タグ:焼鳥・焼肉・肉料理 ( 96 ) タグの人気記事

 

焼肉 政ちゃん

西成・鶴見橋商店街のどんつきにあるカオス。
「焼肉 政ちゃん」での愉しいひととき。
前回の訪問から間髪をいれずして伺うことができた。
Ko介さん、S宮さんいつも本当にありがとうございます!
b0118001_2124495.jpg
写真はすべてiPhoneで撮影


b0118001_213345.jpg
ナムルは常連Ko介さん特別の持ち込み品。
某焼肉屋でテイクアウト(だけ)するらしい。流石ッス。



*タン元 刺し
b0118001_2132521.jpg
口中の温度ですーっと溶けゆく脂はじつにクリア。
清々しい味わい、という言葉がぴったり。



*ハツ 刺し
b0118001_2135373.jpg
「安倍晋三です」って、心臓かいなー!とベタにツッコむ(笑)
こちらも質・鮮度・処理、どれも抜群だから、美味しくないワケがない。



*センマイ 刺し
b0118001_2141429.jpg
臭みが全くないそのワケは、
政ちゃんが持つルートと目利き、そして技のおかげだと実感。



*キムチ盛り合わせ
b0118001_2145748.jpg
某キムチ屋さんの白菜、きゅうり、カクテキ。
ナチュラルな旨み、複雑な辛味とコクとが混じり合う。
このキムチとホルモンとのセッションが実現する前に、
食べきってしまいそうなほど美味なのだ。


ここから焼きへと。


*ミノ
b0118001_2151593.jpg
端整なミノだこと。


b0118001_215586.jpg
噛むほどに旨みが溢れるとともに、雑味がまったくないなと感じる。



*ツラミ
b0118001_2172761.jpg
表面に肉汁が滲み出てきたら即、裏返して20秒!
ツラミと格闘します。焼きあがったそれは
濃厚な味わいで、脂の旨みしっかり。



*ハツ
b0118001_21115324.jpg


b0118001_2112588.jpg
中がレアな加減に焼き上げたハツ。
その上に白菜キムチをトッピングすれば、
キムチの甘旨な味わいの後に、
ハツがぷるっと主張しつつキレイな風味が広がりゆく。



*ツラグレンス
b0118001_21122158.jpg
前回いただきその味わいの虜になってしまったよ、
ツラグレンス(ホホ肉横のリンパ)。


b0118001_21123935.jpg
コリッ、ジュワッ。食感楽しく、
赤身と脂とのバランス、素晴らしいの。
毎回思うけれど、ずっと食べ続けていられるくらい、好きだ。



*タンツラ
b0118001_2113191.jpg
タンの根元の部分。コリコリッと主張しつつも柔らかく
噛むほどに広がる旨み、さらには
口の中に充満する脂が、なんてキレイなんだ。



*塩タン
b0118001_21131778.jpg


b0118001_21133022.jpg
こちらは表面に肉汁が出てきたら素早く返して15秒!
フルフル、うるうる。何というか、色っぽいわ。



*熟成ハラミ(塩)
b0118001_2117251.jpg
こちらは肉汁出てきて返して10秒。
香り高く、旨みに凝縮感があるのだ。



b0118001_21172018.jpg
政ちゃん自らが、焼き台にのせたそれはシマチョウ。

b0118001_21174120.jpg
クニュクニュッとした弾力楽しく、


b0118001_2118047.jpg
さらには、アカセンも登場し、


b0118001_21182248.jpg
ハラミ(タレ)へと続く。



*ハラミオンザライス
b0118001_2118477.jpg
まずはひと口ご飯と一緒に。
なんぼでもいける、王道の旨さ。


そこから、ハラミ(タレ)ノンストップ〜!
b0118001_21191180.jpg
政ちゃん曰く、ハラミ(タレ)と(塩)は
手切りの厚みを微妙に変えているそうな。
ステーキのようにして食べてもらいたいのが(塩)だそうで厚めにカット。
一方、(タレ)は味も濃厚だから、(塩)よりは若干、薄めに切っているという。
そんなハラミをひたすら食べつつ、ビールと白ご飯が行き交うのでした。


b0118001_21193315.jpg
アイスをいただき〆となりました。



政ちゃんトークも炸裂し、Ko介さん、S宮さんとの絡みは
漫才聞いているような楽しさ。
そこに、目がさめるくらいに旨い、品のオンパレードにつき
大いに盛り上がったことは言うまでもない。
ご一緒させて頂いた皆さん、そして政ちゃん、ありがとうございました!
また近いうちに伺いたいです!!!



