タグ:韓国料理 ( 14 ) タグの人気記事

 

韓国料理 ほうば @河内鴨の “参鴨湯”!?

この日のディナーは
韓国料理「ほうば」にて@大阪・北新地
河内鴨の津村さん、Iさんはじめ、毎度の愉快なメンバーとの美味しい夜☆


*ナムル15種
b0118001_9354662.jpg
スナップエンドウ、紅菜苔(コウサイタイ)、ジャガイモ、クレソン、
金針菜、マコモダケ、花山葵、豆もやし、プチヴェール(ケールと芽キャベツの交配)
人参、韓国カボチャ、茄子、浅葱、茗荷。
相変わらず美しく、味わえば各野菜の素材感が漲っている。


b0118001_9361711.jpg
ここでインパクトある品がドドーンと登場!
「参鶏湯」かと思いきや、「“参鴨湯”(サムオリタン)です」と店主・新井さん。
読んで字の如く、丸鶏ではなく鴨=河内鴨を丸ごと一匹使っているのだ。
これがどんな一品として出てくるかは後ほどのお楽しみ、とのこと。



*河内鴨ロースのユッケ
b0118001_9363697.jpg
何ともそそられるビジュアル♡

b0118001_9365335.jpg
妖艶。うっとり見とれてしまうやないの。
とろ〜りと濃厚なうずらの卵黄を絡ませて。
河内鴨ロースはゴマ油ではなく、鴨そのものの脂でマリネしたそうで。
クリアな風味とともに、上質な脂の甘みをダイレクトに感じる。


b0118001_9374277.jpg
そしておかわり♪


*葱と真珠貝の煎
b0118001_9371548.jpg
真珠貝(あこや貝)の貝柱は小気味よい食感。そこに
葱の甘みが寄り添っている。



*鱈白子の煎
b0118001_938145.jpg
クリーミーかつ濃厚な甘み。
二口目は、すきっとしつつ程よい辛味のタレとともに。



*韓国式 河豚の揚げ物
b0118001_9383029.jpg
河豚の身は厚く、漬けダレの深いコクと見事な相性をみせる。
骨離れいい身に喰らいつき
とろんとしたゼラチン部分にしゃぶりつき皆、無言。
驚くくらいに軽やかな仕上がりだから、なんぼでも食べてしまいそ(笑)



*蟹とフカヒレの煮込み
b0118001_9384598.jpg
どっさりの蟹身だけでもインパクトありだが、
その下に隠れている、分厚いフカヒレにもテンション上がった!

b0118001_939015.jpg
フカヒレは煮込みならではの質感と焼きの香ばしさをあわせ持ち
蟹の濃い〜旨みがじわりじわりとやってくる。
そこに菜の花の、ほろりとした苦味。季節の移ろいを舌で楽しんだ。



*太刀魚と大根の煮付け
b0118001_9391460.jpg
肉厚の太刀魚に、旨辛タレが絡む絡む。
一緒に煮込まれた大根や豆腐が、超名脇役。

b0118001_9392844.jpg
白ご飯泥棒!と叫びたくなる煮付けなのだ。
まずはそのままで、ツヤ甘を楽しみ
二口目からは、煮付けとともにノンストップ。


*参鴨湯
b0118001_9394410.jpg
参鴨湯のスープのみが登場。

b0118001_9395956.jpg
まず舌に響くは、旨みのインパクト。
しかも、河内鴨ならではのコクと香りが生かされていて
その余韻がとてつもなく美しい。
何が驚きって、スープしか出てこないところ。
まさに贅を極めた、命のスープだ。

初めて味わったよ“参鴨湯”。
参鶏湯とはまた違う、深みのある味わいが印象的でした☆


「韓国料理 ほうば」
大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル2F
☎06-6456-0080
open : 17:00〜23:30(21:00LO)
close: 木曜日


8年ぶりに来日!? そら行くでしょ♪
http://udo.jp/concert/DoobieBros
The Doobie Brothers - Black Water (from Rockin' Down The Highway)

by writer-kaorin | 2017-03-06 09:34 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(0)  

韓国料理 ほうば @新ダイビル

新ダイビルに移転後、
やっとおじゃまできました「韓国料理 ほうば」
b0118001_915723.jpg
内装、素敵だ。


b0118001_9152087.jpg
ずらり並べられたナムルは、
ナス、三つ葉、韓国カボチャ、ミョウガ、
豆モヤシ、スナップえんどう、菊菜…と全15種。
あー、相変わらず、素材感が生きた清々しいおいしさに
身体ヨロコブ。



