馬肉料理専門店 ホース @馬力をつける!

この日は久しぶりに、ミナミな夜。
20代前半の頃、畳屋町・八幡筋にある会員制スナックでバイトしていた。
(私は“スナック”という昭和な文化遺産が大好きなのである)
当時を懐かしみつつ、変わりゆく街に一喜一憂しながら、三津寺筋をふらふらと。



心斎橋「馬肉料理専門店 ホース」
b0118001_11155245.jpg
創業35年、馬肉一筋の名店だ。
店内はカウンター7席と、テーブル10席。(2Fに20席あり)
こじんまりとした1Fには、ミナミらしい派手めなカップルや、
旦那衆など常連さんのお姿。その空気に嗚呼、ミナミへ来たなぁ〜と嬉しくなる。



お料理は、常連Tさんに勧められるがまま(Tさん、Iさんありがとうございます★)
桜鍋と馬肉ヒレステーキがセットになった「Wコース」に。
b0118001_11160841.jpg
付き出しは「腸とタンの湯引き」。
コリッ、ぷるんっと食感楽しく、ポン酢で爽やかな味わい。



b0118001_11162386.jpg
「さいぼし」は、スライスと割いたものの2種。
噛み締めて噛み締めて、その深い旨みを楽しむ。



*お造り3種
b0118001_11163726.jpg
「高根」=タテガミの下部にあるコウネ。
 透き通った甘みがあり、口中ですーっと溶けゆく食感が堪らん。
「馬刺し」は細かいサシが入った前腹の部位。
 赤身とサシとのバランスよく、香り高いわ。
「ハツ」はごま油と塩、ネギとともに。
 くにゅっとした独特の食感、クリアな風味が広がる。


午年の馬肉ラヴァーな私にとって、この造りのクオリティは泣けるおいしさ。
でもって体重減らないように、食べて食べて飲んで馬力をつけなければ。
余談だが「馬力をつける」という言葉は、吉原遊郭で桜なべを食べることが語源らしい。
なるほど納得だわ。




「この一品は食べてほしい」と常連Tさん。単品注文で「桜納豆」を。
b0118001_11165581.jpg
納豆の粘りに、なめらかな質感の馬肉。その異なる食感におぉっとなり、
造りに添えられてた塩を少し振ると、肉の甘みがぐっと持ち上がる。
馬肉と納豆という意外な出合い、これはいけるわ!



b0118001_11171016.jpg
ビールから赤へとシフトしつつ



b0118001_11172869.jpg
「大根と馬すじ肉の炊いたん」でホッと一息。



*ヒレステーキ
b0118001_11174273.jpg
見続けていたいくらい艶めかしい…。

b0118001_11175888.jpg
このうるうるっとしたレア感に、鼓動が高鳴る。
ねっとりと舌に絡みつき、歯ですっとちぎれ
上品な旨みをじんわりと撒き散らすのだ。
人心を惑わす、魔性の女といったところやね。



b0118001_11181331.jpg
続いて「ハリハリ鍋」を。具は馬肉と水菜のみ。
ピンクがかった脂、生唾もん。



b0118001_11182918.jpg
まずは女将さんによる鍋のレクチャー。
ダシに馬肉を入れ、ゆらゆらさせ熱が入ったら
水菜をどさっと加えてものの10秒前後で完成だ。


b0118001_11184663.jpg
馬肉の脂身はぶりんっと舌の上で踊り、赤身は程よい歯ごたえ。
そして水菜はシャキッと感、健在。
馬のスジ肉からとったダシがね、もう笑みしか出ない味わい深さなのだ。
ダシを飲みながら酒をちびりちびりやりたくなるくらい。


b0118001_11190366.jpg
命のスープならぬ、命のハリハリ鍋。無言で食べ続けた(笑)



b0118001_11191867.jpg
〆は「中華そば」。


b0118001_11193759.jpg
ダシは透き通っていて、なんとも端正。つるつるっと瞬時に完食したのでした。



さすが、この地で長年、店を営んでおられるだけあって
仕入れる馬肉は驚愕のクオリティ。
しかも、酒を呼ぶアテからステーキ、鍋に至るまで、どれも唸る味わい。
ミナミ遊びがハンパなかった在りし日を想い、
当時のこの街ならではのレジェンドに大盛り上がり。
いっぽう、ミナミの今に目をやれば、楽しい発見が多々あったのでした。
それはまた、別の話。(王様のレストラン調 www)



