タグ:洋食 ( 17 ) タグの人気記事

 

ガスビル食堂 @正統派洋食と絶景と

御堂筋のランドマーク「ガスビル」@大阪・平野町。
この日のディナーはビル8階にある、昭和8年創業の老舗洋食レストラン
「ガスビル食堂」にて。
b0118001_21321156.jpg
クリスマスが近づいてくると、やっぱりワクワクするなぁ(笑)
毎日、御堂筋を歩きながらついクリスマスソングを口ずさんでしまう♬


b0118001_21323029.jpg
エレベーターが8階へと到着し、エントランスを通りすぎ


b0118001_21324530.jpg
案内された窓際の席に腰を下ろすと……


b0118001_213309.jpg
眼下には御堂筋のイルミネーションが〜!
これにはテンション上がります。ますますクリスマスムードに拍車がかかり
オッサン女子が、乙女になれる。


そして、アペリティフにキールをいただきます。


b0118001_21345682.jpg
食器には、すずらんの模様が。
すずらんの姿は、ガス灯の灯火を覆う筒に似ていることから、
創業当時より、大阪ガスのシンボルフラワーとなっているらしい。
へぇ〜な、トリビアだ。



*アミューズ
b0118001_21372964.jpg
「かぶらムース、グレープフルーツのゼリー」
甘やかな冬の香りがふうわりと漂い、ゼリーの優しい酸味がキュッと引き締める。



*本日のオードブル(盛り合わせ)
b0118001_21374252.jpg
名物の「生セロリ」をはじめ(その昔はお店で栽培していたという)
「スズキのカルパッチョ 梅肉ソース」はねっとりと旨みが広がり、後味爽やか。
「小エビのカクテル」は懐かしいカクテルソースとともに。
「鶏ささみのハム」はしっとり。ローズマリーを用いたソースが薫る。

b0118001_2137581.jpg
さらには「生ハムとメロン」「スモークサーモンとアスパラガス」も。



*野菜のクリームスープ
b0118001_21382522.jpg
ナチュラルな甘みと、深みのある旨みが
じんわりと心に響く。


b0118001_21384368.jpg
全粒粉のパンとくるみのパン。
ワタシはカロリー気にせずバターをたっぷり付ける派。



肉料理はこちらにしました☆


*ハンバーグステーキ ガスビル風
b0118001_2139530.jpg
付け合せに、大好物のオニオンリングが♡
このお皿とともに、デミグラスソースがたっぷり入ったソースポットが供され


b0118001_21394369.jpg
サービスの方が、
デミグラスソースをたっぷりとかけてくれる。


b0118001_2140560.jpg
凛とした風貌に、しばし見とれる。
ナイフをすっと入れると、よくある肉汁ジュワ〜と流れ出る、ではない。
口に含み、咀嚼した瞬間に肉汁が溢れ出て
噛むほどに肉そのものの旨みが押し寄せるのだ。

しかも、パティの脂の甘みに
デミグラスソースの複雑なコクと程よい苦味が、すこぶる合う。


b0118001_21402224.jpg
向かいには「ビーフシチュー」の塊肉を頬張るお姿。
ひと口いただく。柔らかすぎず、程よい食感を残した肉と
デミグラスソースの力強いタッグ。インパクトありながら、ヘヴィじゃない後味でした。



正統派の洋食、さらにはイルミネーションを堪能した
記憶に残るであろう、味わい深いディナーでした。


b0118001_21445011.jpg
クリスマスコースもスタートしていたから
ロマンティックなディナーを愉しみたい方は、ぜひ行ってみてください☆


「ガスビル食堂」
大阪市中央区平野町4-1-2 ガスビル南館8F
☎06-6231-0901
open : 11:30~21:30(L.O.20:30)
close: 土曜・日曜・祝日
http://www.osakagas.co.jp/gasbuil/


Bob Dylan - Lay Lady Lay

by writer-kaorin | 2016-12-07 21:52 | ガスビル食堂 | Comments(0)  

復刻西洋食堂 「紅梅ダイナー」

この日は無性に洋食気分。というわけで
復刻西洋食堂 「紅梅ダイナー」で夕餉。
@大阪・南森町
b0118001_865236.jpg
このハンバーグを食べたくて食べたくて…(笑)


*前菜盛り合わせ
b0118001_87668.jpg
手前は、鶏のガランティーヌ。
パプリカほか野菜の詰め物の風味と鶏肉の旨みが見事に融合。
サーモンカルパッチョは厚みがあって、塩梅ドンピシャ。
ラタトゥイユはできたてでした。塩加減優しく、素材感際立ってた。