「焼肉 政ちゃん」
大阪市西成区鶴見橋3-8-21


このブログではめっちゃレアな邦楽??
歌詞が深い、メロディックなところも超好き。

はっぴいえんど / 風をあつめて

by writer-kaorin | 2017-04-20 21:19 | 政ちゃん | Comments(0)  

ビストロ デ シュナパン @ガッツリ、肉!

この日は、どうにもこうにも肉気分!ということで、
靭公園・テニスコート近くに佇む
「Bistro des Chenapans -ビストロ デ シュナパン- 」へ。
b0118001_10251741.jpg
オーナーシェフの川田祐樹さんとの出会いは、
彼がシェフを務めていた「ル・ヌー・パピヨン」にて。
それ以前、シェフは渡仏。パリのグランメゾン、ネオビストロでの修業をはじめ、
現地のシャルキュトリー専門店でも働いていたという肉の実力派だ。

b0118001_10254723.jpg
ビールで喉を潤し



*アミューズ
b0118001_10261375.jpg
「大根のポタージュ」とグジエール。
大根の優しい甘み、そして香りが舌を包み込む。



b0118001_10262723.jpg
「ル・シュクレ クール」のバタールが美味しすぎるので
勢いよく食べ進む。



*シャルキュトリー盛り合わせ
b0118001_1026418.jpg
パテ ド カンパーニュ、鴨の砂ズリのスモーク、
テット ド フロマージュ、島豚 肩ロースのハム、
大山どりのレバームースのパテ、ジャンボン、リエット…と、
自家製ものがずらり!圧巻!
シャルキュトリー大好きだから、めっちゃテンション上がった。

「パテ ド カンパーニュ」は白金豚と鶏レバーで、
肉肉しくどこまでも滑らか。
「テット ド フロマージュ」はクリアな旨みだから
爽やかな卵ソースが合う。
このほかの品もインパクトはあるものの、
塩味の強さを感じさせず後味はキレイ。
個性豊かな自家製シャルキュトリー。これは絶対にいっとくべき品だ。


b0118001_1027084.jpg
そらもちろん、即、赤ワイン。ビールはチェイサーとなるわけで。(笑)


b0118001_10271430.jpg
「P-U-R Beaujolais-Villages 2014/Cyril Alonso」
ガメイ100%。思いの外エレガントで、凝縮感もある。心地よい酸も印象的。



*ビーツとくるみのサラダ
b0118001_10273310.jpg
ビーツはブイヨンで炊いた後、その煮汁を煮詰めてソースに。
さらに、そのソースを自家製マヨネーズと合わせているそうな。
キューブ状のビーツは土の香りが漂いつつ、ほんのり甘い。
そこに、マヨソースの爽やかさや、くるみの食感が重なり合い
やめられない止まらないわ!



*ステックフリット -なにわ黒牛 カメノコ-
b0118001_10275615.jpg
シンタマ(もも肉)の一部・カメノコは、じつに肌理が細かい。
咀嚼するほどに、肉の旨みと香りとが勢いよく押し寄せる。


b0118001_10281768.jpg
焼き加減完璧につき、赤身肉はソフトな食感がキープされ、
ドンピシャな塩味のおかげで、肉の甘みも炸裂。
美味しすぎて、食べるほどお腹がすくステックというか(笑)。
それくらい食べ続けていたい味。
フリットはカリッホクッ。芋の香りと甘みを強烈に感じた。



b0118001_10283868.jpg
〆にカプチーノを。
小菓子はマーブルパウンドケーキとクッキー。少しの焼き菓子が嬉しい。



肉食べたい欲がしっかり満たされ満腹至福!となりました。
シュナパンの黒板メニューをみると、
前菜のサーモンマリネとエスカルゴ以外は、肉肉肉!(+旬野菜メニューも多数)

入手困難な木下牧場の近江牛も、ステックで味わえたりするし、
自家製シャルキュトリーの数々に、こちらのテンション上がる。
川田シェフの肉に対する愛を、びしばしと感じる
ザ・ビストロならではの味、堪能しました☆川田シェフいつもおおきに!



「Bistro des Chenapans 〜ビストロ デ シュナパン〜」
大阪市西区京町掘2-14-1
☎06-6147-3666
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
close: 水曜、第3木曜
https://www.facebook.com/BistroDesChenapans
http://sp.raqmo.com/chenapans/


Art Garfunkel - (What A) Wonderful World

by writer-kaorin | 2017-04-12 10:29 | シュナパン | Comments(0)  

焼肉 虎龍 @北新地

「焼肉 虎龍 北新地店」で、
店の常連でもあるY氏と晩ご飯。
b0118001_12274160.jpg
この店、朝4時まで開いているから
遅い時間の客には飲食関係者も多い。


b0118001_1228220.jpg
いつも、まずはこの2品からとなるなぁ。
白菜キムチと、ナムル盛り合わせ。
肉が供される前に、野菜をしっかり摂取。



*上塩タン
b0118001_12395151.jpg
まずはそのままで。ふた口目はレモン汁とともにさっぱりと。
8割方火を入れ、タンのぷるるんとした質感を楽しむ。
噛めば甘みがどこまでも続くのだ。



