タグ:旅・海外 ( 76 ) タグの人気記事

 

うなぎ 魚三 @地元人が通う鰻屋・三方五湖編 oishii

秋雨のパッとしない天気が続きますね〜。
ちょいとここらで過日、快晴の若狭湾の景色をドーゾ(笑)
b0118001_16033967.jpg
この日は鰻がムショーに食べたくなり、ドライブがてら三方五湖方面へ遠征。


b0118001_16035778.jpg
20年振りくらいにレインボーラインの頂上へ、な
ベタ観光を楽しみつつ、目指すはいつもの鰻屋 ○水ではなく


「魚三」(うおさん)へ。
b0118001_16042964.jpg
まわりは畑と民家という、のどかな細道を進みゆき、
用水路沿いに出てくるこの看板。
まずその立地が、分かりづらくってワクワクさせられる。
この店舗に鰻の焼き台があり、裏手に併設する木造の一軒家が食事処となっている。

たとえナビがあったとしても、地元人でなければ、ほんまに迷うと思う。


b0118001_16055889.jpg
和室1室に1組という贅沢使い。おそらく何室かあるのだろう。
隣からは、「ほんまけ」「おおきんなー」的、
懐かしい若狭地方の方言が聞こえてくる。

そう、ここ「魚三」は地元の人たちが足繁く通う鰻屋、との情報を
以前から聞いてて今回、初訪問となったわけだ。


b0118001_16061921.jpg
ビール、といってもこの日はドライブにつきノンアルで。



*う巻
b0118001_16064541.jpg

b0118001_16070263.jpg
焼きたてぬくぬく。ほんわり甘めの生地は
中がうるうる半熟で、蒲焼のコクがじゅわりと広がる優しいお味。



*白焼き
b0118001_16072075.jpg
このボリュームで2000円前半は、懐に優しい。


b0118001_16081216.jpg
カリッというよりかは繊細なサクッ感、に続いて
身はファッファのテクスチャー。
その都度、いい養殖もんを扱われているのだろう、
脂はサラリとしていて、身と皮の間にあるゼラチン質もいい感じ。
わさびをちょんっとつけて、身のクリアな甘みも楽しむ。



b0118001_16085883.jpg
「魚三」は地焼き。この「上うな重」は、
白焼きと同様、鰻一匹を使用している。2880円、これまたリーズナブル。



b0118001_16091738.jpg
美しい。
口に含んだ瞬間、タレのメイラード反応的、香ばしさに食指が動く。
まったりとしたタレのコクが絡む身は
程よく厚みがあり、じつにふっくら。
ご飯もツヤ甘、ピンッと立ってて旨く、蒲焼とのバランスもいい。
米はおそらく自家栽培とか、地元産なんだろうな。
お重のなかには肝焼きも入っていて、そのほろ苦さも心地よかった。


b0118001_16093644.jpg
ということで吸い物は、肝なしでした。

ふぅ〜満腹至福につき、座敷に寝転がりたくなったがその衝動をおさえ、
食後は焼き台がある場所へ移動し、お会計となりました。


b0118001_16095647.jpg
支払い時にふと、目に留まった「ご自由にどうぞ」の文字。


b0118001_16101890.jpg
お店のお母さん曰く、
「タレの仕込みに使った鰻の骨や頭、昆布ですわ。捨てるの勿体ないしね」。
ということで、無料でお裾分けしてくれる。
「近所の小学生が“おやつにちょーだい”って来ることもあるのよ」って
お母さん、嬉しそう。 その小学生が羨ましいな(笑)

指示通り、秋茄子と一緒に炊いたら、
骨から滲み出たタレの旨みで、とても上等なナス煮物となりました★


ここ「魚三」は
予約なし訪問は避けたほうが良い。
かく言う私、不意打ち訪問したため
45分待ちという状況に陥り、レインボーライン散歩となったわけだから。
電話一本入れて、入店することをおすすめしまーす★



「うなぎ 魚三」
福井県三方上中郡若狭町鳥浜25-40
0770-45-0894
open : 9:00〜18:30
close: 水曜
http://www1.kl.mmnet-ai.ne.jp/~uosan/



Tom Petty And The Heartbreakers - The Waiting



by writer-kaorin | 2017-10-19 16:14 | =旅= | Comments(0)  

