おでんと魚菜の店 暖だん @夙川

旅雑誌・編集部時代の戦友たちとの定例飲み。
お店は満場一致で、こちらとなった。
b0118001_822833.jpg
阪急の夙川駅近くにある、おでんと魚菜の店「暖だん」。


b0118001_7465822.jpg
付き出しは、ほうれん草のおひたしと海老。
クリアなだしのうま味に、期待が高まる。



*鰆のタタキ
b0118001_7475979.jpg
薬味やぽん酢醤油、ニンニクチップを豪快に混ぜて。
鰆はぽってり、脂がのってる!
その味わいを楽しみつつ、後味は清々しい。



*セロリのさっぱりお浸し
b0118001_7481736.jpg
お浸しには自家製ぽん酢を使用。
昆布系だしのうま味を感じつつ、爽やかなテイストだから
バリボリ止まらない。


ここらで、店の名物でもある「おでん」を。


*暖だん盛り
b0118001_7483611.jpg
牛すじ、ゆで卵、厚揚げ、平天、大根。
おでんといえばな定番の種に
だしの、深くも優しいうま味が染み込んでる。



*奈良県産 倭鴨の蒸し煮
b0118001_7485481.jpg
葛城山の麓で飼育された合鴨「倭鴨(ヤマトガモ)」。
醤油ベースのタレで蒸し煮にしたそれは、美しいロゼ色。
ロース肉の脂は甘みを蓄えていて、かつ芳醇な風味。



*たら白子ぽん酢
b0118001_844736.jpg
濃厚クリーミー。琥珀の飲み物から、焼酎湯割りへとシフト☆



b0118001_7493481.jpg
フィリップ・ハーパーさんが醸す「玉川 山廃純米 生原酒」も捨て難かったのだが、
今夜は久しぶりに全量芋焼酎「一刻者」を湯割りで。
仕事で絡ませて頂いていた思い出の焼酎。



*アボカドのユッケ
b0118001_750945.jpg
これはヒット!!!
熟れたアボカドのなめらかさと油分に
ユッケダレのコク、ごま油の香ばしさがベストマッチ。
そこに濃厚な黄身が絡み…。
酒飲みのアボカド好きには堪らんテイスト!(笑)



*天ぷら盛り合わせ
b0118001_7503592.jpg
海老、キス、ししとう、茄子ほか。
からりと揚げられたそれらは、衣がじつに軽やか。
素材そのものの甘みや香りが際立っている。




*おでん 春菊
b0118001_7505167.jpg
だしのうま味と、春菊の香りが
上品なハーモニーを奏でる。



*おでん 生湯葉
b0118001_7513268.jpg
大豆本来の甘みを感じる、味わい濃厚な生湯葉だこと。
山葵とだしとの相性も良かった。



*茶めし
b0118001_752119.jpg
お米をほうじ茶で炊き、おでんだしをかけているそうな。
ほうじ茶の香ばしさと、だしの味わいが重なり合い、
お酒の〆とはいえ、だしでまた飲みたくなる〆もんやわ(笑)


素材感を生かした優しい味わいながら、メリハリもしっかり。
杯が進む、おでんと魚菜を堪能しました。

店内は常連さんたちで賑わっていて、
地元のお客さんに愛されているなぁ〜と、暖かな気持ちに。
おそらく、夙川という街のプラットホーム的存在なのだろう。
店主の藤原さんは、編集部時代のボス。またおじゃまします☆
まゆん、愛さん、美子ちゃん、ほな4月中旬に!



おでんと魚菜の店「暖だん」
西宮市大井手町2-7 羽衣夙川サンライズビル
0798-74-8755
open : 17:00〜23:00(22:30LO)
close: 月曜、第3火曜
http://dandan-jpn.com/
https://www.facebook.com/oden.dandan



Bruce Hornsby, The Range - The Way It Is

# by writer-kaorin | 2017-03-25 08:01 | 暖だん | Comments(0)  

中国采 老饕(ラオタオ)

江坂駅を降りて徒歩3分。
目印は、沢井製薬開発センター。
その真ん前にある中国料理店「中国采 老饕(ラオタオ)」でおいしい夕餉。
b0118001_1127689.jpg
自宅の近所だからちょいちょいおじゃましている。
オーナーシェフの新谷さんとはいろんな共通点があって
そんなネタの語り合いも楽しみのひとつ。