*上ハラミ、上カルビ
b0118001_1240666.jpg
黒毛和牛の一頭買はもちろん、生産者や月齢まで指定し仕入れているそうな。


b0118001_12402549.jpg
上ハラミは赤身の旨みと溢れ出る肉汁に
思わず、白ご飯を欲す(が、ガマン)


b0118001_12404548.jpg
上カルビは肌理の細かな肉質。
サラリと澄んだ脂の甘みが口の中に広がり、
脂〜万歳!なメンツにつきご満悦。



*上テッチャン
b0118001_12405820.jpg
ウル艶のそれを、好みの加減に炙って。
濃すぎず、なタレの風味がいい。


b0118001_1241315.jpg
お口直しにやみつきキュウリを。
ゴマの風味香ばしく、パリポリなんぼでも食べれそう。



*特上三角バラ
b0118001_12415139.jpg


b0118001_1242231.jpg
さっと軽く炙る程度。
霜降りが強く、広がるはしっかりとした脂の甘み。
でもひつこさは感じないのだ。
向かいでは、白ご飯にわかめスープ。私は炭水化物少しだけ!

そのほか、ゲタカルビや丸腸、ウルテにツラミで満腹となりました。


北新地店は、ゆったりとしたカウンター席のほか
テーブル席も広々としていて居心地いい。
店の裏には、北新地店の別室「はなれや」もあり(6室、完全予約制)、何かと使えます☆



「焼肉 虎龍 KOTATSU 北新地店」
大阪市北区曽根崎新地1-9-6 菱富ビル1F
06-6343-2929
open : 17:30〜翌5:00(翌4:00LO)
祝日〜23:00LO
close: 日曜



3/13(mon)。人生を変えた一曲 ♡
Maria - Blondie

by writer-kaorin | 2017-03-20 12:43 | 焼肉 虎龍 | Comments(0)  

やきとり ばかや

いつものメンツで「やきとり ばかや」へ。
b0118001_11302916.jpg
冷えたビールとともにキャベツをパリポリ。


*アボカドとトマトのサラダ
b0118001_11304890.jpg
最近、アボカドが妙に好き。
このサラダに入るそれは、程よい熟れ感がいぃ。
やらこい酸を感じさせるドレッシングのおかげで
わしわし食べたくなり、かつ飲ませるサラダ。



*せせり、やわらか胸肉(淡海地鶏)、ズッキーニ、なんこつ(カレー)
b0118001_1131389.jpg


b0118001_1131146.jpg
淡海地鶏の胸肉。中はレアでしっとり肌理が細かい。
しかも味わいは濃厚だ。


b0118001_11313122.jpg
せせりは、ぷにゅっと心地よい食感に続き、旨みがじゅわりと。


b0118001_11314749.jpg
このカレー味のなんこつは、おかわりしたい味わい。



*皮
b0118001_113246.jpg
塩加減、カリカリ&ジュワッ具合、パーフェクト。



*赤ウインナー
b0118001_11321739.jpg
ついつい頼んでしまう(笑)懐かしの味。



*淡海地鶏 うで肉しょうゆ和え
b0118001_11323763.jpg
この品も好物だ。ポン酢系のさっぱりした味付けゆえに、
淡海地鶏の旨みを、噛みしめるほどに感じる。


b0118001_11325120.jpg



*吉田牧場 カチョカバロ炭火焼き
b0118001_1133778.jpg
一瞬で撮影して即、食べる(笑)
このトロトロ感のなかに、ミルクの甘みを感じ
噛むほどにじゅわっと濃厚なエキスが溢れ出るの。縁の香ばしさも堪んない。
嗚呼、人に幸せをもたらすチーズが、吉田牧場のチーズ。



*まるたけ阪本の昔コロッケ
b0118001_11332896.jpg
カリホクッ。中はなめらか。
ほんのり甘めで、赤ウインナー同様、こちらも郷愁漂う味。
〆はご飯ものにしようかと悩んだのだが、
結局、揚げ物にってことで、〆になってへん(笑)。


気の利いたBGMにも癒された、旨し楽し時間でした☆
石倉さん、毎度ありがとうございます!

そういえばこの週末、福島・南相馬の
復興イベントの炊き出しに行かれていた、
店主・石倉さんと、飲食関係の皆さん。
6年間、続けておられるボランティアの現在を、今朝FBで拝見。
石倉さん皆さん、本当に本当にお疲れさまでした。
そして今日も通常営業という、ばかや。ぼちぼち頑張ってください!