リストランテ カルド @福井・敦賀ならではのイタリアン

福井・敦賀にやってきた。
ずっとおじゃましたいと思っていた
「RISTORANTE CALDO」(リストランテ カルド)へ。
b0118001_08375979.jpg
コンクリ打ち抜きの店内は、
窓の外の緑、差し込む自然光、アートな作品。
それらのバランス良くってギャラリーのような空気感が漂う。


b0118001_08382147.jpg
リザーブの札が素敵すぎ。
本物の葉を用い、ブルーベリーの実を添えている。
さりげなくドライフラワーをあしらったメニュー表もそう、
ふとしたところに、センスを感じさせるのだ。


ランチコース(¥1700 tax別)は
前菜、プリフィックスの手打ちパスタ、ドルチェ、飲み物。
プラス価格で、魚か肉のメインディッシュも。そらいくでしょ。


b0118001_08383874.jpg
まずはクウィ〜ッと、クールダウン。




b0118001_08385776.jpg
この日の前菜は
「かぼちゃのスープ イベリコ豚のロースト添え」
ふぁっふぁクリーミー。じわじわとかぼちゃの濃厚な甘みがやってくる。
そこにイベリコ豚の旨みとほのかな野生味。
強弱、塩加減、味わいのバランス良くって、一皿目からテンション上がる。


b0118001_08393646.jpg
自家製のフォカッチャ。ほのかに温かくって、ふんわりしっとり。
食べ過ぎ注意なおいしさだ。



*タリオリーニ 真ダコのアンチョビソース
b0118001_08400137.jpg
まず、熱々の温度感が良い。
ゴロゴロ入る蛸はぶりんっと弾力ありつつ柔らか。で、しっかり味がある。
コシ&コクしっかりな手打ちのタリオリーニに、ソースの旨みが絡み
トマトの酸味がえぇ仕事してて、後味清々しいの。


b0118001_08402171.jpg
ゴマのパンも、料理に寄り添うおいしさ。



メインは
*甘鯛のロースト エシャロットのソース(+¥1,500)
b0118001_08412987.jpg
皮カリリな小気味良い食感に続き、ふっくら繊細な身質だこと。
エシャロットソースの爽やかな甘酸っぱさとコクは、
甘鯛との相性の良さはもちろんのこと、カラフルトマトともバランス良い。

ちなみに甘鯛は敦賀で水揚げされたものだし、
トマトは店の近所の農家さんが育てた有機もの。
お肉料理には「若狭牛のロースト」もあるし、
シェフの地元愛、そして地元の食材をどう活かし切るか、
という想いを、びしばし感じるのだ。



ドルチェは
*桃のビアンコマンジャーレ 黒糖のジェラート添え
b0118001_08415832.jpg
ビアンコマンジャーレは桃の甘やかな香りと
アーモンドミルクのピュアな風味で、清々しい。
対してジェラートは深みのあるコクが広がった


b0118001_08421883.jpg
紅茶でホッと一息。
大きな窓から目に飛び込む、田園の風景をぼーっと眺めていると、
ここはトスカーナの田舎町か?という錯覚に陥るくらい、居心地が良いの。


b0118001_08423502.jpg
オーナーシェフの川端治雄さん、マネージャーであるマダム・都志子さん。
川端シェフは、大阪・豊中や堂島の名イタリアンでの修業を経て、故郷・敦賀にて独立。

敦賀港で水揚げされた魚、ご近所の地野菜などを駆使した
地元食材に特化した皿の連続だった。そこに、マダムのセンスも重なり合い
ここにしかない空気感を醸し出していた。
川端シェフ、都志子さんありがとうございました★

b0118001_08430486.jpg
地方ならではのイタリアンを、ここ敦賀で愉しめるのは
元・福井県民としては嬉しい限りだ。
若狭〜敦賀エリアを旅される方にもおすすめしたい。
次は秋か初冬、セコガニが美味しい時季、ディナーに伺いたいと思う★




「RISTORANTE CALDO」(リストランテ カルド)
福井県敦賀市木崎51-24-1
0770-20-1260
open : 11:30〜14:00LO、17:30〜20:30LO
close: 水曜、第1火曜
http://ristorante-caldo.com/


The Traveling Wilburys - Handle With Care


by writer-kaorin | 2017-09-01 09:20 | =OBAMA= | Comments(0)  

