかりが並べたのだが、
この他、オカンが作る焼豚や、大鉢の総菜系が卓上を賑わしたワケで…。

シメに、
・明石焼
b0118001_8123754.jpg
明石出身おオカン、明石焼には一言アリ。唯一ここで味わえる粉もん。

ストップを言わなければ、まだまだ出てくるから、
ここで、ギブアップ。

上記のお料理たち & ビールほか、焼酎、純米などを好きに作って呑んで
しめて、¥3500也〜。

ありえへん、このコスパ…。
でもって、オカン…「お好み焼き屋ちがいますやん!」といえば、
「実はあの壁はな、イミテーションやねん」
…。

きたないお好み焼き屋と見せかけといて、

びっくりさせるのが、好きらしい…。

# by writer-kaorin | 2008-01-10 02:06 | 明石屋 | Comments(20)