「馬肉料理専門店 ホース」
大阪市中央区東心斎橋2-3-12
06-6212-2663
open : 17:00〜22:00LO
close: 日曜、祝日
http://baniku-horse.com/



Jigsaw - Sky High



# by writer-kaorin | 2017-08-05 11:23 | =酒場= | Comments(0)  

パセミヤ @ヴァンナチュールが進む、お好み焼き。

土曜の夜は、“中之島ダイビル”はしご酒&ご飯となった。(笑)
「ばかや」の後は、ゲストをこちらにお連れしたく、事前に予約。
同ビル2Fにある「パセミヤ」へ。
b0118001_09193944.jpg
飲み物は、赤をグラスで。ってことで
店主のよっちゃんこと中川善夫さんセレクトのワインがずらり。
よっちゃんによる、英語と日本語での詳しい説明のもと
みんな、どれにしようか悩む悩む。


b0118001_09201242.jpg
「Vino Rosso Naked(4),Grape Republic」
「opnner Nippon no HATAKE 2016 AKA,島之内フジマル醸造所」
「2014 Gevrey Chambertin, David Duband」
「2010 Sotanum, Les Vins de Vienne」
「2012 Châteauneuf du Pape Rouge, Domaine de la Charbonnière」
「2012 Rosso del Veronese, L'Arco」


b0118001_09203093.jpg
「2012 Rosso del Veronese, L'Arco」。
ずっと飲み続けていたくなる、凝縮感ある香り。
〆にお好み焼きのつもりが、そうはいかなくなるのが(ワインが進むという意味でね)
パセミヤなのだ。www



b0118001_09205477.jpg
まずはの皿は、愛媛・内子産のモッツァレラチーズ。(http://daigocheese.com/
愛媛にチーズ工房があるとは知らなかった。
原料は、内子町で放牧された牛
(ホルスタイン種、ブラウンスイス種)の搾りたてミルク。
ミルキーななかにどこか瑞々しさがあり、まろやかな味わい。



b0118001_09212650.jpg
入店前「●●時くらいに伺うので」と、
チエさんに事前にじっくり焼いてもらっていた
「牛すじネギコンニャク入りお好み焼き」。見とれてしまうくらい美しい…。

「井上 古式じょうゆ(島根 奥出雲・井上醤油店)」と
「正金 ゆず生ぽん酢(小豆島・正金醤油)」。
2種の調味料をお好みで、刷毛で塗っていただきます。


b0118001_09215461.jpg
口に入れた途端、ファッと崩れゆく。この質感がたまんないの。
と同時にキャベツの甘み、ネギの香ばしさ、柔らかく煮込まれた牛すじ…と
各素材が一体となった複雑かつ優しい旨みがじんわり響く。



b0118001_09221079.jpg
続いて「豚玉」。
ワンダフルソースとマヨの上で、花ガツオが軽やかに舞う。
豚肉のジューシーさとキャベツの爽やかな甘みを感じ、
かつ軽やかなタッチだから、いくらでも食べられそうだった。


Tセンセともお会いできたし、サプライズ多々な楽しい夜でした♪
よっちゃん、チエさん、またゆっくり伺いますー!ありがとうございました★


「Pasania - パセミヤ」
大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル3階
☎06-6225-7464(要予約、予約は4名様まで)
open : 19:00から23:00(最終入店)
close: 不定休(下記ホームページをチェック)
https://pasania.osaka/
※お店より:
禁煙、強い香りの香水・整髪剤などをつけての入店はお断りする場合がございます。



Pink Floyd - " Brain Damage / Eclipse "




# by writer-kaorin | 2017-08-02 09:25 | パセミヤ | Comments(0)  

やきとり ばかや @Saturday Night oishii

土曜の夜は中之島へ。
b0118001_12142208.jpg
友人であるトライアスロン日本代表のコーチたちをお連れしての
「やきとり ばかや」。久々の訪問だわ。



b0118001_12143644.jpg
ビールとともに、まずは「うずらの煮たまご」を。
相変わらずなトロンとした半熟加減、好きっす。



*ささみ(ワサビ)
b0118001_12144811.jpg
中は半生しっとり。どこまでも清らかな味わいだ。
そうそう、店主の石倉さんがFacebook
ほぼ毎日、焼きものの紹介を1串ごとにおこなっている。
愛がこもった紹介、いつも楽しく拝読している★