*手作り手捏ねハンバーグ
b0118001_875061.jpg
コレコレ!
オーダーが入ってから捏ねて焼いてくれるため、
15分ほどかかる、ということで入店すぐに注文していたワケ。


b0118001_88653.jpg
ナイフを中央に入れれば、溢れ出る肉汁!
とはいえ、まずはデミグラスソースのみをつけて味わえば、
ふぁっと軽やかなタッチに続き、噛むほどに肉の旨みが迸り、
コク深く重層的な旨みのデミグラスソースが、すっと優しく寄り添うのだ。



*タンシチュー
b0118001_883543.jpg
口中でホロリ崩れゆく!
どれだけ煮込んでいるのか!?と驚くくらいに。
だけど、タンの肉肉しさは健在。
濃厚なデミグラスソースとの相性言わずもがな。
付け合せの夏野菜のソテーも、ひとつひとつ美味しい。



*エビフライ
b0118001_885169.jpg
ザクッと衣を齧れば、ぷっくり厚みのある身。
エビの甘み、いい香りが押し寄せる。
タルタルソースを、たっぷりつけて。
このタルタルだけで飲めそう(笑)。重たさ皆無、後味清々しいの。


b0118001_8971.jpg
コーヒーで〆となりました。丁寧に淹れられた味。



先代が戦前に考案された味を伝承し、今の時代に合わせた形で提供する
塩ちゃんこと、3代目の塩本功太郎さん。
料理長・山岡俊晴さんとタッグを組みつくり出す料理は、
どこか懐かしく、そして記憶に残る味なのです。

書いていたら、また食べたくなってきた(笑)



復刻西洋食堂 「紅梅ダイナー」
大阪市北区紅梅町4-12
☎06-6358-4530
open : 11:30〜15:00、18:00〜22:00
close: 日曜、祝日
http://koubaidiner.com/


Michael Penn - Mr. Hollywood Jr., 1947 - You Know How

by writer-kaorin | 2016-08-19 08:10 | 紅梅ダイナー | Comments(0)  

紅梅ダイナー @南森町

おじゃましたくてウズウズしていた、
復刻西洋食堂 「紅梅ダイナー」で
待ちに待った、毎度のみんなと楽しい夜。
b0118001_19474954.jpg
メンバーは「月の港」のオーナー・と、
「La Kanro」仲嶺くん、マグナム西村さん、とワタシ。
楽しさ最高級(笑)な、ご近所繋がりの会合。


「復刻」「西洋食堂」という響き、そそられる♡
そんな「紅梅ダイナー」の歴史は深い。
3代目の塩本功太郎さんから興味深い話をいっぱい聞いた。
そのエピソードは後で述べるとしよう。


ロゼ泡@マグナムを頂きながら、のっけから積もる話ありすぎ。
お料理は、ワガママ客の「あれも、これも食べたい」プラス、
塩本さんにお任せで☆

デジカメ電源切れにつき、iPhoneで撮影。


*前菜3点盛り
b0118001_19482466.jpg
左は「本マグロとアボカドのタルタル」。
本マグロ、ねっとり上等な旨味。アボカド好きだから、瞬時に食べ尽くす。
「鶏のガランティーヌ」は澄んだ風味のコンソメジュレとともに。
「野菜のテリーヌ」。綺麗な仕事してますねー。うっとり見とれ、
口に運べば、ヤングコーン、ブロッコリー、オクラ、アスパラほか
各野菜の素材感漲っている。エビの火入れもパーフェクト。とっても清々しい後味。



*タンシチュー
b0118001_19484062.jpg
箸を入れるとじつに柔らかく、
口に運べばトロリとしつつもタンの肉っぽさは健在。
深い深いコクがありながらも
塩気が強過ぎないデミグラスソースが旨いのなんの。



*手作り手捏ねハンバーグ
b0118001_19485522.jpg
弾ける肉汁。
肉の食感や味わいが力強く、
デミグラスソースの重層的な旨味と優しさが、舌に響くのです。
付け合せのポテサラやサラダもしっかりおいしい。


*プレーンオムレツ
b0118001_1949710.jpg
シンプル、端正、美しい。
見た目はもちろん味わいも。
中の半熟加減が堪んない、なおかつ
デミソースとオムレツが見事に引き立て合っている。


料理長・山岡俊晴さんが作り出す洋食メニューは
懐かしさのなかに、キラリとおいしい何かが光っているの。
そして、塩本さんの祖父・望月金次郎さんはなんと
大阪ガス本社8階にある「ガスビル食堂」の料理長をされていたお方なのだ。
b0118001_20513051.jpg
昔の冊子も見せてもらった。
ほかにも当時の貴重な資料がわんさか。お宝鑑定団@料理編 状態。
今となっては逆に、すごく新鮮なエピソードも多数あったなー。


