人気ブログランキング |

焼肉ソムリエ 萬樹亭 @肉へのあくなき情熱

福島「焼肉ソムリエ® 萬樹亭」での
目眩く(魅力的なほうのネ)肉ナイツ。
b0118001_17224023.jpg
冷えたビールが身体の隅々に浸透。最高。


“焼肉ソムリエ”を称する、店主・萬野博さんの
生産者への、ビーフへのあくなき情熱に惚れ込んでる私。
予約時、「平井牛を頂きたいです」と伝えつつ
当日の焼肉メニューは、焼肉ソムリエにお任せで。


b0118001_17233443.jpg
付き出しは「和牛すじ肉 甘辛煮」。
ひと切れひと切れ厚みがあり、食べごたえあるわ。
甘辛さとコク深さのなかに、だし系うま味がじんわりと。
ビール止まらん!



b0118001_17235699.jpg
ってことで、泡をボトルで。
ピッチ早かったから手酌で、オッサン化してたなぁ(笑)



●平井牛ツラミ 刺身
b0118001_17241094.jpg
繊維が細かく、上等な生ハムを彷彿とさせる、ねっとりした質感!
自家製ポン酢のまぁるい酸味が合うんだ。
通常はツラミの上に刻みネギがのるが、ネギNGがいらっしゃって別添えに。



●キムチ盛り合わせ
b0118001_17242249.jpg
辛味のなかに、深い旨みが顔を覗かせる。



●萬樹亭サラダ
b0118001_17244028.jpg
ピリ辛の味噌ドレッシングで、野菜わしわし箸止まらぬ。
ふぁふぁ玉子のまろやかな味わいが、いい仕事してる。




そして、待ちに待った「平井牛」のお出ましだ。
b0118001_17245400.jpg
写真奥から「平井牛」の
ハラミ、笹肉、上カルビ、中カルビ、インサイド


●平井牛 笹肉
b0118001_17250550.jpg
b0118001_17251536.jpg
笹肉とは、バラ肉の希少部位。
肌理が細かい。赤身の味わい深さとサラリとした脂の甘みが融合。
柚子胡椒をたっぷりのせて味わえば、ぐっと旨みが深まる。



●中カルビ
b0118001_17252860.jpg
見惚れてしまうね。
その中カルビは、両面に包丁を入れている(写真では見えないが)。
だから余分な脂が落ち、深いコクを蓄えた肉汁がスーッと広がる。
平井牛の脂は、サラリとしていて上質。だから食後感がとても軽やか。


●上カルビ
b0118001_17260690.jpg
片面のみに格子状の切り目を入れている。
頃合いを見てハフハフ頬張れば、ザクッとした歯触り。
赤身の旨みとクリアな脂の共演。香りも堪んないねー。


●インサイド 
b0118001_17262118.jpg
ハラミ近くのインサイドは醤油ダレで。
歯ごたえは程よくあり、コク深く、しかもジューシー。



●ハラミ
b0118001_17263489.jpg
平井牛のハラミは、ふぁっと柔らかく
味と旨みがとにかく濃厚なの。



次の皿は

●宮崎牛 特選ヒウチ、カメ、マルシン
鹿児島 和牛サーロイン
b0118001_17264651.jpg

b0118001_17265665.jpg
萬野さん自ら、ヒウチをさっと炙り焼きに。
手ぶれしてもた(笑)

b0118001_17270924.jpg
b0118001_17273061.jpg
塩をはらりかけ、ワサビを塗って。
頬張れば、ふるふるっと舌の上で踊る。
程よくサシが入ったその深いコクと
モモ肉のあっさりとした味わいとが渾然に。


b0118001_17281238.jpg
サーロインは肌理が細かい。香りもいいね。
続くカメは、ふぁっと軽やかな質感に驚いた。

b0118001_17292161.jpg
そして、マルシンは醤油ダレにつけニンニクチップをのせて。
見るからに柔らかな赤身。じわじわ旨みを主張しつつ、口の中ではらり解ける。