*つくね
b0118001_12152505.jpg
ぽってり、重みがありジューシー。
すきっとしたタレの香ばしさがいぃ具合に絡む。



*山中トマト、水なす漬け
b0118001_12153866.jpg
水なすは生姜醤油とともに。じつに瑞々しく、透き通った甘さ。


b0118001_12162138.jpg
山中さんとこのトマト、やはり存在感ある味。
張りあり、甘みと酸味しっかり。トマト本来の香りが鮮烈なのだ。



*せぎも
b0118001_12170984.jpg
淡海地鶏のせぎも(腎臓)。ラスト2串だった。ラッキー!
レバーに似た食感だけでなく、ふんわりともしてて、
クリーミーかつ濃厚な味。


b0118001_12172214.jpg
「せせり」もついつい頼む串。
弾力があって、噛めば噛むほど肉汁じゅわり。



b0118001_12174389.jpg
偶然居合わせたお隣の紳士・Kさんにワインをゴチになる(感謝)。
「Demon Noir Malbec 2014」
タンニン柔らか、ベリー系の香りと味わい。焼き鳥に合う合う。



*アボ叩辛子(アボタタガラシ)
b0118001_12180220.jpg
アボカドを叩き、あけがらしで和えた一品。
舌触り滑らか、あけがらしの旨みとピリ辛さが融合すると
やめられない止まらない味わいに。



*オクラ
b0118001_12181448.jpg
粘り心地よく、夏の香りがするー。



*眞ちゃん厚揚げ
b0118001_12182945.jpg
薄皮はカリリと香ばしく、中はふるふる繊細。



*鴨ねぎ
b0118001_12185472.jpg
鴨は歯ごたえしっかり。旨みのジュがぶわっと。



*白金豚厚切りバラ肉
b0118001_12191146.jpg
豚ラヴァーとしてはこの串も欠かさせない。
ブリンブリンッの脂は、思いの外サラリとしていて
香りも味わいも上等なのだ。



b0118001_12192760.jpg
「せせり唐揚げ」。これもヒットだったなー。
ザクッと小気味よい食感。下味もいぃ感じに馴染んでいて
ワインとビールが行き交うおいしさなの。



b0118001_12194204.jpg
〆に「淡海地鶏のもも肉炭火焼き」を。
皮は香ばしく、身質はしっとり&ジューシー。
深みのある旨みににハッとなるのだ。
口中に立ち込める芳しさも、たまらないのー。
断面は撮影してないが、焼きの技に惚れ惚れする品でもある。




洋楽ロックなBGMを聴きながら愉しむ、存在感ある焼き鳥、そして酒に友人は大興奮。
トライアスロン話に耳を傾ければ(って英語が行き交ってたけど)
思わずワタシもトライアスロンやりたくなったやん。(笑)
石倉さん、ありがとうございました★


「やきとり ばかや」
大阪府大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
☎06-6445-5000
open : 11:30〜14:00LO、17:30〜22:30LO
close: 日曜



Eddie Floyd Performs "Knock On Wood"




# by writer-kaorin | 2017-07-31 12:26 | ばかや | Comments(0)  

バルマスタード @夏味、夏酒。

カナダからの手紙は一旦、休憩として。
ハナシは過日のミナミに舞い戻る(笑)
b0118001_19445971.jpg
心斎橋「バルマスタード」でのおいしい時間。
この日はご近所で予定を済ませてのひとり飲み。



b0118001_19443089.jpg
この日のアミューズは「いんげんとコーンの白和え」。
夏野菜は素材感しっかり。
白和えのまろやかさの中で、隠し味の塩昆布がいい仕事してる。



*焼きなすのゆずこしょうマリネ
b0118001_19444538.jpg
ぽってりとしたなすから、じゅわりとダシのうま味が滲み出る。
と同時に、ゆずこしょうの香りがふわり。この加減が絶妙。
ひんやりさっぱり夏の味。


b0118001_19502240.jpg
ムショーにカンパリを欲し「カンパリソーダ」にて。
嗚呼、ナポリの夏の味がする。



*自家製 鶏むねハム
b0118001_19451688.jpg
鶏そのものの味わいしっかり。
ピンクペッパーとマスタードの風味、飲ませるね。

この日も健康的飲酒を楽しませていただきました♪
話題は、ミナミの隠れ家な店のことから近状報告まで。
積もる話ありまくりの夜だった。
近藤さん、幸子さんいつもありがとうございます★


その後は久々に、びーちゃんとこで
b0118001_19453941.jpg
「とん足」という名のコラーゲンを摂取し、帰途についたのでした。
手をギラギラさせて食べる、びーちゃんとこの「とん足」
クセがなく、なおかつ味わい深く、ほんまに旨い。
ここ「とん足 びーちゃん」も、「バルマスタード」と同様
オープン当初から通わせてもらっているお店。
夏のうちにまた某会にておじゃまします!



