人気ブログランキング |

韓菜酒家 ほうば

久しぶりの天満ナイツ。
そして、F丸さんとサシ飲みも久しぶりだ!

お目当ては「韓菜酒家 ほうば」さん。
遅ればせながら「ミシュラン1ツ星おめでとうございます!」な夜。
じつは、韓国料理でミシュランの☆は、世界初という快挙。

お料理は、おまかせにしていただきました♬

*ナムル、キムチ
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10202853.jpg
マコモダケ、クレソン、ジャガイモ、
金針菜、韓国カボチャ、ナス、
豆モヤシ、三つ葉、モロッコ豆
そしてキムチは、
キュウリ、白菜、チンゲン菜。と、目にも鮮やかなナムルとキムチ。
ナムルは、炒めたもの、茹でたものなど、
野菜に応じて火入れを変えられているのかな?
だから、それぞれの野菜の食感や香り、が生かされていて、素材感も強いわぁ。


ふたりしてビールから即・・・
*マッコリ
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10204723.jpg
浅井さん、マッコリ上澄みレンゲいっときましたよ(^^:)


韓菜酒家 ほうば_b0118001_1021247.jpg
美味しいマッコリ!これなら飲める!ということで、
あまりマッコリを飲まないワタシだったが、グイグイ・・・(笑)

(で、マッコリは100%二日酔いになる私なのだが、
 今回、それがなく、ビックリ!だった)


*牛煮こごりと魚介の冷製
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10212323.jpg
「牛ダシと魚介の組み合わせは韓国の定番ですよ〜」と新井さん。
しかし2人して「なんだ、この旨さは!?」と目を見合わせ無言で喰らう。

魚介は、白エビ、ウニ、イクラ、穴子の焼霜。
牛ダシの澄んだ旨みに続き、白エビのねっとりした甘み、
ウニの海味のなかの濃厚な甘み、イクラの弾ける甘み、穴子の脂の甘み…と、
それぞれの魚介の異なる甘みが時間差で押し寄せる。
そして、大葉やスダチの香りの余韻。
これ妙味・・。某・個人的ランキングにランクイン♬

※おまかせ&日替わりの皿は、市場での仕入れ次第で内容が変わるのであしからず。


*タラの白子のチヂミ、ムカゴとエビのチヂミ
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10214788.jpg
固定概念が崩される、味わいの発見があるチヂミ2種。
香ばしい表面を齧れば、押し寄せる白子の口溶け、


韓菜酒家 ほうば_b0118001_1022572.jpg
もう一方のムカゴとエビ。
ムカゴの皮をプスッと破ると中からトロッと秋味。
秋の香りとエビの香りが響き合う。


新井さんが目の前にドンッ!と出してくれたのは、
韓菜酒家 ほうば_b0118001_1022263.jpg
このアワビは・・・・これまた驚きの粥に!!!



*アワビ粥
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10224222.jpg
アワビの肝は、叩いてピュレ状にしてゴマ油でモンテした、と新井さん。
少し芯をのこした米のひと粒ひと粒に、強烈な肝の香りとゴマ油の品のよい香り。
そしてトップにアワビの身(これがまた柔らかくて味がある)、という
粥のイメージを覆す一皿だ。


*石焼プルコギ
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10225615.jpg


韓菜酒家 ほうば_b0118001_1023961.jpg


韓菜酒家 ほうば_b0118001_10232188.jpg
プルコギはジュージュー音を立てる石焼きバージョン。
それを、セルバチコなど葉物とともにチシャにのせ、自家製の味噌をつけて
ひとくちでガブリ。野菜不足、一気に解消〜かつこれも何て旨いんだ。


麺ものは・・・
「野菜不足って言うてはったから、ビタミンCガッツリです」と新井さん。
ありがとうございます(^0^)

*冷麺
韓菜酒家 ほうば_b0118001_10234250.jpg
トップに、柚子とスダチのスライスがたっぷり!
ダシは両者の酸味、グッと力強くて「酸っぱ〜い!」な中に潜む旨さ。
麺は、松の実からつくられているそう。これまた無言で完食、
全身にビタミンCが染み渡りました!


韓菜酒家 ほうば_b0118001_1023542.jpg
ヨモギ餅とお茶で〆


ご馳走様でした!
おまかせコースは、発見性のある美味しさばかりで。
聞けばそれが、韓国の伝統の味、お母様の味だったり、
元イタリア料理人の新井さんならではの技を感じる皿だったり。
ずばり韓国の医食同源、ですね。しかも驚愕の旨さの。
身体が喜んでいたのは言うまでもありません。

どうやら11月、12月も予約でいっぱい、みたいですが、
また、おじゃまさせていただきます!


韓菜酒家 ほうば
大阪市北区天神橋5-3-10
06-6353-0180
open : 17:00〜22:00入店
close: 木曜


The Byrds - Mr. Tambourine Man (1965)

by writer-kaorin | 2011-11-06 07:19 | 韓菜酒家 ほうば | Comments(0)  

<< 焼肉 やまちゃん 市松 @w-kaorin会 >>