人気ブログランキング |

Ritto Marble*tre @サプライズな夜

焼鳥の翌日。「今日はイタリアンな気分」で満場一致。
というか私が、こちらの店へおじゃましたかったから
皆にあれこれ言わせない(笑)

お久しぶりです、な
「Ritto Marble*tre」さんへ。
fromオバマのオカンと弟、カメラマンの夫婦と私、計5名。

店へ入るやいなや、サグラさんでサービスをされてたU君の姿が。
「わぁぁ!Uくん!え??こっちに移動??」
じつは彼、オバマ中学校時代の1つ後輩。
数年前に、サグラさんで十数年ぶりに再会。
中学校の頃、私は陸上部、U君は野球部だったなぁ〜。嗚呼、青春(笑)


オカン:「Uさんて◎◎の■□■で◎◎やってる、Uさんの息子さん〜?」
U君  :「ハイ、そうなんです」
弟 :「え??僕と同級の子の兄ちゃん??」

ミナミのど真ん中で、オバマ話に花が咲く…(笑)せま!
これってけっこう、嬉しい、サプライズな感覚。



お料理は、あれこれ考えずに、
北山シェフにお任せするのが一番!
彼のお料理は、
素材の持つ魅力をダイレクトに感じるものから、
イタリア北東部、チロル地方のマニアックな地方料理まで
幸せになれる美味しさと、発見性に満ちあふれている。


■ホタテ貝柱を浮かべた“ガスパチョ”
b0118001_22235934.jpg
一皿目にこれは、蒸し暑さでヘタってた身体、蘇るわ〜!
まるでフルーツのような自然な甘みと、
野菜それぞれの旨味がじんわりと響く。
ホタテは限りなく生に近い火入れよろしく、
茶豆や味来コーンの食感も楽しい。




■夏野菜とリコッタチーズのストゥルーデル
b0118001_22243158.jpg
ドイツ語の“シュトゥルーデル”と同じ意味かな?
薄い薄いパイ生地のなかに、ゴロリと野菜&リコッタの軽やかさ。
ドルチェやないストゥルーデルは初めてや!




■お肉を詰めたグリーンオリーブのフリット/ヴェネト風バッカラのコロッケ
b0118001_2225410.jpg
オリーブの塩気と牛ひき肉のジューシーさ、ビール進む!
バッカラ(干しダラ)の香りフワリなコロッケは、
ハラリと口中で崩れ行く…あぁ、おかわりしたい。



■自家製フォカッチャ
b0118001_22253581.jpg
けっこう身づまりよいどっしり系。




ビールから白ワインにchange!
b0118001_222684.jpg
名前聞き忘れました;イタリア土着品種系。旨し。




■河内鴨のカルパッチョ
ホワイトアスパラとパイナップルのインサラータ
b0118001_22264784.jpg
大好物の河内鴨、ねっとりしつつ、噛む程に旨味ズンズン。しかも甘い。
ホワイトアスパラの瑞々しさにも驚き。
モスタルダのような、でもバルサミコ系のようなソースも、
それぞれの旨味を引き立てている。



■パッケリ アサリとセロリのペースト入りオイルソース
ボッタルガ風味
b0118001_22273020.jpg
パッケリの歯ごたえ、すばらC−。
アサリとセロリの旨味がずっしり、ボッタルガもまけじと主張。
酒飲みパスタ(笑)白おかわり!




■タリオリーニ 鰻の赤ワイン煮と大阪なすのソース
b0118001_22275936.jpg

b0118001_22281889.jpg
ホロホロです、鰻。茄子のジューCさと、素晴らしき相乗効果。
そのソースが染んだタリアテッレの何と旨いこと。。。



また別の白を
b0118001_22291882.jpg

b0118001_22293094.jpg
凝縮感ありあり。




■じゃがいものニョッキ
和牛テールのブラザート サフランの香り
b0118001_2230650.jpg
ブラザートって、ピエモンテのお料理!?
こちらのテールも、ホロホロ、フォークで崩れます。
ニョッキとともに、メイン級のインパクト。
なおも食欲をそそる、サフランの香りがいい。