*甘鯛の煎、落花生の煎
b0118001_9153860.jpg
甘鯛の煎は、繊細な身の質感、健在。そして甘いわ。
落花生の煎は、ホクホク、香りがすこぶるいい。
シャンパーニュ(マグナム)を飲むピッチが加速。



*鮑のお粥
b0118001_9155246.jpg
鮑の、厚すぎず薄すぎずのスライス具合がいい。
ぷるるんっと食感心地よく、
気持ち芯を残したお粥には濃厚な肝の甘みが絡む。
ひと皿を、独り占めしたくなるわ(笑)。


b0118001_916696.jpg
目の前には上等な松茸が。薫るのなんのって。


b0118001_9162180.jpg
マッコリとその上澄みも、この店では欠かせない。



*フカヒレと松茸の煮込み
b0118001_9163349.jpg
どっさりな松茸に隠れて見えないが…


b0118001_9164870.jpg
フカヒレが潜んでいる(笑)

両者の滋味が重なり合い、松茸の香りが鼻腔を突き抜け
笑みしかこぼれぬ、おいしさ!


*水ナスとイクラの冷製
b0118001_917610.jpg
鴨ダシで炊いたという水ナスは、トロリと舌を通り過ぎる。
ケジャン系醤油に漬け込んだイクラが、ナチュラルな甘みを放ち、
透き通ったダシのうま味が両者を結びつける。



*キンキとハマグリの煮付け
b0118001_917267.jpg


b0118001_9174173.jpg
複雑味のある甘辛ソースは、ハマグリの旨みも重なり
えも言われぬコク深さ。
ムッチリとしたキンキに絡むだけでなく
豆腐や大根が、相も変わらず名脇役で…。

b0118001_918036.jpg
これはご飯を欲してしまった!(いつもは杯進む、なのだが)

久しぶりの「ほうば」料理。
サプライズと滋味とが行き交う、素晴らしいコース料理でした。



この日は、ライカとモンクレールの
コラボカメラ(1500台限定)持参の・・・(笑)
b0118001_9182462.jpg



b0118001_9183789.jpg
しかもシリアル番号「1」!
0001/1500)を所持するN山さんによる
不意打ちバンザイなオモロい夜。
N山さん、そして毎度な皆さん、ありがとうございました♬また近々!



「韓国料理 ほうば」
大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル 2F
06-6456-0080
open : 17:00〜23:30(21:00LO)
close: 木曜日


Paolo Nutini - Candy - Isle of Wight Festival 2015 - Live

by writer-kaorin | 2015-09-19 09:22 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(2)  

韓菜酒家 ほうば、12月。

今年も大変お世話になりました。「韓菜酒家 ほうば」さん。
2014年を締めくくる、貸切りの会に、参加させて頂くことに。
Mさん、ありがとうございます♬


*ナムル
b0118001_16285837.jpg



b0118001_1629969.jpg
テーブルにズラリ整列!
ジャガイモ、ナス、三つ葉、ニンジン、韓国南瓜、茗荷、
スナップえんどう、菊菜、豆もやし、セロリ、金針菜…と全15種!
相変わらず、それぞれの素材感が生きた、瑞々しく清々しいおいしさ。


b0118001_16283915.jpg
なかには「チシャの茎」も。これは何なのか・・・?
セロリに似たような食感だし、う〜んルバーブ・・?
答えを新井さんに教えてもらうまで、全く分からんかった。
チシャのナムルはお初の経験。



*銀杏と海老の煎、グジの煎
b0118001_16285335.jpg
前者は大粒銀杏のいい香りと、エビの甘みが押し寄せ
グジの煎、こちらはグジならではの身の甘みをしっかりと感じる。



そして・・・・仰天の・・・


*宝鍋
b0118001_1629717.jpg
メニュ—名は私が勝手に命名。ありえない海鮮チゲや・・。
車海老、伊勢海老、セコガニ、鱈とその白子、
アワビにフグ、ムール貝、大きな蛤 etc・・・
とにかく贅沢な魚介の、宝の山!


b0118001_1629592.jpg
火にかけグツグツとくるのをしばし待つ。
そして鍋底に近いところで、適度に火入れがなされた食材から食べゆくのだ。
その経過を全く撮影してない。なぜならがむしゃらに食べていたから(笑)