「やきとり ばかや」
大阪府大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
☎06-6445-5000
open : 11:30〜14:00LO、17:30〜22:30LO
close: 日曜


U2, Mick Jagger, Fergie - "Gimme Shelter"

by writer-kaorin | 2017-02-20 07:33 | ばかや | Comments(0)  

焼肉 政ちゃん @西成・鶴見橋商店街

最近、焼肉連チャンで幸せなカオリン。
もちろん29の日も焼肉でした☆

この日は久しぶりに、政ちゃんの顔を見に、
驚愕の旨さの焼肉を味わいに、
鶴見橋商店街のどんつきの路地奥へ。
b0118001_953246.jpg
「DRAPPIER Brut Nature Rose」でシャン杯♪
クレジットなしの写真はすべてiPhoneで撮影。



「政ちゃん」のおさらいはこちらから。
http://kaorin15.exblog.jp/14341067/
今なお一見さんお断りだし、年内予約でいっぱい!?
ということで政ちゃんと30年来の付き合いだというK介さんに便乗です。
めっちゃありがとうございます!
メンバーはTV関係、ドクター、呉服商の主人に社長…と多彩な顔ぶれ。
皆さん飲み食い大好きな共通点。


b0118001_9541097.jpg
ナムルは、「K介だけの特別や〜」と政ちゃんが言う、持ち込み品。
なので通常メニューではない。
混ぜ混ぜして豪快にいただきます☆



*タン刺し
b0118001_9551913.jpg
生き生きとした肉の弾力に続き、
口中の温度ですーっと解けゆく感覚。甘いわー。



*ハツ刺し
b0118001_9553086.jpg
塩とゴマ油、すりゴマがベストマッチ。
クリアな風味が響く。



*センマイ刺し
b0118001_9554697.jpg
臭みを全く感じず、むしろ清々しい風味。
ポン酢とともにさっぱりと。


そして焼きへと続きます。


*ミノ
b0118001_956098.jpg


b0118001_9561651.jpg


b0118001_9562987.jpg
シャクッと歯触り心地よく、甘みすら感じる上等なミノだこと。



*ツラミ
b0118001_9564934.jpg
牛の頬肉。

b0118001_957577.jpg
噛み締めるほどに赤身の濃厚な味が広がり、
脂には独特のコクがある。



*キムチ盛り
b0118001_9571914.jpg
知る人ぞ知る、ご近所のキムチ屋さんのキムチ。
辛みのなかに深いコクが潜むのだ。ナチュラルな旨みも、箸を進ませる。



*ハツ
b0118001_9575670.jpg
まずはそのままで。ハツの風味の良さを楽しみ

b0118001_9582812.jpg
ハツ with白菜キムチ☆
ハツのウルウルとした質感に
白菜の甘みとピリ辛さ、合う合う!



*ツラグレンス
b0118001_9584658.jpg
ホホ肉横のリンパの部分。これまった……珍品を。

b0118001_959367.jpg


b0118001_959165.jpg
赤身ならではの歯ごたえを楽しみつつ、所々こりっと食感もあり
ジュワリ溢れ出る脂はなんてクリアなこと!
嗚呼、食べ続けていたい。



*タンツラ
b0118001_9593243.jpg
こちらは、噛みしめるごとに感じる旨み、強烈。



*ハラミ(塩)
b0118001_10079.jpg


b0118001_1002652.jpg
この厚みといい、洪水のように溢れ出す肉汁といい
笑いが止まらぬおいしさ。
塩で肉本来の甘みが一層、引き立ってるわー。


b0118001_1004769.jpg



*シマチョウ
b0118001_101767.jpg


b0118001_1012115.jpg
包丁の入れ方の極意を知り「なるほど〜」と。
クニュッとした弾力、適度な脂が舌を喜ばせる。



*アカセン
b0118001_1014225.jpg
シマチョウもアカセンも、そしてほかの部位もそうだけど、
キレイに掃除がなされたがゆえの、澄んだ風味には驚かされる。
政ちゃんならではの技に感服。


b0118001_1015964.jpg
そして、ハラミ(タレ)が堂々登場だ。


b0118001_1021423.jpg
このメイラード反応、堪りませぬ……。
ハラミ(タレ)の皿、おかわりを何度したことだろう(笑)



別の角度から☆
b0118001_1024016.jpg
(Photograph by Yukiyasu Ishikawa)
てことで、ご一緒させていただいた石川順康さんのお写真、拝借♪
やっぱりシズル感すごいー!


b0118001_1031211.jpg
ハラミ オンザライス♪
(Photograph by Yukiyasu Ishikawa)

b0118001_1033941.jpg
さらにはキムチものっけて…と、
ハラミ タレの楽しみ尽きないのだった(笑)


b0118001_1035946.jpg
そして全員集合〜! (Photograph by Yukiyasu Ishikawa)
K介さん、政ちゃん、そして
ご一緒させていただいた皆さん、ほんとにありがとうございました♪
最近毎月、政ちゃんかもしれない(笑)。感謝(--)