●和牛スジ肉カレー
b0118001_17293475.jpg
コースのなかの一品。酒飲みにつきルーだけお願い。
スジ肉、クリアかつ食べごたえあり、その旨みと
白味噌ベースの辛味噌、カレーのスパイシーさが混じり合う妙味。
堪らん〆となりました。


萬野さんは、肉一枚一枚に、細かい隠し包丁を入れている。
焼肉店では当たり前の仕事かもしれない。なかでも萬野さんは
表裏に入れたり、片面だけに入れたり、斜めに、格子切りに、数ミリ単位で…と
部位それぞれの特性をふまえ、入れ方が異なる。

しかもお客さんが焼き上げた先まで計算しつつ包丁を入れる。
だから、焼いたときに余分な脂だけが落ち、
肉の美味しい個性だけがくっきり浮かび上がる。
結果、食後感よくってなんぼでも食べられる。
そして感動のため息の連続。
平井牛もたっぷり頂けたし、肉好きの嬉しそうな顔も見れてよかった。

目利き、仕事、食べ方の提案…と
焼肉ソムリエの熱い想いと技に、感心しっぱなしの夜でした。


「焼肉ソムリエ®萬樹亭」
大阪市福島区福島2-1-41 ブリーズコート2F
06-6455-8008
open :17:00〜23:00(22:30LO)
close:日曜
Facebook


Bruce Springsteen - Hello Sunshine





# by writer-kaorin | 2019-05-18 18:34 | 焼肉ソムリエ 萬樹亭 | Comments(0)  

串かつ あーぼん @春の名残、初夏の香り。

地方へ行ったり来たりで夜、関西に戻り
芦屋「串かつ あーぼん」で
毎度な皆さんと、おいしい愉しい休日。

ビールで喉を潤し、おまかせコースの始まり始まり。
b0118001_15224127.jpg
●「海老とオクラの春巻き串」は、レモンと塩で。
カリカリ感とオクラの粘り、海老の甘みがふんわりと。

●「帆立」はさっぱりテイストの甘辛醤油と共に。
そっと歯を入れれば、透明感ある半生加減に、こっちが蕩けそう。



b0118001_15230342.jpg
●「海老と鯛と帆立のすり身を、大葉とチーズで湯葉巻きに」
そう、主人・長谷川勤さんが話す一品は
とろりチーズが押し寄せ、淡白かつ甘やかなすり身の
繊細なテクスチャーに癒されるわ。


●「黒毛和牛フィレ肉」
b0118001_15232122.jpg
辛子ソースをつけて口に運べば
b0118001_15233061.jpg
ふぁっと包み込まれるような優しい食感、
この火入れにうっとりしてたら、清々しい香りがふんわりと。


●「焼き茄子 茗荷」
b0118001_15234152.jpg
とんろ〜りとした茄子が、夏の香りを撒き散らす。
茗荷の清新な香りが寄り添うのです。



b0118001_15242337.jpg
「Louis Jadot Chablis Cellier de la Sabliere 2017」




●「活 車海老」
b0118001_15243227.jpg
ザクザク香ばしい衣の中から、
海老が香りと甘みを一気に放出。

続く串は
●「蓮根のカレーミンチ詰め」
蓮根はホクホク、その穴からカレーミンチが顔を覗かせる。
程よいスパイス感が、蓮根の甘みを引き立ててた。

●「豚肩ロース紫蘇巻き」は
どこまでも清々しく、肩ロースの脂はクリアかつ甘い。




b0118001_15251824.jpg
●「牛ミンチとゴボウ」は
質朴かつ深い旨み広がる小宇宙だ。




●「穴子 白髪ネギ」
b0118001_15254607.jpg
ふぁふぁ繊細。
白ワインビネガーに通ずるシャープな酸味に、
ワインがどうにも止まらない。



続く
●「マッシュルームのコロッケ」も印象的だったな。
自家製ベシャメルの質感、固すぎず緩すぎず、絶妙なの。
火の通りまでを計算した、ひとつひとつの細やかな仕事に、頭が下がります。