Diners, Drive-Ins and Dives @ダイナー好きへ

カナダへ来ています★
涼しくって過ごしやすい毎日。猛暑な日本の皆さん、すみません;
b0118001_15570165.jpg
b0118001_15582416.jpg
西海岸・バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州と、
カナディアンロッキーのお膝元・アルバータ州。
都市と大自然とが共存するカナダ西部の2つの州を行ったり来たり。


b0118001_15332838.jpg
本日は何もしないでおく日と決めてて、ハウス!
なので、読書とお気に入りのテレビ三昧。


好きなテレビ番組の一つに「Diners, Drive-Ins and Dives」がある。
(アメリカの放送局「Food Network」で放送。
 日本では「Dlife」で放送している『食べまくり!ドライブ in USA』)
b0118001_15340910.jpg

b0118001_15342906.png
ホスト&司会者のGuy Fieri(ガイ・フィエリ)が
全米に広がる昔ながらの“ダイナー”を、クラシックカーで訪れる番組。
写真は「Camaro」のSS、69年モノかな?
ガイさん、プロレスラーのスイーツ真壁さんクリソツ(笑)


b0118001_15393304.jpg
b0118001_15394724.jpg
b0118001_15395884.jpg
私は、アメリカとカナダの田舎町をドライブするたびに出合う
その土地土地の“ダイナー”の雰囲気がめっちゃ好きで。
ダイナーを巡り、その土地に暮らす人と食文化に出合う…なんて取材、憧れるなぁ。



b0118001_15402340.jpg
ガイさんは厨房で働くシェフにインタビューしつつ、レシピを教わったり。


b0118001_15403730.jpg
はたまた、店の常連客と一緒に食事をしたり。
ここ、“吉田類の酒場放浪記”的、親近感ね。



えげつないボリュームとカロリーであろう料理も多いのだが
そのありえなさがオモロイの。
b0118001_15405969.jpg
b0118001_15411687.jpg



b0118001_15414438.jpg
でも現実的なところも。
例えば「ガーリックパウダーやオニオンパウダーをそう使うのね」といった
現地ならではのレシピや(この2つのパウダーがめっちゃよく登場する)、
ハーブ&スパイス使いのコツに至るまで
家ごはんや家BBQに落とし込めるポイントもあって楽しんでいる。
b0118001_15425728.jpg

b0118001_15433379.jpg
ガイさんは、スイーツ真壁さん似だからなのか、
アメリカ〜ンな料理だけでなく、超高カロリーであろうスイーツも大好き。

この番組を観るたびに、小さな小さな町のダイナーへ行きたくなるのだ。
ダイナーを取り上げる類似の番組もあるのだが、
やっぱり、ガイ・フィエリの声高いトーンとクラシックカーとチャラいノリが好き。



そして私が崇拝する、破天荒シェフの番組も好きだ。これは揺るがない。
Anthony Bourdain(アンソニー・ボーディン)の
「Parts Unknown」(CNN)
b0118001_15472474.jpg

アンソニーの詳細は、懐かしのへべれけ日記参照。
*世界一好きな破天荒シェフ
http://kaorin15.exblog.jp/11417643/

*念願の「Les Halles」!
http://kaorin15.exblog.jp/13355514/



「Parts Unknown」(CNN)
b0118001_15493225.jpg
シェフであり作家であり食のリポーターでもあるアンソニー。
この番組は、数年前に放送されてたアンソニーの番組
「No Reservations」(Travel Channel)と比べて、政治的ネタもやや強いが
世界中の珍味?美味?をレポートするロックな雰囲気のアンソニーは、超カッチョエェ。


b0118001_15500652.jpg
昨年OAしてた回では、
ベトナムで、オバマ 元・米大統領にフォーの食べ方を教えて!?いたし(笑)
基本的には世界のあらゆる地域を訪ね、その地の食を味わう。
ペルーのリマでは、とにかくセビーチェ・セビーチェ・セビーチェ。
そしてペルー山岳部でカカオ農園を訪ね、カカオを用いた料理を堪能していたな。

b0118001_15511220.jpg
この「Parts Unknown」という番組、
全米のテレビ・アカデミー(テレビ界のアカデミー賞)で、
5部門の賞にノミネートされたみたいだ。さすがアンソニー!