「バルマスタード」
大阪市中央区東心斎橋1-15-25 リッツビル2F
☎06-6245-1239
open : 18:00〜翌0:30
close: 日曜
FBページ


「とん足 びーちゃん」
大阪市中央区東心斎橋2-4-19 玉屋町ギャラクシービル3号館1F
☎06-6211-6114
open : 18:00〜翌1:30LO
close: 日曜(4名以上で要予約の場合は日曜営業)



7/26はミックの誕生日! 新曲リリース! 若い74歳!
Mick Jagger - Gotta Get A Grip (Official Video)



# by writer-kaorin | 2017-07-28 08:15 | バルマスタード | Comments(0)  

THE LOOKOUT PATIO @Banffのおいしい絶景

カナダからの手紙♪
b0118001_13243788.jpg
ロッキー山脈のお膝元・バンフにやって来ました★
相変わらず、壮大な眺め。

b0118001_13254282.jpg
だけど数週間前に、ブリティッシュ・コロンビア州で起きた森林火災の影響で
場所と風向きによっては、めっちゃスモーキー…。

b0118001_13255703.jpg
でも、この景色は揺るぎない。
スケールが大きすぎて、写真じゃ伝わりきらんのです。


b0118001_13262460.jpg
ちなみに。バンフ国立公園へ車で入園する場合、
ハイウェイにある公園ゲート(料金所)で入園料を支払うのだが。
2017年はカナダ建国150周年!ということで、今年に限り無料開放になっていた。



b0118001_13282512.jpg
さて。いつものホテル「The Fairmont Banff Springs」でのんびり過ごした後は


館内にあるパティオ「THE LOOKOUT PATIO」でのブランチ時間。
b0118001_13290006.jpg
ボウ渓谷を一望できる、圧巻のスケール!
ラッキーなことに、山火事の煙たさは無かった。
渓谷の間を吹き抜ける風がじつに爽やかで、野鳥の鳴き声がこだまする。


b0118001_13291750.jpg
すぐそこにはゴルフ場も。この景色のなかでプレイとは。
久々にゴルフしたくなったなー。復活しよっかな★


b0118001_13293429.jpg
ブランチの後、トレッキングが待ち構えていたので
バドのノンアルコールをぐびぐび。なかなかいけるやん。
歩きの前だから軽めなブランチを。



*Tabouleh Salad
b0118001_13295023.jpg
あっさりしたテイストの、ビンナガマグロ・冷製スモークとともに。
イスラエル産のクスクスはまぁまぁ大粒で、このむっちむち感はクセになりそ。
トマトやパセリ、白ワインビネガーを利かせたレモン・ガーリック・ドレッシングの
爽やかな酸味とコクが広がる。
申し訳なさそうに添えられた豆苗だけが残念だー;


b0118001_13375523.jpg
何がヒットやったって、別の皿(ピタサンド)に添えられていたフレンチフライ!(笑)
揚げたての香り、強いカリカリ感、適度なジュワッ感、
さらには塩加減もピタッと決まってた。



b0118001_13385038.jpg
テーブル脇には花々が咲き誇り

b0118001_13393728.jpg
この景色を眺めるだけで、飲めるね。



b0118001_13401276.jpg
b0118001_13403307.jpg
このホテルの開業は1888年。
ヨーロッパの古城を彷彿とさせる外観は、この地のランドマーク的存在だ。


b0118001_13290006.jpg
次、このパティオに伺うときは、何もしない一日にしよう。
景色をアテにしながら
オカナガンワインを昼酒にって感じかな。楽しみだ。




「The Fairmont Banff Springs」
http://www.fairmont.com/banff-springs/

「THE LOOKOUT PATIO」
http://www.fairmont.com/banff-springs/dining/the-lookout/


Cowboy Junkies - Sweet Jane




# by writer-kaorin | 2017-07-25 13:46 | =Canada= | Comments(0)