人気ブログランキング |

タスマニアの凄み

「ヴァイアンドカンパニー」・唄さんとこの、ワイン会に初参加です。
この日のテーマは“タスマニア”。

メンツがメンツだけに(^^;)ダジャレ飛ばしそうになったが
今夜はお預け(笑)

この日は、
日本に入荷しているタスマニアワインの生産者・トップ3を総動員。

唄さんとこのマスタードといえば!な
タスマニアのマスタード6種類。
トゥオルトゥーガ・萬谷さんが、それらのマスタードを使い
それぞれのワインに合わせたお料理を披露してくださった。

結論…
タスマニア、凄いです(**)
お出しいただいた中の数本は、お店さんでいただいたことあったけど、
どのワインも、イメージを覆す味わい。
ちょっと昔のオーストラリアと同様、重いイメージだったんだけど
ぜんぜん違った(笑)

マスタードはといえば、
繊細かつ、香りも味わいもマスタードの粋を越えてるし。
北米でよく出合う、マスタードいろいろと、全く違って、品があるというか…。
唄さんとこのそれは、我が家でも大活躍ですが、
こんなに種類があったとは、発見です。


まずはスパークリングで乾杯!
★ステファノルビアナ・スパークリング・ブリュット
b0118001_9583917.jpg

瓶内二次発酵のシャンパーニュ方式で作られている。
若干、温度が低めだったけれど、すごく澄んでる味わい。


■イカ&ホタテのミンチ、レンコン詰め with パブマスタード
 山芋に挟んだ羊ミンチ with マイルドグリーンペッパー
b0118001_108413.jpg



b0118001_1083430.jpg
ターメリックを練り込んだマスタード。パブの力、偉大!



b0118001_10122799.jpg
そういや唄さんからいただいた資料、
丁寧に説明がなされていて、凄く分かりやすかった。



★ジョセフ・クローミー リースリング 2008
b0118001_1014379.jpg

じつにクリア。酸は控えめだけど、そのぶん、
果実味ありつつ、澄んだミネラル感がやさしぃ〜い余韻となる。



■アジのマリネ with ワサビマスタード カリフラワーソース添え
b0118001_10163768.jpg

和にも合いそうなワサビマスタード。ワサビの香りがじつに心地よく
ほのかな辛味が、アジの品のある甘味を引き立てる。
自然な甘さのカリフラワーソースとも相性抜群。




★ジョセフ・クローミー ソービニヨンブラン 2008
やらこい酸。和食に合いそう〜。


★ステファノルビアナ・プリマヴェーラ ピノ 2008
b0118001_10261732.jpg
こちら、ピノ1本目は、こっくりこなれた果実味。タイプやわ。


■みやび豚のパン粉つけ焼き
 トリッパのパン粉つけ焼き with マウンテンペッパー マスタード
b0118001_1031932.jpg
何しか信州で巨匠が見つけてきはった「みやび豚」。湘南のみやじ豚と聞き間違い?
脂、サラリとしていて美味。
臭み無のトリッパ。このプルンとした食感に、マウンテンペッパーのプチプチ感合う!

b0118001_1036355.jpg




■タスマニアサーモンの軽い燻製
 ビーツ&マンゴー入りアボガド with ホースラディッシュマスタード
b0118001_10361670.jpg
この火入れとほのかな燻香、たまらん!流石、巨匠です。
ビーツはどこまでもフルーツのよう、
ホースラディッシュのニュアンス、どんぴしゃなアクセントに。

b0118001_10421030.jpg
ピリッときいたホースラディッシュの辛味、どこまでも品がある。



★ジョセフ・クローミー ピノノワール 2007
b0118001_10441211.jpg
このピノ、一番好きかも!?
酸は控えめなものの、こなれた旨味がじんわりと響く。



■イカの煮込み
b0118001_10462991.jpg

しみ滋味。


★ドメーヌA ピノノワール
2005
b0118001_10455393.jpg
力強い!寝かせているからかも、なんだが、
香りがじつに豊かで、繊細さと凝縮感を併せ持っている感じだ。




最後にガツンッ!!と出ました萬谷節!
■カスレ
b0118001_1050824.jpg


b0118001_10512356.jpg
ブータン入りです!
見た目のボリュームとは裏腹、
ほっこり、優しい旨味が押し寄せるから、
なんぼでもいけます(笑)



★ドメーヌA ストーニーヴィンヤード カベルネ 2003
b0118001_1053850.jpg
このあたり、ゴキゲンです(笑)
昼酒がきいてきたか!?(焦;



撮り忘れのデセールは、
吉田牧場のリコッタのアイス+ケイク。
with レザーウッドハニー
このハチミツは、タスマニア島にのみ自生する、
平均樹齢120年の樹木に芽吹く花から採取される。
毎朝の、我が家の朝ごはんのおともです☆


ズラリ、とマスタードたち。
b0118001_10591430.jpg
ワサビマスタードを購入ー。料理の楽しみ、広がりました♪



b0118001_1114211.jpg

タスマニアの風土、そして豊かな自然に育まれた食材たちの話を聞きながら、
ワインの凄みとマスタード×料理の相性を
とくと堪能させて頂きました!
ワインはどこで購入できるのか聞き忘れましたが;
唄さん店か日本橋!?に、探しにおじゃましたいと思いますー(^v^)
ありがとうございました!



「ヴァイアンドカンパニー」



U2/Beautiful Day (Live From Chicago)

by writer-kaorin | 2009-09-21 09:31 | LE BOIS | Comments(0)  

<< なかひがし9月 izakaya >>