b0118001_15260624.jpg
隣り合わせだった、FM COCOLOのDJ MEMEさんと
ふたりでボトルをオーダー。Chablisに続き、Pinot Noirを。
ぐいぐい飲んだ飲んだ(笑)



b0118001_15261802.jpg
●「アスパラガス」は一本丸ごと。
青く甘やかな香り、透き通ったジュの甘みに笑みが止まらない。


串、続きます。
b0118001_15262792.jpg
●「モッツァレラ エリンギ バジル 生ハム添え」
●「絹さや ベーコン巻き」
いずれも、素材の力が漲っている。



b0118001_15264219.jpg
●串休めに「茶そば」を。さっぱりとした後味だから
休むどころか、串揚げ、いくらでもいけそうな感覚に(笑)



b0118001_15265276.jpg
●「タケノコ 木の芽」に移りゆく春の香りを感じ
●「椎茸」はじゅわっと甘辛醤油が染み、香りの高さにハッとさせられる。
●「たまねぎ」の透き通った甘み、鮮烈でした。


●「胡麻豆富」
b0118001_15271481.jpg
一番好きな串かもしれない。
揚げ上がりの質感を計算し、練って練って練り上げたそれは
香ばしくもピュアな風味が口中に充満。数回咀嚼しただけで、すっと消えた。


●「ハマグリ」は噛むほどにじわりじわりとエキスが滲み出るし
●「うすいえんどう豆」
b0118001_15272970.jpg
薄皮を剥いて潰したものと、半潰しにしたものを団子状に。
一口でいけば、膨らみある香りとやわらかな甘みが勢いよく押し寄せ
皮が舌に残らないのだ。細やかな仕事に、ただただ感嘆するばかり。


●「とうもろこし」に夏の香りを感じ、おまかせコースは終いとなりました。
ここからは、挙手で好きなものを好きなだけ。


b0118001_15274706.jpg
タムタム・ハイボールという名の一杯を。
レモンが利いてて、爽やかだなぁ〜。




●「鶏セセリ 大根おろし ぽん酢」
b0118001_15275730.jpg
このジューシーさと、さっぱり甘やかなぽん酢の
コントラストが好きで
あれば必ずオーダーしてしまう。


●「そら豆」
b0118001_15281642.jpg
一粒の凝縮感ある旨み、存在感凄い。

続いて
●「小柱」
●「手羽カレー」
●「とうもろこし」おかわりとなり

b0118001_15282957.jpg
●「カマンベール ベリーのソース」でフィニッシュ。


b0118001_15283920.jpg
バニラアイスとアールグレイのシャーベット、
最後のデザートにいたるまで、その味と技に唸ってばかりでした。



b0118001_15290317.jpg
味わいはもちろん、主人・長谷川さんのお人柄も、足繁く通いたくなる理由のひとつ。

衣は素材によって薄くつけていたり、厚かったり。
オランダ製の高級なラードで揚げられた串はいずれも軽快な食感。
だから、あーぼんの串揚げは、食べれば食べるほど、お腹が空くのです(笑)
Zッキーいつもありがとうございます。皆さん、お疲れさまでした(^^)



「串かつ あーぼん」
芦屋市楠町6-8 くすのきマンション1F
0797-22-2030(要予約/予約は毎月1日に3ヶ月間まで受付)
open : 18時〜、20:30〜の2部制
close: 水曜


Jeff Beck, Eric Clapton & Jimmy Page

- Layla (HQ ARMS Concert 1983)




# by writer-kaorin | 2019-05-15 18:38 | 串かつ あーぼん | Comments(0)  

徳山鮓 @花山椒の時季に

余呉駅に降り立つ。
若葉の緑がすがすがしいなぁ。
お目当てはもちろん「徳山鮓」。
b0118001_13053621.jpg
訪れたタイミングは、春の終わりを告げる花山椒の時季。
アペリティフに、貴重な酒を味わいながら
花山椒と熊鍋の合わせを妄想すると、いてもたってもいられない。(笑)