*フォアグラのソテー
b0118001_2051468.jpg
表面はカリリ香ばしく、まろやかな脂が流れ出る。
煮詰めたバルサミコのまぁるい酸味とコクが合うわ。


*鹿肉のロースト
b0118001_2052363.jpg
ロゼ色した身はしっとり。
噛むほどに旨味が迸るのだが、なんてキレイな風味!
マスタードとシャンピニオンからなるソースのコクを感じつつ
後味は驚くほどすっきり。
(残念ながらこの日で終了のメニューでした)


他にも、昔ながらのオムライスとか
裏メニュ−という名で仕入れ状況によってあったりなかったりの
ポークカツレツとかエビフライとかメンチカツとか、
気になる洋食メニューがわんさかあったのだが、満腹至福ー。
先代が創業された50年前の懐かしい味を
今なお守り続ける、復刻西洋食堂 「紅梅ダイナー」。
毎度お世話になっている飲食関係者がしょっちゅう訪れている
ランチメニュ—もかなり魅力的だったので、次は昼酒か?
でもまた夜もおじゃましたいな。

東天満町内会の皆さん、塩本さん、また近々♬


復刻西洋食堂 「紅梅ダイナー」
大阪市北区紅梅町4-12
☎06-6358-4530
open : 11:30〜15:00、18:00〜22:00
close: 日曜、祝日
http://koubaidiner.com/


Rocky Horror Picture Show Time Warp

by writer-kaorin | 2016-02-18 20:56 | 紅梅ダイナー | Comments(2)  

洋食Katsui

東心斎橋「洋食Katsui」で晩ご飯。
b0118001_7234821.jpg
22時すぎの店内はほの暗く、ジャズなサウンド。
落ち着いた空気感がたまらなく心地いい。


*付き出し
b0118001_7242065.jpg
サーモン ハラスのフリット。脂がのってる。
スイートチリソースの甘辛さとともに、パクチーが薫る。


*イクラたっぷりサーモンマリネ
b0118001_7245053.jpg
これは堪らん一品。
こぼれイクラは、じんわりと甘みを感じ、
マリネしたサーモンの爽やかな余韻。


*頭までおいしいエビフライ
b0118001_725794.jpg
タルタルソースをたっぷりつけて。
エビはサクッ、プリッ。甘い。
カポナータやきのこのマリネ、ナスのフライ…と
付け合わせもいちいち旨い。


*山形豚肩ロースのカツレツ
b0118001_7252597.jpg
デミグラスソースを纏った豚肩ロースは
脂が甘いのなんの。
ソースの深いコクで、もうひと切れ…となり
和からしをちょんとつければ、味わいの変化がありなお食べる。
同行者は、白ご飯と梅干し、豚汁とともに。
私はグラスで、ブルゴーニュのピノノワールを頂く至福時間でした。


そうそう、「洋食Katsui」が1日限定の
ハイキング&ランチイベントを実施するそうで!

その名も「山の辺の食堂」
b0118001_7263087.jpg
11月14日(土)10:00〜16:00(LO)
場所は天理市トレイルセンター。

「山の辺の道」ハイキングの後に、Katsuiランチを頂けるとは!
山ガールの私としては、個人的にめっちゃ嬉しい。
詳しくはコチラ
http://99katsui.sakura.ne.jp/katsui/news/2015-11-01-863.html

ハイカーの皆さん、ぜひ!



「洋食Katsui」
大阪市中央区東心斎橋1-2-17第一住建東心斎橋ビル1F
06-6252-7014
open : 16:00〜22:30(火〜木曜)※ランチ営業なし
    11:30〜15:00、17:00〜23:00(金、土曜)
    11:30〜22:00(日曜)※16:00よりディナータイム
close: 月曜


David Bowie - Heroes

by writer-kaorin | 2015-11-11 07:35 | 洋食Katsui | Comments(0)  

BISTROあじと @大給会

ウラなんば「DININGあじと」の姉妹店。
地蔵尊横丁の中ほどにある「スタンドあじと」の2F、
「BISTROあじと」におじゃましました☆

この日は「大給会」という名のおいしいナイツ。
メンバーはI兄弟と憧れのマダム、そしてあまから手帖のN編集長。

垂水にあったお好み焼き・鉄板焼きのお店「よっちゃん」(現閉店)の
大給さんが、昼限定で「BISTROあじと」にいらっしゃる!との情報入手。
「大給さんのお料理、食べたい!」と、
彼のお料理大好きメンバーが集い、
この夜限りの大給会が開かれたのです。