伊勢海老はブリッと弾力を感じさせつつ、深い甘みが辛旨スープと好相性。
白子の妖艶なクリーミーさにウットリとなり、
フグはムチムチ。そして煮込むほどにそれぞれの魚介の旨味がスープに滲み出、
えもいわれぬおいしさが、どんどん深まる。
セコガニ女子の私、酔うた勢いで
皆さんにセコガニの食べ方講座もしてしまった;
盛られた美しいセコガニも好きだけど、
ぼりぼりバリバリ、セコガニと格闘するからこそのおいしさもあるのだ。



b0118001_1630761.jpg
〆は、魚介の濃い旨味が凝縮したスープで雑炊。


b0118001_1630206.jpg
なんとそこに、「追い鰹」ならぬ「追いアワビ」(笑)


b0118001_16305642.jpg
宝鍋をたらふく頂いた後に、もちろん別腹が作動。
まるでカニを喰うが如く、皆、無言でハフハフ味わい、
私も何度おかわりしたことか・・・。


新井さんの大胆な発想とそのおいしさに心底酔いしれました。
ご一緒させて頂いた皆さま。ありがとうございました☆


「韓菜酒家 ほうば」
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜
http://houba.jp/


Traveling Wilburys - Handle With Care

by writer-kaorin | 2014-12-28 16:32 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(2)  

ほうば 、11月。

ちょっと前の話になるが
久しぶりにおじゃました「韓菜酒家 ほうば」さん。
b0118001_18331513.jpg
この日は、お祝いの夜。
小山シェフ、本当におめでとうございます!
詳しくは近日中に、じっくりレポートします♬


b0118001_18352535.jpg
目に麗しいナムルの数々。
ほうれん草、黄ニラ、金針菜、マコモダケ、クレソン、ニンジン、
ジャガイモ、モロッコ豆、スナップエンドウ、茄子、韓国南瓜、
三つ葉、セロリ、茗荷、豆もやし。カラダがよみがえる、
そんな素材力をとことん愉しむ。



*銀杏と海老の煎、グジの煎
b0118001_18352664.jpg
銀杏は大粒!その香りと、プリッとした食感の海老の甘みが強い。
グジの煎は、ほろりくずれそうな繊細な身質、こりゃクセになる。


b0118001_18363599.jpg
泡を頂きながら、マッコリも。
そういえば「ほうば」さんで、マッコリのおいしさに目覚めた。
飲み疲れが全くなく、翌朝も清々しい気分。



*鮑のお粥
b0118001_1837383.jpg
ハァ〜何度頂いても、ため息がでるおいしさ。
鮑はしっとり、柔らか。
リゾットのようなお粥に、肝のコクが凝縮。



*デジカルビ
b0118001_18374121.jpg


b0118001_18385525.jpg


b0118001_184218100.jpg
チシャやゴマのに包んで味わう。
とにかく、野菜をたっぷりと摂取できるのが嬉しく、
葉物の香りやほろ苦さに、甘辛いデジカルビがぴたり合う。
わしわし食べたくなる旨さ。



*河内鴨のスープ
b0118001_1983587.jpg
まさに命のスープ。
澄みきっていて、香り高い。
河内鴨のポテンシャルをすごく感じる。



*伊勢海老のケジャン
b0118001_18424458.jpg
渡り蟹の代わりって!!!!
伊勢海老のまったりとした甘みが、素晴らしい。
しゃぶりつきたくなる旨さでした。


b0118001_18431447.jpg
コク旨。いい具合に広がる熟成感。



*ズワイガニとフカヒレ
b0118001_18435277.jpg
極みの2素材が一緒になって登場とは(驚)。
牛と鶏のエキスの滋味豊かなスープに、
どっさりのズワイガニの身。
分厚いフカヒレをほぐしながら混ぜ合わせて頂くと
互いが喧嘩することは一切なく、むしろ複雑な旨みとフカヒレの食感が
口中に広がる。



*フグの煮込み
b0118001_18445621.jpg
とどめはフグ!(笑)
フグ丸ごと一匹に、甘辛でコク深きソースが品よく絡む。
煮込みのダシは、フグのアラからとったものだそうで
このソースも辛味、甘味、旨味が見事に融合。
豆腐やほろり崩れる大根も旨いのなんのって。


b0118001_1845444.jpg
艶やかなご飯と一緒に。思わず、ご飯おかわりしそうになるくらい
パーフェクトな組合せだった。


b0118001_18461548.jpg
そして蓬餅で〆となりました。


昔ながらの韓国の伝統と、新井さんとお母さまの発想とが
見事に融合したお料理の数々。
おじゃまするたびに、嬉しい驚き、その発想力に魅了されっぱなし。
ますます進化している、といっても過言ではないと思う。
そんなこんなを酔いながら考えつつ
気心知れた方たちとの愉しい時間でした☆