さて夕餉の時間。

●余呉プレート
b0118001_13054739.jpg
余呉湖の模った器に盛られるは、
熊と猪と鹿肉のテリーヌ。深い旨みありながらどこまでも清々しい。
コゴミやコシアブラ、ウルイなどに大地の息吹を感じ
やらこく煮た小鮎はふわっと、舌を喜ばせる。
清らかな味わいの実山椒のペーストは、テリーヌに山菜に…万能選手。



●鮒の子まぶし
b0118001_13055825.jpg
プチプチ卵の食感楽しく、鮒はじつにクリアな風味。
山ワサビの味、ボリジの青っぽい香りがいい仕事してる。



●鱒の卵  鴨肉の燻製
b0118001_13061883.jpg
魚卵万歳!その食感と優しい塩味がじわりと舌に響き
鴨の優しい燻香が、美しく重なり合う。



●ジビエプレート
b0118001_13062823.jpg
もちろん自家製。
鹿肉のハムは、噛むほどに旨みが広がり
猪肉のハムは、脂の甘み、上質なジャンボンのよう。

そして岩魚の燻製。徳山さん曰く、
「地元の森林組合から譲り受けた」という桜チップで燻したそうな。
強すぎずちょうどいぃ頃合いの燻香広がり、
ねっとり広がる旨みに、ぐっと日本酒を欲するのだ。
(もちろんこの時点でワインと日本酒、行き交ってマス)
キレイな風味の飯(いい)のソースと共に。


b0118001_13064079.jpg
ジビエには、ナチュールなガメイが、ドンピシャ。
だし系のしみじみとした旨み、
あーエンドレスで飲んでたい、超タイプな味わいでした。



朝摘んできたという山菜が、天ぷらで登場。

●タラの芽
b0118001_13080983.jpg
ざくっと齧れば、ほっくりとした歯ざわり。
山のなかの、懐かしい香りがした。


●タカノツメ アマドコロ ワラビ
b0118001_13082067.jpg
タカノツメは、ほろ苦さが心地よく、
アマドコロは、ほんのりとした甘みと粘り、いいね。
ワラビの軽い苦みを感じれば、体が浄化されていくよう。


b0118001_13084179.jpg

b0118001_13090695.jpg
山菜のあれこれ、学びの時間
徳山さん、勉強なります!



●コシアブラ  コゴミ  モミジガサ(シズクナ)
b0118001_13093752.jpg
個性豊かな味わいと食感。
いずれも軽やかな揚げ上がりだから、箸が止まらない。



