人気ブログランキング |

Ca Sento

この日は
神戸night @ カ・セントさんへ

20:すぎスタート
ゆえ、お食事後は終電なくなり(**)
松原帰りの、T's Carでお送りいただく。



まずはこんな感じで
■Apetivos 5種前後
Ca Sento_b0118001_16121587.jpg



■スペイン カンダブリア産のアンチョビ
Ca Sento_b0118001_16124784.jpg

高貴なアンチョビだこと。。泡グビガブ。


■鯵のマリネ トマトのガスパチョと冷たいチーズの粉
Ca Sento_b0118001_16131320.jpg

一口ごとに、ワクワクっとさせられる温度、そして素材感。


■ヒイカのアヒージョ
Ca Sento_b0118001_16133495.jpg

見た目グロテスクだが…
昼網かな。じつに柔らかいので、目までもペロリ。


■河内鴨のカルパッチョ タルタル仕立て
Ca Sento_b0118001_1614499.jpg

あの河内鴨を、ここまで潔く供するとは。。。
余計な味付け、というか塩気もほとんどなし。
鴨ロースの脂の甘み、や赤身の濃さ、十二分に表現しきってはります。
ここまでシンプルって、かなり度胸がいると思う。


■バスク産ビゴール豚の生ハム
Ca Sento_b0118001_16142764.jpg

甘い!生ハムやのに・・・


■関サバのマリネ カラスミ添え
Ca Sento_b0118001_16145016.jpg

生サバのねっとり感を残しつつのマリネ。
表面をサッとマリネした具合、素晴らしい。
カラスミの程よい塩梅が響きます。


Ca Sento_b0118001_16151299.jpg




Entrantes
■油目の炙り モホソース和え
Ca Sento_b0118001_1615385.jpg

皮目炙りのアブラメ。皮はちとフォークで切り離しにくかったんだが、
アブラメの艶やかな身質は、けっこう好み。
モホソースとは、カナリヤ諸島の郷土ソース、とでも言うのか。
コリアンダー他、スパイスを利かせた、
国境を越えたエッセンス。緑はパセリ色。

お口直しに、ウイキョウとオゼイユの一口スープ




■フォアグラのコンフィ
Ca Sento_b0118001_1616888.jpg


Ca Sento_b0118001_16162343.jpg

低温で、細胞ひとつひとつに丁寧な火入れがなされている感じだ。
重さを感じるフォアグラは苦手なのだが、
こちらは、旨味が引き出されていながら、食後感がじつに軽やか。
タンポポから取ったエキスのシロップや、
フレッシュチーズなどと共に。




Ca Sento_b0118001_16164480.jpg

ONDECはお初。甘み強しなのだが、スーッと透き通った品を感じる。




Ca Sento_b0118001_16275248.jpg

ドライハーブを飾ったガラスの額、こうきますか!
額、シェフの手作り。本家カ・セント流。



■今日届いた春野菜たち
Ca Sento_b0118001_16322147.jpg

シェフの修業先・ムガリッツのスペシャリテがベースですね。
この日一番の、衝撃!なお料理。ギャリさんのお野菜は、葉もの他。

底には、それぞれ火入れの異なるアスパラ&根菜類。
上部に、ギャリさんの葉野菜、なのだが
葉野菜たち、毎度のことながら、力強い苦みと大地の味わい。

エメンタールチーズのソースをかけてむさぼり喰う。
30種類近くの春野菜を使ってはるんだけど、
ひとつひとつが、自分自身の旨味を主張するのだ。
また、このコク深きソースが、忍ばせた焦がしバターソースとともに
野菜の持ち味を優しく引き立てながら
見事な調和を生んでいる。この野菜料理は衝撃的でした。




Pescados
■スズキのソテー
Ca Sento_b0118001_16511229.jpg

低温系のスズキの素材感(写真、バック、ボケてもた:)
フルフル、しっとり、そしてハラリと崩れゆく。
with イカスミソース


Ca Sento_b0118001_171639100.jpg




Carnes
■河内鴨
Ca Sento_b0118001_1717146.jpg

河内鴨の「味」が存分に引き出されている。
細胞のひとつひとつが、まるで生きている、とでも言うのか、
旨味のエキスが口の中に溢れてくる。筋もなく実にしっとり。
新ゴボウのピューレ、仏産ニンニクのピューレ、
ハイビスカスの塩とともに。



Aroces
■ヴァレンシア風おじや
Ca Sento_b0118001_17271790.jpg


Ca Sento_b0118001_17273289.jpg

本家カ・セントのスペシャリテ&本家に敬意を込めた逸品ですね。
中には、ホタルイカ他、昼網のシャコからめちゃくちゃいい出汁が出てる。
シェフ曰く「日本のおじやの語源なんです」へぇ〜!



Dos postres
■弓削牧場のミルクで作ったアイスクリーム
Ca Sento_b0118001_1731821.jpg

澄みきった高原のよう。



■りんごのタルト
Ca Sento_b0118001_1732437.jpg

りんごの皮のエキスから作ったグラニテのグッと強い酸味が
タルトのこっくりとした甘味と合う合う。



液体窒素やら何やらにお金をかけるよりは、素材を追求したい
そんなシェフの信念を感じさせ、
しかも、どこかにスペインの風を感じさせる料理の数々。
「料理人は素材を生かすのではなく、素材に生かされる立場です」
と福本シェフが仰ったその言葉が、胸にじんわりと響いた夜でした。



『カ・セント』
神戸市中央区中山手通4-16-14
078-272-6882
open : 12:00~13:30LO、18:00~21:00LO
close: mon



でもこんな気分(笑)
Cheryl Lynn / Got To Be Real

by writer-kaorin | 2009-04-24 08:01 | カ・セント | Comments(4)  

Commented by ビビンバダム夫 at 2009-04-24 23:29 x
ナイスなタイミング!
来週末ようやくお邪魔する予定で、一層期待&気分盛り上がり!デス。
アリガトウゴザイマス。
しかし、20時スタートで、のんびりしていると終電逃しちゃいますか~!
田舎者ですので気をつけないと・・・笑
Commented by writer-kaorin at 2009-04-25 14:09
ビビンバダム夫 さん☆
毎度です!おぉ〜リアルタイム(笑)
楽しんできてくださいね♪
いやはや、のんびり寛ぎすぎてしまう居心地ゆえ、
時間忘れます(^^;)
Commented at 2009-04-27 07:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by writer-kaorin at 2009-04-27 22:43
鍵※さま
初めまして!
そうなんです、Aさんなんです!
ゼヒ、お休みの日に(^0^)

鍵※さんblogも
ちょこちょこ拝見させていただきまぁす!

<< 裏庭の森 ☆山料理 @ラ バッロッタ >>