「韓菜酒家 ほうば」
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜
http://houba.jp/


U2 - Where The Streets Have No Namebv

by writer-kaorin | 2014-11-20 19:14 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(0)  

韓菜酒家 ほうば @7月

天神祭の宵宮。
「韓菜酒家 ほうば」さんへ。


*ナムル15種
b0118001_11105369.jpg
三つ葉、人参、インゲン、まこも茸、加賀太胡瓜、
モロッコ豆、もやし、茗荷、韓国かぼちゃ、金針菜、
クレソン、ジャガイモ、セロリ、茄子…と、
いつもながら目にも舌にも麗しい、ナムルたち。



*トウモロコシとフカヒレの煎(ジョン
b0118001_11111527.jpg
フ・フカヒレ・・・!まで、煎にしてしまうとは!(驚)
厚みがあり、食べ応えしっかり。
トウモロコシは、力強い香ばしさと甘みが絡み合う。


まさにその時、
真っ赤な投げ頭巾をかぶった6人の願人が、お店のなかへ。
b0118001_1112244.jpg
陸渡御、船渡御含め、その先陣をいく方々です。
天満エリアの飲食店への巡行は、
ほうばさん含め、数店舗らしい。
じつに稀で、ひじょうに縁起がよい。
そんな時間を共有させて頂きました☆


これまた・・・・・
b0118001_11115078.jpg



*鮑のお粥 with トリュフ
b0118001_1112366.jpg
皆、狂喜乱舞(笑)。
リゾットのようなお粥には、肝のコクが凝縮し、
鮑の身はしっとり柔らか。そこにトリュフとなるわけで。
画像から薫りが立ち上がってきそうなほどの芳しさ。


*冷製 韓国の酢をつかったスープ
b0118001_1113678.jpg
ウニと3種の貝、オクラ、トマト、胡瓜。
まろやかな酸味ゆえ、貝のエキスが際立っていて
ふうわり漂う穂紫蘇の薫り。


箸休めの5品。
って、全く箸休めになっていないんですけど!(笑)


*伊勢エビの辛炒め
b0118001_11134027.jpg
コク深き辛味のなかに、程よい弾力感がある身の甘みを感じます。


*鴨ユッケ
b0118001_1115664.jpg
韓国海苔で巻いて頂きます。鴨の身、とことん濃いです。


*チャプチェ
b0118001_11145481.jpg
しみじみ美味しい。
砂糖多用の甘さはまったくないのが嬉しく、
いきいきとした素材感を感じる。


*青梗菜、白菜のキムチ
b0118001_11173542.jpg


b0118001_11175634.jpg
これら箸休めに(なってない!)マッコリ、進む進む。



*骨付きカルビの煮込み
b0118001_11183070.jpg
カルビはほろり、箸でちぎれるほど柔らかく、
汁が芯の芯にまで染んだ大根、そして茄子が、
カルビに負けじと存在感を放つ。



*青柚子 冷麺
b0118001_11185923.jpg
青柚子のキュンッと響く酸味で、驚くほど食後感は清々しい。


Yちゃんは、温かいこちらのメニューをオーダー。
*松茸うどん
b0118001_1118487.jpg
松茸の初々しい薫りと、おだしのやさしい旨み。
五臓六腑に・・・沁み入るー。


この日はサプライズゲストも来られ、大盛り上がりとなった夜。
おじゃまするたびに進化し続けている「ほうば」さん。
そんな、新井さんワールドにどっぷり☆
いつもありがとうございます!!