そして真打、登場だ。
b0118001_13095015.jpg

b0118001_13100216.jpg

b0118001_13101447.jpg
熊肉と花山椒と木の芽。
この3素材を同時にいただけるのは4月中旬〜5月初旬だけ。


b0118001_13102596.jpg
花山椒の清新な香りのなかで
熊肉の甘みがくっきり浮かび上がる。


b0118001_13104264.jpg
熊肉おかわり。
しっかり脂を蓄えていながらも、
実にさっぱりとしていて、舌の上でとろけるの。


b0118001_13105826.jpg
香り高き花山椒との組み合わせで、なんぼでもいただける。



輪島の塗師・赤木明登さんの漆塗りの小箱のなかには
●鮒鮓に蜂蜜、発酵からすみ
b0118001_13111262.jpg

●鯖なれ鮓 トマトムース 吉田牧場のカチョカバロ
b0118001_13112446.jpg


●鮒鮓サンド
b0118001_13113656.jpg
どの品も、発酵の伝道師・徳山さんならではの
技と創意が重なり合う、ここにしかない味。

b0118001_13114624.jpg
アイスワイン的、気品に満ちた甘やかな香り広がる
NZのリースリングとの相性、
とんでもなく良かった。



b0118001_13121679.jpg
熊鍋ラストは、特注しているという麺をハフハフと。
最後の最後まで、この時季ならではの芳しさを楽しみ



b0118001_13130444.jpg
爽やかな酸味と甘み、独特の塩味と苦味、そのバランスが秀逸な
「飯のアイスクリーム」にて〆となりました。



b0118001_13132597.jpg
いただいたワイン、日本酒たち。


余呉ならではの季節の移ろいに身を委ねると、
感覚が研ぎ澄まされてゆくのがわかる。
伝統と洗練、この時季ならではの馳走に心から酔いしれました。

番外編と朝食編に、つづく(笑)



「徳山鮓」
滋賀県長浜市余呉町川並1408
0749-86-4045
http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi/



今夜はBozのライヴ♪ ワクワク♪
Boz Scaggs Lowdown live 2004




# by writer-kaorin | 2019-05-11 13:15 | 徳山鮓 | Comments(0)  

Les Queues -レ・クゥ- @福井を掘り下げるシェフのオリジナリティ

念願叶い、伺うことができた。
福井市にあるフレンチレストラン
「Les Queues -レ・クゥ-」
b0118001_01442745.jpg
石貼りの外壁が印象的。


b0118001_01443831.jpg
このレストランと、オーナーシェフ阪下幸二さんとの出会いに、心が震えた。
久しぶり、この感覚。
阪下シェフは、福井の風土や伝統文化、
生産者との繋がりを、皿のなかに、店づくりの全てに表現されていて。
いやー、福井県で生まれ育った私にとっても
発見は多かった。



b0118001_01451782.jpg
県産材をつかったテーブル。引き出しの中にカトラリー類が収まっていて
福井が世界に誇る、越前市「高村刃物製作所」のナイフも。
さらに、グラス、木製の器、越前漆器などなど、
ストーリー性がある、県内の工芸・作家ものが、出番を待つ。



b0118001_01453373.jpg
席は石窯の真ん前だった。
プリミティブな調理器具を自在に操り、地素材の底力を生かそうとする
阪下シェフの意気込みが、言葉なくとも伝わるわ。



b0118001_01455194.jpg
泡が、身体の隅々に染み渡る。
料理はシェフにおまかせのディナーコースより。



[アミューズ]
地魚のリエット
国産オーガニックレモンと豆乳のサワークリームを挟んだ最中

ワトム農園ケール
シュークルート 発酵春キャベツ
緑ゼンマイのグレッグ
b0118001_01460508.jpg
リエットは清らかな風味を放ち、レモンの優しさが手をつなぐ。
チップスにしたケールも、
ゼンマイもキャベツも香り、味わいともに強し。



b0118001_01462062.jpg
「湧き水を汲みに鯖江と今立へ行ってきました」とシェフ。
馳走の心を感じるその一杯は、
体内にすーっと広がる、澄みきった味わい。
個人的には福井(至る所)の湧き水と、愛媛・西条のうちぬき水がマイベスト。



[前菜]
ワトム農園 エディブルフラワー
フルーツトマト  苺

黒龍 純米酒煮切り  越のルビーのクリアウォーター
敦賀 奥井海生堂 蔵囲利尻昆布
b0118001_01463167.jpg
エディブルフラワーのなかには
トマトと豆乳からなるババロア、そして苺。
口に運べば、トマトと苺の清新な香りが現れ
b0118001_01464463.jpg
すぐさま、トマトのエキス、昆布のうま味、煮切り酒が融合した液体を口に運ぶ。
すると、それぞれのピュアな旨みだけが浮かび上がり、
気品に満ちたハーモニーが広がる。



b0118001_01470290.jpg
「Roger Lassarat Saint Véran Cuvée Prestige」に続き


b0118001_01472161.jpg
「九頭龍 純米」(黒龍酒造株式会社)で通すことに。
ワイン好きのための日本酒、というと烏滸がましいけれど
和のみならず洋にも、イノベーティブにもぴたり、この酒の懐はすこぶる深い。