*旬野菜と柚子味噌マヨ
b0118001_13444458.jpg
野菜はそれぞれ、香りも味も濃く、
柚子味噌の香りとコク、マヨの程よき酸味のおかげで
泡、進みすぎる。


b0118001_13445910.jpg



b0118001_13451297.jpg
パンは自家製、大給さん作。
粉の香りと甘みがふうわり心地よく漂う。


*蒸し鶏と白菜の炊いたん
b0118001_13452622.jpg
鶏はどこまでもしっとり。
白菜の澄んだ甘みが、だしのうま味とよき相性をみせる。


*山芋焼き だし醤油味
b0118001_13453939.jpg
目の前の鉄板で焼き上げられた山芋焼き。
表面はサクッと軽やかな香ばしさを感じ、
生地は、エアリーで軽やか。
アボカドと、
牛乳でのばしたマヨネーズの
クリーミーかつまろやかな風合いが広がり、
これはおかわりしたくなるおいしさ。


*鰻 バルサミコと栗のソース
b0118001_13455396.jpg
鉄板で焼かれた鰻は、ハッとなる食感!
歯にカリッとした皮が当たった瞬間、
背の中央を境に一切れがほろっとふたつに分かれ、
しっとり繊細な身から滲み出る
すーっとキレイな脂の甘みの余韻。
バルサミコのコクと栗のまったりとした甘みを感じるソース、好相性。


*紋甲烏賊
b0118001_1346664.jpg
厚みのある紋甲烏賊は、サクッとしていて質感しっとり。甘い。
海苔の清々しい香りが心地よい。


*豚肩ロース ポルチーニのソース
b0118001_13462044.jpg
香ばしさと脂の甘み、ポルチーニの香り、
見た目も味わいも、ワイン泥棒デス。


b0118001_13463738.jpg
めっちゃ久しぶりに大給さんの・・・


*豚玉
b0118001_13465635.jpg
身詰まりよさげに見えて、
どこまでもファッファ。
豚のカリカリとした香ばしさが見事なコントラストをみせる。
嗚呼、ずーっと食べ続けていたい。(笑)



*和牛スジ焼き
b0118001_1347116.jpg
カリカリで、脂ジュワリ、
噛みしめるほどにスジ肉の旨みが溢れ出る。
このメイラード感、堪らん。


b0118001_13472766.jpg


そして〆は・・・

b0118001_13474148.jpg



*ナポリタン
b0118001_13475763.jpg
タマネギ、ピーマン、ベーコンのシンプルさ。
麺はツルッと舌触り心地よく、
甘みとやらこい酸味、コクとがいい具合に混じり合い、
〆とはいえ別腹の旨さ。


*特製あじとのoriginalカレーライス
b0118001_13481246.jpg
飲ん兵衛用に、ひとくちカレーを。
まず、野菜や果実の優しい甘みが舌を喜ばせ、
時間差で複雑味のあるスパイス感と程よい辛さが押し寄せる。


そうそう、先日リニューアルオープンした
大阪・梅田の阪神百貨店B1の
ワイン売り場の近くにある、「デリうまいもん365コーナー」で
DININGあじとの「牛筋入りカレー」の販売がスタートしたみたいです☆



*ガトーショコラ
b0118001_13483137.jpg
濃厚!香り高い。
赤ワインとともに♡


b0118001_1348441.jpg
本日いただいたワインたち。
自然派のナチュラルなおいしさ、
カラダの隅々にまで染み渡りました。



鉄板を駆使しつつ、
王道の鉄板焼きから、味わいの組合せに発見があるものまで
大給さんが織り成す、お料理の数々を心ゆくまで堪能。
b0118001_13485895.jpg
大給さんと3年ぶりの再会。
次回は「BISTROあじと」のランチタイムに、おじゃまします♬

http://ameblo.jp/dining-ajito/day-20150130.html


「BISTROあじと」
大阪市中央区難波千日前15-4 スタンドあじとの2F
06-6633-1577
open : 11:30〜14:00LO、
    18:00〜23:30(お食事22:45LO、お飲み物23:00LO)
close: 月曜


Bob Dylan - Stay With Me

by writer-kaorin | 2015-03-02 07:28 | BISTROあじと | Comments(0)  

洋食Katsui

b0118001_9351631.jpg
鋤田さん写真展レセプション後、
心斎橋「洋食Katsui」さんへ。
寒い夜、鍋ではなく、ムショーに洋食を欲す。


*生ハムペーストのカナッペ
b0118001_9353152.jpg
まずはビールとともに。



*北海道産 天然ブリのお造り 洋食屋風
b0118001_9354590.jpg
脂がしっかりとのったブリだ。
クレソンのほろ苦さ、
ニンニクチップの香ばしさ、
すりおろしたホースラディッシュの辛みや、だし醤油がマッチ。