*前菜3種盛り
b0118001_11272294.jpg


b0118001_11275668.jpg
コリッと食感楽しい「花くらげの香酢仕立て」にはじまり

b0118001_11281785.jpg
「活アワビの冷製」はいわゆるアワビの紹興酒漬け。旨み濃厚。


b0118001_11273679.jpg
「よだれ鶏」の鶏肉は、ピンク色していてしっとり。
コクと辛味とが交わり合い、ビールが止まらん味だこと。



*海老、サラダセロリの彩色蒸し餃子
b0118001_11284857.jpg
海老は甘く、サラダセロリの風味よく。
透き通った餃子の皮は軽やかなタッチ。



*肉団子 揚げ豆腐 筍の葱風味土鍋煮込み
b0118001_11291573.jpg
肉団子はホロリ崩れゆく繊細さ。
そこに、筍や揚げ豆腐のリズミカルな食感。
葱香り、パンチがあるのに後味は驚くほど優しい。
複雑とみせかけて素材の旨みを存分に引き出した見事な一品。



*国産豚カルビと旬の中国野菜、スパイシー豆豉炒め
b0118001_11293114.jpg
カルビからジュワリ滲み出る脂の甘みに、
豆豉のコクや、スパイシーさと辛味とが融合。
カイラン菜、A菜、紅芯大根といった
中国野菜がこれまた旨いの!



*季節野菜の湖南式浅漬け
b0118001_11294892.jpg
湖南省の料理には、唐辛子や発酵食材を上手く取り入れたものがあり
塩漬け発酵させた旬野菜の漬物も、その食文化のひとつ。
「まだ浅漬けです」と新谷シェフが話すそれは、
カブラとその葉を用い、塩味と程よい酸味を感じるすっきりとしたテイスト。
〆のつもりが、飲ませる味わいでした(笑)



シェフが修業時に会得した湖南や四川の伝統料理をベースに、
素材感漲る中国野菜を多用するなど、
今のニーズに合った料理を多数いただけるラオタオ。
いつ伺っても賑わっている理由は、食べて納得です。



​「中国采 老饕」 〜ラオタオ〜
大阪府吹田市広芝町11-1
☎06-6385-3939
open : 11:30〜14:00LO(土日祝は14:30LO)、17:00〜22:00LO
close: 月曜
http://www.lao-tao.net/



6月の来日公演、今からワクワク楽しみすぎる♪♪♪
Sting - Every Little Thing She Does Is Magic (Classic)

# by writer-kaorin | 2017-03-23 11:30 | 老饕 | Comments(0)  

焼肉 虎龍 @北新地

「焼肉 虎龍 北新地店」で、
店の常連でもあるY氏と晩ご飯。
b0118001_12274160.jpg
この店、朝4時まで開いているから
遅い時間の客には飲食関係者も多い。


b0118001_1228220.jpg
いつも、まずはこの2品からとなるなぁ。
白菜キムチと、ナムル盛り合わせ。
肉が供される前に、野菜をしっかり摂取。



*上塩タン
b0118001_12395151.jpg
まずはそのままで。ふた口目はレモン汁とともにさっぱりと。
8割方火を入れ、タンのぷるるんとした質感を楽しむ。
噛めば甘みがどこまでも続くのだ。



*上ハラミ、上カルビ
b0118001_1240666.jpg
黒毛和牛の一頭買はもちろん、生産者や月齢まで指定し仕入れているそうな。


b0118001_12402549.jpg
上ハラミは赤身の旨みと溢れ出る肉汁に
思わず、白ご飯を欲す(が、ガマン)


b0118001_12404548.jpg
上カルビは肌理の細かな肉質。
サラリと澄んだ脂の甘みが口の中に広がり、
脂〜万歳!なメンツにつきご満悦。



*上テッチャン
b0118001_12405820.jpg
ウル艶のそれを、好みの加減に炙って。
濃すぎず、なタレの風味がいい。


b0118001_1241315.jpg
お口直しにやみつきキュウリを。
ゴマの風味香ばしく、パリポリなんぼでも食べれそう。



*特上三角バラ
b0118001_12415139.jpg


b0118001_1242231.jpg
さっと軽く炙る程度。
霜降りが強く、広がるはしっかりとした脂の甘み。
でもひつこさは感じないのだ。
向かいでは、白ご飯にわかめスープ。私は炭水化物少しだけ!