っとブログを書いていたら、
嵐のような夕立が過ぎて雨上がりの夜空に。
明日は、自然と戯れてきます。
日本のへべれけ日記も、アップしますね★


The Band / the Weight 1969 @ Woodstock live



by writer-kaorin | 2017-07-16 15:59 | =Canada= | Comments(0)  

Saba*Cafe(サバカフェ) @がっつり!サバサンド

福井と滋賀の県境にある「熊川宿」。
b0118001_10121417.jpg
重要伝統的建造物保存地区にも指定されている、風情ある町並みだ。
ここは小浜から京都へと続く、“鯖街道”の宿場町として栄えた地。

余談だが、私の先祖もこの“鯖街道”を、鯖を担いで行き来していたそうで。
母の実家が鯖専門店「朽木屋」を営んでいるのだが
関所があった滋賀・朽木村のおエライさんから
「朽木屋」という屋号をいただいたという。



さて。この日は、熊川宿から徒歩数分にある「Saba*Cafe(サバカフェ)」へ。
b0118001_10124025.jpg



目的は、この店の名物「サバサンド」だ。
b0118001_1013751.jpg
まずは、琥珀色した飲み物で喉を潤しーー



*サバサンド
b0118001_10132472.jpg
クッペ(フランスパン)の中には肉厚な鯖フィレ!


b0118001_10135298.jpg
鯖の厚み、分かるかな?


b0118001_10141019.jpg
豪快に頬張る!
ふっくらジューシーな鯖と
皮パリ、クラムはしっとりふわっなパンとの相性、絶妙。
ソースは、獅子柚子の風味と唐辛子の辛味を利かせた
地元の万能調味料「柑なんば」と、マヨネーズをブレンド。
その香り高き風味やピリ辛感と、鯖の旨みとがすこぶるマッチしていて
何ともクセになる味わいなのだ。

通常はこの2倍のサイズ!おそらく完食できないと判断し
無理言うてハーフサイズにしてもらった。それでもがっつり、ボリューミーだ。



*ソースカツカレー
b0118001_10142653.jpg
福井名物のソースカツと、カレーを組み合わせるとは!
甘スパイシーなカレー、これはインデアン的常習性ある旨さで
そこに、ジューシーなソースカツ。
このメニューはある時〜ない時〜♪があるみたいです。


食後は「Saba*Cafe」の敷地内をウロウロ。
b0118001_10144064.jpg
「Sabakaido Cycling Hub」(鯖街道サイクリングハブ)


b0118001_10145944.jpg


b0118001_10151371.jpg
なんと、ロードバイクのレンタルや販売を行っているのだ。
そして、県外からやって来るロードバイク乗りや、有名チームの
まさに宿場町的な、交流スポットになってる。
私もロードバイクではしょっちゅう、お世話になってます☆


っと、話題はついついロードバイクに行ってしまうが(笑)
b0118001_101552100.jpg
週末ふらりと「サバサンド」を食べに、またおじゃましようと思います☆


ちなみに今週末5/22(日)は「2017鯖街道ウルトラマラソン」!
前日は、前夜祭イベント「鯖フェス」(http://sabafes.com/)が
開催されるとのことでーす☆
【会場】小浜市まちの駅 屋外広場 / 旭座 (www.obama-machinoeki.net
【日時】2017年5月20日(土)16 : 00 〜
※各種飲食ブースは、16 : 00 〜 19 : 00




「Saba*Cafe」
福井県三方上中郡若狭町熊川12-16-2
☎0770-62-9048
open : 11:00~16:30
close: 水曜、不定休
https://www.facebook.com/kumagawasabacafe/
http://saba-cafe.com/


「Sabakaido Cycling Hub」
https://www.facebook.com/SABAHUB/


Shambala (1975) - Three Dog Night

by writer-kaorin | 2017-05-18 10:28 | Saba*Cafe | Comments(0)  

洋酒スナック「ニューエデン」 @小浜最古のバーでアペ時間

b0118001_12104798.jpg
実家の近所にある小さな漁港をウォーキング。@福井・小浜
海からの風にそよぐ若芽。港町の情緒を感じつつ、
旨そうだ(笑)しゃぶしゃぶにして食べたいぞ。