[前菜]
真鯛 石窯あぶり
白子のソース
六条大麦とビーツ
b0118001_01473958.jpg
「白子がメインの料理」とシェフが言うだけあり、
濃厚な旨みがどこまでも続く。そして身はふっくら繊細。

b0118001_01475114.jpg
県産の六条大麦には、ビーツのすきっとした酸味が絡む。
大粒の麦だから、噛みしめる楽しさがあるね。
忍ばせた卵黄のソースが、白身や白子の優しさを結びつける。



[前菜]
鷹巣 水蛸 
焼き茄子
コールラビ
地辛子のソース
b0118001_01480214.jpg
「鷹巣で、本家が水蛸漁をしてるんです」とシェフ。
いやはや、水蛸のうまさに開眼!ふぁっとやらこくって甘いわぁ。
しかも焼き茄子が放つ、夏の香りとなんて合うの。
塩麹と酒粕に漬けたコールラビの食感も楽しい。
ソースまで地元もんに特化。さすガッス。




[温菜]
越前町 蛍烏賊
上志比 タラの芽
ホワイトアスパラガスのベニエ
b0118001_01481530.jpg
石窯の熾火でさっと熱を入れた蛍烏賊。ぷっくりを通り越してパンパン。
齧れば、タラの芽やアスパラのベニエの、素晴らしきソースと化す。
「朝、スタッフの家族が摘んできてくれました」という
花山椒、木の芽からなるサラダと共に。贅沢。



[スープ]
新玉葱のヴルーテ
b0118001_01483011.jpg
ヴルーテは透き通った甘み!
石窯でさっと火を通した原木椎茸は香り高い。
アーモンドミルクの泡が全体を優しく包み込む。
「油揚げ」をカリカリにさせたウエハース、合うわぁ。


b0118001_01484281.jpg
パンは自家製発酵種を用いた
福井県産の小麦「フクコムギ」100%。
発酵種のふんわりフルーティーな香り、
小麦の甘い香り、深い味わいにはハッとさせられる。


b0118001_01485680.jpg
薪火とその熾火を自在に操る、阪下シェフに目が釘付け。





[お魚]
越廼 真鯛の石窯焼き
上庄里芋と黒にんにくのピュレ
こしあぶら こごみ トウキチロウ
b0118001_01490748.jpg
熊川葛でとろみをつけた、地元の朝引き若鶏の一番出汁と
敦賀産 新わかめからなるソースをかけてくださる。



b0118001_01491991.jpg
海と山の、ここにしかない地の味が、和音を奏でる。
鯛は皮目香ばしく、ふっくら繊細、
新わかめの鮮やかな香りに、山菜が織りなす春の息吹。
トウキチロウって山菜、はじめまして。フキのような風味が印象的。

b0118001_01494839.jpg
とろみの要・熊川葛とは、
生産量が極めて少なく、質高き本葛。
幼少の頃、風邪ひいたとき、くず湯といえば熊川葛だったけど、
今や超稀少な地元食材。




[メインディッシュ]
奥越産 放牧牛若牛のヒレ肉 熾火焼
カブ 紫キャベツ
b0118001_01500154.jpg
ヒレ肉は、勝山「ラブリー牧場」より。
春から秋は放牧で草を食べ、冬は牛舎で干し草と自家製の発酵飼料を食べて育つという。


b0118001_01501381.jpg
「高村刃物製作所」のナイフを入れれば、すっと何かに導かれるように切れていく。
そのヒレ肉は、ふぁっと舌の上でほどけ
何とも優しい味わいと、放牧特有の清々しい香りが広がった。
クリアな味わいの、赤ワインソースとも相性よかったな。