「韓菜酒家 ほうば」
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜
http://houba.jp/


Doobie Brothers - What a fool believes - 1979

by writer-kaorin | 2013-07-28 11:21 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(0)  

韓菜酒家 ほうば @4月

久しぶりに「ほうば」さんへおじゃましました。
メンバーは、DJのRさん、Universal MusicのKさん、
今ごろナミビア?な、D通のAさん&Kaorin☆


*ナムル15種
b0118001_1340388.jpg
手前右から、花山葵、マコモ茸、ホウレン草、人参、カタクリの花、
金針菜、韓国南瓜、三つ葉、茄子、加賀太きゅうり、
ジャガイモ、豆苗、茗荷、豆モヤシ、菊菜

茹で、蒸し、炒め…と、各素材それぞれに異なる火入れが施され、
素材力が際立っています。あー、カラダのなかがキレイになる感覚!


b0118001_13405160.jpg
マッコリ。まずは上澄みを。微発砲なニュアンス、杯が進みます。


*筍、ホタテと葱の煎(ジョン)
b0118001_1341529.jpg
筍の香り、鮮烈です。
ホタテと葱の煎は、澄んだ甘みがずっと続く。



*鮑のおかゆ
b0118001_1341231.jpg
鮑はしっとり柔らかく、噛みしめる旨み。
ゴマ油の香ばしさと肝ソースのコクが、
アルデンテな米ひと粒ひと粒に絡み合っている。



*蛤の椀物
b0118001_13413377.jpg
まるで和食の椀物かと錯覚してしまうくらい、凛々しい。
韓国の焼酎を用い、蒸し上げているそうで
蛤に負けじと、忍ばせた筍の風味も主張する。



*肴、6皿
b0118001_13415160.jpg
【韓国焼酎で蒸したイソツブ貝】は、コリッコリ&磯香素晴らしく、
【ミノと葱の辛味炒め】は、コクのある辛さ、クセになる味わい。
【タコと宮古ぜんまい】は、タコの柔らかさとぜんまいの粘りが主張する。
【チャプチェ】は、各種野菜の素材感そのままに、ビールを欲する味。


b0118001_1342782.jpg
【イチボのたたき 茄子のソース】
しっとり柔らかなイチボは噛みしめるおいしさ、
茄子のソースの旨みと
忍ばせた柑橘系の爽やかなニュアンスが、
ふわぁ〜りと寄り添う。


b0118001_13422075.jpg
【ボタン海老 キャビア添え】
まったりと舌に絡みつく海老の深い甘みに、キャビアが跳ねる。
これは反則技!というくらいの妙味。



*キンキ、豆腐、大根のコチュジャン煮込み
b0118001_13423458.jpg
ムッチリと弾力感のあるキンキ、脂のノリが凄いです。
力強い素材感をそのままに、甘辛でコク深きソースが品よく絡む。
豆腐や大根もおいしいのなんのって!
白ご飯!といきたいところだったのですが、
始終、マッコリで・・・その相性を楽しませて頂きました。


いつもなら、こちらのお料理+1〜2品を頂くのですが
思いの外、口福満腹に(^^;)


b0118001_13425068.jpg
蓬餅で〆。

繊細な味わいあり、発想におどろくお料理あり、
沁み入る旨さあり。幾度となくおじゃましても、発見多々なのです。
そして音楽ネタからおいしい話題etcアレコレ話、尽きぬ夜。

ご馳走様でした!次は夏、お世話になります☆




「韓菜酒家 ほうば」
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜
http://houba.jp/



Carly Simon - You're So Vain

by writer-kaorin | 2013-05-03 13:48 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(0)  

韓菜酒家 ほうば @6月

毎度の愉快なメンバーで「ほうば」さんへ。
新井さん、今月は公私共々大変お世話になりました!(--)


*ナムル15種
b0118001_064847.jpg
いつも見とれてしまいます・・・。この日は、
金針菜、黄ニラ、韓国カボチャ、ドラゴンフルーツ、加賀太胡瓜
ジャガイモ、クレソン、豆もやし、ニンジン、ナス、ミョウガ、
モロッコ豆、マコモダケ、ウドほか。
それぞれの野菜の食感、そして味わいの凝縮感、素晴らしいです。
ナムルの調理の基本には「茹でる」「蒸す」「炒める」があるそうで、
その後の味の含ませ方など、先日いろいろと勉強させていただいた(^^)


チェイサーにビールを。そしてマッコリ上澄み♡


*稚鮎 汁なし冷麺
b0118001_07283.jpg
軽く干した稚鮎は、キレのいい塩梅。
底には辛味大根おろしや、牛と鶏ムネの煮こごりが。
スダチをギュッと絞っていただくと、さわやかな酸味と香り、
複雑な旨み、そして稚鮎のほろにがさ、いろんな味の相乗効果に感動しまくり。
ちなみに麺には松の実を練り込んでいるそう。
カラダにいいものはココロからおいしいと思える。


*万願寺唐辛子とトウモロコシの煎(ジョン)
b0118001_071790.jpg
万願寺のなかにはエビがゴロゴロと。その甘みとプリプリッ感、クセになる。
トウモロコシのチヂミ、なんて甘いんだ。塩をちょっとつければそれが倍増。


さてお次は・・・♡
b0118001_073292.jpg
大・撮影大会!?