そこから小浜市街地へと足を運び、美しい光景に出合う。
b0118001_12113143.jpg


b0118001_1211525.jpg
沈むゆく夕陽をぼーっと眺める、無の時間。
たまにはいいもんだ。

春の海風と
カモメの鳴き声を感じながら
アペリティフな時間へと。


@洋酒スナック「ニューエデン」
b0118001_1212824.jpg
マスターの「イーさん」こと石橋さんに会いに。
食事前にはいつも、この店で1〜2杯ひっかける。
創業52年。小浜最古のバー(洋酒スナック)である。


b0118001_12122429.jpg
フィズ、カクテルのメニューボード。
目に飛び込むものすべてが味わい深いの。
つまみはレーズンバターやチーズ、サラミ、モロキューなど少数精鋭。


*マティーニ
b0118001_1212399.jpg
オリーブなしで。
イーさんがカクテルを作る、その美しい所作に
目が釘付けとなる瞬間だ。
動きが機敏すぎるので、iPhoneでは撮影できぬ。
マティーニは、香りもアルコール感も鮮烈だが、バランスがすごくいい。


b0118001_12125660.jpg
カンパリソーダ。
柱時計のかすかな響きを聞きながら、じっくり味わう至福時間。


旧き良きバーの趣に浸りつつ、隣には父と母(笑)
皆でたわいもない話に花が咲くのでした。親子酒場はいいもんです。
b0118001_12133598.jpg
ピシッと仕事着を着こなすイーさんは77歳。
彼の手から生み出されるカクテルは、じんわり心に響く味わいなのです。


b0118001_12135398.jpg
GWにまた伺おうと思う☆


洋酒スナック「ニューエデン」
福井県小浜市大手町3-7
☎0770-52-0351
open : 18:00〜24:00
close: 日曜


明日4/28(fri)は「The Doobie Brothers」大阪公演!!! @グランキューブ大阪
関係者の話では、当日券も出るみたいです♪
The Doobie Brothers - South City Midnight Lady

by writer-kaorin | 2017-04-27 12:18 | =OBAMA= | Comments(0)  

日本料理 有馬 華暦 @母娘旅Ⅱ

さて、有馬温泉・母娘旅。
b0118001_7412660.jpg
「エクシブ有馬離宮」から一歩も出ない一日。


「日本料理 有馬 華暦」
b0118001_7414765.jpg
ディナーは「鉄板焼きがいいよ」と知人から聞いてはいたものの
前夜、京都で鉄板&ステーキだったため会席料理をチョイス。

余談だが、別の温泉宿の某フランス料理店にも
伺いたかったのだが、またの機会に。


b0118001_742436.jpg
Champagneでシャン杯♪
「Pol Roger Brut Réserve NV」



*先附
b0118001_742218.jpg
先附は、海鼠と大根人参の膾、菜の花豆腐をはじめ、
たけのこ旨出汁、細魚など、春を告げる食材たち。



b0118001_7423571.jpg
椀盛は「雲子 揚げ胡麻豆腐 焼き椎茸の吉野葛仕立て」
葛のとろみが利いただしのうま味に、心が和む。



*鯛重ね造り 小しび 鰤
b0118001_7425158.jpg
鯛は、香味野菜と太白胡麻油 ぽん酢餡で。
様々な香りが絡み、味わいに広がりが出ている。
鰤はクリアな脂の甘みを楽しんだ。
器のなかには寄せ湯葉や水前寺海苔、赤蒟蒻も。



*真奈かつお味噌漬け
b0118001_743853.jpg
マナガツオの繊細な身質に、
味噌のこっくり深い甘みが行き渡っている。
酢取り茗荷、山うど金山寺山葵味噌とともに。



*京芋饅頭 
b0118001_7432542.jpg
銀餡とともに。
京芋饅頭はどこまでも滑らかな舌触りだこと。
車海老衣揚げや野菜チップの甘みや食感楽しく
柚子こしょうがいい仕事している。



*黒毛和牛フィレ肉 鍬焼き
b0118001_74341100.jpg
肉は香りよく、ソースには有馬山椒を用いている。これはヒットだった。
コクは深いのに、山椒特有の爽やかさが時間差で押し寄せるの。


b0118001_7435683.jpg
そして食事(ご飯・止め椀)へと続きます。


*柚香ちらし寿司  海老スープ
b0118001_7441188.jpg
平目と鯛のづけ、ふきに絹さやと
どことなくシックなちらし寿司。
海老のスープの透明感ある旨みも味わう。