「焼肉 政ちゃん」
大阪市西成区鶴見橋3-8-21


Bruce Springsteen & The E Street Band - Glory Days

by writer-kaorin | 2017-02-11 09:51 | 政ちゃん | Comments(0)  

炭火焼肉・ホルモン じゃん @東心斎橋

東心斎橋「炭火焼肉・ホルモン じゃん」で、事務所の肉会。
b0118001_11552810.jpg


b0118001_11554316.jpg
飲食関係者の深夜飯ツイートや、焼肉の女王いかりんのFBをを見て
めっちゃおじゃましたいと思てたの。
まだかまだかと楽しみにしていた夜♪


b0118001_1156079.jpg
付き出しキャベツが、やたらと旨い。
甘み、瑞々しさ、ドレッシングの馴染みも完璧。


b0118001_11561697.jpg
まずは「山いもキムチ」
粘りと程よい辛味とが混じり合い、ついつい箸がススム。


b0118001_115635100.jpg
定番の「キムチ盛り合わせ」もハズせない。



*ナムル盛り合せ
b0118001_11565047.jpg
みょうが、えのき、かぼちゃ、大根&人参、ほうれん草。
どれも美味だが、みょうがのナムルの香りが良かった。


そして肉焼きへと。

*厚切りタン
b0118001_1157581.jpg


b0118001_128631.jpg
表面はさくっと香ばしく、続くはとぅるんと柔らかな食感。
甘いエキスが溢れ出る。



*特上みすじ、特上かいのみ、特上宮崎サーロイン
b0118001_11573689.jpg
本日のおすすめから3種を盛りで。


b0118001_11575169.jpg
みすじは、クリアでサラリとした脂が口中に広がるの。

b0118001_1158863.jpg
かいのみは、厚みがありながらも柔らかく、旨み濃厚。

b0118001_11582337.jpg
サーロイン。サクッと齧れば、甘みがありジューシー。



*上ハラミ たれ
b0118001_11584094.jpg


b0118001_115856100.jpg
これは炭水化物プリーズ!となるが、
飲みな夜は、白ご飯を控えているので、ここはぐっとこらえる。



そしてホルモンへと続く。
b0118001_11591414.jpg


b0118001_11592738.jpg
テッチャン、上ミノ、丸チョウ。


b0118001_11594560.jpg
好みの加減に焼いた後は


b0118001_120740.jpg
「洗いダレ」と称するタレに

b0118001_1202295.jpg
ホルモンをくぐらせてパクリと。
この洗いダレ、だしのうま味が利いていて思いの外あっさり。
だからジュワリな脂とさっぱり感とが交差し、
なんぼでも食べれるというワケ。
この後は撮影せず、焼きと格闘。


肉やホルモンの質も良く、エンドレスで食べたくなる味。(笑)
さらには炭火ならではの焼きの醍醐味を楽しんだ夜でした♪


「炭火焼肉・ホルモン じゃん」
大阪市中央区東心斎橋1-15-22 第1KSビル2F
☎06-6245-1666
open : 18:00〜翌2:30LO
close: 第2、第3月曜
http://yakiniku-jan.net/



Jeff Beck大阪公演、
ギターテクもバンドメンバーとのグルーヴ感も素晴らしかった!
この曲やってほしかったなぁ♪ 大阪の追加公演は2/7(火)!
Jeff Beck & Rod Stewart - People Get Ready

by writer-kaorin | 2017-02-04 12:04 | 炭火焼肉・ホルモンじゃん | Comments(0)  

北浜にくや @七輪炭火焼肉

この日は職場の近所でサクッと晩ご飯。ということで
七輪炭火&黒毛和牛の焼肉店「北浜にくや」へ。
b0118001_2247448.jpg



*キムチの盛り合わせ、丸ごとトマトサラダ
b0118001_22375721.jpg
鶴橋のオモニ手づくりキムチだとか。
旨みある辛味が印象的で、野菜のおいしさが活きている。
トマトは味わい濃厚。



*北浜盛り
b0118001_22381627.jpg
三種盛りになっている肉は、
極上ロース、極上カルビ、カイノミ。


七輪炭火焼っていうのが嬉しいなぁ。
なぜなら我が家でも、肉焼き&魚焼きには
七輪&炭火を多用してるから、なんか落ち着く。(笑)
b0118001_22385267.jpg
ロースは旨みだけが口の中で蕩け、
カルビは脂と赤身のバランスがいい。
カイノミは適度にサシが入りジューシーながらも、後味は清々しい。