*鮑のおかゆ
b0118001_075267.jpg
鮑の大きさにまずビックリでした。スライスされた一切れも大きい。
身はしっとり、じつに柔らかく、
ゴマ油の香ばしさがふわりと漂ったかと思えば
肝ソースを纏ったおかゆは、脳天に突き刺さるような旨さ。
アルデンテ的食感もダイスキ。


*甘鯛 アスパラソヴァージュのスープ
b0118001_081544.jpg
へぇ〜っ!な、食材からダシをとったスープは、ホントにキレイな味。
そこに青柚子が薫ります。
甘鯛の火入れやアスパラソヴァージュの香りも繊細。


*6年もの朝鮮人参の天ぷら
b0118001_082997.jpg
先っぽは、ホロリとした苦みで、
根っこはホクホク感がすごく、なんとまぁ甘いこと!
カラダが浄化されるかんじ。


*伊勢エビとホラ貝(マツブ貝)の辛炒め
b0118001_08453.jpg
たっぷりの野菜に、エビや貝を巻いて、辛味噌をつけてパクりと。
辛味のなかに複雑なスパイシーさ。マッコリ止まらない(笑)



b0118001_09669.jpg
誰じゃ〜!ピースしてるの〜!(笑)
ミソが詰まった伊勢エビ。
まるでズワイガニを喰らうかの如く、皆無言で頬張る。


*ノドグロのコチュジャン煮込み
b0118001_091795.jpg
釜山でよく食されている一品だそう。
しかし、質も厚みももの凄いノドグロ。
煮汁の染み具合がまた、悩殺モン。


b0118001_092654.jpg
ちょっと丼。合わないワケがない(笑)


*冷麺
b0118001_094191.jpg
こちらはお隣さんの〆。
澄みきったスープをひと口いただくと、キリリと爽やかな酸。
箸が進みすぎる。


昔ながらの韓国の伝統と、新井さんとお母さまの発想とが見事に融合した
めくるめく、ほうばさんワールド。
こちらへおじゃますると、カラダが軽くなったような
すっきりとした気分になれる。まさに医食同源。
いつもありがとうございます☆


「韓菜酒家 ほうば」
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜
http://houba.jp/



King Crimson - In The Court Of The Crimson King live

by writer-kaorin | 2012-06-18 00:12 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(4)  

韓菜酒家 ほうば @2月

楽しみにしていた「ほうば」さんナイツ。
2月中旬のことでした☆


*ナムル
b0118001_025249.jpg
豆もやし、花ワサビ、セロリ
島ラッキョウ、ウド、韓国カボチャ、ほうれん草
ジャガイモ、三つ葉、金針菜
相変わらず、素材感も香りも素敵だ。
花ワサビ、春を感じるなぁ。


*ヒウチのタタキ 焼き茄子ソース
b0118001_0253631.jpg
ヒウチの甘みや炭火の香ばしさ、これは質も炙り具合も秀逸。
咀嚼するほどに焼き茄子特有の風味とコク、そこに忍ばせた
柑橘系の爽やかなニュアンスが、ふわぁ〜りと。
春菊のほろ苦さも妙味です。


*菜の花と白魚のチヂミ、グジのチヂミ
b0118001_0254857.jpg
いずれも、えっ!!??と驚く発想と味わい。
菜の花のほうは、すぐそこまでやって来ている春を、
口に入れるたびに感じさせていただける。


そしてグジにもビックリ!
b0118001_026312.jpg
グジもチヂミにって!!
塩の打ち方、身の甘みの引き出し方はもちろん、
表面の香ばしさ、そしてこの身質にはウットリ・・・♡


*ミノと葱の辛炒め
b0118001_0261618.jpg
思わずビールにリターン(汗)
噛みしめるほどに、奥深い辛みがズンズンと押し寄せ、
ブラックペッパーが、辛みにより一層、スパイシーなニュアンスへと。