*水菓子
b0118001_7442858.jpg
左から「金澤ほうじ棒茶の心太風プリン」に、
「笹巻麩饅頭」、「コアントローゼリー」。


b0118001_7444615.jpg
桜色した〆泡ととも楽しんだのでした。



食後はお部屋で、再びのんびり〜と寛ぎのひととき。
母とは今だからこそ語り合えることも多く、新旧いろんな話に花が咲く。
つくづく感じたことといえば、やっぱり母は偉大なり(笑)
かけがえのない時間、その一瞬一瞬をこれからも大切にしたいな。



「XIV -エクシブ- 有馬離宮」
https://rt-clubnet.jp/hotels/xiv/arima/


Cat Stevens - Morning has broken 1976

by writer-kaorin | 2017-04-09 07:46 | =旅= | Comments(2)  

エクシブ有馬離宮 @母娘旅

週末、母と娘の近場旅へ。

「エクシブ有馬離宮」
b0118001_103385.jpg
鳴門のザ・ロッジ以来、久しぶりのエクシブ。
しかも母とのふたり旅は、10数年前のハワイ以来だ。



b0118001_1035455.jpg
施設の建築美を楽しむために館内ぶらり。



b0118001_1041497.jpg
ロビーには柱のない高い天井が広がる。
写真では捉えてないが、
ヨーロッパの建築様式のひとつ「クロスヴォールト」を取り入れているとか。



b0118001_1043391.jpg
温泉の湯気が立ち上る水盤。その煌めきが美しく、じつに幻想的。



b0118001_1094199.jpg


b0118001_10104359.jpg
客室からの眺め。
空気がキレイ!透き通っている。


b0118001_1011048.jpg
目に飛び込むは、六甲山系。
有馬の地を訪れたのは、10数年前の温泉取材以来か?



部屋はスイートグレード「和ルーム」。
b0118001_10112968.jpg
和洋融合のリビングは広々。読書、捗るわ。


b0118001_10233839.jpg


b0118001_10234983.jpg


b0118001_1024185.jpg
この日は街歩きなどせず、読書したりスパを楽しんだり。
もちろんアペにシャン杯も。
な〜んにも考えず、のんびり過ごすことに。心の贅沢。



b0118001_10242150.jpg
そしてディナーへと続きます。詳細は追って。




そうそう、エクシブ到着前
「パティシエ エス コヤマ」にて、スイーツ時間も堪能。
三田から有馬温泉へは、車で約30分という好アクセスだ。
b0118001_1025132.jpg
「eS LIVING hanare」にて味わう「ハナレのショート」

身長高めのふわふわショートケーキ。
クレームたっぷりなのが、嬉しすぎる。はい、酒飲みですが甘党です。
薄めのスポンジ生地、そしてイチゴの甘酸っぱさとのバランスも見事でした☆





「XIV -エクシブ- 有馬離宮」
https://rt-clubnet.jp/hotels/xiv/arima/


「hanare ハナレ」
http://www.suncreates.com/eskoyama.html


The Band I Shall Be Released

by writer-kaorin | 2017-04-06 10:36 | =旅= | Comments(0)  

城崎温泉 お宿 芹 @津居山かに三昧!

1泊2日、城崎温泉の旅。
目的はいろいろあったのだが、そのひとつが「津居山かに」!
夕食&宿泊はこちらでと満場一致。
b0118001_814288.jpg
円山川を臨む、小さなお宿「芹」。
編集部時代、食の特集でとてもお世話になったお宿さんだ。
Yちゃん、何からなにまでありがとう!


待ちに待った夕食は、津居山がに三昧のおまかせコース!

カニ豆腐、カニの押し寿司をはじめとする「前菜盛り合せ」、
小鉢「カニ身のわかめと胡瓜の甘酢漬け」、
甘エビ、鯛、かんぱちなどの「鮮魚のお造り」に続いて、

待ってました!の
「活け津居山かに」
b0118001_821147.jpg
さっきまで生簀にいてた「津居山かに」だ。
予約が取れない祇園の割烹のカウンターを、この時季賑わす名ブランドですね。


b0118001_82266.jpg
青いタグには、カニを獲った船の名前も刻まれている。
甲羅には、カニビルの卵がびっしり。いぃカニの証。


b0118001_824358.jpg
カニ味噌もどっさり。



*活ガニの刺し
b0118001_83232.jpg
さっきまで生きてたカニだから、身が殻から外れにくく
殻を持ち上げれば身はさらにピーン!とめっちゃ張りがいい。