*カボチャのポタージュ
b0118001_9355897.jpg
濃い甘み、余韻は優しい〜。



*海老フライ
b0118001_9361212.jpg
「今日は2本で!」と個数指定できるのが嬉しいわ。
タルタルソースをつけ、頭から尾まで余すとこなく。
ポテサラや揚げ野菜など、付け合わせもひとつひとつ旨い。



*山形牛のハンバーグステーキ
b0118001_9362674.jpg



b0118001_9363687.jpg
まずはデミグラスソース&肉々しいハンバーグで。
お次は黄身を絡ませながら。
お向かいでは、白ご飯・豚汁・梅干しで上等なハンバーグ定食状態(笑)
私は、NZのピノ・ノワールとともに♬



*牛乳のジェラート
b0118001_9363517.jpg
いつもの食後のお楽しみ。
ミルクのコクがありつつも透き通った風味。
Katsuiさんとこのジェラート、ホントに好きだわ。


ラストオーダーが23:30ということもあり、
ライヴやレセプションの後、しょっちゅうおじゃまする「洋食Katsui」さん。
21時以降は、ぐっと照明が落とされ、
より落ち着いた雰囲気のなか、
洋食とワインをゆるり愉しめるのが嬉しい。
ご馳走様でした!


「洋食Katsui」
大阪市中央区東心斎橋1-2-17 第一住建東心斎橋ビル1F
☎06-6252-7014
open : 17:00〜23:30LO
: 11:30〜15:00(木・金・土・祝日)、11:30〜21:30LO(日曜)
close: 月曜(祝の場合営業&火曜休)
http://www.99katsui.sakura.ne.jp/index.html


Neil Young - Cowgirl In The Sand

by writer-kaorin | 2013-12-15 09:38 | 洋食Katsui | Comments(0)  

洋食Katsui @文楽鑑賞後に

この日は文楽へ。
「夏休み文楽公演」のサマーレイトショーを鑑賞。
アフターディナーは、こちらでと決めていた。

洋食とワインを心ゆくまで楽しめる
「洋食Katsui」さん。
ラストオーダーを気にせず、かつ
週1回開かれる、オルソンさんの生演奏も目当てのひとつ☆

文楽の三味線弾き 豊澤龍爾さんや
チチェルキアの連さん、Yちゃんなど
おなじみのメンツでおじゃまです♬


お付出しは

*泉州産 真ダコの煮込み アーリオ・オーリオ
b0118001_9215648.jpg
しっとり柔らか。
味はしっかりと濃いわぁ、泉ダコ。



前菜をアレコレと

*山形牛モモ肉コールドビーフとウニのカルパッチョ
b0118001_9244618.jpg
ミノや丸腸ほか。香ばしいタレにつき、ビールがぴったり。
でも瑞々しい甘みの生玉ねぎを齧ると、白ワインも欲する。
てことで白もオーダー。


*紀州産 天然シラサ海老の塩茹で中華風
b0118001_9252228.jpg
海老は甘みがギュッと詰まっていて、
そこにピリ辛ダレ。
「洋食Katsui」さんには
和洋中、ジャンルを問わないメニューがあり、
しかも野菜をたっぷり摂れるのが嬉しい。


*紅ズワイガニ、自家製スモークサーモン
b0118001_9254396.jpg
カニは、ケチャップ&マヨで。
厚みのあるサーモンは、脂のりがよい。


次は「本日のサラダ」10種の中より

*山形豚ロース味噌漬けのサラダ仕立て
b0118001_9255538.jpg
西京味噌のような風味に続き
炙りの香ばしさが広がる、ロース肉。
ここに、たっぷりの野菜を絡めて頂きます。


*海老フライ
b0118001_9261116.jpg
タルタルソースと海老フライ、王道のおいしさ☆


*和牛肉三昧
b0118001_9262782.jpg
赤身の旨みが迸る塩焼き、
タレの香ばしさが際立つ網焼き、
そしてビーフシチュー。まさに肉三昧!


*黒毛和牛ロースのサイコロステーキ おろしポン酢
b0118001_9264194.jpg


b0118001_9265634.jpg
大きなサイコロ。こちらはキレイな脂の
ジューシーさ&ポン酢でさっぱりとした口当たりに。


*ライスカレー
b0118001_9275112.jpg
ちょっとピン合ってません;新顔のカメラゆえ;
ムラジーのカレーをひと口頂く。
デミ系のコクまろ感に、スパイスが心地良く響く。


もう満腹!
でも、たっぷりの野菜も一緒に頂けるので
食後感は驚くほど軽やか。

最後はオーナーシェフの勝井さんと
文楽をはじめいろんな話で盛り上がりの、楽しい夜。

皆さん、毎度お疲れさまでしたっ!!