*にくやの塩てっちゃん(シマチョウ)
b0118001_2239958.jpg
脂はひつこくなく、あっさりしてるから、つい食べ進む。
ひと口サイズで、ポーション程よいのが個人的には嬉しいな。
前半はぷっくり脂をジュワリと味わい、後半は脂をギュッと落として食べる派。


b0118001_22392810.jpg
網の上に全神経を集中し、焼き上げます。
写経をしている時のように、無になった。(笑)



b0118001_22395091.jpg
こちらは「にくやの丸腸(タレ)」。

b0118001_2240862.jpg
甘めの味噌ダレが旨いなぁ。
白ご飯にわかめスープというスタンダードがめっちゃ合うのでした。


店内は満席。賑わいと勢いを感じつつ、掘りごたつ席でゆったり。
若いご夫婦が営んでおられ、いつも笑顔で感じもすごく良くって、
またおじゃましたくなる、素敵な一軒です。



「北浜にくや」
大阪市中央区伏見町2-4-4 伏見甲陽ビル2F
06-6121-2919
open : 11:00~13:30LO(月〜金のみ/売り切れ次第終了)、
     17:00~22:30LO(土曜〜21:30LO)
close: 日曜、祝日


12月2日、New Album世界同時発売〜! 「Blue & Lonesome」
http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/

The Rolling Stones - Hate To See You Go

by writer-kaorin | 2016-12-01 22:47 | 北浜にくや | Comments(0)  

おさむちゃん @堺、驚愕の焼肉店。

大阪・堺遺産といっても過言ではない、
伝説の焼肉店「おさむちゃん」。
b0118001_17313777.jpg
この日は、常連客のT田さん貸し切りナイツ。
T田さん、皆さん、ありがとうございます☆



3坪ちょっとの店内は、カウンター7席のみ。
毎日3回転(!?)するらしいのだが、
年内はすでに予約でいっぱいというから驚き。


店主・おさむちゃんこと、内山修さん劇場のはじまり〜。
b0118001_17322063.jpg
まずはキンキンに冷えたビールで喉を潤し



*キムチ盛り合わせ
b0118001_17323798.jpg
白菜、キュウリ、大根、さらには
トマト、長芋、アボカド、チーズ、干しぶどうまで!
旨みのある辛味が、どの素材ともよう合うてるではないか。
のっけから、おさむちゃんに、ハートを鷲掴みにされる。


b0118001_17324997.jpg
「オクラのキムチ」も辛味のなかに深い旨み。
オクラの粘りと、夏の香り健在。

b0118001_1733355.jpg
アツアツ、できたての「もやしナムル」の旨いことといったら!
シャキッと食感で香りもよろしく、何とも甘い。


b0118001_17331751.jpg
おさむちゃんと、鹿児島産 黒毛和牛A5のミスジ!
(ここから、おさむちゃんと肉の写真、多数登場 w)

b0118001_17333516.jpg
小豆色したミスジに惚れ惚れ。なんて美しいんだ……。


b0118001_17334923.jpg
チェイサーにビール。そして赤へと続きます♬


続いて、切り立ての「センマイ」酢味噌が登場。
b0118001_1734315.jpg
全く、スッカスカじゃない!
香り良いし、噛むと甘みが出てくるわ。


b0118001_17342063.jpg
出た!黒毛和牛のタン!
「先っちょが黒っぽいのが、黒毛和牛の証」と、おさむちゃん。
その他、切り方から衛生面に至るまで、
聞いて見て、フムフム勉強になります。


b0118001_17344381.jpg


b0118001_17345610.jpg
目の前で、おさむちゃんが焼いてくれる。
ウィットに富んだトークもめっちゃ楽しく、
始終、焼肉ロースターに目が釘付け。
で、今最もいい状態!というタイミングでいただけるのだ。



*上塩タン
b0118001_17354772.jpg
まずは梅ダレとともに。
肌理が細かい!じゅわりとジュが溢れ出、後味さっぱり。

b0118001_1736280.jpg
お次は、天城越え〜♬で有名な
天城のワサビ(摺りたて)をたっぷりつけて。辛み感じず、香り鮮烈!


b0118001_17361859.jpg
先ほど登場したミスジを手切りに!匠の技(笑)
これから、ミスジ巻きを焼いてくれるという。


b0118001_17363445.jpg
素早い焼きしゃぶ状態。


b0118001_17365451.jpg
熱の入り具合を瞬時に確かめながら
ニンニクチップをぱらりとかけて…

b0118001_17371073.jpg
くるくるくるっと、俊敏な動き。
「幸せを巻いてるんですわ」と、おさむちゃん。名言だわ。


*ミスジ巻き
b0118001_17372881.jpg
一瞬で完成!柑橘香豊かな特注ポン酢でいただきます。
クリアな脂で、思いの外さっぱりしてて、なんぼでも食べたくなる(笑)



b0118001_17374517.jpg
お次は、熊本産 黒毛和牛プレミアム「和王」のシャトーブリアン!