b0118001_832092.jpg
じゅるりと頬張れば、舌にネットリと絡み付き
ピュアで上品な甘みが押し寄せるではないか。


b0118001_833949.jpg
昆布からとっただし(昆布の種類は聞き忘れ)にカニ味噌をくぐらし



*カニしゃぶ
b0118001_8423.jpg
さっと半生で味わったり、しっかり熱を通したり。


b0118001_8123556.jpg
刺しとは違う、濃厚な甘みが堪んない。
さらに。昆布だしのみだった鍋のなかに、カニのエキスが絡み合い
だしはえも言われぬ旨みを放つ。


b0118001_844433.jpg
カニの肩肉は、身が多くて食べごたえもしっかり。
中央にある四角い部位は、カニの心臓!?とか。
なんぼでも食べられそうなモードに突入ー。



*焼きガニ、焼き甲羅味噌
b0118001_852060.jpg
焼きガニのボリュームも凄かった!
できたての焼き甲羅味噌をたっぷりつけて味わいます。
凝縮感あり、じつに濃厚。


b0118001_853527.jpg
ひとしきり、「津居山かに」と対峙した後は
女将さんの実家で作られている季節野菜をたっぷり入れて味わいます。
野菜を加えると、だしは透明感が出てきてぐっと甘みを帯び、
このだしだけで飲める、じつに上等な味わいに。


*雑炊
b0118001_854947.jpg
命のスープならぬ、命の雑炊。


b0118001_864385.jpg
昆布のうま味もカニや野菜の主張も美しく溶け込んで、
しみじみとした滋味が広がる。
記憶に残り続けるであろう偉大なる雑炊。


b0118001_8658.jpg
2杯目はカニのほぐし身をのせてズズズイッと。
嗚呼、食べ続けていたい。



*水菓子
b0118001_865612.jpg
梨、キウイ、柿。いずれも女将さんの実家より。


「津居山かに」はもちろん、野菜や果物、お米に至るまで
地産の恵みを、とことん堪能した夜でした☆ つづく。




「城崎温泉 お宿 芹」
兵庫県豊岡市城崎町桃島1297-1
☎0796-32-3368
http://www.kinosaki-seri.net/


21年振りの来日公演、決定〜! http://udo.jp/Artists/DoobieBros/index.html
The Doobie Brothers - What A Fool Believes

by writer-kaorin | 2016-12-19 08:13 | =旅= | Comments(0)  

ONOMICHI U2 @広島・尾道

「しまなみ海道」から尾道市街へ戻り、
サイクリストが望む、あらゆるものを詰め込んだ「ONOMICHI U2」へ。
b0118001_1548125.jpg
船の荷解き専用倉庫をリノベーションした複合施設だ。
尾道での宿泊はこちらでと決めていた。
なんてったって「U2」というネーミングがツボだった(笑)


「ONOMICHI U2」内にある「HOTEL CYCLE」
b0118001_15482189.jpg
自転車ごと(私の場合、ロードバイク)宿泊可能な
サイクリストのかゆいところに手が届く、ホテルだ。


b0118001_15483656.jpg
自転車に乗ったままチェックインできるフロントもある。
恥ずかしくて、そんなんできへんけど(笑)


b0118001_15484980.jpg
しかも、大阪でいう、ちょっと“シュッ”とした空気感が、
たまらなく心地よいのだ。


b0118001_1549721.jpg
客室にはシモンズのベッド。
家具やアメニティもひとつひとつストーリーがあるわ。


b0118001_15493165.jpg
何が有り難いって、ロードバイクを客室へ持ち込めること。
盗られたらどうしよ…って心配無用。で、尾道の街へと繰り出せるわけだ。


b0118001_15502513.jpg
施設内には「GIANT」のショップほか


b0118001_15504266.jpg
ベーカリーやカフェ、
瀬戸内グリル&ワインを掲げるレストラン、
さらにはカウンターバー、
瀬戸内のものづくりに特化した、商品を揃えるショップも。財布の紐緩みます(笑)。


b0118001_1551478.jpg
夜の「ONOMICHI U2」

b0118001_15511849.jpg
尾道水道を眺めながら、潮の香りをカラダで感じ


b0118001_19314254.jpg
さんざん飲んだ後だったが、
遅い時間のウェルカムシャンパーニュで、〆シャンとなりました。


ロードバイク仲間の皆さ〜ん、ココ、オススメ!
自転車に興味ない方も、尾道観光&宿泊の際、大いに楽しめると思いマス☆


「ONOMICHI U2」
https://www.onomichi-u2.com/


「HOTEL CYCLE」
広島県尾道市西御所町5-11
☎0848-21-0550
https://www.onomichi-u2.com/hotel_cycle.html