そのほか、ゲタカルビや丸腸、ウルテにツラミで満腹となりました。


北新地店は、ゆったりとしたカウンター席のほか
テーブル席も広々としていて居心地いい。
店の裏には、北新地店の別室「はなれや」もあり(6室、完全予約制)、何かと使えます☆



「焼肉 虎龍 KOTATSU 北新地店」
大阪市北区曽根崎新地1-9-6 菱富ビル1F
06-6343-2929
open : 17:30〜翌5:00(翌4:00LO)
祝日〜23:00LO
close: 日曜



3/13(mon)。人生を変えた一曲 ♡
Maria - Blondie

# by writer-kaorin | 2017-03-20 12:43 | 焼肉 虎龍 | Comments(0)  

Capanna @毎日食べたい味。

淡路町「Capanna 〜カパンナ〜 」で遅い時間のディナー。
b0118001_12194869.jpg
ビールがカラダの隅々に染み入る。


*ロシア風ポテトサラダ
b0118001_12201045.jpg
角切りにしたポテトやニンジンほか、
グリンピースもごろごろと入り、
マヨのコクで、飲みのピッチが早くなる。



*イワシのサフラン風味のマリネ
b0118001_12203758.jpg
玉ねぎ、松の実、レーズン。この組み合わせ好きやな。
イワシとともに味わえば、
サフランの香りと甘酢の爽やかさが広がる。
このタイミングで供された、バゲットも味わい深かった。



*もち豚のサルシッチャのグリル
b0118001_12211489.jpg
ブリンッと弾けるとともに、肉汁溢れ出る!
もち豚の旨みは言うまでもなく、後味にアニスがふわりと香る。


b0118001_12213193.jpg
おかわりwww



*ペンネ 丹波篠山産 日本鹿のラグー
b0118001_12214748.jpg
いつもの、なにわ黒牛ではなく、鹿肉ラグーはお初。
手切りミンチ肉は赤ワインでじっくり煮込まれている。
色的に濃いのかと思いきや、素材そのものの深い旨みがじんわり広がる感じ。
ペンネのオーバーボイル具合も、私好みでした。


店主・ネギ(根岸)さんのお料理は、
じんわり味わい深いというか、
インパクトがある皿だって後味は優しい。
要するに、毎日でも食べたくなるイタリア料理なのだ。
いつもありがとうございます*



「Capanna 〜カパンナ〜」
大阪市中央区淡路町2-6-5-1F
☎06-6226-7026
open : 11:30~14:00LO、18:00~25:00LO
close: 日曜、第3月曜
https://www.facebook.com/capanna2015/?pnref=story



Bon Jovi - Someday I'll Be Saturday Night

# by writer-kaorin | 2017-03-18 12:25 | Capanna | Comments(0)  

祇園 一道

お久しぶりです!
京都・祇園 鉄板割烹「祇園 一道」。
b0118001_7365722.jpg
関夫妻とプライベートでお会いすることは多いのだが
お店に伺うのはめっちゃ久しぶり。


この日は愉快なメンバーとの貸切ナイツに急遽おじゃました。
Kちゃんセンセほか、ご一緒させていただいた皆さん
楽しい時間をありがとうございます!
鉄板割烹というジャンルをこの世に知らしめた、
関さんならではのお料理とじっくり向き合う夜。


*このわた入り湯葉蒸し ばちこ
b0118001_7372547.jpg
上品なあんのなかに、
このわた、ばちこの凝縮感ある旨み。
干しなまこを戻しているのか、その食感も舌を楽しませる。



*伊根の鮪 佐賀の香味海苔
b0118001_7374965.jpg
「イメージはネギトロです(笑)」と関さん。
確かに。たまり醤油と浅葱がかけられたそれは、
口に含めば、鮪のクリアな脂と、香味海苔の香気が合わさり
じつに上等なネギトロ的、味重ね。


b0118001_738558.jpg
春を告げる食材が目の前に。


b0118001_7382177.jpg
鉄板をそう使うか〜!という関さんの発想と技も楽しみのひとつ。


*白魚 ホワイトアスパラガス
 クジラのベーコンのお椀
b0118001_738392.jpg
昆布をかませて鉄板で熱を加えた白魚。
ふわっと繊細、ほろっと苦みもあり
アスパラの香り、クジラベーコンの適度な油分と
絶妙な相性をみせる。


