人気ブログランキング |

ラ・バルカッチャ

時差ボケもないまま、しっかり社会復帰できており(笑)
今週来週はロケハンの日々☆
体力勝負です!


さてこの日は、開店まもなく;(昨年11月open)
豊崎にあるナポリのピッツェリア&トラットリア
「ラ・バルカッチャ」さんへ。
b0118001_2342025.jpg
写真は1Fのカウンター席。
2Fにはテーブル席も。
サク飲みにもじっくり食事にも対応という
懐の深さが嬉しい。


嗚呼、今年こそ、ウルルン滞在記的(第5弾になるのか)、
ナポリ&シチリア旅、したいなぁ。


オーナーシェフの宮本一典さんは、
福島の名ピッツェリア「ダルブリガンテ」ほか、
東京の名店でも経験を積まれたお方だ。

宮本シェフが、福島の修業先にいてはった頃、何度かお店におじゃましていたが、
その頃ワタシは、前職・旅の仕事をしてたっけ。
時経つのん早すぎる(笑)



*前菜盛り合わせ
b0118001_236402.jpg
カジキの燻製、タコのトマト煮、スモークサーモン、
オイルサーディン、カボチャのロースト、鰻の冷製
ほか野菜たちいろいろの、凄いコスパ!!!

b0118001_237664.jpg
とくに、自家製カジキの燻製の、
塩加減とねっとり感、鼻孔をくすぐる絶妙なる燻香に酔ったな。
鰻は身質すこぶるしっとり。バルサミコソースのコクもナイスでした。
ほかも、きっちり、手仕事のなされた美味しさ。



*マルゲリータ(トマト、水牛モツァレラ、バジル)
b0118001_2375048.jpg
久々のナポリピッツァ!!!でもやっぱりマルゲリータとなる。

それって、天一のこってりと同じで、
「今日こそ “あっさり”にしよ」。でもオーダー来ると
「あっ、でもやっぱり“こってり”!」って言うてしまう感覚と
似たりよったり(笑)


で、バルカッチャさんのナポリピッツァは、
もっちり、重たい額縁、というよりは、
「サクッモチッ」とした軽めの食感&せやけど、
ナポリピッツァのモチッと感は健在。あと、具とソースのジュルッと感も♪

なぜなら、ピッツァ以外のお料理、
パスタもメインものもしっかりボリューミーだし、
そっちも食べてほしいからということが所以。

で、そんなお料理は、自家製ソーセージ以外は
魚・魚・魚〜だそうです。


b0118001_2381999.jpg
この界隈、麺の名店が犇めいてる場所でもある。
てことは、ピッツァも入るとなると粉's倶楽部!?(という勝手な想像(笑)
いずれにせよ、今はもちろんのこと、
ますますオモロい街になること間違いないでしょう。


「ラ・バルカッチャ」
大阪市北区豊崎3-5-17
06-6373-8181
open : 11:30〜14:00LO、17:30〜22:00LO
close: 火曜、第1不定休


U2 / Where The Streets Have No Name

by writer-kaorin | 2011-01-08 23:15 | ラ・バルカッチャ | Comments(4)  

Commented by eiko at 2011-01-08 23:45 x
時差ボケなし!若い証拠や。
前菜は、これ何人分なん~?二人か。
種類が色々で、お腹一杯になりそう。
自転車が一杯やん!
Commented by ラメール at 2011-01-09 04:17 x
前菜素晴らしく美味しそうですね。
「天一の~」って、さすがライターさん、うまいことたとえはりますねー。私はオーダー後も迷い続ける優柔不断男なので、よくわかります(笑)。
「ロケハン~」、いくらお若いとはいえ帰国間もないですから、御自愛下さいね!
Commented by writer-kaorin at 2011-01-09 09:51
eikoさん☆
時差ボケはないんですが、寒すぎて腰いわした(汗)
陸上部時代の古傷が、、、(涙)整骨院通わねば;
これで2人前ですよ!前盛り!
これだけで、お腹、えぇ具合になり、
メインまで辿りつけずでした(^^;)
チャリ族が多い、街でもあるので、
チャリに乗り、ゴハン食べにいく感じですね♪
Commented by writer-kaorin at 2011-01-09 09:53
ラメールさん☆
カジキ燻製は必食ですよ!
天一しかり…(笑)ワタシもラメールさん同様
O型優柔不断オンナ(^^;)

<< カナダの元旦 TRATTORIA Pappa... >>