b0118001_01502599.jpg
カブと紫キャベツも味がしっかり、名脇役。



そして〆へと。
b0118001_01503845.jpg

b0118001_01520637.jpg
炊きたてのご飯にテンション上がる。
福井が誇るブランド米「いちほまれ」だ。
まずは、そのままで。粒感と旨みのバランスがいい。
そして甘やかな香りがずっと続く。


b0118001_01532676.jpg
次は「ジビエのカレー」で。
まったりコクのある味わい、堪らん。
スパイス強すぎない加減が、ご飯の甘みを引き立たせる。




[デセール]
かせや味噌甘酒のアイスクリーム
苺 酒粕のガトー
b0118001_01533830.jpg
パーツひとつひとつにも、地元ならではの深いエピソードが。
時が止まってほしいとさえ感じる、有意義なひとときでした。



b0118001_01534934.jpg
ある日は牛たちの顔を見に牧場へと足をはこび、
客の顔を思い浮かべながら水を汲みに、山菜を採りに奔走。
さらには地元のファーマーや漁師さん、職人さん…
福井の食に携わる方々と日々交流する阪下シェフ。
ものづくりのスペシャリスト達の、想いや情熱をものすごく大切にしながら
一皿一皿を創り上げている。

曰く「引いてみて、見えてきたこと」を表現しているという味づくり、店づくりは
地の文化とシェフならではのクリエイティブが交差した
食べ手の心に響くものばかりでした。
阪下シェフ、ありがとうございました。

福井を深く学び、創造する食のキーパーソンたちが繋がり、
新たな広がりをみせている、
福井、キテる。



「Les Queues -レ・クゥ- 」
福井県福井市高柳1-712
0776-53-4858
open :11:30〜14:00、18:00〜22:00
close:水曜(祝日の場合は翌日振替)
http://www.les-queues.jp/



# by writer-kaorin | 2019-05-08 07:12 | レ・クゥ | Comments(0)  

ブルーライトヨコヤマ @福井・若狭和田の横山イタリアン

福井・若狭和田海水浴場の近くに、2019年4月オープン
「ブルーライトヨコヤマ」
b0118001_09113819.jpg
いっぺん聞いたら、忘れんわ、この店名(笑)。

店主・横山英樹シェフのキャリアは言うまでもないんだけれど、
名イタリアン「ポンテベッキオ」山根シェフに師事し、
居酒屋イタリアン「(食)ましか」では7年半、料理長を務めた。
その横ちゃんこと横山シェフが、
奥様の地元・若狭和田に自店を構えたのだ。


b0118001_09115644.jpg
シチリアのスプマンテ「Duca di Salaparuta Brut」で乾杯!
スパリブ飲んで臨戦態勢(笑)。飲みのピッチ、のっけからフルスロット(笑)




●福井名物「朽木屋」のへしこ入りポテトサラダ
b0118001_09181429.jpg
母の実家「朽木屋」の鯖へしこ(笑)。横ちゃんありがと!
彼の手にかかればへしこも、想像を超える味に。
ポテトの甘みを生かす、へしこの塩梅、ドンピシャやね。
優しい旨み、へしこの風味が心地よく舞い降りる。



おすすめの前菜をちょいちょい盛ってもらうことに。
b0118001_09182535.jpg
「鯖のきずし りんごと玉ねぎのソース」は、懐かしの味。
りんごと玉ねぎの清新な甘みが、きずしとすこぶる良く合う。
「スズキのカルパッチョ」は苺のソースで。甘酸っぱさの加減、秀逸。
そのほか「軽く燻製した豚肉のパテ」はじっとり旨みが響くし、
「カポナータ」は程よい冷たさ、野菜の甘みが際立ってたな。
オムレツ、モルタデッラ、玉子サラダ…と、飲ませる逸品揃い。



b0118001_09184999.jpg
「GRAPE REPUBLIC Dela Fresca Frizzante」
(山形・南陽市/グレープリパブリック)
地元でこのワインと再会できるなんて、ひゃーテンション上がる。
藤巻さん、平成ラストの夜に、しみじみと美味しくいただきました。



