人気ブログランキング |

太庵

b0118001_964979.jpg
数年ぶり、というか4年ぶりくらいか!?
島之内「太庵」さんへ。

暖簾をくぐり、ふと感じたことといえば
以前と比べて、カウンター内のスタッフの人数が増したような。
勢いと活気を感じさせる、心躍る瞬間。


*金時草おひたし、生湯葉 山葵、蛸やわらか煮
 もずくとマグロのコラーゲン、甘エビのとろろがけ
b0118001_9748.jpg


b0118001_97225.jpg
おじゃましたのは中秋の名月の前後でした。
兎の器のなかに隠れた甘エビは、その大きさとねっとりとした深い甘みに驚き。
山芋の刻み加減にも唸る。


*牡丹鱧、松茸
b0118001_985749.jpg
いわゆるハモマツも、太庵さんならではのそれに昇華させている。
吸い地の奥行きに、言葉を失い、
松茸の傘に隠れた、千切りを通り越すほど、というか針の細さの松茸にもやられた。
名残と走りの食材を用いた、この時期らしいビジュアルと味わいでした。


そら、こうなるワケで・・・(笑)
b0118001_991487.jpg
酒器にもセンスを感じるわあ。


お造りには、通常のお醤油と、なんと酒盗醤油が♡
b0118001_9101989.jpg



*烏賊、アコウ、カツオ
b0118001_993486.jpg


b0118001_995441.jpg
烏賊の隠し包丁が生み出す、様々な食感の展開にはビックリ。
久々に食すアコウは、脂のりよく、噛むほどに楽しみが。
そして、皮目のみを炙ったカツオ!!
特有の鉄臭さはなく、まるでマグロの中トロのような口溶け!


そして「太庵」さん、といえばの炭火焼きメニュー。ワタシは・・・
(6種前後のなかから、事前にチョイスなプリフィックスです)

*豚スペアリブの赤ワイン煮
b0118001_911276.jpg
えっ??と思うほど柔らかく見事な骨離れ。
赤身は、柔らかさのなかにも噛みしめる旨み&深いコク。
野菜につける肉味噌も旨すぎて、これだけで1合いけそう(笑)


b0118001_9113028.jpg
こうなります・・・。


お隣には・・・
b0118001_912233.jpg
金目鯛。脂のノリが尋常やない!


揚げ物は
*キスと自家製カラスミ
b0118001_9122771.jpg
キスの身の間にカラスミ。そして表面は、あられを粉砕したもの。
カリカリッとした食感と米らしい香りにつづき、
繊細な身質&カラスミの塩梅。これテッパンすぎる・・・。


*焼き茄子のすり流し、海水雲丹
b0118001_913363.jpg


b0118001_9132088.jpg
互いの風味が強く共鳴はするものの、じつに繊細な一皿。


b0118001_9141197.jpg


*焼き鱧ごはん
b0118001_9134599.jpg
何杯でもおかわりできそうな、組み合わせです。
米粒は、ひと粒ひと粒ふわっと軽く、ほろほろっと崩れる鱧の身。
そして食用菊の控えめな香りが、素晴らしいエッセンスに。


*スイカとブドウのゼリー、梨のすり流し
b0118001_9144320.jpg
すり流しは、梨のエスプーマのよう!
太庵さんのグラスデザート、けっこう好きだったりする。


食事後、仕事へリターン!だったのでお酒もほどほどに…でしたが、
心ゆくまで堪能させていただきました。
いつも同じスタンスで淡々とお料理を作られる高畑さんの、凄みを改めて実感。
食後は、いろいろお話をさせて頂けて楽しいひとときでした。
どうもありがとうございました!


「太庵」
大阪市中央区島之内1-21-2 山本松ビル1F
06-6120-0790
open : 17:30~21:00LO
close: 月曜


Tom Petty - Learning To Fly

by writer-kaorin | 2011-10-02 09:16 | 日本料理 太庵 | Comments(2)  

Commented by ホレイショ at 2011-10-03 02:52 x
料理のことじゃなくすいません。
○ーツを拝見いたしました。
とっても美人さんでした^^
Commented by writer-kaorin at 2011-10-03 16:38
ホレイショさん☆
コメントありがとうございますー!(^0^)
いやいや、お会いしたらオッサン炸裂のワタシですから・・;
しかしリンさん店はぜひとも!
今後とも宜しゅうお願いいたします☆

<< 溢彩流香 @リンさん&母上の手料理 大阪イタリア料理人友好協会イベント! >>