そしてこの日のメインは
*海鮮チゲ
b0118001_026284.jpg



b0118001_0263621.jpg
伊勢海老、車海老、鮑、アン肝、タラ白子、牡蠣にイタヤ貝…と、豪華絢爛!
さっと半生でいただくものあり、煮込むほどに柔らかみを増す素材あり。
そして時間とともに深みを増す、スープといったら…(無言)



もう満腹!これ以上食べられへんわ〜っと言いながら
b0118001_0265073.jpg
これが、入るんです・・・(汗)沁み入る雑炊。


b0118001_0271065.jpg
ほおずきトマトのフルーティーさが、満腹の胃にやさしい。


いつおじゃまさせて頂いても、おどろきの発見性と、とびきりの口福が絶えない
「ほうば」さんです(^^)


「韓菜酒家 ほうば」
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜
http://houba.jp/


Bob Dylan - Like A Rolling Stone

by writer-kaorin | 2012-03-13 00:27 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(2)  

韓菜酒家 ほうば

待ちに待っていた「ほうば」さんナイツ。

お店におじゃまするなり、「わ!Hさん!(^0^)」とか、
お食事の途中で「H川さん、どうもです(^^)」っと・・・
連日お会いする方々との遭遇。


*ナムル
b0118001_21462098.jpg
(手前右から)豆もやし、金針菜、黄ニラ、
クレソン、ナス、韓国南瓜、ミョウガ、
隼人瓜、ジャガイモ、ニンジン、三つ葉
見とれてしまう。それぞれ食感素晴らしく、素材本来の味もしっかり。


*柚子釜 百合根粥 車海老 椎茸 牡蠣
b0118001_21463834.jpg
百合根の甘み、牡蠣のメイラードなコクと香ばしさ、
ふんわり響く柚子香、ブリッブリの車海老に、椎茸の土の香り。
それらが、ひと口ごとに押し寄せる!
見た目も構成も和的だが、牡蠣の調味で着地点は、ほうばさんならではの味に。


b0118001_2147933.jpg
マッコリグラス。上澄みも♡


*チヂミ2種(タラの白子、ムカゴと海老)
b0118001_21473397.jpg
香ばしさ、濃厚さ、そして口溶け感、たまりません@白子
ムカゴと海老は、ホクホク素朴な味わいの中に、海老の甘みがふわっと。


そして大好物!!!の
*アワビ粥
b0118001_21481654.jpg
唯一無二のアワビ粥。
米のアルデンテ加減や、肝ソースの絡みはもちろん、
アワビの食感と甘みが素晴らしいのです。
火入れなさすぎだと、アワビ本来の甘みが出ないし、
逆に火を入れすぎると身はかたくなる。そのギリギリのタイミングを見計らうという。


*ハマグリとスッポンのスープ
b0118001_21484967.jpg
なんてキレイな吸地だこと。スッポンのクセはなく、澄んだ旨みだけが響く。
ハマグリの大きさにも驚き。それを崩しながら食べると、スープがどんどん複雑な美味しさに。


*フグの揚げ物 韓国式
b0118001_21491070.jpg
カリッ、ネッチリ、そして一瞬弾力を感じるけれどやわらかい身質。
クセになる甘辛さで、黒胡椒の香りの余韻がいいわぁ。


合間に、大根とチンゲン菜のキムチ(美味!)をいただき


*網走 活〆 キンキの煮付け
b0118001_21492880.jpg
堂々たる存在感!!むっちり、脂のりも凄く、
味の含み具合と、身質とのバランス…煮込み加減も秀逸。
奥に隠れてる大根と豆腐が、これまた旨いのなんのって!


そして新井さんに
「煮汁は残しててくださいね〜」と何度言われたことか(笑)

なぜなら・・・


*真鯛のピビンパ
b0118001_21495713.jpg


b0118001_2150939.jpg
煮汁をピビンパにかけて♡
鯛はふっくら、おこげはバリバリ、米の甘み。そこにこの煮汁、テッパン!


繊細な味わいあり、発想におどろくお料理あり、沁み入る旨さあり。
ほんとうに美味しいお料理の数々、楽しい時間でした。
味に関していつもシビアな同行者:、大感激してはりました(^^)
ご馳走さまでした。



韓菜酒家 ほうば
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜

by writer-kaorin | 2011-12-21 22:02 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(2)  

韓菜酒家 ほうば

久しぶりの天満ナイツ。
そして、F丸さんとサシ飲みも久しぶりだ!