主役級が続々、登場。
b0118001_7385964.jpg


b0118001_7391373.jpg
次は何が!!??と、鉄板に目が釘付けだ。


b0118001_7393024.jpg
ズワイガニの身にベシャメルソースかと思いきや
コレ、フグの白子。

b0118001_7394684.jpg
カニみそもたっぷり。バーナーで香ばしさを出し


b0118001_7401541.jpg
これでもか!と言わんばかりの
削ったトリュフがふんわりこんもりと。その心は…



*大人のカニグラタン
b0118001_7403578.jpg


b0118001_7404760.jpg
甲羅のなかには、ズワイガニの身がどっさり入り
その濃厚な味わいだけ飲めそうな上に、
フグ白子のソースとカニみそのコク、トリュフの香りの三重奏。
大胆さと艶やかさとをあわせ持ち、んもうメロメロになったわ。


ドンッと、鮑が目の前に。
b0118001_741435.jpg



*蒸し鮑の焼きそば
b0118001_7412682.jpg
コシある麺は、鮑の肝で和えていて
その上には、ふっくらとした蒸し鮑。
さらに。細かく刻んだ大徳寺納豆が放つ、塩味と発酵の旨みとが
肝のほろ苦さと、ニクいくらいに共鳴する。


b0118001_7414640.jpg


b0118001_74209.jpg
Emotion 2013 Pinot Noir /Vincent Girardin
大徳寺納豆の発酵の香り、肝のコクに
繊細かつ野生味をも感じる一本を。
ベストなペアリングに、唸った…。


b0118001_742184.jpg
続いては、待ってました!な
もはやこの店の名物ともいえるハンバーガー。
フィレ肉100%のパティを鉄板で焼き上げ…


b0118001_7423726.jpg
どっさりのおろし山葵、さらにはフォアグラも挟み


*ハンバーガー
b0118001_743297.jpg
ひと口サイズのバンズを、ギュッと押せば
パティから肉汁ジュワリ。そこを勢いよくガブリ!
もうね、口のなかは小宇宙。笑みしかこぼれぬ旨さなのだ。


b0118001_7434396.jpg
まだまだ続きます。


*京都牛フィレ肉のステーキ
b0118001_74441.jpg


b0118001_7442736.jpg
ミディアムレアに焼き上げられたフィレ肉。
ほわっ、ふわっとした肉質で
肉そのものの上質な旨みが溢れ出るの。
この後、もう数切れをいただくことに。食べるほどにまた食べたくなる(笑)



b0118001_7445141.jpg


b0118001_7451144.jpg
「お口直しに」と供された、
きんぴらごぼうもホウレン草のおひたしも端正だ。



b0118001_7453118.jpg
近江牛の肩ロース肉、そしてトマト。
この店ならではの名メニューが、なんと多いことか。


*近江牛のすき焼き
b0118001_74683.jpg
温度卵、だしの旨みが生きたコク深い餡とともに。
肩ロース肉のグラデーションな火入れ、
加熱したトマトならではの旨み、卵のまろやかさの一体感が凄い。


b0118001_7463153.jpg
〆はガーリックライス。


b0118001_7465251.jpg
お茶碗、大中小と用意がなされたが
私は満腹につき、ひと口サイズ。
鉄板の上で瞬時に作り上げる煎餅が、こえまた旨い。
お漬物と留椀とともにいただきました。


*苺大福 
b0118001_7471357.jpg
フレッシュな苺の上には
小豆のアイスと、餅のソース。で、苺大福とは!
関さんの発想力と美味しさに唸った…のでした。


鉄板の魔術師・関さんならではの発想力は、本当に凄みがある。
しかも、「ほほぉ〜」と唸る、味&技揃いなのだ。
なおかつ、話は尽きることなく盛り上がった、オモロい夜でした。
関さん、茂ちゃん、皆さんありがとうございました☆


「祇園 一道」
京都市東山区祇園町南側589 ぎおん松本ビル1F
☎075-561-1949(要予約)
open : 17:00〜22:30
close: 木曜、月1不定休


Queen & David Bowie - Under Pressure (Classic Queen Mix)

# by writer-kaorin | 2017-03-16 07:55 | 祇園 一道 | Comments(0)