b0118001_1738331.jpg



*シャトーブリアンのステーキ
b0118001_17383055.jpg
ひと切れ目は、特注ポン酢で。
脂がスキッとしている。肉自体の味わいも濃厚だ。


b0118001_17385167.jpg
二切れ目は、天城ワサビとたっぷりのっけて。
肉のいぃ香りと、ワサビの香りの見事な共演。


まだまだ、おさむちゃん劇場、続きます!
b0118001_17392045.jpg
米沢牛ハラミ(雌)をステーキで!
塊肉を捌き、あれよあれよという間に開いて、隠し包丁を入れる。
その所作と包丁使い、瞬きを失うくらい凄い!


その米沢牛ハラミをおさむちゃん、ロースターの上へ。
b0118001_17394068.jpg


b0118001_1739552.jpg



*米沢牛ハラミ
b0118001_17402133.jpg
肉肉しさをダイレクトに感じ、すこぶるジューシー。
上品な脂がじゅわりと押し寄せるのだ。


b0118001_17412580.jpg
ハラミ、まだ食べれるんだ♡
と思っていた矢先、白ご飯が目の前に。ナイスタイミング!

b0118001_17414277.jpg
粒が立っててツヤ甘な、魚沼産こしひかりとともに
ハラミを頬張れば、もうね、無言で笑みしか出ない。


その後、米沢牛のツラミや
b0118001_1742552.jpg




b0118001_17422348.jpg
米沢牛のホルモンも登場!キレイだ。


b0118001_17425029.jpg
米沢牛のホルモン、タレに絡めてこうなるワケで♬
口の中で、ぷっくり脂がジュワッと弾ける幸せよ。



b0118001_17431054.jpg
〆は、クッパ。
3日間煮込んだ牛筋ダシに、タンを加えてさらに煮込んだスープ。
タンはホロリとやわらかく、スープはどこまでもクリア。
半熟卵で、マイルドなピリ辛味。
だから、魚沼産コシヒカリの甘みがぐぐっと持ち上がる。
ハァ〜ッ、〆まで抜かりなし。

味わい最高、ホントに楽しい、おさむちゃんワールドでした!


肉肉肉!といえば、「あまから手帖」の最新号の特集は「ビーフ関西」
https://www.amakaratecho.jp/saishin/
肉食の皆さん、お見逃しなく!


「おさむちゃん」
堺市西区鳳北町8-33-4
※年内は予約で満席につき、ご了承ください;


Radiohead - Reckoner

by writer-kaorin | 2016-08-28 17:51 | おさむちゃん | Comments(2)  

ばかや @Deep Purpleライヴ後

この日は「Deep Purple」のライヴに参戦してました。
@フェスティバルホール
b0118001_2361935.jpg
ライヴ後は、フェスから歩いて数分、
洋楽ロック談義を存分に楽しむことができる
中之島「やきとり ばかや」で、いつものメンバーとの飲み。

さりげなくDeep PurpleのBGMが流れている。
石倉さん、さすガッス(笑)


セットリストについて語り
名曲たる所以を、ギターコードから紐解いたり…と話は尽きん!
しかも、放送作家 東野ひろあきさん愛用のTシャツが凄かった。
b0118001_2365434.jpg
大きな木のようなデザイン。よくよく見ると

b0118001_2372719.jpg
アメリカのロックアーティストの名前(ロゴ)が
年代順にズラリと層を成してるの。
まさにウォーリーを探せ!状態で、これまた大盛り上がり(笑)
っと、ロック話はこれくらいにしといて


*うずらの煮たまご
b0118001_2375771.jpg
だしのうま味を感じ、この半熟加減が堪んない。



*水なす やわらかい酸のサラダ
b0118001_2381797.jpg
水なすは、瑞々しくメロンのような香り。
やらこい酸を感じるドレッシング、これが飲ませるんだ。



*せせり
b0118001_238321.jpg
噛みしめるほどに広がる旨み。



*ぼんじり
b0118001_2384915.jpg
シャクッと歯応え心地よく、じゅわりと脂の甘みが口中に充満。



*河内鴨たたき
b0118001_239750.jpg
クゥ〜ッ。赤身の味わいはどこまでも澄んでいて、
ずっと咀嚼し続けたくなるくらい、噛むほどに脂のおいしさが滲み出る。