メイン!
■青森産 銀の鴨 胸肉ロースト ブルーベリーのアグロドルチェソース
茶豆のスパッツェレ添え
b0118001_22304645.jpg

b0118001_22305897.jpg
しっとりとした鴨に絡むソースは、
甘みと、ほのかな酸味のコントラストが良い♪

スパッツェレとは、小さいすいとんのような、小さなニョッキのような、
ドイツからの流れを汲む?(発音的に)
これがまた、単体でも美味しいし、
ソースや肉とともに食べると、なお旨し。満腹、どこへやら(笑)
b0118001_22313636.jpg




赤とともに。
b0118001_22315840.jpg






5名のうち3名ほど、別腹組が(笑)
私は飲んべえ路線デス。
■ドルチェ盛り合せ
b0118001_22322188.jpg
トウモロコシのジェラートをひとくち。
「やなもり農園」さんとこのですかね?
トウモロコシ本来の風味がダイレクトに。鮮烈な味わいだわ。

そうそう、話は逸れますが
昨日今日と、やなもりさんの白真珠〜を頂いてマス。
ビックリ!する味わいです。流石です。この感動は追って!




b0118001_22363342.jpg
お持ち帰りさせていただく。朝食においしく頂きました!





口うるさいみんな(笑)、めちゃくちゃ大満足!の模様。
しかも、そのコスパの高さに至るまで、サプライズです。


次回はたぶん、カウンターひとり飲み(笑)で、
北山ワールドを堪能させて頂きたいと思います。



「Ritto marble*tre」
大阪市中央区東心斎橋1-13-20 カネコマビル2F
06-4704-5678
Lunch :12:00〜15:00(sun & holiday)
Dinner:17:30〜翌2:00LO(mon,tue,thu〜sat)
    :17:30〜23:00(sun,holiday)
CLOSE :wed



Ocean Colour Scene/The Day we caught the train

by writer-kaorin | 2009-07-16 22:43 | Ritto Marble*tre | Comments(8)  

Commented at 2009-07-16 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eiko at 2009-07-17 05:23 x
河内鴨のカルパッチョ、食べてみたいです~。
ドイツ系の人はお米料理を食べる習慣がないので、スパッツェルやダンプリング(まるで日本のすいとん)をローストビーフの残り肉でスープと煮込んだ料理を作りますね。
ウナギ入りのスパゲッティの味忘れられません~。
Commented by writer-kaorin at 2009-07-17 17:43
鍵※さま
まいどです!
無茶苦茶旨かったですよ〜。
ホロホロ鶏ならぬ、ホロホロ鰻の旨味。
フラリとおじゃまできるお店ですので、ぜひぜひ!
わたしも近々、フラリひとり飲み予定です(笑)
Commented by writer-kaorin at 2009-07-17 17:45
eikoさん☆
ドイツ系のお宅に、おじゃましたいなぁ〜!
そっちは、いろんな食文化が、家庭それぞれでありそうで、
うらやましいですー。
カナダの実家は、いろいろですね。
mexicoあったり、swiss系あったり。
あぁ、ウナギのことを想っていたら
ウナギのマトロートも食べたくなってきました…。
Commented at 2009-07-17 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by writer-kaorin at 2009-07-17 18:27
鍵※さま(笑)
まいど、おおきにです!
そして大変失礼(^^;)いやいや、わたし勝手に系でした;
そういやパスタの形状、ぜんぜん違いますやん(焦;
また、フラリと不意打ちで(^0^)

Commented by ロン毛なメガネ at 2009-07-18 03:06 x
腹いっぱい食べてしこたま飲んで騒ぎたい!!
ストレス??
美味しいソース!
Commented by writer-kaorin at 2009-07-23 23:15
メガネ☆
おたくのトップ画像、やりよるなぁ!(笑

たまには飲んで食べてゆっくり休暇を!

<< ロワールの生産者night S&G、そして市松 >>