「洋食Katsui」
大阪市中央区東心斎橋1-2-17 第一住建東心斎橋ビル1F
☎06-6252-7014
open : 11:30〜15:00(木、金、土曜のみ)、17:00〜23:30LO
11:30〜21:30LO(日曜のみ通し営業)
close : 月曜(祝の場合は翌日休)
http://www.99katsui.sakura.ne.jp/


Cowboy Junkies - Sweet Jane

by writer-kaorin | 2013-07-30 09:28 | 洋食Katsui | Comments(0)  

グリル太平 @昭和な洋食とワインの会

今年70周年を迎えられた「グリル太平」さん。
場所は生野区。駅から900m。初めておじゃまする場合、
まぁ、かなり道に迷うであろう、ローカル感満載の場所に位置。


b0118001_23345680.jpg
この日は、「可門 清水」の主・清水泰三さんナビゲートのもと、
食いしん坊&ワイン偏愛人が集う、昭和な洋食ナイツ。

この敷地のお隣には、ご主人・西田昭男さんが「趣味で作った」という特別室が。


b0118001_23351582.jpg
そこでのお食事となったのですが、
特別室奥にあるワインセラーが、、凄すぎるのだ。
「今里の奇跡」と呼びたくなるコレクション。
ちなみにご主人、シュヴァリエの称号も得ている。


メンバーは、魔法のレストラン チーフディレクター平井さん、
放送作家の桜井ひろしさん、もちろん清水泰三さん、そして
阪急のカリスマバイヤー薬師寺さん、「Mのランチ」のMさん
釜たけうどんのタケちゃん&大原さん、
先輩マリコさん、イソさん、いつもベッピンな杏子さん、そしてワタシ。


お料理もワインもご主人におまかせです。
「まずはのビールはダメ。最初から赤ワインでいけるはず」とのこと(笑)

*前菜
b0118001_2336233.jpg
蛸マリネとそばの芽、ボイル海老、アスパラ生ハム巻き、カマンベール。
ワインはスペイン・リオハ。
RODA Reserva 2004の、なんとジェロボアム!


b0118001_2336959.jpg
パンは自家製。ふんわり、広がる小麦の香り。
この生地にデミグラスソースを染ましたい衝動にかられる。


*玉ネギのスープ
b0118001_2337069.jpg
クリーミーかつ優しい甘み。

b0118001_23371456.jpg
なんと、クルトン変わりにご飯を忍ばせている。
大将曰く「クルトンやと脂っこいでしょ。それにご飯は甘みが出るからねぇ」。
スープと見事にマッチしてるのだ。


*ハンバーグ
b0118001_23372888.jpg
30分近く煮込むという、いわゆる煮込みハンバーグ。


b0118001_23374111.jpg
粗めに挽いた肉の食感といい、味わいの力強さといい、
とにかく、肉の旨みが前面に出ている。
デミグラスソースは濃い!という感じが全くなく、
コクがありながらも澄みきった優しい風合い。
肉とソースとの一体感すばらしく、大きけれど後味は驚くほど軽やか。

相棒となるワインは
Chateau Trianon Saint-Emilion Grand Cru 2003
笑みしかこぼれぬマリアージュ。

なんと、
Domaine Bertagna
nuits saint georges les murgers premier cru 2000も登場。


b0118001_23375978.jpg
ご主人自ら・・・。はい、全種類のワインを、です(恐縮です)。


*海老フライ
b0118001_2338168.jpg
海老、なんて甘いんだ。そして火を入れすぎていないから身質は繊細。
ちなみに、タルタルソースは、南千里の隠れ家フレンチ「シェ・カミジ」特製。
香り高く、まろやかなタルタル。このフライに合わないワケがない。


b0118001_23382983.jpg



*ミモザサラダ
b0118001_23384114.jpg
テーブル席から「懐かしいなぁ〜。
昔なんでかメキシカンサラダて言うてたなぁ〜」の声、多発。
刻んだキャベツやキュウリ、ニンジンは水っぽさが全くなく、素材感しっかり。
裏ごし茹で卵といい具合に絡み合う。


b0118001_23385587.jpg


b0118001_2339486.jpg
SEGLAがなんと、太平さんラベル(驚)