*かわ
b0118001_2393858.jpg
香ばしく軽やか。按配よろし。
皮ダイスキなお隣さんは、皆の倍、皮食す(笑)


b0118001_2395667.jpg
ブルゴーニュのFougeray de Beauclair Pinot Noir '12 とともに。



*赤ウインナー
b0118001_23101559.jpg
昭和的、懐かしの味。



*眞ちゃん厚揚げ
b0118001_23103548.jpg
表面カリリ、中はふるふる繊細なテクスチャー。



*白金豚厚切りバラ肉
b0118001_23105885.jpg
ラストにガツン!と肉食った〜感覚。旨し。
この後、淡海地鶏 うで肉しょうゆ和えをいただき


b0118001_23112830.jpg
同行者がおいしそうに味わっている鶏飯の
注ぎ残しの鶏だしをしみじみ味わい、ワインを楽しみつつ、
〆となりました☆

食後は店主・石倉さんも入って〜の
Deep Purple談義。楽しかったなぁ。
皆さん、ありがとうございました!


「やきとり ばかや」
大阪府大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
☎06-6445-5000
open : 11:30〜14:00LO、17:30〜22:30LO
close: 日曜


DEEP PURPLE - Black Night (1970 UK TV Performance)

by writer-kaorin | 2016-05-31 23:12 | ばかや | Comments(0)  

焼鳥 ぷ〜れ @福島区

店主・大ちゃんの顔が見たくなり
福島区、焼鳥「ぷ〜れ」へ。
b0118001_10591789.jpg
まずはビールで喉を潤し


*付き出し
b0118001_10593046.jpg
つくねを鶏だしでさっと炊いた上に、シャキシャキの水菜。
鶏だしはクリアなうま味を感じるなぁ。しみじみ旨い。
ハフハフ頬張る、その温度もよくって、カラダぽっかぽか。



*フルーツトマト
b0118001_10594490.jpg
張りよく、酸味と甘味のバランスがいい。
トマト好きに、ほとんど食べられてしまったが(笑)



*鶏モツ煮
b0118001_110048.jpg
さまざまな部位の食感楽しく、
思いの外あっさりとしたおいしさ。



*鶏のガランティーヌ ポルチーニソース
b0118001_1101833.jpg
鳥もも肉は、どこまでもしっとり。柔らか。
ソースがこれまた旨いんだ。即、ワインの口に。


b0118001_1103764.jpg
「La Fleur Solitaire Cotes du Rhone Blanc 2012 Boutinot」
華やかさのなかに、深みある樽香を感じる、
塩にもタレにも合いそうな白だ。


ここから、焼鳥へと。ぷ〜れで扱う鳥は、丹波地鶏。


*わさび焼き
b0118001_1105127.jpg
この日は、むね肉のわさび焼きでした。
むっちりしっとり、質感よろしく、心地よくわさびが香る。



*せせり
b0118001_11122100.jpg
食べごたえしっかり!噛むほどに力強い旨みが迸るのだ。



*かわ
b0118001_1113822.jpg
程よくカリカリ、その中からじゅわり広がる脂は澄んでる。



*まるなんこつ(スパイス)
b0118001_1115087.jpg
コリコリ楽しい食感。
和洋のスパイスが程よく利いてて、酒を呼ぶ味わい。



*おつけもの
b0118001_112577.jpg
ナチュラルでやさしい味わい。
これと白ワインでちびりちびりと。妙に合うんだ。


b0118001_1122396.jpg
ツレは「焼きおにぎり茶漬け」を。
遠火の炭火でじっくり焼き上げられたおにぎり、でかい!
鶏だしのうま味と、香ばしい焼きおにぎり、この相性の良さは言わずもがな。



*秋田県 高橋家のいぶりがっこ
b0118001_1123766.jpg
クゥ〜ッ、これまた酒を呼ぶ肴が登場。
薄くスライスしたいぶりがっこは、燻香心地よく、
単体なら日本酒となりそうだが、
タスマニア産・粒マスタードの香りと酸味、食感のおかげで
ぐぐっとワイン寄りの味わいとなる。



*つくね
b0118001_1125264.jpg
たれで。ファッファの繊細な食感。
ハフハフ齧れば、じわじわと豊かな味わいが広がる。


b0118001_1151980.jpg
店主の大ちゃんこと、窪田大輝さん。
大ちゃんが修業していた福島「あやむ屋」時代からのお付き合い。

丹波地鶏をつかった焼き鳥のおいしさはもちろん、
日替わりの黒板メニューには、鶏を主体にしたササミやらテリーヌやら、
酒飲みのツボをつく品も多数。
おかげでいつおじゃましても飲みすぎてしまう(笑)

大ちゃん、ありがとうございました〜!


「ぷ〜れ」
大阪市福島区福島7-7-22
☎06-6450-1522
open : 18:00〜23:00
close: 日曜
https://www.facebook.com/yakitoripoulet/


Eagles - New Kid in Town (Live)

by writer-kaorin | 2016-03-05 11:06 | ぷ〜れ | Comments(0)