U2 - Everlasting Love

by writer-kaorin | 2016-07-03 16:56 | =旅= | Comments(4)  

しまなみ海道と「たてみち屋」

b0118001_1111195.jpg
朝焼けを受け止める、尾道絶景。
嗚呼、ずーっと見続けていたい。


b0118001_1114431.jpg
この日はいざ、しまなみ海道へ!
尾道市街から渡船に乗り込み向島へ。
船には、サイクリストがいっぱいいてた。

私は一度、しまなみ海道をクロスバイクで走破している。
海道が開通したとき、体当たりの取材で(笑)。懐かしーなー。


b0118001_112594.jpg
因島から生口島を臨む。
曇り空、時々雨パラパラの、梅雨っぽい天気。
今回はある目的があったので、
全ルートを走る予定はなく、目的地である「生口島」へ!


b0118001_1123014.jpg
レモンの花、そして
「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった、ひょうたん島を遠くに臨む。


その目的とは、
生口島のレモンファーマー「たてみち屋」菅秀和さんの
レモン農園を訪問するため。
b0118001_1124897.jpg



b0118001_1132283.jpg
「DINING OUT ONOMICHI」のレクサスのCMロケ現場(笑)。

b0118001_1152680.jpg
レモンの木。緑がキレイ。
菅さんの農園には、ネーブルやキウイの木も。


ちょっと語っていいですか?菅さんのレモンについて。
b0118001_1162658.jpg
ずっしりと重みがあるレモンから、爽やかな香りが勢いよく立ちあがる。
この香りが鮮烈なの。ほかのレモンとは何かが違う。

驚きは香りだけじゃない。果肉を口に運べば、「酸っぱい」という感覚はなく、
むしろ、「まろやかな酸味で、なんて甘みのあるレモンなんだ!」と感じるのだ。

レモンが食べてもおいしいフルーツであることを教えてくれたのが
「citrus farms たてみち屋」の菅さんなのです。

ちなみに、出荷時期は10月下旬〜5月下旬。
b0118001_1172759.jpg
伺ったときはちょうど、レモンの花が美しい時期でした。

b0118001_1174342.jpg
菅さんに、いろんな説明をしてもらいながら、農園を巡ります。

b0118001_11819.jpg
受粉後、すくすく育つ小さな小さなレモンの実。
驚いたのは菅さんの農園だけ、ミツバチの「ブゥ〜ン」という音が鳴り響いていた。
農薬を一切使わないレモンづくりだからこそ、
レモンの花の受粉を、ハチたちが行ってくれるという。


b0118001_1181635.jpg
グリーンレモン、発見!
グリーンのときは、酸が高くて日持ちしやすいとか。
これがイエローになり、どんどん完熟していくと糖度が上がってくるという。


菅さんのレモンづくりは、無農薬有機栽培を実践。
2017年には有機JAS認証取得予定だそう。自然の力を生かした健康的な土作りと、
そこから育つ作物のおいしさを実感することができる菅さんのレモン。
b0118001_1183257.jpg
皮まで安心して味わうことができるため、
我が家では、カルパッチョや煮込みといったお料理に、
そして簡単ドルチェやリモンチェッロに...と大活躍。
次のシーズンの収穫を、楽しみに待ってます!菅さん!


その後は、待ちに待ったコチラへ…。
b0118001_119555.jpg
詳しくは次の日記で♪



「citrus farms たてみち屋」

菅さん、教授もしてるんだ〜。
くわしくはコチラ「尾道自由大学」のHPを↓
https://onomichi-freedom-univ.com/lecture/ultralemon.html


Jimmy Cliff - I Can See Clearly Now

by writer-kaorin | 2016-07-02 11:20 | =旅= | Comments(0)