*ビフテキ
b0118001_23391771.jpg


b0118001_23392792.jpg
美しすぎるフィレ肉・・・。甘み、香り、そして熟成感。どれをとってもレベル高すぎ。
デミグラスソースにはタマネギや、なんとリンゴまで入り、
程よく煮込まれているため、ソースは優しい甘みをおびている。


*タルトタタン
b0118001_23394353.jpg
「シェ・カミジ」さんメイド。
紅玉。酸味がしっかり残っていて、清々しい甘みと
メイラードによるキャラメルの香ばしい甘み。
そしてすーっと鼻腔を突き抜ける香り。
気品と力強さを併せ持つ、このタルトタタンにも唸った・・・。


本日のワインたち。
b0118001_2341577.jpg
酔いがさめるほどのラインナップです・・・・・。
ご主人の心意気、そしてワインに対する情熱にも感服。
曰く、「いぃワインをな、やすぅで飲んでもらいたいんや」。
ホントにワインのことが好きなんだなぁ〜。
ワインの説明をするときなんぞ、
始終、目がキラキラ輝いてらっしゃいました。


そして昭和な洋食。力強さと優しさを併せ持っていて、
じんわ〜りと心に沁み入る、心から幸せになれるお料理の数々。


b0118001_23421258.jpg
ご主人を囲み、記念撮影☆
皆さん、ありがとうございました!
次なる会も、楽しみにいたしております(-_^)


「グリル太平」
大阪市生野区新今里3-20-26
☎06-6752-6694
open : 11:30〜21:00(日曜は17:00〜)
close: 不定休
カウンター8席、小上がり7席
※隣の個室利用は要紹介・完全予約制


Led Zeppelin - Rock n' Roll (Live at MSG, 1973) HD

by writer-kaorin | 2012-12-05 23:49 | グリル太平 | Comments(6)  

Coeur Vrai〜クール・ヴレ〜@ワイン会

旅帰りに、ワイン会へ直行ー。
甲子園口にある、「洋食とワイン Coeur Vrai〜クール・ヴレ〜」さんへ。

b0118001_21511933.jpg
濃い濃いメンバー、総勢8名。
ダンディK岡さんを筆頭に、
ほんまに濃すぎるメンツ・・・(笑)


*矢田川 稚鮎のコンフィ、川西産イチジク、四葉胡瓜
b0118001_21514070.jpg
稚鮎のやわらかい苦みに続き、夏らしいキュウリの瓜香、
そこに、イチジクのやさしい甘みが重なり合う。


*秋刀魚とキタアカリのキッシュ
b0118001_21521467.jpg
秋刀魚の繊細な身質と、上部のメイラードな香ばしさ、
キタアカリと相性大。生地が放つバターの風味もいい。


*田舎風鹿児島産もち豚のパテとピクルス
b0118001_21523630.jpg
肉々しいインパクトの中に、何ともいえない優しさが見え隠れする。
それは塩梅なのか、シェフのお人柄が表れているのか。
その両方なんだろう。後ほど紹介する泡と、かなり相性大。


*トリッパ煮込み
b0118001_21525864.jpg

b0118001_21531452.jpg
パン粉のカリカリ具合と、トリッパのクニュッと柔らかな食感。
このコントラストが楽しく、
半熟卵のトロッと加減も、そそる食感だ。


*活オマール海老のクリームコロッケ
b0118001_2153394.jpg
咀嚼するほどにオマールの風味、押し寄せる!
クリームの、溶けゆく食感も、味わいと同様に驚き。


b0118001_2154175.jpg
酒豪揃い〜(笑)K岡さんを筆頭に、Mもっちゃん、S摩君にTッシー、
S木さんに、M美さん。写真には登場してないけど、「姫」も一緒♬


*鱧ウニ・カッペリーニ
b0118001_21542248.jpg

b0118001_21543647.jpg
ハモにウニ、そして深い甘みをもつタマネギのジュが渾然一体となり、
ひんやりとしたカッペリーニに寄り添う。
この時季ならではの、淡路島オールスターズ!といった
食材の組み合わせ♬ これ、おかわりしたかった!(笑)


*サフラン生地のオレキエッテ、青森 銀の鴨コンフィ
b0118001_2155773.jpg
トゥルンとした食感のオレキエッテ、サフランの香りがイィッ!
鴨はホロホロと崩れゆく&その旨みがオレキエッテに絡む。
飲みのペースも順調ゆえ、満腹に近いが、無言で完食(汗)


*ラム 炭火焼
b0118001_21552976.jpg
もう満腹ーー!!しかしなら、NZのピノとともに、喰らう。旨し。
ソースは白バルサミコの風味とともに、デミソース的味わい深さも。