●サマートリュフの自家製麺タヤリン
アサリバタークリームソース
b0118001_09191233.jpg
グラーナパダーノとサマートリュフふんわり。

b0118001_09192357.jpg
タヤリンは噛むほどに卵のコクが広がるわ。
ソースはどこまでもコク深く、でも重たさは感じず
トリュフが優しく薫る。



●タリアテッレ 美山産イノシシとひよこ豆の煮込みのソース
b0118001_09194161.jpg
このソースにも唸る。イノシシの野生味を程よく残しつつ
豆がね、それに負けじと旨みを滲ませ、タリアテッレ絡み合う。
そして余韻は清々しい。横ちゃんらしいパスタだ。



●スパゲティ ベーコン、玉ねぎ、トマトのアマトリチャーナ
b0118001_09195455.jpg
こういうシンプルなパスタが、しみじみ旨いのだ。
はぁ〜最高のアマトリチャーナでした。
(ちなみにチーズは別添えにして頂いてます)



●相生産 千珠ガキのカキフライ withタルタル
b0118001_09200672.jpg
千珠ガキ、味が濃いな。衣がまた繊細なんだ。
タルタルどっぷり、ああ至福。



●彩美牛内もも肉の炭火焼き
b0118001_09202906.jpg
肉質しっかり、噛めば噛むほどなおいしさ。
すっきりとしたテイストながら、深いコクがじわりじわりと。
ナチュールな赤ワインとともに。エンドレスになってしまいそ(笑)



本日のカレーは
●エビと明太子のカレー
b0118001_09203976.jpg
これまた横ちゃん節、炸裂だ。
エビの甘みや明太子の風味を感じさせつつ、
クミン、コリアンダーはじめ、スパイスの香り鮮烈!
旨みもふくよかで、カシューナッツがいいアクセント。
イタリアンだけれど自由闊達なこの発想。
だから横ちゃんのお料理は、美味しくて楽しいの。
私はルーだけを、ワインと共に、で〆カレーにならぬ(笑)



●空豆の天ぷら ペコリーノチーズがけ
b0118001_09205306.jpg
サクサク超軽やかなフリット。
これも塩とチーズの加減が素晴らしく、
なんかずっと食べ続け、飲み続けていたような。
空豆の青っぽい香りの余韻が心地よかったなぁ。




●ドルチェ3種
b0118001_09210325.jpg
「ココナッツ風味のパンナコッタ」
「バナナとカシューナッツのパウンドケーキ」
「チョコレートのテリーヌ」にて〆となりました。



b0118001_09211342.jpg
ベーシックなイタリアの味を軸に据えながら
カレーや、きずしなど、料理ジャンルにとらわれない味を出す
そのフレキシブルさが、横山シェフらしい。
そこに、福井とその周辺の力強い地元食材との出合いが加わる。
地域にどっぷり根っこを張る、横山イタリアンから目が離せないのだ。




ちなみに、「ブルーライトヨコヤマ」のすぐ近くにある若狭和田ビーチは、
ビーチの国際環境認証「Blue Flag -ブルーフラッグ-」を
日本(アジア)で初めて取得したことでも有名。
そんなこんなで「ブルーライトヨコヤマ」という店名、妙にしっくりくるわ。
店内のBGMもナイス(笑) (画像は夏のビーチ)
b0118001_10094051.jpg



b0118001_09214028.jpg
横ちゃん、さよさん、ありがとうございました!
また帰省したとき伺いますー☆



「ブルーライトヨコヤマ」
福井県大飯郡高浜町和田118-30-1カミヤビル1F
0770-72-8180
open :11:00〜15:00(火〜日曜)、17:00〜21:00(金・土・日曜、祝日)
close:月曜(祝日も休)
Facebookページ



Jack Johnson - Breakdown


# by writer-kaorin | 2019-05-02 09:30 | ブルーライトヨコヤマ | Comments(0)