お目当ては「韓菜酒家 ほうば」さん。
遅ればせながら「ミシュラン1ツ星おめでとうございます!」な夜。
じつは、韓国料理でミシュランの☆は、世界初という快挙。

お料理は、おまかせにしていただきました♬

*ナムル、キムチ
b0118001_10202853.jpg
マコモダケ、クレソン、ジャガイモ、
金針菜、韓国カボチャ、ナス、
豆モヤシ、三つ葉、モロッコ豆
そしてキムチは、
キュウリ、白菜、チンゲン菜。と、目にも鮮やかなナムルとキムチ。
ナムルは、炒めたもの、茹でたものなど、
野菜に応じて火入れを変えられているのかな?
だから、それぞれの野菜の食感や香り、が生かされていて、素材感も強いわぁ。


ふたりしてビールから即・・・
*マッコリ
b0118001_10204723.jpg
浅井さん、マッコリ上澄みレンゲいっときましたよ(^^:)


b0118001_1021247.jpg
美味しいマッコリ!これなら飲める!ということで、
あまりマッコリを飲まないワタシだったが、グイグイ・・・(笑)

(で、マッコリは100%二日酔いになる私なのだが、
 今回、それがなく、ビックリ!だった)


*牛煮こごりと魚介の冷製
b0118001_10212323.jpg
「牛ダシと魚介の組み合わせは韓国の定番ですよ〜」と新井さん。
しかし2人して「なんだ、この旨さは!?」と目を見合わせ無言で喰らう。

魚介は、白エビ、ウニ、イクラ、穴子の焼霜。
牛ダシの澄んだ旨みに続き、白エビのねっとりした甘み、
ウニの海味のなかの濃厚な甘み、イクラの弾ける甘み、穴子の脂の甘み…と、
それぞれの魚介の異なる甘みが時間差で押し寄せる。
そして、大葉やスダチの香りの余韻。
これ妙味・・。某・個人的ランキングにランクイン♬

※おまかせ&日替わりの皿は、市場での仕入れ次第で内容が変わるのであしからず。


*タラの白子のチヂミ、ムカゴとエビのチヂミ
b0118001_10214788.jpg
固定概念が崩される、味わいの発見があるチヂミ2種。
香ばしい表面を齧れば、押し寄せる白子の口溶け、


b0118001_1022572.jpg
もう一方のムカゴとエビ。
ムカゴの皮をプスッと破ると中からトロッと秋味。
秋の香りとエビの香りが響き合う。


新井さんが目の前にドンッ!と出してくれたのは、
b0118001_1022263.jpg
このアワビは・・・・これまた驚きの粥に!!!



*アワビ粥
b0118001_10224222.jpg
アワビの肝は、叩いてピュレ状にしてゴマ油でモンテした、と新井さん。
少し芯をのこした米のひと粒ひと粒に、強烈な肝の香りとゴマ油の品のよい香り。
そしてトップにアワビの身(これがまた柔らかくて味がある)、という
粥のイメージを覆す一皿だ。


*石焼プルコギ
b0118001_10225615.jpg


b0118001_1023961.jpg


b0118001_10232188.jpg
プルコギはジュージュー音を立てる石焼きバージョン。
それを、セルバチコなど葉物とともにチシャにのせ、自家製の味噌をつけて
ひとくちでガブリ。野菜不足、一気に解消〜かつこれも何て旨いんだ。


麺ものは・・・
「野菜不足って言うてはったから、ビタミンCガッツリです」と新井さん。
ありがとうございます(^0^)

*冷麺
b0118001_10234250.jpg
トップに、柚子とスダチのスライスがたっぷり!
ダシは両者の酸味、グッと力強くて「酸っぱ〜い!」な中に潜む旨さ。
麺は、松の実からつくられているそう。これまた無言で完食、
全身にビタミンCが染み渡りました!


b0118001_1023542.jpg
ヨモギ餅とお茶で〆


ご馳走様でした!
おまかせコースは、発見性のある美味しさばかりで。
聞けばそれが、韓国の伝統の味、お母様の味だったり、
元イタリア料理人の新井さんならではの技を感じる皿だったり。
ずばり韓国の医食同源、ですね。しかも驚愕の旨さの。
身体が喜んでいたのは言うまでもありません。

どうやら11月、12月も予約でいっぱい、みたいですが、
また、おじゃまさせていただきます!


韓菜酒家 ほうば
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜


The Byrds - Mr. Tambourine Man (1965)

by writer-kaorin | 2011-11-06 07:19 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(0)