もちろんワインも飲んでます♬
b0118001_21554610.jpg


b0118001_2156181.jpg


b0118001_21562135.jpg


b0118001_21563373.jpg


b0118001_21565097.jpg


b0118001_224231.jpg


b0118001_21583339.jpg




b0118001_2203425.jpg
撮り忘れもアリ;
持ち寄りワイン、8人で確か10本だったな。
うち、3本はマグナム・・・・(笑)

寺田シェフのお料理、ピシッと焦点が定まっていて、
ほんとうに美味しかった〜。そら、ワイン進みます飲みすぎます・・・(焦)

ナポリタンや極みのオムライスから、
サフラン生地のオレキエッテやパテカンまで。
いろんな洋食を楽しませていただける、クール・ヴレさん。
寺田シェフの柔軟な発想は、カラダへの優しさと美味しさがギュッと詰まってます♬



「洋食とワイン Coeur Vrai(クール・ヴレ)」
兵庫県西宮市甲子園口2-3-32
0798-39-7557
open : 11:30〜15:00(14:30LO)、18:00〜23:00(22:00LO)
close: 水曜
http://www.coeurvrai.com/


SuperHeavy - Miracle Worker

by writer-kaorin | 2011-08-24 07:10 | Coeur Vrai | Comments(2)  

洋食とワイン Coeur Vrai@甲子園口

この日は、甲子園口まで遠征。
3月にオープンなさった、「洋食とワイン Coeur Vrai(クール・ヴレ)」さんへ。
http://www.coeurvrai.com/


b0118001_9204317.jpg
寺田元樹シェフは、「クロ・ド・ミャン」さんや、
上等居酒屋「ながほり」さんなどで経験を積まれたお方。
ワタシは、マダムの順ちゃんと新地繋がりでご縁があって、
遅ればせながらのおじゃまです。順ちゃんおめでと!


*カジキマグロの生ハム 能勢産クレソンのサラダ仕立て
b0118001_921782.jpg
のっけから、「ハッ!」とさせられる極みの一皿。
築地から仕入れる、質のいいカジキマグロを、
ゆうに2ヶ月近くかけて、自家製の生ハムに。
噛むほどに、素材の甘みとコクがじんわり。そして、冷燻のやらこい燻香。
初々しいマンゴーとの相性も秀逸。能勢クレソンは力強い味わいだし。
これ、おかわりしたくなった!


b0118001_921231.jpg
ビールを飲み干し、グラス白へ。


*ゴルゴンゾーラと空豆、うすいえんどうのキッシュ
b0118001_9214452.jpg
春味炸裂。そしてふわりと漂うゴルゴンゾーラの香り。
生地はバリバリッと小気味よし。

「洋食」を店名に掲げておられるクール・ブレさん。
オムライスやハンバーグ、ナポリタンといった王道メニューもあるが、
修業時代、イタリアンやフレンチも作っておられた、寺田シェフ。
だから、ビストロ然とした一品から手打ちパスタまで、
洋食屋のイメージを覆すラインナップなのだ。

オムライスも、あの真っ赤なケチャップライスやないし、
上から垂らすケチャップまで自家製だし、
固定概念にとらわれない視点がとにかく素敵。


オムライスも捨て難かったのだが、今度ランチでいただくとして
*サフラン生地のオレキエッテ
 長崎産ホウボウとグリーンアスパラガスのソース
b0118001_922038.jpg
ソースはまるでスープ・ド・ポワソンのような、深いコク!
弾力のあるオレキエッテは、贅沢にもサフランの香りしっかり。
ホウボウのムッチリとした身質もたまらんかった。


b0118001_922212.jpg



*近江牛と犬鳴ポークのハンバーグ デミグラスソース
b0118001_9223738.jpg
楕円形のハンバーグをイメージしてたらびっくり。野球のボール大!

b0118001_9225713.jpg
肉々しさこの上なし!滴り落ちる肉汁、噛むほどに肉のウマミ。
そこに優しさと味わい深さを併せ持つデミソース。
まぁ、とにかく存在感大のハンバーグです。


ながほりさんで、あのココット料理を作られていた寺田シェフだけに、
固定概念にとらわれない洋食メニュー、さすがの一品ばかり。

しかも、オムライスやナポリタンなんてメニューもあるから
この日も老若問わずの地元客で、賑わってました。
ご馳走さまでした☆


「洋食とワイン Coeur Vrai(クール・ヴレ)」
兵庫県西宮市甲子園口2-3-32
0798-39-7557
open : 11:30〜14:00LO、17:00〜22:00LO
close: 水曜

by writer-kaorin | 2011-05-21 09:23 | Coeur Vrai | Comments(2)